ブログ一覧

顕微鏡をのぞいてみると~6年理科~

顕微鏡で火山灰を観察しています。

肉眼では見ることのできない世界がレンズの向こうに広がっています。

「キラキラ光っています!」

 

理科の観察や実験は子どもたちが好きな学習の上位に常にランクされています。

それは、例えばこんな”わくわく”に出会うことができるからなのでしょう。

(少人数の須磨小では一人ひとり納得できるまでじっくりと観察できます。)

 

火山によって火山灰の特徴(色や形)が異なることもこれから観察していきます。

この学習は、防災や減災の取組についても発展していきます。

2022年11月25日

走れ走れ!~持久走練習~

2、3校時の間の休み時間に子どもたちは持久走の練習をしています。

約5分間、運動場を何周も何周も走ります。

「今日8周走った!」

教室にかえりさっそくマラソンカードに(走った距離に応じて)色ぬりをしています。

積み重ねがわかると励みになるものです。

 

たまに横やりが入ります。

「え!?7周じゃなかった?」

「そ う か も し れ ん …」残念

 

12月6日(火)は持久走大会です。

2022年11月24日

ものがたりを読む~1,2年国語~

1年生『サラダでげんき』

学習が進むにつれてサラダの絵が完成していきます。

今日は「かつおぶし」がサラダに加わりました。

かつおぶしをすすめてくれた動物は…

 

2年生『お手紙』

先生と3人で教科書の会話文を読んでいます。

「お手紙をもらったことないんだ」

「いちどもかい?」

どんな読み方がふさわしいかなあ?

2022年11月22日

みんなの文化祭

ここ数日「文化祭が楽しみ」といろいろな方にお声かけいただきました。

今日はその文化祭。7人の子どもたちの発表のために70人をこえる方々が来校されました。

子どもたちの「一生懸命」は会場を大いに盛り上げました。

 

「須磨小は須金にとって大切な場所なんよ」…うれしい言葉です。

 

〇全校合奏「コンドルは飛んでゆく」

 

〇1,2年発表

詩の音読 ビーバークイズ(国語の学習より)

 

〇6年発表

漢詩音読 歴史クイズ 理科の実験 ダンス

 

総合的な学習の取組~須金の自然博士になろう~

 

〇全校劇「五十一寸ぼうし~いっすんぼうしのその後~」

 

〇作品鑑賞、俳句コンテスト

 

〇人権書パフォーマンス

 

〇文部科学大臣表彰報告

 

〇全校合唱「いのちの歌」

 

〇雲海太鼓

 

「本当に7人?」「心の底から楽しませてもろうた(もらった)」

充実の文化祭でした。

2022年11月19日

明日は文化祭です

朝、ある男の子に「文化祭で何が緊張する?」とたずねてみたら

「合奏と劇かなあ。人が見に来るからいつもとちがうんですよね。きっと。」

よく分析しています。

 

11月19日(土) 午前9:00開演です。

みんな整いました。どうぞお楽しみに。

2022年11月18日

地域の拠点として~文化祭~

文化祭では、児童の発表の他にも様々な企画があります。

 

手作り作品を展示するコーナー。焼き物、手芸、写真、和紙絵、木彫、クリスマスリース、洋裁、プラモデル、ラジコン…。まるでデパートの催し物コーナーに迷い込んだかのようです。

地域の方に展示をお願いすると「いやいや私のものなんて…」というお返事なのですが、いやいやどれも素敵なものばかり。

楽しんで作られたものにはエネルギーがあります。そしてそれを地域のみんなで共有できるのはありがたいことです。年々作品がふえていることがうれしいです。

 

俳句コーナーには地域の方から50句をこえるご応募をいただきました。

その中から、来場者にお気に入りの句を投票していただきコンテストを実施する予定です。

また、それとは別に、兼﨑地橙孫顕彰会の皆様にお願いして専門的な立場からも選句をいただくことになっています。その際にいただく句評は来年への励みになります。(これがきっかけで俳句づくりを始めた方もいらっしゃいます)

一句紹介します。

「耳遠き八十路の会話すれ違い」

…須金らしい一句です。(が、残念…季語がない)

 

この他、人権教育講演会やバザーも文化祭に合わせて実施されます。

 

学校に来て子どもも大人もなにやらワイワイガヤガヤそんな須磨小学校の文化祭です。

2022年11月17日

準備OK~文化祭リハーサル~

合奏、合唱、太鼓、個人発表、全体発表さらには全校劇…

みんなおおいそがしです。

須磨っ子たちが全力でがんばります。

何より楽しそうにやっているのがいいですね。その雰囲気はきっとお客さんにも伝わるはずです。

 

須磨小学校ふれあい文化祭

〇日時 11月19日(土) 9:00~12:10
〇場所 須磨小学校体育館

〇日程 第Ⅰ部  9:00~10:00
     オープニング 合奏 学習発表 全校発表(劇)

     休憩・作品鑑賞・俳句コンテスト

    第Ⅱ部 10:40~11:50
     人権教育講演会「人権 書パフォーマンス」
     エンディング11:50~12:10
      全員合唱・雲海太鼓

    バザー   12:10~

2022年11月16日

そうじの時間

「このいちょうの葉っぱはいったい何枚あるんかなあ?」

そんなことをつぶやきながら葉っぱを集めている2年生。

(ちなみに1年生の算数で100枚までは数えてみました。)

 

もうすっかりと葉を落としている木が2本、これから葉を落とす木が2本。そしてその中間が1本。

校庭の5本のいちょうの木。それぞれ個性があるものです。

2022年11月15日

ひびけ太鼓

子どもたちはいろいろな太鼓に触れ、いろいろなたたき方を学習します。

11月19日(土)のふれあい文化祭では、雲海太鼓はもちろん、オープニングの合奏の中でも太鼓の音を響かせます。曲目は「コンドルは飛んでいく」。低学年が太鼓とすずを担当します。

 

また、昨日(11/13)はプロによる演奏会が須金で開催されました。

心を震わせる迫力満点の太鼓に触れ、子どもたちは(大人も)エネルギーをしっかり注入できたようです。

演奏会の後のワークショップでは和太鼓のたたき方を直接教えてもらうことも…

文化祭前のとても貴重な時間となりました。

2022年11月14日

たからものをしょうかいしよう~2年国語~

「ぼくのたからものは たん生日プレゼントでもらった 釣り竿です。」

釣り竿の長さや色。それで釣った魚などなどこれから作文の内容がどんどんふくらんでいきそうな気配です。

すきなものや大切なものについて書くっていいですね。

心をぶるぶるとゆらしながら書いているのが伝わります。

「まだ見ないでくださ~い」

11月19日(土)の文化祭で発表することになっています。楽しみがひとつふえました。

 

2年生ですが「釣り竿」は漢字で書いています。

2022年11月11日

青と黄金色と

世界中の子どもたちがずっと笑顔でいられますように。

2022年11月11日

およその形にして考える~6年算数~

「手のひらの面積はどのくらい?」

生活の中では、長さや重さ、面積や時間等、正確に求めなければならない場面と、おおよそでよい場面とがあります。その使い分けは大切です。

今日の学習では求めたい面積の「おおよその形」を考え、そこから「おおよその面積」を求めていきました。

ちなみに、みんなは手のひらをおおよそ「長方形」と考えました。

 

そのうち

「え!ぼく…人差し指よりも薬指の方が長かった」

「みんなそうじゃないん?」

「○○君の薬指がすごく長い」

「すごいじゃろう」…

それぞれの手の話題でもりあがっています。

2022年11月10日

「須磨小 よかったよ!」~市音楽祭~

音楽祭が終了して会場を後にするとき、何人かの方がわざわざ話しかけてきてくださいました。

「みんなすごいね。よかったよ」

「力強い太鼓の音に感動しました」

「あの人数で二部合唱をするなんて」

「一人ひとりがしっかりと音を出しているのがよくわかりましたよ」

 

大きなホールに響かせた力強い太鼓の音と澄んだ歌声。

みなさんの心にもとどいたようです。

 

そして、なによりいろいろな学校のたくさんの素敵な演奏が聴けた音楽祭でした。

 

「♪泣きたい日もある 絶望に嘆く日も~」

音楽祭がおわってほっとしたのか、廊下の鼻歌のトーンが高くなったように感じます。

そりゃ、そうです。

 

来週の文化祭で披露いたします。お楽しみに。

2022年11月09日

ビーバークイズ~国語の学習より~

2年生は国語で学習した説明文『ビーバーの大工事』を元にクイズをつくっています。

「ビーバーの”す”は何でできているでしょう?」

「ビーバーの”す”の入口はどこでしょう?」

「ビーバーの食べ物は何でしょう?」

うーん、興味がありますねえ。

正解発表の後、写真を活用して解説をします。

声の大きさはもちろん、顔、体の向きや指示棒の使い方なども大切なポイントです。

どうすれば聞き手によりよく伝わるのでしょう。

(あれっ?ポケットに手をつっこんでいるひとが…)

 

11月19日(土)の文化祭で発表します。

2022年11月08日

ひびけ歌声~音楽祭に向けて~

今週水曜日(11/9)に市内小学校の音楽祭が開催されます。

須磨小学校の子どもたちは「雲海太鼓」を演奏し、そして「いのちの歌」(←クリック)を歌います。

市文化会館のあの大きなホールの大きなステージを須磨小の子どもたちが独占します。

そのための練習は十分にしてきました。

 

「♪本当にだいじなものは 隠れて見えない~」

廊下から鼻歌が聞こえてきます。どうやら大丈夫そうです。

2022年11月07日

黄色く染まった運動場

週明けの月曜日。

登校する子どもたちの目に飛びこんできたのは、一面黄色く染まった運動場でした。

「わ~きれい~」

 

低学年はさっそく先生たちと長縄とびに挑戦。

「♪ゆ~びんやさん ゆ~びんやさん はがきが10まい おちました ひろってあげましょ…」

…さすがの郵便屋さんもこのいちょうの葉はひろいきれません。

2022年11月07日

世代をこえて~みんなでグラウンドゴルフ~

朝ぎりの中、みんなでいちょうの落ち葉掃きをして運動場を整えました。(トップ画像)

黄金色のいちょうの葉が折からの風に吹かれて散りはじめました。もうそんな季節です。

が、半そで体操服の子どもたち。小春日というには少々暑すぎる一日でした。

 

今日は地域の方をお招きしてのグラウンドゴルフ大会。

 

「ナイスショット!」「おしい!」

いっしょに笑い、拍手し、そしてずっこける。

その表情に大人も子どももありません。

 

最も離れている二人の年の差80歳!世代をこえて素敵な時間を過ごしました。

子どもと大人、最後は握手でさようなら。

2022年11月04日

春の花を植える

今朝、春の花を植えました。

つい先日までマリーゴールドやコスモスなどの夏・秋の花がにぎやかに彩っていた花壇に。

 

パンジー、ビオラ、チューリップ、ノースポール、キンセンカにストック…

鉢やプランターに植えた花は3月の卒業式会場を彩ります。

これまでずっとそうだったように。

 

花壇いっぱいに咲き誇るころ、みんな胸いっぱいに希望をふくらませていることでしょう。

春の花壇、いまからとても楽しみです。

2022年11月02日

グラウンドゴルフで運だめし

今週末に地域の方をお招きしてグラウンドゴルフ大会を行います。

ということで

登校した子どもたちは玄関脇にランドセルを置くとすぐにスティックをにぎって運試し。

「やった~ホールインワン。いいことありそう」

ホールインした人から教室に入れます。

(ホールインしないと教室には入れません。)

2022年11月01日

「ふつう」って?~全校朝会~

312×4

今日の全校朝会では、九九を習い始めたばかりの2年生といっしょに3けた×1けたのかけ算に挑戦しました。

縦線と横線の交点を数えていくと…(意味わかりますか?)

「1248」

 

その後6年生の代表が筆算で確認してみると…

「ほんとだ!」

「なんでだ?」

「じゃあ5×3でもできる?まず縦に5本線をひいて…」

 

いろいろな、かけ算の(わり算も)やり方があるものです。国(場所)が違えばそれは”一見”すると異なることも…。世界にはいろいろな「ふつう」があるのですね。

「でもこたえはおなじなんですね」

 

「この意味わかりましたよ!!つまり…」

朝会がおわっても考えつづけてていた子どもが説明してくれました。

2022年11月01日

「ぶんかさいにきてください」

1,2年生で地域のみなさんに文化祭の案内状を配りました。

学校の畑でとれたサトイモもいっしょに配りました。

「ぶんかさいにきてください」

「ありがとう。文化祭ではなにをやるのかな?」

「このサトイモはぼくたちの畑でとれたものです。たべてください。」

「…」

まだまだ自分が言うことが精一杯のようです。

 

帰りがけにヤギにであいました。

「くさをたべるんよ」

「じゃあやってみる」

みょうに腰が引けています。

「ヤギさんこのお手がみたべるかな」

そういえばそんな歌がありました。いやいやそれはやめてください。

 

文化祭は11月19日(土)午前9時開始です。

2022年10月31日

今年の味です~グリーンカレー2022完成発表~

須金市日にあわせて、今年のカレーペーストのお披露目会を行いました。

今年の目玉は熊毛北高校の調理研究部のみなさんとのコラボで開発したレシピの数々(←クリック)。

「どのレシピがおすすめですか?」

「う~ん ラーメンがおいしいです」

お客さんとのそんな掛け合いは今年ならではです。

 

「テレビで見たよ」

「去年も買ったけどおいしかったよ」

人との関わりを通して励まされ自信をつける子どもたちです。

 

「このからあげのレシピはおいしい?」

「まだ食べていないけど…たぶんおいしいと思います」

正直な子どもたちです。

2022年10月30日

ナイスチャレンジ!~一輪車記録会~

何度も何度も失敗しながら上手になってきた子どもたち。

確かに一輪車とはそういうものです。

どうしてこんなに転んでもチャレンジを繰り返すのか?

「次こそは…」小さな希望の積み重ねが子どもたちを成長させてくれるですね。

そのプロセスは何よりの宝物です。

 

須磨小7人みんなではげましみんなで伸びる子どもたちです。

 

本日の一輪車記録会。たくさんのご声援どうもありがとうございました。

2022年10月27日

授業研究~先生たちの学び~

6年生の算数の授業について先生たちで研修を行いました。

――1袋3個入りの梨と2個入りの梨があります。

子供会で梨を35個買います。

それぞれの袋を何個買えばよいですか。――

 

「3個入り7袋と2個入り7袋だったらいいと思うよ」

「どうして?」

「3個と2個をセットで考えて…」

「なるほど」

「ほかにもあるよ」

「…」

ばらばらに考えるのではなく、表にかいて順序よく調べることで条件に合うきまりを見つけ、問題を解決することが授業のねらいです。

 

「対話を通して学びを深める授業づくり」は本校の授業研究のテーマです。授業後の協議会では、効果的な対話場面をどのようにつくればよいのかを中心に話し合いが進みました。

先生たちは教えることによって学んでもいるのです。

あたりまえですが…。

2022年10月26日

今年の味が完成~グリーンカレーペースト~

今年も須磨小オリジナルのカレーペースト

「グルグルグリーンカレー辛くない須磨小スペシャル」の完成発表会を行います。

 

今年は、小学生と高校生とのコラボが実現。

熊毛北高校の調理研究部のみなさんにお願いして、子どもたちのアイデアを元にオリジナルレシピを考えていただきました。

当日はそのレシピも紹介する予定です。どれもなかなかおいしそう。

 

日時:10月30日(日) 10時頃~

場所:須磨小学校入り口の旧福田商店

※須金市日(食と体験のマルシェ)にあわせて実施します。

2022年10月26日

お誕生日 おめでとう

須磨小では一人ひとりの誕生日をみんなでお祝いします。

給食の時にみんなで「ハッピーバースデー」を歌い牛乳で乾杯も。

最後は、心のこもったメッセージ入りの手作りの誕生カードをプレゼント。

6年生にとっては6枚目の誕生カードです。

2022年10月25日

小さな希望と一輪車

「8メートルが目標だったのに13メートルものれました!」

さいごは派手に転びましたが、声ははずんでいます。全身”笑顔”です。

うまく乗れるようになるまでは失敗が前提の一輪車です。

子どもたちはその失敗の中に”次こそは”という小さな希望をもちながら何度も挑戦するのです。

 

そしてその挑戦を周りの子どもたちが応援してくれるのです。

「がんばれ~」

「けっこうじょうずになったね」

「すごい!」

 

今週木曜日(10/27)は校内一輪車記録会です。

2022年10月24日

学校だより11月号

学校だより「須磨っ子スマイル」11月号 ←クリック
<内容>
 ○祝 須磨小PTA 文部科学大臣表彰
 ○11月の行事予定
 ○ふれあい文化祭、人権教育講演会のお知らせ
 ○俳句コンテスト投句募集

 〇学びのあしあと

2022年10月24日

ただいまイチョウ黄葉20%

校庭の5本のイチョウの木。黄金色に色づきはじめました。

またこの季節がやってきました。

 

イチョウのある風景は子どもたちにはあたりまえすぎる風景ですが、いつかそれがあたりまえでなかったことに気づくはずです。

「須磨小に来ればイチョウに出会える。素敵な思い出とともに。」

いつでもだれでも、きっとかわらずに受け入れてくれる校庭のイチョウです。

 

子どもたちが楽しみにしているのは「イチョウプール」かな?

