秋月中学校 開校30周年記念事業  
 周南市長 木村健一郎 様、教育長 村田正樹 様をはじめ、多くのご来賓をお迎えして、平成25年10月26日に開校30周年記念式典を行いました。質素ながら非常に意義深い式典となりました。記念講演では、パンチ佐藤様のお話しが大変すばらしかったと思います。午後からはニューシティウィンズとの合同演奏会も行われ、記念行事にふさわしいよい演奏会となりました。記念事業実行委員会の皆様や地域の皆様のご支援をいただき、記念式典は無事に終了しました。
記念式典








 
 記念式典要覧に式次第を記載しています。清水校長式辞、木村市長祝辞、土屋実行委員長あいさつ、小川生徒会長あいさつを行った後、校歌三部合唱を坂井克嘉先生の指揮により披露しました。

記念講演

講師
パンチ佐藤氏


 元プロ野球選手 パンチ佐藤氏が「夢をつかむために」と題して記念講演を行いました。楽しい雰囲気の中で夢を実現させる3つのキーワードを教えてもらいました。生徒からも多くの質問があり、盛り上がりました。

 
記念演奏

「合同演奏会」

ニューシティウインズ
& 吹奏楽部
 周南市を中心に活動するニューシティウインズとの合同演奏会を記念演奏として行いました。吹奏楽部にとっても貴重な体験となりました。 

記念品





 
 全生徒に航空写真の下敷きを記念品として贈呈しました。航空写真は開校記念プロジェクトの一つとして、生徒の応募により虹の隊形で撮影したものです。7月2日の撮影当日は途中から雨となり、色画用紙がぬれてしまいました。記念のCDは6月28日に校歌三部合唱と斉唱を録音したものを贈呈しました。この録音は赤坂印刷(株)さんの校歌音源保存事業の一環として行ったものです。

記念冊子



 100ページにわたる記念誌「未来への回顧」を全校生徒、来賓、教職員に贈呈しました。題字は岡本奏月さんにお願いしました。30年の歴史を振り返り、未来を創造することを編集方針としました。