本文へスキップ

周南市立岐陽中学校は、主体的な学びを目指す学校です。

 TEL. 0834-22-8840  

  〒745-0851 山口県周南市大字徳山4915番地

校長室だより

学校教育目標

 人に優しく認め合い一人の社会人として
               自立する生徒の育成
 
  

チャレンジ目標

 『元気なあいさつ』 『毎日読書』 『無言清掃(黙想・黙働)』
  ができる生徒の育成
  


ごあいさつ(平成29年度)

 「輝く人」「輝くまち」「輝く学校」
人に優しく認め合い一人の社会人として
自立する生徒の育成
 
                 校 長  松 野 木  豊
 

 本校は、昭和22年の学校教育法制定に伴い、徳山市立第三中学校として発足、その後、昭和31年に徳山市立岐陽中学校に校名を変更、平成15年の平成の大合併に伴い、周南市立岐陽中学校と校名が変更になりこれまでに24、213名の卒業生を送り出しています。
 昭和23年から平成3年までは毎年、生徒数1000名を越える市内屈指の大規模校として、本校の生徒を見守り続ける校訓「努力」の碑のもと、勉学はもちろんのこと文化、体育の中心校として歩み続けており、生徒は恵まれた環境と歴史と伝統に支えられた校風のもとで、明るく素直に充実した学校生活を送っています。男子ハンドボール部、女子陸上競技部の全国大会出場をはじめとし、吹奏楽部の全国大会、中国大会出場を含む31年連続県吹奏楽コンクール金賞受賞など多くの卒業生に支えられ成果を出し続けています。

 「岐陽の名負い 栄えゆく街に 範とし立てる われらが学舎 協同親和歩みも堅く 輝くほまれ ああ母校」これまで多くの生徒たちに歌い継がれてきた校歌にあるこの一節に岐陽中学校としての矜持の源があると確信しています。

 
平成29年度は全校生徒636名と教職員51名が心一つに生徒の手によって掲げられた生徒会スローガン「輝努愛楽」のもと「輝く人」「輝くまち」「輝く学校」をめざして日々教育活動に取り組んでいます。
 周南市の中心部を校区として、古くからの伝統に守られ、そして多くの地域の方々に見守られて生徒たちは健やかに育っています。このすばらしい地域の中で、すべての生徒一人ひとりが「輝く人」になることを願っています。
 また、本校はコミュニティ・スクールとして6年目を迎えました。地域とともに伸びゆく学校、地域の学校として保護者の皆さまはじめ地域の皆さまと一緒に将来、周南市で、山口県で、さらには日本全国で活躍する社会人となれるよう、「子どもたちが主役」の教育活動に全力で取り組んで参りますので、ご支援ご協力をお願い申し上げます。


月行事予定表

山口県周南市立岐陽中学校

〒745-0851
山口県周南市大字徳山4915番地

TEL d0834-22-8840
FAX d0834-22-8524

http://www.shunan.ed.jp/kiyochu/