2022年10月21日

いものあき あきのいも

サツマイモをほって

 

サトイモもほって

 

さいごはこんな感じです。

 

「ぜんぶもってかえりたい!」

たくさんとれたお芋(サツマイモとサトイモ)をどうするかを子どもたちで話し合いをしています。

お世話になっている人は…?

2022年10月20日

算数の学習の様子から

〇1,2年生

1年生は授業のはじめにはいつも大きなそろばんを使って「10の合成」の練習をしています。

「1と9で10,2と8で10,…」何度も繰り返しているうちに早く言えるようになってきました。

あれ!?2年生はかけ算の勉強がはじまりました。

「5+5+5+… ああ~めんどうだね。でも、かけ算にすると…」

 

〇6年生

「わけを説明する」これはずっとずっと取り組んできたことです。

そして、友達の考えと比べます。

2022年10月19日

今朝のトウガラシ

まだまだ収穫は続きます。

夏のころよりもトウガラシの実の一つ一つが小さくなりました。

味もきっと変化しているはず。(「時期によって味が変化するのがおもしろいですね」byトウガラシ農家さん)

 

「グルグルグリーンカレー辛くない須磨小スペシャル2022」は10月30日(日)に開催される須金市日で販売予定です。

今年は熊毛北校と共同開発したレシピも発表予定です!

 

※なお、須磨小にて先行発売中です!

2022年10月18日

学力定着状況確認問題

今日は県の学力定着状況確認問題の実施日でした。

今年からタブレット端末を使っての実施です。

戸惑うかと思いきや…

「時間が17分もあまりました。

でも見直したらまちがえていたところがた~くさんあって、なおしました。」

なおせてよかったです。

結果は今後の指導に役立てられます。

2022年10月17日

川遊びファイナル

6年生がこれまで調べてきた錦川の生きもの。

PTA会長さんを講師にお迎えし、その総仕上げとして魚釣りをしました。

もちろんえさを自分たちで探すところからのスタートです。

えさになりそうな生きものは…すでに子どもたちはよく知っています。

石に張り付いているトビケラの幼虫などを見つけてはそれをえさに釣りをはじめました。

 

釣った魚は…

「このハヤ、食べたらおいしいよ」と会長さん。

「じゃあ、もってかえってカラアゲにする!」

すでにメニューまで決まっているようです。もちろん自分で料理します。

2022年10月17日

祝 須磨小PTAが文部科学大臣表彰

本校PTAが優良PTAとして「文部科学大臣表彰」を受けることとなりました。

「わくわくプロジェクト」など学校、家庭、地域が共に手をとりあって特色ある学びを創りあげていることが高く評価されたとのことです。

地域のみなさんからはすでにたくさんのお祝いのメッセージが寄せられています。

 

表彰式は11月18日(金)に東京のホテルニューオータニで執り行われます。

PTA会長が今から緊張しています。

「紋付き袴(はかま)はもってないなあ」

2022年10月14日

須磨小へようこそ~山口大学から視察~

山口大学の学生が授業の一環として須磨小学校にやってきました。

お兄さんお姉さんの来校に子どもたちは大喜び。

歓迎の会で雲海太鼓を披露したあと授業参観。

そして子どもたちのリクエストで、ドッジボールにバスケットボール。

一輪車にサッカー。

子どもたちを笑顔で迎え入れてくれた素敵な学生のみなさんでした。

春からは教職(関係)に就かれるとのこと。

山あいの小さな学校の子どもたちが「ごきげん」で過ごしていたことをふとした瞬間にでも思い出してもらえればうれしいです。

みなさんのご活躍を心より期待しています。

「あしたも来てほしい」

「先生もそう思います」

2022年10月14日

今年も一輪車の季節がやってきました

自己のベスト記録の更新をめざして体育の時間に練習。

「がんばれ!」という声援と拍手の音…たまに笑い声も?

 

マイ一輪車が小さく見えます。

1年という時間は子どもたちの一輪車を小さくさせるのに十分すぎる時間です。

 

一輪車記録会は10月27日(木)の10時10分開始です。

2022年10月13日

今日の読み聞かせは

『ハリネズミと金貨』(偕成社 2003年)

ハリネズミのおじいさんと動物たちの思いやりあふれるお話。お金の本来の意味、人と人が寄り添って生きる意味について思い出させてくれる本です。(あとがきより)

 

須磨小には図書館の環境を整えてくれる先生がいます。

子どもたちと本との出会いをいつもさりげなく演出してくれています。

今日はその先生による読み聞かせでした。

 

絵本を読み終えた後にひと言。

「この絵本はウクライナの作家とロシアのアニメーターによってつくられたのですよ」

2022年10月12日

思わず手が…

「え!?これ本物ですか?」

須金の立派な梨とぶどうが玄関でお出迎え。

お客さんもびっくり。もちろん本物です。

思わず手が…

 

「このドラえもん あし長すぎ~」

もうそれだけで子どもたちの心をつかんでいます。

保健室前の「ドラえもん」。準備体操の大切さを教えてくれます。

こちらも、思わず手が…

2022年10月11日

秋祭り 雲海太鼓

秋祭りに雲海太鼓を奉納しました。

地域の方、保護者、卒業生…たくさんの方に見ていただきました。

「やっぱり雲海太鼓はええのお。腹に響くのお。元気になった」

境内に太鼓の音が響くのはよいものです。

元気な太鼓が須金の秋祭りに彩りを添えました。

2022年10月09日

小さなオーケストラ ようこそ!

小さなオーケストラが須磨小学校にやってきました。

子どもたちの目の前でバイオリンやオーボエ、クラリネット、コントラバス、ピアノが素敵な音を奏でてくれます。

自然に身体が揺れはじめる子どもたち。

小さな学校だからできる贅沢です。

 

鑑賞会のあとは、指揮者やバイオリン演奏の体験。

もしかしたらこの出会いが何かの「きっかけ」になる可能性も…。

子どもたちに「出会い」の機会をつくるのは学校の大切な役目のひとつです。

 

「なんとも幸せな時間を過ごさせていただきました」

帰り際にいただいた地域の方からの言葉です。

2022年10月07日

沼城小との交流学習 最終日

交流3日目。

こんなにうち解けた雰囲気をつくってくださった沼城小の子どもたちと先生方に心から感謝いたします。

 

○2年生 国語説明文「ビーバーの大工事」

段落のつながりを考えよう。

班の友達と協力して、カードをならべかえました。

「ビーバーってすごいよね」

…いいひと言ですね。

 

○6年生 敬語の使い方

TPOに合わせてどのような敬語を使えば良いかを考えました。

みんなの前で、電話の受け答えの様子を寸劇で表現。

一人は先生、そしてもう一人は小学生役とのこと。

「だれかやってくれる人」

「やります!」「ぼくもやります!!」

誕生したばかりの須磨小と沼城小のお笑いコンビが授業を盛り上げていました。

「あ~楽しかった」

「笑いすぎておなかが痛い」

「…ところで何の授業だっけ?」

 

6年生は中学生に向けての心の準備もできたようです。

2022年10月07日

須磨小は147歳です

創立は明治8年。今年で創立147年目を迎える須磨小学校です。

創立当初は「須万小学校」でしたが、9年後の明治17年に現在の「須磨小学校」と改称しました。

昭和20年代は児童数400名以上。運動会のときには運動場に特設スタンドを設け地域をあげて大いににぎわったそうです。

新校舎が完成したのは昭和63年。平成2年には中学校部分の校舎も併設され、小中一貫校として先進的な取組を行っていました。(中学校の休校は平成18年3月)

学校の移ろいを校庭の大きなイチョウの木は変わらず見守りつづけてきました。

 

地域の方とお話をすると、学校が教育機関であると同時に地域の拠点であったことがよくわかります。

そして、今もみなさんがその気持ちを大切にもされていることも。

 

※メニューバーの「学校案内」をクリックすると本校の「沿革」をごらんいただけます。よろしければどうぞ。

2022年10月06日

沼城小との交流学習 2日目

○2年生 かけ算

机の上のブロックを操作しながら、かけ算の導入。

「4人乗りのジェットコースターが3台あります。

 では、4つの3つ分をつくってみましょう」

「できたら友達と比べてみましょう」

 

○6年生 簡単な比にしよう

「1.2:1.4

 今まで学習した比の表し方と違いますね。

 どうすれば、今までと同じように整数で表すことができるでしょう?」

「小数点がじゃまだなあ…」

班の友達と相談しながら、考えをタブレット端末に記入して先生に送信。

 

須磨っ子たちも実力をしっかりと発揮しています!

須磨小でちょっぴり予習していたことは内緒です…。

2022年10月05日

2学期 沼城小との交流学習 1日目

1学期に引き続き2学期の沼城小学校との交流学習がスタートしました。

今日から3日間沼城小学校へ行っていっしょに学習をします。

とはいえ、先週は2年生は社会見学、6年生は修学旅行を合同で実施したばかりです。

交流の積み重ねによりこれまでよりもリラックスして臨むことができているようです。

 

「大きな集団の中でも自分の考えを伝える」ことは須磨っ子にとっての課題でもあります。

 

○2年生体育「まとあてゲーム」

攻めと守りに分かれて「まとあて」。

丸いコートのまん中に置いてあるコーンが倒れたら得点になります。

友達と協力して守ります!

 

○6年生英語「須々万中学校のことを知り、中学でがんばりたいことを英語で表現しよう」

校区の中学校、須々万中の先生による出前授業。

「中学校の生徒の数は?」「どんな部活動があるの?」

先生が英語で学校紹介。

その後、一人ひとりががんばりたいことを英語で伝えました。

"I want to study English hard in junior high school."

"I want to try baseball in junior high school."

 

交流学習は木曜日まで続きます。

2022年10月04日

ホームページ訪問者のべ10万人突破!

9月30日(金)に本校ホームページのアクセスカウンターが「100,000」を表示しました。

(開設は2018年2月。ちなみにこの4月からの半年で、約50,000回のホームページアクセス数です。)

 

須磨小の取組について多くの方に関心をもっていただけていることをうれしく、また心強く思います。

山あいの小さな小さな学校です。その環境を生かし、わくわくする学びを子どもたちと創りあげていこうと地域と力を合わせて毎日の教育活動に取り組んでいます。

 

多様性の時代と言われている今日、日本各地にある本校のような学校の存在を抱えられる豊かな社会が続くことを願うばかりです。

2022年10月03日

じんとりゲーム

キンモクセイの香りがほのかに漂い始めた運動場です。

 

フラフープでできた道をケンケンパと進んでいくと、コースの反対側から友達が同じようにやってきました。

であったところで「ジャンケンポン」

 

「かった!」

「まけた」

負けたらスタートにもどってやり直し。

早く戻らないと自分の陣地が少なくなってしまいます。

 

フラフープの置き方ひとつで子どもたちの動きに変化が生まれます。

そのうち子どもたちがどんどんコースを変えていきます。より楽しくなるように。

「あ~のどかわいた」

 

そういえば、6年生はいまごろ「宮島水族館」だな~。きっと。

「正解!」

2022年09月30日

走れ!一輪車!!

6年生が修学旅行に行っているうちに一輪車の特訓?

「先生見て!(鉄棒から)手をはなしてのれた!!」

 

「最高タイムが出た!もう一回記録はかってください!」

6年生びっくりするかな?

 

6年生はいまごろ「お好み焼き」だな~。きっと。

「正解!」

2022年09月29日

今日の新聞クイズ

「投げる運動はある動きににているそうです。その動きとは?」

毎日の「新聞クイズ」を楽しみにしている子どもたちです。

今朝の問題はちょっと難しかったかな?

記事を読む目は真剣そのもの。

「あっここに書いてある。これが答えじゃないかな!」

背中を伸ばして「よ~し、ちゃんと歩こっと!!」

ノリのよい子どもたちです。

 

さて、6年生は明日から2日間の修学旅行です。沼城小の6年生といっしょに広島方面に行ってきます。

2022年09月28日

算数の授業から

○2年生「3つの数をたしてみよう」 

36+97+58

いきなり3つはたせません。丁寧に一つずつ計算していきます。

「すごい!」

そばでタイミングよく中学生がはげましてくれます。

ちょっと照れます。

 

○6年生 「立体の体積を求めよう」

体積を求めるプロセスで「底面積」という言葉が出てきました。

どこが底面になるのか確認。

立体の向きが変わっても大丈夫でしょうか?

2022年09月27日

中学生といっしょに~職場体験学習~

今日から2日間、職場体験学習の一環として、須々万中2年生の2名が須磨小で過ごします。

先生志望の2人。

仕事内容は主に6年生教室で担任の先生のサポートです。

さっそく算数の授業では問題の解き方についてアドバイス。

 

「中学生になっても6年の算数を忘れていないのがすごい。」

「…」

2022年09月26日

にぎやかな昼休み

運動場から子どもたちの声がたくさん聞こえてきます。

何をしているのでしょう?

おにごっこでした。

2022年09月22日

1年生と2年生

1年生2名、そして2年生が2名。同じ教室で勉強している4人。

一文字一文字を指でたどりながら丁寧に音読する1年生。

協力してお話づくりをしている2年生。

成長のプロセスがよくわかります。

 

学びの雰囲気が教室に充満しています。

2022年09月22日

水溶液をなかま分け~6年理科~

子どもがもってきたブルーベリーで試薬をつくって水溶液をなかま分けしました。

水溶液によって、試薬の色の変わり方が異なります。

「なんで?」

酸性・中性・アルカリ性。これから水溶液の性質について学んでいきます。

 

石けん水、炭酸水、重曹を溶かした液

…それに梨やぶどうの汁でも確認しているのはさすが須磨っ子です。

2022年09月22日

逆さから見た空

「高い鉄棒でも逆上がりができそうです!」

1,2年生の体育では鉄棒の学習をしました。

鉄棒カードをもって、できた技に印をつけていきます。

こうもり、ちきゅうまわり、ふとんほし、つばめ、だんごむし、そしてぶたのまるやき…

ぜんぶ鉄棒の技の名前です。

運動場がにぎやかです。

「○○くん、さかあがりすごいなあ…」

 

子どもは、子どもからほめられるのが何よりもうれしいものです。

2022年09月21日

Where is the postoffice?

外国の旅行先で道に迷ってしまいました。さあどうする?

今日は場所をたずねるための言葉”Where is~?”の表現の学習をしました。

大きなモニターに映してある地図。

6年生の指示に従って下級生が相談しながら棒の先の矢印を動かしています。

"Go straight."

"Turn right."

「ライトって右?左?どっちだっけ?」

地図の前で相談する二人。

"Turn left."

郵便局に行くはずが動物園に着いてしまいました。

残念!

しょうがないからパンダでも見て帰りましょう。

…そんな余裕をもって旅行できるといいですね。いつか。

2022年09月20日

運動場の掃除

掃除はそれぞれの担当場所にわかれて行います。

運動場の担当は大変です。気温33度。今日も暑い中がんばりました。

掃除の反省会でひと言。

「きょうは運動場の草を切りました。」

運動場の芝生も子どもたちの手で整えられています。

そのプロセスは運動場への愛着を育みます。

 

明日から3連休。台風の進路が気になります。

2022年09月16日

授業の様子から

〇1,2年生音楽

鍵盤ハーモニカの指づかいの勉強です。

「合わせて吹く(演奏する)のって難しいなあ」

合わせなければならない状況が生まれています。(一人ではないので)

 

〇1,2年図工

新聞紙をつかって教室を大変身。

「すっごいたのしかった~」

 

〇6年生理科

炭酸水から出る気体について調べよう。まずどうやって気体を集めればいい?

「コンロで蒸発させてその気体を集めればいいんじゃないかな?」

「でも、それでは蒸発させるときにコンロから二酸化炭素がでると思うよ」

 

「炭酸水をふったら泡が出るのでそれをどうにか集められないかな?」

「そーそー、ビールをふってお父さんにしかられたことがある」

生活と結びついたいろいろなアイデアが出てきます。

2022年09月15日

梨の収穫体験

梨の収穫を体験しました。

4月の受粉作業

6月の袋かけ作業

この収穫に自分たちの「仕事(作業)」が関わっている実感があります。

 

季節の移ろいとともに農園の風景は変わっていきます。

そのことを身体で感じることも大きな学習です。

 

重い梨の袋を抱えて帰る顔。その顔は笑顔でした。

宿題は「家の人に梨をふるまうこと」です。

2022年09月14日

こころをひとつに~合唱練習~

須磨小学校の今年の合唱曲は6年生の教科書に載っている『いのちの歌』です。

歌詞の中に

 「本当にだいじなものは

  隠れて見えない

  ささやかすぎる日々の中に

  かけがえのない喜びがある」

という一節があります。

 

歌詞を理解するにつれて

子どもたちの歌声にもっと表情が出てくることでしょう。

歌う姿を見ていると、この歌が好きなことはとてもよくわかります。

 

11月。市の小学校音楽祭、そして学校での文化祭で披露する予定です。

2022年09月13日

芝生の上でハードルの学習

転んでもあまりいたくない。そんな環境であればちょっとの勇気が出てくるものです。

それはハードルの学習だけではありませんね。きっと。

2022年09月12日

たのしいお話をつくろう~2年国語~

「たまごがわれるとそこから…」

2年生の国語ではお話づくりに挑戦しています。

「たまごの中からうさぎが出てくるようにしようかな」

「ぼくは、たまごの中から魚がたくさん出てくるようにしよう」

 

大きさは?色は?かたちは?

なぜそこにたまごがあったの?

先生からの問いかけにイメージをふくらませる子どもたちです。

教室をいろいろと見回してみてお話のネタ探しをしています。

二人でお話をしながら学びを進めています。

2022年09月12日

カヌー教室in菅野湖

静かだった湖が一気に子どもたちの声でにぎやかになりました。

二人乗りのカヌー。始めはパドルさばきもぎこちなくなかなか思うように進みませんでしたが…

時間が経つにつれて息が合ってきました。

 

いつも道路から見下ろしている湖とはだいぶ雰囲気が違います。

大きな湖の上を進んだり、支流の細い川に入り込んでみたり…

湖面を流れる風に吹かれながら自然を満喫しました。

地域の新しい魅力にまたひとつ気がつくことができた子どもたちです。

 

大田原自然の家の皆様お世話になりました。

2022年09月09日

みんなで鬼ごっこ

「おにがきたよ。にげて!!」

昼休みのおにごっこ。

人数が増えて楽しさもふえたようです。

 

校庭のアキアカネもいっしょに鬼ごっこをしています。

2022年09月08日

須磨小ムービーをつくろう~熟議~

今日(9/7)の地域参観日は「熟議」を行いました。

テーマは「須磨小ムービーをつくろう」。

子どもたちと保護者、地域の方がいっしょに、どんなムービー(映画)を作るかアイデアを出し合いました。

今の学校の様子、そして子どもたちや地域の方、卒業生へのインタビュー、学校の歴史…

どんな素材を集め、どんな構成にすれば須磨小学校の魅力が伝わるのか。参加している人それぞれに思いは異なります。

 

学校がどれだけみんなから大切に思われているのか改めて感じる時間となりました。

そして、学校の地域の未来についても。

2022年09月07日

台風一過

9月6日(火)は台風の接近に伴い市内の小中学校は臨時のお休みとなりました。

 

ここ須金では早朝から午前9時頃まで風が強く吹いており、時折激しさを増すこともありました。

道路には所々で落ち葉や折れた枝が散乱していました。

留守番している子どもたちはさぞや心細かったことでしょう。

 

農園では実りの季節を迎えています。

手塩にかけて育てた梨・ぶどう。被害が少ないことを願ってやみません。

2022年09月06日

手を動かして”身”につける

6年生はこれから「円の面積」の求め方について考えていきます。

正方形、長方形、平行四辺形、…

円は既習の図形と特徴が異なります。

「角がない」「直線がない」…

方眼を使って考えると…「おおよそ○㎠くらいかなあ」

考え方をみんなに説明。「なるほど…」

 

2年生は「かさ」の学習。

毎回手洗い場までいっていろいろな大きさのマスに水をいれて確認しています。

「1リットルってすげ~」何がすごいのでしょう?ぜひその続きが知りたいですね。

L(リットル)、dL(デシリットル)、mL(ミリリットル)

いろんなかさの単位が出てきて、頭が混乱しそうです。

 

頭で考えるだけでなく、手を動かすことで”身”につける。そんな学びが大切ですね。

2022年09月05日

俳句コンクール表彰式

9月4日(日)市の俳句コンクールの表彰式がありました。

このコンクールは郷土の俳人兼﨑地橙孫(かねざき じとうそん)を顕彰するために毎年市内の小学生を対象に実施されています。

 

須磨小から全員が入賞(←クリック)。みんなで参加してきました。

笑顔が誇らしげです。

 

では、ここで一句

…思い浮かびません。残念。

2022年09月04日

学校見学にようこそ!

今日は、2年生に学校見学のお友達がやってきました。

一気に教室の人数は倍。おたがいちょっぴり緊張気味です。

 

早速いっしょに国語の勉強をしました。

テーマは、はんたいのことばあつめ。

「ながいの反対は?」

「短い」

「じゃあ、太いの反対は…」

楽しく学習が進んでいきます。

 

「高いの反対は?」

「そういえばどっちが背が高いの?」

「じゃあ、せいくらべしよう」

なんだか楽しそうです。

2022年09月02日

わくわく二学期 スタートです

「大きくなったのお~」

見守りの地域の方もびっくり。

確かに背中のランドセルは小さくなりました。

 

全員が元気に登校です。それだけでうれしいスタートです。

今年の5月6日の様子←クリック

 

始業式では6年生が二学期がんばりたいことについてスピーチ。

「興味をもったことをどんどん自主学習で調べていきたいです」

 

7月に行った、家庭、地域そして子どもたちへのアンケートの結果から一学期のがんばりを確認し二学期の課題についても考えました。

 

それをふまえて、担当の先生から詳しいお話。

「合い言葉は”あひる”です。」

お話の後「もう一度かくにんです。合い言葉は?」

「”かもめ”です!」

「…」

 

そして今日の給食はカレーライス。

「テンション上がるぅ~」

完食!

いつもの雰囲気が学校にもどってきました。

2022年09月01日

「明日もサッカーしようね」

昼からは子どもたちがワラワラと運動場に集まってきます。

何人か中学生もいっしょのようです。

暑さなんてまったく気にせず走り回っています。

「ちょっとタイム!」

蛇口にいって水をガブ飲み。そしてすぐにボールを追いかけて…

どうやら2学期もみんな元気でスタートできそうです。

「先生もやりませんか?」

「…」

 

「明日もサッカーしようね」

2022年08月30日

梨・ぶどう祭 その2

準備、出演そして後片付け。

子どもたちが須金のお祭りを大いに盛り上げました。

 

1 太鼓とダンスの練習の後大人と一緒に会場準備。

  テーブルと椅子を並べたり、提灯の電球を取り付けたりとたくさんの準備があります。

 

2 オープニングで雲海太鼓を披露

  お客さんの目はステージに。

 小さな子どもたちが芝生の運動場を裸足で走り回っています。

 3歳になるという子どもを連れたお母さん
 「この子が生まれて初めて体験するお祭りです…」

 

3 梨・ぶどう祭のためのオリジナル曲『いこうよ須金』

  歌とダンスで盛り上げます。暗くなってお祭りの雰囲気も出てきました。

 

4 午後9時。お祭り終了。

  ここからの作業が大変。大人と一緒に後片付け。

  大人の手際を見て学ぶ子どもたちです。

  「○○のおじさんすごいなあ。へ~あれは、ああやるんだ」

  地域の行事(お祭り)の成功に向けて大人も子どももそれぞれが経験値と能力に応じて知恵と力を出し合う。そんな経験はきっと須金の未来につながっていくことでしょう。

 

また来年。

2022年08月28日

梨・ぶどう祭

今年の夏の終わり。素敵な思い出となりました。

さあ、須金の秋が始まります。わくわくします。

2022年08月27日

明日は「梨・ぶどう祭」です

子どもたちはステージイベント出演に向けて太鼓やダンスの練習。

「須磨っ子スマイル」をお客さんにお届けします。

どうぞお楽しみに。

 

○日時 8月27日(土) 17:00~21:00

○会場 須磨小運動場

 

「梨・ぶどう祭りちらし」←クリック

2022年08月26日

朝の収穫

トウガラシの収穫

「今日はどのくらいとれるかな?」


オクラの収穫

「葉っぱがちくちくしていたい!大きすぎる~」

2022年08月25日

先生も勉強

市内の小学校の先生たちが須磨小に集まって授業づくりの研修を行いました。

みんなで勉強したあとは…

 

「須磨小に来たのも、梨狩りをするのもはじめてです。」

もちろんこれも勉強です。

2022年08月24日

子どもたちがやってきた!

今日からサマースクールが始まりました。

8月27日(土)に開催される梨・ぶどう祭のステージに出演する子どもたち。

そのための太鼓の練習をしました。

子どもたちのいる学校はやっぱりいいものです。

 

校舎が笑っているようです。

2022年08月23日

校舎が子どもたちをまってます

来週からサマースクールが始まります。

8月27日(土)の「梨・ぶどう祭」に向けて太鼓やダンスの練習をする予定です。

「今年の梨・ぶどうは今まででいちばんのできじゃ」

とのことです。

2022年08月19日

市の俳句コンクール 全員入賞!

兼﨑地橙孫(かねざき じとうそん)顕彰会主催の芙蓉忌「第6回小学生俳句コンクール」の審査の結果が届きした。

本校から応募した5名全員が見事入賞しました。(応募者106名 投句総数245句)

これまでの積み重ねはもちろんですが、きっと須金の豊かな自然が子どもたちに素敵な句を作らせてくれるのでしょう。

 

〇最優秀 わた毛たち荷づくり開始旅に出る

〇優秀  くつぬぐと父の鼻歌冬至風呂

〇入選  ひまわりが熱中症でたおれてる

〇入選  朝ぎりにもみじもかすむ須磨の里

〇入選  サンタさんどこからはいるの見てみたい

 

表彰式は市長さんご臨席のもと9月に行われる予定です。

2022年08月18日

今年最後のプール

午前中の雨は上がり午後からは予定どおりPTAのプール開放がありました。

今年最後のプールです。

子どもたち。たくさん泳いだ夏でした。

泳ぎの上達ぶりは見事です。

 

そしてみんなよく日焼けしています。

「昭和の子みたいだなあ」

昭和の子だったお父さんがそうつぶやいていました。

 

最後はみんなでプールにお礼。

「ありがとうございました!」

2022年08月05日

収穫

①「今日はトウガラシ当番。水やりに収穫。大きくなってるなあ」

 

②「どれどれ~っと…15cmくらいの大きさのものをとるんよね」

 

③「2年生の畑でトウモロコシも収穫しよう!」

 

④「え~そっちの方が大きい!!」

2022年08月04日

「村を育てる学力」

このような文章にであいました。紹介します。

「学力」とは…改めて考えさせられます。

 

「村を育てる学力」

 私は、子どもたちを、全部村にひきとめておくべきだなどと考えているのではない。ただ私は、何とかして、学習の基盤に、この国土や社会に対する「愛」をこそ据え付けておきたいと思うのだ。みじめな村をさえも見捨てず、愛し、育て得るような、主体性をもった学力、それは「村を育てる学力」だ。そんな学力なら、進学や就職だって乗り越えるだろうし、たとえ失敗したところで、一生だいなしにするような生き方はしないだろうし、村におれば村で、町におれば町で、その生まれがいを発揮してくれるにちがいない、と思う。「村を捨てる学力」ではなく「村を育てる学力」を育てたい。…

 村を育て、町を育て、国を育てる学力は愛と創造の学力である。それは、村に残る子どもにとっても、町で働く子どもにとってもしあわせを築く力となり、子どもたちの、この世に生まれてきた生まれがいを発揮してくれる力になっていくのだと、私は信じている。

(東井義雄 『村を育てる学力』1957年)

 

2022年08月03日

プールにいそげ!

13時20分。子どもたちがプールに向けていそいでいます。

どこにいるか分かります?

 

まもなくして開始の鐘がカランコロンと響いてきました。

 

プールの後は「どうぞの野菜」を持ってかえります。

月曜日の収穫はいつもこんな感じです。(かごに入りきらない…)

2022年08月01日

作品の中のブッポウソウ

農園に手伝いに行くと

そこに設置されている巣箱に出入りするブッポウソウをよく見かけるそうです。

「朝にはたくさん飛んでますよ」

だからこんな作品が作れるのですね。

 

箱の横の針金を回すとこの鳥が動く仕掛けになっています。

 

奥にはもう一羽の姿が確認できます。

どうやら「つがい」のようです。

2022年07月29日

芝生と夏雲そして赤Tシャツ

「何してるんですか」そうやって職員室をのぞき込むのは決まって…

 

「自主勉強会にきたの?」

「いいえ」(きっぱり)

「勉強せんでいいから、暑いから中に入りなさいよ」

「じゃあ、畑に野菜をとりにいきます!」

2022年07月28日

羽ばたけ!ブッポウソウ!!

野鳥の会の方が須金で保護したブッポウソウ。

徳山動物園で手あてしてもらい再び須金にもどってきました。

プールを中断して水着のままで一目散に駆けつけてきた子どもたち。

須金ではよく見かけるこの鳥ですが、さすがに間近で見るのははじめてです。

 

布の袋から出てきたその鳥はためらうことなく向こうの山めがけて一直線に羽ばたいていきました。

あっという間のできごと。

「なんで運動場の上をぐるっと一周してくれん(くれない)のかな~」

ブッポウソウの勝手です…

(この時期に放したのは昆虫などのえさが豊富にあるからだそうです)

 

久しぶりに大空に羽ばたいたブッポウソウ。

でも、どうやら疲れたようで、しばらく向こうの電線の上で羽を休めていました。

小さく見えるブッポウソウを見つめながら

「いつか学校の巣箱に入ってくれないかな~」

2022年07月26日

学校の風景を変える~PTA学校整備作業~

今年のPTA整備作業のプロジェクトは2つ。

正門ピカピカプロジェクトと運動場芝生キラキラプロジェクト。

自分たちの手で学校の見慣れた風景を変えていくっていいですね。

きっと、いつの日か大きくなって学校にやって来たとき、正門と運動場を見て今日のことを思い出すことでしょう。

 

きっとこのエピソードもいっしょに…

「○○ちゃん、かみの毛!」

「白髪になっちょる~」

 

みんなの手で丁寧に芝生を植え付け。

 

これからもずっとこの素敵な学校が続きますように…

2022年07月25日

PTA 夏休みのプール開放

子どもたちは午後からの”これ”を毎日楽しみにしています。

「おにごっこしよう!おには○○くん」

子どもたちの元気すぎる声がプールから聞こえてきます。

 

おっと、今日の監視はお父さんが二人。

「ビールが…」

ありません。ご苦労様です。

2022年07月22日

取材をうけました

トウガラシプロジェクト関連の取材です。

(メインの取材先はこのプロジェクトにご協力いただいているトウガラシ農家さん)

 

「トウガラシを収穫するときどんなことに気をつけていますか?」

…なんと答えるのだろう??

「葉っぱがたくさんあるのでまちがえて葉っぱを切らないように気をつけています」

…なるほど

とっさのインタビューにも子どもたちは動じません。

 

掲載及び放送は8月上旬の予定です。(朝日新聞、yab)

詳細がわかり次第改めてお知らせいたします。

2022年07月21日

一学期終業式

「一学期がはやかったと思う人」

やっぱりそうですね。たくさん手があがります。

4月8日に桜の下で写真を撮ったのはもうかなり前のことのようです。

 

「25m泳げた」「漢字がたくさん書けるようになった」「運動会をがんばった」

いろんな学びがあった一学期でした。

 

終業式でお話ししたこと。

○自分の命は自分で守りましょう

○お手伝いをしっかりとしましょう

 

どうぞよい夏休みを…

2022年07月20日

一学期最終日 点描

69日。全員1日も休まずにみんな元気に登校。何よりです。

今日一日の様子です。

 

○トウガラシ初収穫

めでたく3本収穫です。これからどんどん収穫できるはず!?

収穫作業をしていたら「タガメ」もゲット。

 

○手紙の書き方教室

恒例の郵便局長さん(学校運営協議会の委員さんでもあります)による授業です。

「手紙を書く時間はその人のことを思う時間」

おじいちゃん、おばあちゃん、習った先生、浮島の友達…

丁寧な字で宛名が書かれていました。

 

○おたん生日おめでとう

メッセージいっぱいの誕生カードをプレゼント。

クマノミとイソギンチャクの立体オブジェつきのカード。

閉じたり開いたり…すでに100回はしています。

2022年07月20日

学校だより 夏休み号

学校だより「須磨っ子スマイル」夏休み号 ←クリック

<内容> 

 ○山の学校と浜の学校~浮島小交流再び~

 ○夏季休業中の行事予定

 ○須磨小「夏の句会」開催

 ○学校整備作業

 ○梨・ぶどう祭りの参加

 ○ホームページ訪問者70,000人

 ○夏季休業中の学校閉庁日について

2022年07月19日

目標をクリア~水泳記録会~

6年生の会話です。

「こんなにがんばったんじゃけぇ (水泳)記録会で家の人に見てもらいたいなあ」

「ぼくたちはまだいいにしても(2年生の)○○ちゃんのはみんなに見てもらいたいなあ」

「そうそう、あんなにがんばってたもんねえ」

「すごいうまくなったよねえ」

自分たちのことよりも、上達した2年生のことを話している6年生。やさしい子どもたちです。

 

そんな気持ちが通じたのでしょう。あんなに降っていた雨は午後から上がり記録会を実施することができました。

 

保護者、地域の方に見まもられ、自信をもってこれまでの学習の成果を披露することができました。

見事にみんな目標をクリアです!

 

「ようがんばる子どもたちじゃのう~」

地域の方が目を細めて帰って行かれました。

2022年07月19日

ラジオに出演

事前にしっかりと原稿を作り込んで生番組に出演。

須磨小と須金のアピールをしっかりとしてきました。

 

放送中にもたくさんの励ましのメッセージをお寄せいただきありがとうございました。

 

ねばり強くおつきあいいただいた、しゅうなんFMの皆様大変お世話になりました。

 

ON AIRの前と後の顔が…。

緊張から解放されていつもの笑顔がもどってきました。

2022年07月16日

いつもの昼休み

青い空がもどってきました。

鬼ごっことは…さすが子どもたち。

(あれ?大人もひとり混じっています。)

2022年07月15日

「浜の学校」との交流

昨年に引き続き2回目の周防大島の浮島(うかしま)小学校の訪問。

「山の学校」と「浜の学校」との交流は今年も続きます。

 

昨年はお互い8人の学校でしたが、今年は浮島小には2人の1年生が入学。

須磨小5人、浮島小10人。

「浮島小って人数がおおいねえ~」

 

何日も前からこの日を楽しみにしていたのはどちらの学校の子どもたちもいっしょ。

浮島小学校の子どもたちもこの日を心待ちにしてくれていたと聞いてうれしくなりました。

運動場のそばの船着き場から降りると素敵な看板が迎えてくれます。

須磨小の子どもたちにとって浮島小のそんな風景はすでに「なつかしい風景」となっています。

玄関の大きな水槽の中には海の魚が泳いでいることも知っています。

(↑水槽のアナゴとにらめっこ。さすが浮島っ子)

 

○お迎えの「魚釣り」イベント

さすが浮島の子は釣りが上手です。メバル、カサゴ、ギザミ…次々に釣り上げます。

そのうち須磨小の子どもたちにも魚がかかりはじめました。

 

最後に(前日に)漁師さんがサプライズで仕掛けてくださっていたかごを引きあげてみると…

アナゴ、タコ…が入っていて

「これぜったいもってかえる!!」一気にテンションアップ。

 

○合同授業

<2年生 ドッジボール>

「ぼくのボールをうけてみろ!」

 

<6年生 英語>

Go straight!

英語を使ってのスイカわりに挑戦

 

○集会活動

浮島っ子が企画の風船バレーボールに、たから探しゲーム。

15人での集会はいつもの集会とはちがいますね。

まるで同じ学校の子どもたちのようです。

 

○漁船クルージング(おまけ)

須磨小の子どもたちが来ることを聞きつけた漁師さんによる特別企画。

「山の子どもたちを楽しましちゃる(楽しませてやる)」

漁船に乗り込み島1周のクルージングに出ました。

「こんなのはじめて」(そりゃそうです)

「海が近い!!」(漁船なので海面までが近い)

潮風を身体いっぱいに受けて漁船が軽快に走ります。

突然の雨に見舞われて…それもまるで演出のようです。(雨にふられたのはその時だけ)

そして…船をおりるとき隅に置いてあった発砲スチロールの箱を指さして

「これもってかえれぇ~」

開けてみると…

スズキ、ハマチ、マダイ、アオリイカ…

重くて一人ではとうていかかえられそうもありません。ありがたいことです。

 

○また今度

「こんどは須磨小に行くのがとても楽しみです」

終わりのイベントでは何人もの浮島の子たちがそう言ってくれました。

 

12月は須磨小での交流です。

「須磨小のあの大きな木にまたのぼってみたいです

浮島の子たちにとって”も”須磨小はすでに「なつかしい風景」の場所になっているようです。

 

お土産にいただいたのはやっぱり

「浮島のいりこ(煮干し)」銀色に光っています。あまくて深い香りが漂います。

昨日とれたばかりのイワシだそうです。加工場でいりこに姿を変え、丁寧に袋詰めにされて。

手作りのラベルが素敵です。

(これは須金のみなさんにもおすそ分けです!)

 

交流の積み重ねは空間をこえてお互いの心をつないでいます。

子どもたちの世界をまた少しひろげてくれる素敵な交流でした。

浮島の子どもたち、先生方、漁師さん…本当にありがとうございました。

「またね~」

浮島小のみんなが見えなくなるまで手をふりつづけました。

 

2022年07月15日

浮島小に行ってきました

山の学校の子どもたちが全身に潮風を浴びて一日を過ごしました。

 

浮島小学校そしてお世話になった浮島の皆様に心から感謝いたします。

子どもたちの心にきっといつまでも残るだろう素敵な思い出がまたひとつふえました。

詳細は後日。

上の写真は漁師さんにいただいたお土産のほんの一部です…

 

次は12月。浮島小の子どもたちを須磨小にお迎えします。

2022年07月14日

夏の句会

「句会はいつですか?」「どきどきするなあ」

子どもたちが楽しみにしています。

今日はその「夏の句会」の日。

 

みんなの俳句(作者は伏せてあります)が紹介されると緊張が解き放たれるのか

「あ~」「なるほど~」「だれの句?」「これ、おもしろいね~」

一気に笑顔が広がります。

友達の句にイメージをふくらませているのですね。いい時間です。

 

その後、気に入った俳句に投票。

最後にだれの俳句かを披露。

 

どの俳句も夏を素敵に切りとっています。紹介します。

 ○ せん風機 つられて動く 赤い顔

 ○ 枝豆を つまんだ後の 指うまし

 ○ 父さんと はやく行きたい うなぎ釣り

 ○ ひまわりが 熱中症で たおれてる

 ○ 波よせて 屋台の行列 夜光虫

2022年07月13日

浮島小へ行ってきます

「山の学校」と「浜の学校」の交流は今年も続きます。

 

周防大島の浮島(うかしま)小学校へ行ってきます。

「わしら、行けんのか?」地域の方の声が今年も聞こえてきます。

 

<関連記事>

周防大島 浮島小とオンラインで交流(2022.7.6)

昨年の交流の様子(2021.7.16)

 ※昨年1年間の交流学習の様子はトップページのメニュー「交流学習」からご覧になれます。

2022年07月13日

収穫のかえりみち

はずんだ声が聞こえてきます。

運動場の向こうにある2年生の学級園。そこから楽しそうに2人がもどってきました。

きっとたくさんの野菜がとれたにちがいありません。

よく見るとかごの中には、キュウリ、ナス、オクラそして…セミのぬけがら。

 

「だれかもらってくれないかな?」

玄関の「どうぞのいす」の上に一本ずつ丁寧に置いていきます。確かに見せ方は大事です。

 

毎日どなたかが受けとってくださいます。

(実は、いちばん”大きい”のは自分でもってかえっているそうです…ないしょでした)

2022年07月12日

自然に学ぶ

2年生の日記です。

自然の中で自然に学びが駆動している様子がわかります。

けっきょく「ハヤ」も「エビ」もとれなかったんですね。残念。

でも…豊かです。

2022年07月11日

みんなの運動場

みんなで芝生を植えました。

向こうに見える緑は去年植えた芝生です。(←クリック)

約1年前、子どもたち、保護者、地域のみなさんでいっしょに植えた芝生が運動場に彩りを与えています。

「芝生がとってもきれいですね」

学校の前を通りかかる方がよく声をかけてくださいます。

わざわざ遠回りして運動場の様子を見に来られる方も。

(いっしょの作業をすることで思い入れは強くなるものです)

 

みんなでつくるみんなの自慢の運動場です。

…例えば体育で。ハードルを跳ぶとき、ちょっとの勇気をあたえてくれる芝生です。

2022年07月11日

「もう金曜かぁ~」

タイトルはある男の子の言葉。

「1週間って みょーに 早くない?」が続きます。

毎日を愉快に過ごす子どもたちです。

今日は水泳の学習がありました。

休みなく泳ぎ続けるのでなかなかの上達ぶりです。

 

休憩時間の涼しげなショット。1枚どうぞ。

暑中お見舞い申し上げます…

2022年07月08日

問いをもち 考え 伝え ふりかえる

2年生の教室に、たまに6年生がやってきて発表を聞いたりアドバイスをしたりしています。

算数の学習では黒板に図をかいそれを指し示しながら説明。

「ここが食べた数で こっちの残っている数をあわせてみると はじめの何こあったかわかります」

6年生もその発表を聞いているうちに、その内容が今の自分たちの学習につながっていることを認識します。

「2年生のこれって、今勉強している割合に関係しているなあ」

「ワリヤイってなに??」

 

英語の学習。

各自で行ってみたい国について調べそれをプレゼン。

(その前にALTといっしょに何度も声を出して発表の練習をしています)

"I want to go to Singapore.

Because I want to see Merlion(マーライオン).

I want to eat…"

調べたことを元に自信をもって伝えています。

何より声が大きくなりました。

そして…みんな真剣に聞いています。

 

学びをふり返る。

今日の学びを自分の言葉でなんとか表現しようとしているのが伝わってきます。

(「10を24こあつめた数は?」「360は10を何こあつめた数?」そんな学習をしました。そのことについての振り返りを書いています)

 

そんな積み重ねが

思考の深まりにつながっていきます。

(上の写真は算数のテスト。式・答えのほかに図をかいて丁寧に考えているのがわかります。)

 

脳みそに汗をかいています。

2022年07月07日

ブッポウソウのこと

 

今朝も学校上空をつがいの鳥が横切っていきました。

子どもたちはその特徴的な飛び方と鳴き声ですぐにそれがブッポウソウである事に気づきます。

 

これまでも何度かお伝えしていますようにこの鳥は環境の変化により絶滅の危機に追いやられている状態です。

2005年から野鳥の会による巣箱設置などの地道な保護活動により県内(須金を含む)での個体数は増加していたのですが、残念なことにここ1,2年で再び急激な減少傾向にあるとのことです。

 

野鳥の会の方のお話によると、

ブッポウソウがいちばん恐れるのは「繁殖場所である巣箱に長時間注目する人間」とのこと。

もし観察・撮影する際には

「①50m以上離れた場所で ②20分以上とどまらない」ような配慮が必要だとのことです。

 

子どもたち、そしてここ須金の人々にとって、その豊かさを象徴する「青い鳥」です。

ご理解・ご協力をお願いいたします。

 

2022.4.28の記事(←クリック)

2022年07月06日

周防大島 浮島小とオンラインで交流

久しぶりのご対面です。

7月14日の交流(須磨小→浮島小)に向けて、周防大島の浮島小学校とオンラインでお互いの紹介をしました。

浮島小学校には2名の1年生が入学したとのこと。

画面の向こうには10名の子どもたちが元気よく手をふっています。

 

「家に帰ったらお手伝いをします。網(漁網)にかかった石とかをとります」

そんなお手伝いがあるのかぁ~と感心する須磨っ子たち。

今年も山と浜の学校の交流は続きます。

 

昨年の様子はこちらをどうぞ(←クリック)

2022年07月06日

七夕に願いを

玄関にはささの葉が。

子どもたちが短冊になにやら願いごとを書いています。

一人3つまで願いが書けるという大盤振る舞いです。

なにしろ全校5名なので…

 

そしてむかえた今年3回目の水泳の授業。

「15mじゃなくて25mも泳げました!!!」

2年生が短冊に書いた願いが早速ひとつかないました。

励ましていた6年生が自分のことのようによろこんでいます。

「よかったね」「やった!」「すごい!!」

 

次は誰の願いが…?

もしかして「大きいうなぎ」釣れるかも?

2022年07月05日

週明けの畑は…

きゅうりの葉っぱにうもれて…

「かゆいです」

 

「おもいです」

 

そして最後は

「いかがです?」

2022年07月04日

朝会でのお話

子どもたちにとって刺激的なのはやっぱり子どもについてのお話です。

朝会で紹介したのは、先日訪問させていただいたある学校の子どもたちについて。

複式学級での学びの姿です。

たちどまりながらも自分たちで学習を進めていく、そんな素敵な学びの様子についてお話しをしました。

 

「ぼくたちより人数が多いなあ」(そりゃそうだ)

「みんなふつうの服(私服)を着ている」

からはじまり…

「国語の授業みたい」

「同じところ(内容)を勉強しているんだ」

「5年生は自分たちで話し合いをしているなあ」

「6年生は先生の方をみんなが見ている」

興味深そうに目を向け耳を傾け、そして考えています。

 

そしてそのことは自然と自分たちの学び方の振り返りになっています。

2022年07月01日

いっしょに参観日

○2年生

ハンドベルで音階の学習。

大人たちといっしょに「キラキラ星」の演奏。(大人が大変)

見事大成功!!

その後は鍵盤ハーモニカの発表。先生といっしょに演奏。

ちょっと緊張しました。

 

○6年生

歴史の学習。大和政権がほぼ日本を支配。

熊本と埼玉で出土した鉄刀と鉄剣にはどちらも「ワカタケル大王」と…

「ところで“刀”と“剣”のちがいは?」

 

○学校保健委員会~むし歯の予防~

つかみは子どもたちによる劇。

歯をちゃんと磨かないと…大きな歯ブラシをもって熱演。

 

続いて養護教諭による歯磨き指導。

磨きやすいところとそうでないところは?

 

最後は学校運営協議会の委員さん(元歯科医さん)による講話及び実技講習。

大人も子どもも歯の間磨きにチャレンジ。

歯ブラシで磨けないところをどうきれいにするかかがポイントなのですね。

「もうかんぺきです!」

2022年07月01日

明日は参観日です

参観授業と合わせて行われるのが学校保健安全委員会。

子どもたちがなにやら楽しそうに発表の準備をしています。

テーマは「むし歯の予防」。

子どもたちの学びの様子をぜひご覧ください。

○7月1日(金) 

 13:50~14:35 授業参観

 14:40~15:25 学校保健安全委員会

2022年06月30日

授業づくり編

授業づくり編(←クリック)

 ※トップ画面のメニューに追加しています。

 

他校の授業研究会にお招きいただいたことを奇貨として、ブログ内の授業関係の記事を5つの視点でまとめました。

1複式の学び

2問いをもつ

3聴き合う・伝え合う

4書くこと~振り返りを中心に~

5地域の学校として

 

…よろしければどうぞ。

2022年06月29日

自分の考えを伝える

みんなが解きおわったことを確認して、今日のリーダーが説明をします。

どの順序でどう話せば考えがうまく伝わるのか。

聞く人はどう聞けばリーダーが話しやすくなるのか。

授業の中のちょっとした場面ですがそこでの学びは大きい。

2022年06月29日

「どうぞ」のいす ふたたび

2年生が育てている野菜。

毎朝のきゅうりの収穫が日課です。

よろしければ「食べだすけ」にいらしてください。

(セミのぬけがらはおまけです)

「どうぞのいす」(←昨年の様子 こちらをクリック)の上に置いてあります。

 

今日は3名のお客さんにお持ち帰りいただきました。うれしいことです。

 

ナス、ピーマン、オクラ、トマト、トウモロコシ、インゲンもそのうちに…

2022年06月29日

今日の一面

新聞を見つめながら ああでもない こうでもない。

なにやら話し声が聞こえます。

学校に毎朝「小学生新聞」が届きます。

その新聞記事からクイズが出題され、新聞といっしょに掲示されています。

どうやらその答えを考えているようです。

 

今日の問題は小惑星の「リュウグウ」について。

 

ちなみに昨日の問題は…

 

誰かがいつの間にか答えを書いています。

新聞が子どもたちの世界を少しずつひろげてくれます。

2022年06月28日

2人のALTといっしょに

今日は特別な英語の授業です。

2人のALTといっしょに勉強しました。

”What country do you like?”

いつもの倍(以上?)英語のシャワーを浴びた子どもたちです。

英語の音がもつ独特のリズムを身体で感じています。

そして、アクションがオーバー気味なのがいいですね。

 

それにしても5人の子どもたちに2人のALTそして1人の先生とは…

2022年06月28日

セミの初鳴き

「(収穫した)きゅうりを見てください!」

たくさんのきゅうりがとれたみたいです。

よく見ると、かごの中のきゅうりといっしょにセミのぬけがらも入っています。

「なすの葉っぱについていました」

耳をすますと…遠くからセミの鳴き声が聞こえてきます。

今年はじめて聞く、まだちょっぴり心細そうな夏の音です。

2022年06月27日

夏の花を植えました

雨がふるまえに…

マリーゴールド、ケイトウ、ポーチュラカ、コスモス、ホウセンカ…

いろいろな花が夏の花壇を彩ってくれそうです。

毎日の水やりは子どもたちの仕事です。

「先生、長いホースは巻くのが大変です」

そう、そこまでが仕事ですね。

2022年06月24日

学校だより7月号

学校だより「須磨っ子スマイル」7月号 ←クリック
<内容> 

 ○須金で学ぶ 須金に学ぶ

 ○地域参観日・学校保健安全委員会のお知らせ

 ○6年生がしゅうなんFM出演

 ○錦川流域河川一斉清掃のお知らせ

 ○今年も周防大島の浮島小に行ってきます

 ○7月の行事予定

2022年06月24日

プール開き

まったかいがありました。

気温31度。水温28度。

絶好のプール日和で今年の水泳がスタートです。

5人で使う25mプールです。なんて贅沢な時間でしょう。

「(今年は)とちゅうでいっかいもトイレに行きたくなりませんでした」

と言っていたのは2年生です。

2022年06月23日

宿題は手品

子どもたち企画の今日の集会は「手品集会」。

それぞれが家で手品の練習をして集会に臨みました。

朝から「あ~ドキドキする~」

トランプを使ったり、コップを使ったり

口上巧みに?慎重な手つきで手品を披露する子どもたち。

「今のまじ すごい!」

「あの手品どうやったん?」

みんな大成功!!

手品がブームになりそうです。

 

盛り上がった手品の後は算数の授業。

「分数のわり算」これに手品はありません…。

2022年06月22日

I want to go to Italy.~英語学習のようすから~

黒板にランダムに貼られた写真カード。

1枚1枚をよく見ると

マチュピチュ、タージマハル、ハンバーガー、コアラ、ピザ、ピラミッド、トムヤムクン…

「きれい」「おいしそう」「行ってみたい」…

見るだけでわくわくしてきますね。

その写真を国ごとになかま分け。

英語の授業の一コマです。

「ピザってどこの国の食べ物だ?」

「ココナッツオイルってなんだ?」

5人で相談?しながら仕分ける作業はなんだか微笑ましいものです。

これから

「I want to go to~」の表現を学習します。

「I want to go to Italy.Because I want to eat pizza.」

2022年06月22日

国語の学習から

○ 2年生

新出漢字の練習をしています。

「16画の漢字を習ったんですよ!」

「頭」という漢字を指でかいてアピール。うん、確かに16画。書き順OK!

よい姿勢です。

 

○ 6年生

防災ポスターを作っています。

タブレットを活用して情報集め。

伝えたいことが何なのかを明確にすることで集める情報は精選されます。

雨の季節。防災の意識を高めることが大切ですね。

2022年06月21日

雨です

梅雨らしい1日となりました。

水泳バッグ片手に登校しましたが…

楽しみにしていたプール開きは延期となりました。

プールではモリアオガエルが気持ちよさそうに泳いでいました。

平泳ぎのプロです。やっぱり。

2022年06月21日

黒板で説明

説明する人は黒板に書き込みながら話す。

聞く人に目線を配って表情を確認する。

タイミングを見て

「ここまでわかりますか?」

 

そして聞く人は全身で聞く。わかったらうなずく。

「あ~なるほど~」

わからなかったら首をかしげる。

「ちょっとまって!今のところがよくわからん」

 

「じゃあ別の言い方をすると…」

学びの場でのこんなコミュニケーションをめざしています。

2022年06月20日

新しい本にわくわく

図書室には新しい本の香りでいっぱいです。

先日の選書会(←クリック)で子どもたちが選んだ本が届きました。

わくわくしながら本を手に取る子どもたちです。

 

2022年06月20日

縄文のくらしって?~6年社会~

6年生は歴史の学習が始まりました。(公民分野を先に学習しています)

今日は課題づくり。

教科書の挿絵を見ながら縄文時代のくらしについて想像をふくらませています。

「海で漁をしているのかな?」

「いろいろなところで火がおきているなあ」

「イノシシみたいな動物を捕ってきたようだ」

「子どもたちが遊んでいるぞ」

気がついたことを付箋に書いて大きな紙に貼っていきます。

その時にお互いの気づきをおしゃべりしながら共有するのです。

 

「あ!自分と同じ」「ぼくの考えと似ているなあ」

「へーそんなこと自分は気づかなかった」

 

こんなつぶやきが学びを更に深めていきます。

2000年以上も前の人々のくらしは今につながっています。

 

授業に関連して縄文土器を作りはじめました。

始めは「なんでこんな(縄模様の)デザイン?」と思っていても、手を動かす内に”ハマって”しまって…

心はすでに縄文人。

「ドキドキする」

…こんなことを言う子どもは絶対いますね。

2022年06月17日

農園体験~梨の袋かけ作業~

梅雨に入りましたが今日は晴天。

梨の袋かけには絶好すぎる?天気でした。

4月の花粉つけ作業(←クリック)から約2か月。

時間の経過と共に農園の風景が大きく変わっていました。

「おおきくなあれ」「あまくなあれ」

一人ひとりメッセージをかき込んだ袋をかけて行きます。

ときには背伸びをしながら袋をかけていくのですが…

去年より背が伸びたことを梨の枝との間隔が教えてくれるようです。

この袋かけは梨の実を害虫や病気から守るために行われます。

作業の丁寧さ正確さがそのまま秋の収穫へつながる大切な仕事です。

そのことを知ってか、時間が経つにつれ無言の作業に。根気を試されているようです。

その姿が農園の大人の姿と重なります。

農園の社長さんがひとこと

「去年と比べてまた成長したね」

 

作業終了!頭の上には袋がかかったたくさんの梨が!

約1時間。みんなで700袋をかけることができました。

(去年は500袋でした。ちなみに農園の梨は全部で10万個!!)

秋に収穫する梨がどんな味なのか今から楽しみです。

これからも農園の時間の流れを子どもたちは全身で感じていきます。

2022年06月16日

お誕生日おめでとう

♪ハッピーバースデー トゥー ユー

須磨小学校では子どもたちの誕生日はみんなで祝います。給食の時に。

プレゼントはみんなのメッセージを集めた手作りバースデーカード。

 

♪ハッピーバースデー ディア ~ ハッピーバースデー トゥー ユー

おめでとう~ パチパチパチパチ(拍手)

誕生日の子はその日の給食の主役です。

 

「あぁ~ おかずの中にグリーンピースがはいっちょる↷」

…献立まで主役にあわせるわけではありません。

2022年06月15日

物語を学習してます

6年生は「物語の山場はどこなのだろう?」と考えています。

物語の全文を

起・承・転・結

の4場面に分けて考えてみました。

 

2年生。

大男に帽子をとられてしまった主人公のえっちゃん。

「わたしのぼうしをかえしなさい」

どう読んだらいいかな?

お話に書かれていることをもとにいろいろに声を出しながら確認しています。

その声が運動場まで聞こえてきます。

2022年06月15日

あじさい いろいろ

玄関を入って教室に行くまでにいろいろなあじさいが!

季節の移ろいを感じます。

 

そして教室では楽しく英語の学習をしています。

”It's rainy today."

あじさいが似合う季節になりました。

 

あれ!ひまわりも!?

こちらは季節をさきどりです。

2022年06月14日

モリアオガエル天国

須金では、きれいな薄緑色をしたカエルをたまに見かけることがあります。

プール掃除のときにも、ソフトボール大でシャボンの泡のような卵がプールサイドに産み付けられているのをいくつか見つけました。

モリアオガエルです。←クリック

2週間ほど前に地域の方が卵をもってきてくださいました。

玄関前においてみんなで毎日観察していたのですが…

 

「あっ、おたまじゃくしがたくさんおる!」

その声にみんなが集まってきました。

月曜日の朝。おたまじゃくしたちがヒーローです。

みんなを元気にしてくれました。

 

モリアオガエルも、生息地である森林の環境が変化したことにより絶滅が危惧されています。

2022年06月13日

とれたて野菜をかじってみた

2年生が育てている野菜。

今日が初収穫。

「とれたてがおいしいそうですよ」

「本当ですか?このピーマンもですか?」

「ううう…これって大人の味ですか」

なかなかの挑戦者です。

自分が育てたことでピーマンとの距離がぐっとちぢまりました。

2022年06月13日

須磨小アースデイ~トウガラシ苗の植付~

今年もやります!

水辺の教室につづき午後からはトウガラシ苗の植付を行いました。

(校庭の落ち葉などを集めて作った堆肥がすでに畑に混ぜ込んであります。だからぎんなんがたくさん)

昨年同様に「マンガンジ(万願寺)」と「フクミミ(福耳)」。辛くない2つの品種です。

今年も教えていただくのはトウガラシ農家で本校6年生のご両親。この苗も準備していただきました。

丁寧に植付た後、肥料として米ぬかをやり、支柱を立て最後に水やり。

運動場にトウガラシのある”あの風景”が戻ってきました。

きっと梅雨の明けた7月頃から収穫が始まり…

そして…今年の「辛くないグリーンカレーペースト」の味が今から楽しみです。

 

さて、今年のトウガラシプロジェクトは…

「○○やってみたいな」「□□も楽しそうだなあ」

子どもたちからいろいろなアイデアが出てきます。

詳細は後日。乞うご期待!

 

もっとわくわく 須磨小学校

 

※R3とうがらしプロジェクトはこちら←クリック

2022年06月10日

須磨小アースデイ~水辺の教室~

学校のそばを流れる錦川をフィールドに川の生きものを調べました。

サワガニ、ヨシノボリだけでなく、川底の石を裏返してみるとトビケラ、カゲロウ、カワニナ…

いろいろな生きものがたくさん。

講師の先生といっしょに生きものの種類、数を調べてその水質を調べてみると

「きれいな水」の判定。やっぱり!

川に住む生きもので川のきれいさが判定できるのですね。

何よりふるさとの川に入り、水の冷たさを感じ、たくさんの生きものを捕まえたこと。

大人になっても忘れることはないでしょう。

 

笑顔で

「先生パンツまでビショぬれです」

わざとです。

2022年06月10日

ブッポウソウ こいこい

「なんの鳥の雛でしょう?」

子どもたちからはいろいろな鳥の名前が出てきます。さすがです。

そのうち誰かが

「ブッポウソウですか?」

大正解。

 

先生による読み聞かせでの一コマです。

環境の変化により絶滅の危機に追いやられている鳥「ブッポウソウ」。

その鳥が須金にたくさんいることを子どもたちはよく知っています。

「今朝○○で見ました」

「このまえ□□で飛んでいました」

鳴きまねだって上手です。

…豊かです。

2022年06月09日

カッコウ こいこい

とぎれとぎれに鍵盤ハーモニカの音が聞こえてきます。

♪ソミ ソミ レドレド~

何度も何度も同じ部分を練習している様子。

そのうち…

「やったできた!できた!!」

正しい指使いでハーモニカを吹くことができたようです。

 

あれ?耳を澄ますと遠くからカッコウの鳴き声が聞こえてきます。

「へ~須金にカッコウがいるんですね」と驚く先生。

「え!知らなかったんですか」

立場逆転。

 

練習していた曲はもちろん「かっこう」でした。

豊かです。

2022年06月09日

なかま分け

学校のすぐそばに流れる錦川。

今週金曜日にはそこに住む水生生物の調査を行います。

その準備として、図鑑などでこれまで調べてきた水生昆虫を分類しました。

「きれいな水にすむもの」「ややきれいな水にすむもの」

 

続いて、租税教室。

講師はフルーツパークの社長さん。(農園体験だけでなくいろんな場面でお世話になっています)

こちらの授業でもなかま分け。

「税金が使われているもの」「税金が使われていないもの」

 

物事をどんな視点で分類するか。

分類の視点は物事を理解するための大切なツールです。

 

「目玉焼きにはソース?しょう油?」

「マヨネーズです」

分類できないものからも学びが…

2022年06月08日

整えること

全校朝会の様子です。

靴箱の写真を見ながらのお話。

小さな「整える」を毎日行うことの大切さについて。

「毎日」というところがポイントです。

その積み重ねで学校の靴箱は「整うこと」があたりまえになりました。

そして、整えることは「ふり返ること」につながります。

次の行動にうつる前に(例えば教室を出るとき)一度ふり返ってみる。

そうすることで確認することや、新しい何かに気づくことも。

 

きっとそれは授業も同じです。

2022年06月07日

6/5 参観日・プール掃除

○授業参観

6年生…時間を分数で表す。20分は1/3時間。なんで?

 

2年生…繰り上がりのある筆算。位の概念をきっちりおさえます。

 

○救急法講習

もうすぐ水泳学習が始まります。

日本赤十字指導員の方に救急法について教えていただきました。

胸骨圧迫、AED… 知っていることが大事です。

 

○プール掃除

あいにくの雨にもかかわらずたくさんの方々に来ていただきました。

 

さあ、夏の準備は整いました。

2022年06月05日

沼城小交流3日目

3日も連続で交流するとこのとおり。

「あててほしい!」そんな気持ちが伝わりますね。

発表するときの手の伸び方が変わってきました。

みんなの前でも自分の考えを発表できました。

 

給食も掃除も休み時間も。

1日目の戸惑いはかなり前のことのようです。

いつもと異なる環境の中「これどうするんだ?」

そんな疑問の数々は、周りを観察したり友達に聞いたりすることで乗り越えてきたようです。

アウェーをホームに。

次回の沼城小との交流は10月です。

その前に2年生は社会見学、6年生は修学旅行が待っています。わくわくしますね。

 

とはいえ…須磨小にもどってきてやっぱりほっとした表情になる子どもたちでした。

2022年06月03日

沼城小交流学習2日目

○2年生

「近くの友達に計算の方法について説明しましょう。」

「誰に説明したらいいん?」

たくさん友達がいるので迷ってしまいます。

 

休み時間には人気者。

「すげ~」

 

○6年生

たまねぎの収穫を終えて集合写真。

たくさんの人で写真を撮ることがこんなにも大変だとは…

 

音楽の時間には…

やる気があふれています。

2022年06月02日

今日から沼城小との交流学習です

「なんか楽しみだなあ。どきどきするけど…」

今日から3日間、同じ中学校区の沼城小学校で沼城小の子どもたちといっしょに学習をします。

玄関には靴箱。そして教室にはちゃんと須磨小の子どもたちの机が準備されています。須磨小のみんなを快く受け入れていただいていることに心から感謝です。

 

昨年度までの交流ですでに友達は何人もいます。

とはいえ最後の交流から半年以上が経過し、さすがにアウェー(away)感は否めません…。

アウェーは子どもたちをひとまわり”大きく”してくれるはず。

うまくいかないときにどうコミュニケーションをとればいいのか(どうふるまえばいいのか)を経験できるから…

それも(が)勉強です。

また、6年生にとっては中学校進学にむけた準備でもあります。

いつかアウェーがホーム(home)に!そんなたくましさを期待しています。

 

「給食のおかわりができました♡」

…大丈夫です。

2022年06月01日

笑って 話して 拍手して~英語学習~

"What baseballteam do you like?"

という子どもの質問を受けてALTの先生の自己紹介が始まりました。

都合により、しばらく代わりのALTが須磨小にやってくることになりました。

アメリカ ニューヨーク州出身のとっても元気な先生です。

テンポよく子どもたちに話しかけ、子どもたちが話す場面をたくさん作っています。

表情が豊かであっという間に英語の世界に引き込まれる子どもたちです。

 

最初の質問の答えはもちろん

”I like NY yankees!”でした。

2022年05月31日

この本 読みたい!~選書会~

図書室にたくさんの新品の本が並べられています。

新しい本のにおいっていいものです。本に吸い寄せられるようにみんな集まってきました。

1人6枚の付箋を手わたされ読みたい本に貼っていきます。

希望が多ければ購入してもらえるかも?

2022年05月30日

海の生きものと出会う~岩国ミクロ生物館へ~

山の子どもたちが海の生きものの観察に行ってきました。

行き先は岩国市由宇のミクロ生物館。

見事な晴天。海の中に光が揺れているのが分かります。それだけで子どもたちのテンションアップ。

館長さんのご指導の下、海水に足をつけ、採集ネットを揺らしてたくさんの生きものを集め、観察しました。

髪の毛の太さの何分の一ほどの大きさの様々な生物が顕微鏡の中で盛んに動いています。その様子を食い入るように見つめ、スケッチする子どもたち。

「この小さな生きものたちがいなければ、イワシも、アジも,スナメリも生きていけないんですよ」

…命のつながりについても学ぶ子どもたちです。

 

今、須金の山や川をフィールドにして生きものについての学習を進めているところです。

今日は、その一環として「海の生きもの」の特徴について学習しました。

この学びがこれからの活動(錦川の生きもの観察、浮島小交流等)につながっていきます。

もっとわくわく須磨小学校。

2022年05月27日

運動会のお礼

全校を代表して2年生が地域のみなさんのお宅にお礼のごあいさつに回りました。

昨日収穫したたまねぎにメッセージカードをつけて。

「うんどう会のおうえんありがとうございました」

 

いろいろな反応が返ってきます。

「運動会すごかったよ。5人とは思えないくらいだったよ」

「最後は涙が出たよ」

「あしが速いねえ。びっくりしたよ」

「病院に行く(コミュニティ)バスの中でも須磨小の運動会の話でもちきりじゃったよ」

照れくさくてなかなか次の反応が出てこないのですが、自分たちのことが認めてもらえている実感は十分にあります。

「たまねぎありがとう。お菓子もってかえりぃ」

ポケットにせんべいが2つ。

これも須金です。

2022年05月26日

学校だより6月号

学校だより「須磨っ子スマイル」6月号 ←クリック
<内容> 
 ○フレーフレー須金~須磨小運動会~

 ○もっと わくわくプロジェクト

 ○地域参観日・プール清掃のおしらせ

 ○6月の行事予定

2022年05月26日

実際にやってみる

須磨小学校では、理科の実験も野菜の収穫も一人一人が実際にやってみることで、学びを深めています。少人数の魅力ですね。

○6年理科 気体検知管を使ってみる

器具の操作を一人一人が体験します。失敗も含めて勉強です。

 

○2年生活科 野菜の収穫

11月に植えたたまねぎと3月に植えたジャガイモを収穫しました。

教室いっぱいにたまねぎのにおいがしています。明日、ご近所に「おすそわけ」に行きます。

2022年05月25日

あっぱれ 運動会

5人の子どもたちと

それを見まもる(参加する)大人たちの思いとがひとつになった素敵な運動会でした。

 

○ラジオ体操

大人も子どもも一緒に体操。

 

○応援発表

「フレーフレー 須金!」

 

○徒競走

大人も子どもも。

 

○玉入れ

「たすけて玉入れ」子どもたちがマイクパフォーマンスで助っ人を呼び込みます。

 

○親子競技

息がぴったり!顔そっくり!?

 

○ソーラン節

最後のポーズ。決まってます!

 

○一輪車

2年生も6年生も同じ技に挑戦。大成功!

 

○障害物競走

はしごくぐり。大人はおなかがじゃまをするようです。

 

○リレー

子どもチームに挑戦するのは

お父さんチーム、中学生チーム、自称選抜チーム、先生チーム

 

○須金小唄総踊り

総踊り。まさに総踊り。みんなで輪になって。

 

○雲海太鼓

やっぱりフィナーレをかざるのはこれ。

太鼓の音が会場いっぱいに響き渡ります。この音を聞くとみんなが安心します。

 

みなさんありがとうございました。

「やっぱり須磨小はええのお」

2022年05月22日

運動会 準備は整いました

気持ちの入った最後の練習を終え、午後からは会場準備。

保護者、地域の方々といっしょに行いました。

明日の予報は晴れです。

いい運動会になりそうです。

プログラム(←クリック)をどうぞ。

 

お昼の勝負メシは昨年同様グリーンカレー。火がつきました。

2022年05月21日

須金小唄で知る須金

運動会では地域のみなさんといっしょに「須金小唄」に合わせておどります。

今年も地域の方を講師にお迎えして、教えていただきました。

小唄には須金の四季が詠まれています。

 春は茶摘み

 夏は魚釣り

 秋は紅葉狩りにハイキング

 冬は雪景色にスキー …

また、踊りの中には特産の”梨”や”錦川”を表現する所作が含まれています。

そんな貴重な学びの時間です。

最後はお礼の気持をこめて「雲海太鼓」を披露しました。

「運動会が楽しみですね」

そう言っていただきました。

2022年05月20日

教科書と比べてみる~2年国語~

「たんぽぽ」の説明文を学習しています。

校庭のたんぽぽを探して、教科書に書いてある内容と比べてみました。

 

根の長さは…100cmって、どうやってほったんだ?

小さな花の数は…180こあるってほんとうかなあ?

体験を通して更に読みが深まっていきます。

「草を刈るとき たんぽぽは残しておいてください」

…なかなかに難しいリクエストです。

2022年05月19日

運動会のめあて

「こうしたい」「こうなりたい」と思うことが大切ですね。

教職員チームもリレーでがんばります!

大人のすごさを見せつけます。きっと。たぶん。おそらく。けがしないように…

2022年05月19日

ひびけ雲海太鼓

運動会のフィナーレをかざるのはもちろん「雲海太鼓」

運動場に、いや須金いっぱいに太鼓を響かせます。

「○○のところはもっと強くたたいた方がいいと思うよ」

子どもたちからそんな声が出るのはさすがです。

2022年05月18日

伝える

ノートを友達に向けて一生懸命に話しています。

「考えを伝えたい」

その思いが形に表れていますね。

2022年05月16日

給食のお話

給食の時間に、高尾学校給食センターの栄養教諭の先生に「食事のマナー」についてお話をしていただきました。

「食べるときの姿勢はとても大事です」とのこと。

子どもたちの背筋がスックと伸びました。

「須磨小からもどってくる食缶はいつも空っぽでうれしいです」

食べる子は元気。それは間違いありません。

 

おいしい給食をいつもありがとうございます。

2022年05月16日

週末の宿題

22日の運動会に向けて練習もたけなわです。

一輪車、応援合戦、ソーラン節、雲海太鼓…

5人が主役の運動会。もちろん練習から一生懸命です。

声がかれそう…

週末の宿題は「ゆっくり休むこと」

子どもたちも、そして先生も…

2022年05月13日

野鳥と野菜

朝の学校は、いろいろな鳥の鳴き声が聞こえます。

6年生は、図鑑と双眼鏡を手に須金の野鳥の観察をしているところです。

たくさんの野鳥を見つけました。

 

2年生はこれからいろいろな野菜を育てます。

どんな野菜を育てればいいのでしょう?

「ふれあいプラザ須金」に相談に行きました。

2022年05月12日

春の句会

山笑う季節です。

今日は句会の日です。

毎回どきどきするそうです。それだけ一生懸命に作っているのです。

子どもたちの俳句を紹介します。

 

○雨やんで つばめいそがし 家づくり

○桜散り 新芽ひょっこり 顔を出す

○チュピピピピ 歌って母待つ つばめの子

○校庭で 見上げた空に こいのぼり

○つばめの子 みんな口あけ 母を待つ

 

つばめを詠んだ句が多いのは、教室の窓からはこんな風景が…

 

2022年05月11日

見まもり見まもられ

「あいさつ運動」の朝でした。

いつものメンバーよりもずっと多くの方に見まもられての登校です。

「こりゃぁ~子どもより大人の方が多いのお~」

「まてよ。もしかして大人の方が子どもに見まもられちょるんじゃないか?」

「わしらぁの生存確認かあ?」笑

須金の大人は朝から元気です。

2022年05月11日

考えを比べてみる

タブレット端末を使って自分の考えをまとめてみる。

そして、それを比べるてみる。

 

「この考えは自分と同じだ」

「この部分の説明の仕方ががちょっとちがうなあ」

どんな場面でどんな道具を使えばよりよい学びになるのか。

先生も勉強しています。

2022年05月10日

給食で考える

今日の給食のメニューは…

給食献立に含まれる栄養素についての掲示。子どもたちの仕事です。

「山菜入りみそ汁なので…」

協力して掲示を完成させていきます。

毎日の栄養バランスのよい、おいしい給食に感謝。

2022年05月10日

似顔絵をかく

「こうやって見ると なんか じいちゃんの顔に似てきた」

いわゆる”微妙(ビミョー)”な表情でつぶやく○○くん。

それをおじいちゃんに伝えるとすごくうれしそう。

「やっぱりなあ」

2022年05月09日

連休明けです

朝はなんだか連休疲れ気味の子どもたちでしたが、時間がたつにつれて…

このとおり。運動場で応援練習です。

「フレーフレー須金(すがね)!!」

応援するのは自分たちの暮らす須金のまちです。

…連休明けの先生たちもなんだか励まされているような気になってきました。

2022年05月09日

久しぶりの登校です

今日もみんな元気に登校です。

いい天気です。

なんだかいつもの道が狭くなったような気がします。

2022年05月06日

図書館のコーナー

新聞のきりぬきや図書室にある本を集めてコーナーが作られています。

今回のテーマは「戦争」

 

ある新聞記事にはこう書いてありました。

「身近な人を大切に それが平和生む」

2022年05月06日

身体を動かす

連休に挟まれた今日5月2日。

休みにあったこと、そしてこれからあること…朝、子どもたちが教えてくれました。

 

体育の時間は運動会で披露する一輪車演技の練習。

昼休みには応援の練習。

そして放課後にはフリスビーでドッジボール。

運動場はにぎやかです。

とにかく身体をよく動かします。

きっと晩ご飯がおいしいことでしょう。

ぐっすりと眠れることでしょう。

 

放課後、まったりした職員室の校庭側のガラスがコンコン

「先生もいっしょにやりましょう」

2022年05月02日

なしの花 その後…

「子どもたちが花粉つけした梨が こね~なったぞ~(こうなったよ)」

そう言いながら農園の会長さんが学校にやってきました。

4月15日の受粉作業(←クリック)から約2週間が過ぎました。

安心しました。ちゃんと育っています。

…豊かです。

2022年04月28日

考えを伝える

「17+5のかんたんな計算の方法」を発見しました!

5を2と3に分けて…

その方法で計算するとなぜ計算しやすいのかを力説しています。

「だってこうすると20ができますよねえ。だから後は残りの…」

伝えたいという気持ちが「手」に表れています。

「ぼくのいってることわかりますか?」

…わかります

 

1本80円のえんぴつx本 と 70円の消しゴム1個買ったときの代金y の関係を式に表してみると

80×x+70=y

では、1000円で何本のえんぴつが買えますか?

xとyの関係を表にして説明。

「えんぴつの数が1つふえると代金は80円ずつふえるので…」

「伝える人」と「聞く人」はセットですね。

 

自分の考えを表現することで理解はさらに深まっていきます。

「アウトプット」は今年度の須磨小の研究のテーマです。

 

2022年04月28日

おかえり ブッポウソウ

「今朝、須金でブッポウソウを確認したよ」

学校運営協議会の委員さんが写真と共に教えてくださいました。

毎年この時期、遠く東南アジアから渡って来るそうです。

 

子どもたちにとってはなじみのある鳥です。

須金の里山の環境が、この鳥の生息にとって大事なのだとのこと。

…絶滅が危惧されている鳥です。

ブッポウソウがいろいろなことを教えてくれそうです。

2022年04月28日

廊下の藤の花

小学校の周りのいろいろなところに藤が咲いています。

実は学校の廊下にも…

季節を感じる手作りの掲示の数々。

これも須磨小の自慢です!

2022年04月27日

学校運営協議会

今年度初めての学校運営協議会でした。

(須磨小は地域の方の願いとともに運営されます。学校運営協議会はそのための機関です。学校運営協議会を設置している学校を「コミュニティ・スクール」といいます)

 

子どもたちの外国語の授業参観の後、今年度の学校経営方針について承認いただきました。

 

授業の様子について

「子どもたちの笑顔があふれる授業。一人ひとりを大切にしていますね」

笑顔は子どもたちの”得意技”です!

 

協議会では、今年度の学校運営についての課題を共有。

「(児童数減という)状況に左右されることなく、学校は保護者・地域のみなさんと手をとりあって須金の子どもたちのために須磨小らしい学びを継続して創りあげていくこと」

それが大切であると改めて確認できた時間でした。

2022年04月26日

声を出す 手を動かす

校舎に音読の声がよく響いています。叙述によって声のトーンを変えているようです。

教科書にたくさんの書き込みがあります。

 

2年生が時計を動かしながら時間の経過について考えています。

 

6年生。点対称を確認するために切り取った図形を回転させて確認しています。

 

声を出し、手を動かしてまずは身体で感じる。

こんな繰り返しが、学びの定着そして思考の深まりへとつながっていきます。

2022年04月26日

須磨っ子 ゴレンジャー

運動会に向けて一輪車演技の構成をみんなで考えています。

手をつないで

5人で息を合わせての演技です。

「せーの」

かけ声が校舎にこだまします。

須磨っ子 ゴレンジャー。大きな演技をめざします。

2022年04月25日

わくわく デイ・キャンプ

新緑を吹きぬける風に、鯉のぼりが気持ちよさそうに泳いでいます。

数日前から子どもたちが楽しみにしていたデイキャンプ。

今朝は、みんないつもよりずいぶんとはやい登校でした。

今日の運動場はキャンプ場です。

学校の倉庫に眠っていた年代物の「三角テント」を子どもたちでたてることから始まりです。

「どうやってたてる?」

「さきにこっちじゃろう??」

あれこれとおしゃべりをしながら…それだけで十分楽しそう。

 

子どもたちが企画した集会も、青空給食も、ポップコーン作戦もみんないい思い出になりそうです。

デイ・キャンプ、大成功!

”もっと”わくわく 須磨小学校!

 

地域の方がふらりとやってきました。

「今日はここに泊まるの?」

2022年04月22日

自転車にのって

須金駐在所長さんによる交通教室がありました。

連休に入る前、今一度交通安全について確認するよい機会となりました。

「2年生はまだ道路で自転車に乗ったらいけんのよ!」

6年生から厳しい指摘がとんでいます。

「農園でしかのりませ~ん」

なるほどその手があったか。

2022年04月21日

なんか楽しそう

こんな表情で話を聞いてもらえると話している方も楽しくなります。

授業の空気はお互いでつくっていくのですね。

俳句づくりの一コマです。

 

窓の向こうには緑色がやわらかく光っています。

2022年04月20日

委員会活動

昼休み、2人が楽しそうに階段を降りてきました。

「委員会の仕事です!」

手洗い場の石けんを補充していたとのこと。

いいコンビです。

みんなが元気なのは二人のおかげ…かも?

2022年04月20日

ようこそ須磨小へ!~新しいALTと~

今日は新しくやってきたALTとの初めての授業でした。

自己紹介に続いての質問タイム。

”Do you like fruits?”

”Do you like sweets?”

”Do you like …?”

なぜか食べ物ばかり…子どもたちから次々に質問が出てきます。

何が好きなのかたずねるのはその人を知る第一歩ですね。

 

”Do you like べんきょう?”

なぜか”勉強”だけ日本語でたずねています。

2022年04月19日

鯉のぼりといっしょに

校庭の空に今年も鯉のぼりが泳ぐ季節になりました。

その鯉のぼりに見守られて体育でリレーの学習をしました。

 

バトンを渡す人と受ける人。

”自分勝手”ではうまくいきません。

「バトンパスってむずかしい」

でも、繰り返しによって上達してくるものです。

「ナイスパス!」声が出るようになったり、拍手がおこったり。いい雰囲気です。

 

先週金曜日(4/15)の農園体験の様子が放送されました。

よろしければどうぞ。

https://www3.nhk.or.jp/lnews/yamaguchi/20220415/4060013168.html

 

2022年04月18日

農園体験学習~花粉つけ~

今年初めての農園体験学習。

昨年に引き続き福田フルーツパークで受粉作業(花粉つけ)の体験をさせていただきました。

秋の収穫に直接つながる大切な大切な作業です。

(花が咲くこの1週間が“勝負“の作業です)

須磨小ならではの大切な体験です。

この積み重ねはきっと子どもたちの心の中に残って行くはずです。

「なしの花ってきれいじゃねえ」

「上を向いてのしごとは首がつかれる…」

大きくなった子どもたち。昨年と比べて花までの距離が近くなりました。

次回は5月。「小袋かけ」の体験を行う予定です。

 

本日の体験活動の様子が以下のメディアで紹介される予定です。よろしければ。

○4月15日(金) 18:10~ NHK 情報維新山口

○4月18日(月) 5:20~ KRY さわやかモーニング

○中国新聞

2022年04月15日

参観日

今年度初めての地域参観日。

保護者の方、地域の方に見守られての授業でした。

 

○6年生 国語「音読発表会」

教科書の叙述に即して読み方を工夫して音読しました。

読み方の「根拠」はちゃんとあるのです。

人に聞いてもらうことでいつもよりもはりきるこどもたちです。

 

○2年生 国語「ことばあつめ」

参観していた大人もいっしょになって言葉あつめをしました。

「お母さんこっち」

いつの間にかお母さんがとなりに座っています。

いいところを見せようとはりきっています!

2022年04月14日

音読 聞いてください

「○○くん、ずいぶん本読みがじょうずになったね」

放課後、宿題の音読を聞いてくださっているのは地域のボランティアさんです。

子どもたちの成長をいつもいっしょに見守っていただいています。

いろんな方にほめていただける…幸せなことですね。

いつもありがとうございます。

「やった~今日のしゅくだいもうおわり~」

2022年04月14日

ものが燃えるためには~6年理科~

外に出て理科の実験です。

ものが燃えるためには何が必要なのかを条件を変えて比較しました。

空き缶がふたつ。その中で割りばしを燃やして…

「なんでこっちの方がよく燃える?」

 

生活科の授業で「春さがし」をしていた2年生がとびいりで考えています。

しかもいちばんいいポジションで。

「こっちの空き缶にはここにあなが…」

春はどこにいったのでしょう?

2022年04月13日

校庭のいちょう

やわらかな緑に命のエネルギーを感じます。

子どもたちを、そして須磨小をずっと見まもり続けているいちょうです。

この葉っぱが秋には金色に輝きます。

…そして落ち葉拾い。

 

須磨小の四季をどうぞ。←クリック

2022年04月13日

つばさをください

4時間目。歌声が校舎中に響いています。

さそわれて行ってみると、4人の6年生が先生のギター伴奏に合わせて歌っています。

 ♪いま わたしの 願いごとが かなうならば つばさがほしい~

6年生になってはじめに学習する歌です。

『つばさをください』

4人とは思えないくらいのびのびと歌っています。

気持ちよさそうです。

 

となりの教室の2年生も歌っています。

「♪つばさがほしい~」

2022年04月12日

なしの花が満開です

ということは農園では受粉作業(花粉つけ)で大忙し。

ご厚意により、今年も1年を通して農園作業を体験させていただきます。

農園(植物)の時間の流れを身体で感じます。

まず、今週金曜日に受粉作業の体験です。

2022年04月11日

授業開き~わくわく学習~

○6年算数

「この写真を見て何か気づいたことありますか?」

「神社?お寺?」「空がきれいです」

「形に注目してみましょう」

6年生の算数では「対称な図形」についての学習が始まります。

「半分に折ったら重なりそう…」

「どう折ったらいい?」

先生の言葉に子どもたちから次々と反応(つぶやき)が返ってくるのがいいですね。

その調子!

 

○2年算数

「すきなあそびしらべをします。何のあそびが人気があるか調べてみましょう」

「須磨小は5人しかいません」

「先生や近所の人にも聞いてみたら?」

2年生は表やグラフに表すことの便利さについて学んでいきます。

授業でわくわく。

「わくわく学習」は子どもたちが決めた目標です。

2022年04月11日

みんな元気にやってきたよ~始業式~

5人の子どもたちが元気に登校してきました。

校舎もうれしそうです。

始業式では、

校庭のいちょうが芽吹いたこと

みんなの学年がひとつあがったこと

みんなで決めた今年の「チャレンジ目標」のこと

についてお話をしました。

 

5人で1クラス。みんなではげまし みんなでのびる須磨っ子です。

さあ、新しい学年のスタートです。

2022年04月08日

チューリップもまってます

「♪どの花みてもきれいだな」

地域の方が鼻歌を口ずさみながら来校されました。

その気持ちよく分かります。

チューリップも子どもたちを待っています。

明日から新年度のスタートです。わくわくしますね。

2022年04月07日

桜と菜の花と子どもたち

夕方の運動場。バスケットボールを手に子どもたちが集まってきました。

子どもの声が聞こえる運動場。いいですね。

 

「学校はいつから始まるんか?」

地域の方も学校が始まるのをまっているようです。

始業式は4月8日です。

2022年04月06日

4月1日

校庭の桜も、花壇のチューリップも春をよろこんでいます。

もちろん子どもたちも。

そんな4月1日です。

2022年04月01日

離任式

お世話になった先生とのお別れの式です。

「須磨小での思い出ベスト3は…

 3位 浮島小学校との交流

 2位 6年生卒業前にみんなといっしょにサッカーをしたこと

 1位 毎日の授業」

新しい学校に行かれても心の”片隅”に須磨小学校を…

離任式。子どもたちの心がまたひとつ成長する大切な大切な式です。

2022年03月30日

駅前で販売~グリーンカレー須磨小スペシャル~

3月27日(日)。青空のもと徳山駅前でのイベントに参加してきました。

子どもたちプロデュースのあの「グリーンカレー」(←クリック)の販売が目的です。

イベント会場のたくさんのお客さんに最初は圧倒されていましたが、ひとつ売れふたつ売れ…そのうちに心もほぐれてきたようです。

「いらっしゃいませ~ 辛くないグリーンカレーはいかがですか~?」

「ぼくたちが校庭で育てたトウガラシでつくりました!」

用意したカレーペーストは2時間で完売!

おつりの計算と笑顔?が上手になりました。

これで今年度のトウガラシプロジェクトはひと区切り。

みなさまありがとうございました。

2022年03月28日

成長をふりかえる~修了式~

「姿勢に気をつけて学習することができました」

「長い物語や分厚い本など今まで読んだことのない本にもチャレンジしました」

「興味あることを自主勉強で調べることができました」

「時計が読めるようになりました」

「ひらがなもかたかなも漢字も書けるようになりました」

「10月に一人で一輪車に乗れるようになりました」

修了式で子どもたちが発表した内容です。

子どもたちの発表を聞くことで改めて身体はもちろん、心も頭も成長してるのがわかります。

式ではこの1年を校庭の風景の移り変わり(←クリック)とともにふり返りました。

須磨小で学ぶことでふるさと須金のことが好きになる。

わくわくしながらすごす毎日を子どもたちの成長につなげることができた1年でした。

これからも、楽しみです!

2022年03月25日

ありがとうパーティー~1年生~

みんなが楽しみにしていた「ありがとうパーティー」です。

1年生がこの日に向けていろいろと準備をしてきたのをみんなは知っています。

作文発表、いすとりゲーム。

お食事タイムにはお手製の”サラダ”がふるまわれました。

きゅうり、キャベツ、ハム、こんぶ、かつおぶし…

国語のお話に出てきたサラダをつくってみたそうです。

 

プレゼントはクッキー。

こちらも何回かの失敗を重ねた末にできた貴重なもの。

「こげてなくて おいしい!」

みんなが笑顔になれた素敵なパーティーでした。

できることがたくさんふえた1年でした。

2022年03月24日

ALTといっしょに学んだこと

いつものように元気な声が教室から聞こえてきます。

”What food do you like?”

”I like ramen.”

先生の声が元気だと子どもたちもそれにつられて元気な声が出ます。

たとえそれが英語でも。

少々まちがえてもへっちゃらなのが須磨小学校のいいところです。

アクションも豊かです。

 

今日は、2年間いっしょに学習したALTの先生との最後の授業でした。

とっても元気な先生なので子どもたちは大好きでした。

最後の授業はすごろくゲーム。学習した表現をゲームの中でたくさんたくさん使いました。

ALTにとっては日本語(須金弁)の上達につながる2年間でもありました。

「なんだか エイゴがヘタになってしまいました…」

 

2年前はじめて須磨小にやってきたときの言葉…

「ジンセイでイチバンきれいなけしきをみた」(←クリック)

 

”See you again and Good luck!”

2022年03月24日

お花をどうぞ~感謝をこめて~

サイネリアが今が盛りと咲いています。

実はこの花、卒業式の式場を彩ったものです。

お礼の手紙をそえて、昼休みに子どもたちの手で配ることにしました。

「いつもありがとうございます」

サプライズに思わず顔がほころびます。

「まさかこんなお花がもらえるとは思わんかった」

作戦成功!

2022年03月23日

1年生からの招待状

素敵な招待状をいただきました。

「ありがとうパーティー」って

どんなパーティーなのかワクワクします。

「どんなパーティーなんですか?」

「それはあとのおたのしみです」

 

…1年という時間は子どもを確かに成長させてくれます。

2022年03月22日

「げんたくん」

山口大学教育学部附属特別支援学校 高等部の生徒のみなさんが育てたお米で作られた「ポン菓子」をいただきました。

口に入れてみると…

さくさくして、なんだかやさしくてなつかしい味がします。

(パッケージのキャラクターがかわいいですね)

年に数回、学校で開催される「まごころショップ」での販売が予定されているそうです。

 

須磨小学校の取組(←クリック)も参考にされたみたいです。うれしいですね!

2022年03月22日

卒業証書授与式

小さな学校の小さな卒業式。

3名の6年生がたくさんの方々に見守られて卒業しました。

いっぱいのまごころに包まれた卒業式でした。

 

受け取った卒業証書を両親の元へ。

「今までありがとうございました」

 

向かい合って一人がひとりにメッセージを伝えます。

言葉は心に響きます。

 

「年をとるとどうも涙腺がゆるくなって…」

何人かの方が、そう言いながら会場を後にされました。

2022年03月18日

準備完了

卒業証書授与式は学校にとって1年で最も大切な式です。

そのことを子どもたちはちゃんと理解しています。

6年生が下校した後みんなで心をこめて体育館や6年教室の飾りつけ、

廊下や玄関等の掃除をしました。

明日はきっと素敵な式になるでしょう。

 

自分が育てたパンジーの鉢にはメッセージを。

「中学校でもがんばってね」

2022年03月17日

そろって給食も…

6年生といっしょの給食は今日が最後でした。

本当は楽しくお話ししながら食べたいのですが。

でも今日のメニューはお祝いメニュー。

・炊き込みご飯

・フライドチキン

・ブロッコリーの塩ゆで

・はんぺん汁

・お祝いケーキ

なぜかあまっていたケーキとフライドチキンは…

「やったー!おかわりいただきま~す♡」

そこはいつもと同じです。

2022年03月17日

郵便局の掲示板

須金郵便局は朝の集合場所です。

そこで友達を待っていると…

「あれっ!?」 

子どもたちが気づいたようです。

いろいろな方がこうして卒業を祝ってくださいます。

卒業まであと2日です。

2022年03月16日

みんなでサッカー

6年生が卒業までにしたいことのひとつが「サッカー」。

ちゃんと先生たちもさそってもらえます。

ということで5時間目には運動場でサッカーをしました。

みんな大きくなったのでボールをけるときの音が力強くなりました。

走るスピードだってちがいます。

「半袖でも暑い。のどかわいた」

 

菜の花が咲き、桜のつぼみが大きくなってきました。

2022年03月15日

卒業まであと4日

この教室でこの仲間と過ごすのもあとわずか。

それを知ってか知らずか…

教室からはいつもと変わらぬ笑い声が聞こえてきます。

卒業アルバムが完成しました。

自分たちで選んだ写真です。

 

卒業証書授与式は今週の金曜日(3月18日)です。

2022年03月14日

遠足に行ってきました

今日は卒業する6年生との最後の遠足でした。

目的地は「大田原自然の家」。

春の陽気の中で素敵な一日を過ごすことができました。

みんなで楽しめたことが何よりです。

 

○野外炊事 メニューは「カレーライス」

実は初体験の子どもたちです。(…コロナのため)

8人が3つの班に分かれての作業です。みんないそがしい!

「かんぺき」

「ぼくのいぶくろはむげんです」

 

○ウォークラリー 山の春を全身で感じて

「木の間から見える空がすごくきれい」

 

○2時46分 黙祷

 

宿題は「今日のことを家の人にたくさん話す」です。

2022年03月11日

明日は3月11日です

もちろん子どもたちには11年前のこの日の記憶はありません。

だからこそ記憶と教訓を伝えていかなければなりません。

 

「3月11日はなんの日でしょうか?」

「遠足です!!」

「…」

明日(3月11日)はお別れ遠足を予定しています。

行き先は学校からほど近い「大田原自然の家」。

どうやら天気も良さそうです。

 

先頭の2人。おやつの相談でもしているのでしょうか?

みんなで遠足に行けるありがたさ。

14時46分にみんなで黙祷をします。

2022年03月10日

和紙絵が完成

須磨小学校の伝統的な取組のひとつに和紙絵があります。

12月に自分ですいた和紙(←クリック)。

その和紙の上に、水で溶いた別の和紙をピンセットでつまんで置いていく。そんな作業を繰り返しながら少しずつ和紙絵は完成します。根気のいる作業です。

「動物の毛並みを意識して絵を描きました」

「水の流れが感じられるように工夫しました」

「他の色とまぜてちがいを作りました」

和紙だからできる表現があります。

2022年03月09日

6年生を送る会

この日に向けて5年生はいろいろな準備をしてきました。

今日(3月8日)は6年生を送る会。

子どもたちによる子どもたちのための大切な大切なイベントです。

学校中でかくれんぼをした後

5年生が6年生の役になり、一人ひとりを主役にした寸劇『思い出のげき』を披露しました。

「音読が上手」「はしり高とびがすごい」「マラソンはやい」「おりがみがプロ級」…

エピソード満載でちょっぴり大げさな劇は、思わずみんなを笑顔にしてしまいます。

 

6年生へのプレゼントはみんなからのメッセージ入りの手作りアルバム。

作るのにどれだけの手間と時間がかかったことでしょう。

そして6年生からはお返しに得意な手品の披露とおりがみのプレゼント。

その巧妙さにみんなびっくり。

 

最後は歌の合唱。子どもたちが選んだ歌は「にじいろ」

♪これからはじまるあなたの物語

 ずっと長く道は続くよ

 にじいろの雨降り注げば

 空は高鳴る…

 

須磨小の子どもたちが優しいのはきっと

1年1年、こんな積み重ねが丁寧に丁寧にできているからなのでしょう。

2022年03月08日

場を整える

3月4日(金)には恒例のワックスがけ作業を行いました。

子どもたち、教員、保護者、地域のみんなでの作業です。

これは、今から20年以上も前、子どもたちの数が減っていく中にあって地域の方々からのお申し出により始まった作業です。

 

日頃なかなか行き届かない体育館も。

お陰様で卒業を前に学校がぴかぴかになりました。

 

最後はささやかな「感謝の会」。この1年の感謝の気持ちを伝えることができました。

場が整うと心も整います。

卒業まであと11日です。

2022年03月07日

6年生のために~送る会の準備~

来週の「6年生を送る会」にむけて昼休みも返上でいろんな準備をしています。

「6年生 よろこんでくれるかな?」

そんなことを考えながらの準備です。

「誰かのためにがんばる」ときって力がたくさん湧き出てくるみたいです。

そして、なによりとても楽しそうです。

 

2022年03月04日

春を感じて~俳句づくり~

今年度最後の句会を行いました。

子どもたちが作った春の俳句。

俳句を作るときにお父さん、お母さん、きょうだい、先生…いろいろな人に相談します。

それがいいですね。

「なるほど、そんな感じ方もあるのか」

季節の感じ方を共有できるのですから。世界は広がります。

それを俳句という形で「アウトプット」するのです。

みんなの投票で入選が決まりました。

○たんぽぽの 綿毛のように つぎの地へ

○進学の ワクワクに勝つ ドキドキが

○海面を おどるメバルが 春告げる

2022年03月04日

ホームページをご覧いただきありがとうございます

昨日(3月2日)本校ホームページのアクセス数が50,000回をこえました。(ちなみに開設は2018年2月)

今年度はじめの4月1日アクセスカウンターの表示が30,005回。

この1年たらずで、のべ20,000人以上の方々にご覧いただいていることになります。

 

山あいの小さな小さな学校の日常についてこれほど多くの方々に興味をもっていただけていることは、子どもたちそして私たち教職員にとってどれだけの励みとなることでしょう。

実際、多くの方から本校取組への励ましをいただいています。

 

「へ~、日本の山口県の周南市の須金(すがね)というところにこんな愉快な学校があるんだ」

そう思っていただける方が世界に一人でも増えることを願っています。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

2022年03月03日

みまもり ありがとうございます

朝霧の中での見まもりでした。

いつもありがとうございます。

「この横断歩道をいっしょにわたる子 ふえないかなあ~」

「でも、おとなはふえた感じがするよ」

2022年03月03日

「ひさしぶり!」~オンラインで浮島小と交流~

1年生はオンラインで「浜の学校」こと周防大島の浮島小の子どもたちと授業交流を行いました。

(12月に浮島小の子どもたちが須磨小にやってきて以来の交流です。)

テーマは「1年でできるようになったこと」

一輪車、漢字、なわとび…

たくさんたくさんあります。

 

「何時何分でしょう?」

さっそく浮島の子どもたちと時計をよむはやさくらべに挑戦。

「はい!」「はい!」一気に教室がにぎやかになりました。

一輪車やなわとび、そしてマジックを披露したときにはモニターの向こうから歓声が聞こえます。

「すごい!」「どうなっちょるん?」

同じ学年の子どもたちにこうして認められる経験はとても貴重です。

 

浮島の子どもたちが跳び箱、計算、版画になわとび…

たくさんのできるようになったことをはきはきと紹介する様子に感心。

「すごい…」

よい刺激になりました。

 

最後はカメラを教室の外に向けてお互いの様子を紹介。

(浮島)「あっ、あのいちょうの木じゃ!!」

(須磨)「海が見えた!」

(浮島)「今日は凪(なぎ)ですよ」

(須磨)「なぎ?」

なるほど「凪(なぎ)」という言葉は浮島の子どもたちにとって”生活の中”にある言葉です。

 

※これまでの交流の様子はこちらをどうぞ。←クリック

2022年03月02日

お誕生日おめでとう

須磨小学校ではどの子の誕生日も盛大に?お祝いします。

きのうは今年度最後の「お誕生日おめでとう」でした。

プレゼントされるカードにはみんなからのメッセージでいっぱい。

コンセプトはその子が興味のあるもの。

”職人技”をもつ先生による心のこもった手作りです!

 

「♪ハッピバースデー トゥーユー~」

もらったカードをひらくその瞬間!

やっぱりいいですね!

2022年03月02日

3月の全校朝会

今朝は1枚の写真からお話をはじめました。

昨日の小学生新聞に掲載されていた写真です。

「戦争がはじまったので他の国に逃げようとしている」

ある子がちゃんと説明してくれました。

そして、不安そうな表情を浮かべている女の子のことについて想像してみました。

 

話はかわって…

6年前の入学式。

「これから何があるんだろう…」そんな感じでしょうか?

 

そんな表情も今では…

 

どうか子どもたちが笑顔で成長しつづけられる世界を…

2022年03月01日

ふりかえりの三月へ

1年生は1年間のふりかえりを(生活科)

6年生は小学校生活のふりかえりを(卒業アルバムの編集)

 

「ああ、あんなことあったなあ」

…それぞれのふりかえりです。

 

※ホームページのトップ画像をクリックすると須磨小の四季のうつりかわりをご覧いただけます。

2022年02月28日

ひびけ朝のうた

みんないっしょの「朝の会」です。

健康調べのあとは「朝のうた」。

先生のギターに合わせてみんなで気持ちよく歌っています。

くじで決まった今日のうたは「夢のせかいを」。

歌が大好きな須磨っ子です。(先生も)

2022年02月25日

角柱や円柱をつくる

方眼紙に展開図をかき、それにそって丁寧に切り取る。

角と角をぴったりと合わせて立体を作る。

できた形はいとおしく感じられるものです。(色紙で飾り付けをするほど)

昔から変わらない学び方ですね。

手で立体の感覚をつかんでいく大切な学びです。

2022年02月25日

こんな記事は人気です

いつも子どもたちが興味がありそうな内容を掲示しているつもりですが

あたりはずれがあります。

でもきっと今日の記事は…

 

やっぱりね!

2022年02月24日

英語で友達紹介

This is my hero ~.

He is good at playing shogi.

He is always kind to me.

日本語ではちょっと恥ずかしくても英語なら言えます。

紹介された友達はやっぱりうれしそうです。

2022年02月22日

1年をふり返って伝える

須磨小学校の1年間の様子を伝えます。だれに?

浮島小学校の友達に伝えます。

そのために生活科の時間に入学してからのことについてふり返りをしています。

「入学しきにテレビきょくの人がきました。そのときは”しゅくだいがたのしみ”といいました」

「5月のうんどうかいのときに一りん車をしました。ぼくは6年生に手をつないでもらって…」

(注:多少の脚色あり)

自分の成長を再確認するための時間でもあります。

得意?のマジックも紹介する予定です。

成功率は50%です。今のところ。

本当は「新1年生」に伝えてあげたいのですが…

2022年02月22日

タブレットそれとも国語辞典?

「テクノロジー」という言葉について調べていた5年生。

手にとったのは「タブレット端末」か「国語辞典」か。

タブレット端末を使ってインターネット検索で探し出してきた言葉はちょっと5年生には難しそう。

国語辞典の説明のほうがわかりやすいなあ…

「適材適所」ですね。

2022年02月21日

おりがみで形をつくる~1年算数~

角と角をぴったりとあわせて…

この「ぴったり」1年生にはなかなか難しいのですが…

さすが、少しのずれもありません。

ていねいな作業のくりかえしが確実な理解につながっていきます。

2022年02月18日

学校の未来を考える~学校運営協議会~

今年度5回目の学校運営協議会でした。

須磨小学校のこの1年の取組について確認し、来年度への方向付けを行いました。

学校の願いと地域の思いを共有する大切な時間です。

委員さんより

「学びに必要なのはリスペクト。他人、自分、学校へのリスペクトが須磨小はあると思います」

「トウガラシプロジェクト。これだけの長いスパンでの学びは須磨小ならでは。たくさんの学びがあったはず」

「この素敵な学校の存続に向けてみんなで考えていきましょう」

 

小さな学校でいっしょに学びませんか

2022年02月18日

なわとび大会

なわとびは上達するにつれて着地のときの”音”が小さくなっていきます。

力を入れるポイントを身体がつかんでくるのですね。

そして、跳んだときのつま先は下を向いています。

何回も何回も跳んでみて身体に染みついていきます。

保護者、地域の方の応援もありました。

見られることで子どもたちは伸びていきます。

 

「先生!はじめて5分とびができた!」

1年生はうれしそう。

「あや跳びも新記録です!」

二重跳びにも何度も何度も挑戦。バンバンと大きな音が響かせて…

「2回できました!」

みんなではげましみんなで伸びる須磨っ子です。

2022年02月17日

雪の朝


靴箱はこんな感じです。やっぱり。

2022年02月17日

データを集める~6年理科~

手回し発電機で発電し、コンデンサーに電気をためる。

手回しの回数と蓄えられた電気の量について調べる実験です。

①手回し発電する人

②コンデンサーから発電機をはずし、すばやく豆電球につなぎかえる人

③時間を計測する人

3人のチームワークが大切。

「あっ、つなぎまちがえた」

あせるといけませんね。でも楽しそうに実験しているのがいいですね。

2022年02月16日

明日はなわとび大会です

持久とび、あやとび、交差とび、二重とび、…そしてみんなで長縄とび

明日のなわとび大会に向けてがんばっています。

寒くなりそうです。

2022年02月16日

学習した方法で伝える

”Are you good at jumping rope?”

今日の外国語の学習では友達に得意なことをたずねてみました。

習ったことをすぐに使ってみる。何の学習でも大切ですね。

”good at ~ing”なんてなかなか口から出てきません。

でも大丈夫。友達や先生がたすけてくれます。

”You are always great to me.”

グレートですか!いいですね!

2022年02月15日

今日もみんな元気です

朝の靴箱。

子どもたちの登校が確認できます。

今日もみんな登校。そのことに感謝です。

「くつがちゃんとそろっていますね」

担任の先生にほめられて、1年生はうれしそうです。

2022年02月15日

熟語について調べる~5年国語~

日頃使っている熟語(2字熟語)。

ある視点をもって分類してみると…

・同じ意味の漢字(例:計測)

・反対の意味の漢字(軽重)

・上の漢字が下の漢字を修飾(良薬)

・上が動作、下がその対象(消毒)

・上が下を打ち消す(無職)

「熟語ってこんなふうにできているんだ。じゃあ…」

言葉が広がります。辞書もスタンバイしています。

 

ちなみに須磨小学校の「須磨」は「須(すべから)く磨(みが)くべし」

熟語ではありませんが。

2022年02月14日

”みぢか”の範囲

○1年生道徳

すべり台の順番待ちをしているときに友達が”よこはいり”してきました。

「この前消しゴムかしてあげた。ドッジボールに入れてあげた」

そう言う友達にどうすればばいいかを考えました。

では、自分は?

そういえばこの前の給食の時… 1年生にとって順番は”みぢか”です。

 

○6年生社会

「平成」の時代とは?

その中で出てきた「少子高齢化」という言葉。

須金に暮らす自分たちにとってそれは”みぢか”な問題です。

こちらもどうぞ(←クリック)

 

○雲海太鼓

6年生が卒業するまえにしっかりと音づくりをしておかなければ。

6年生も一生懸命にアドバイス。

みんなにとって大切で”みぢか”な雲海太鼓です。

2022年02月10日

文章を書く

廊下の壁に子どもたちの作文が掲示されています。

学年によってテーマはそれぞれ。

 

○6年生 心に残る言葉(書き出しを紹介します)

・「虎穴に入らずんば虎児を得ず」ぼくは、自分に自信がなく思いっきりできなかったことがあります。でも…

・「行いは己のもの 批判は他人のもの 知ったことではない」ぼくは、よく自分の考えを捨てて他の人の考えを大切にする事があります。例えば…

・「苦悩をつきぬけて歓喜へ」ぼくは苦しいことなどからのがれようとするときがあります。でも…

中学進学に向けての”決意”のようですね。

 

○5年生 オリジナルの「枕草子」に挑戦

・春は何といってもメバル。さしみにしても煮付けにしても…

・春は何といっても桜。校庭の桜の近くでバーベキューをして…

・春は何といってもお花見。家族や友達…

・春は雨。春の終わりに降る長い雨の後に…

いろいろな春がありますね。もちろん夏も秋も冬も。

 

○1年生 絵日記

好きなことについて書くって大切ですね。

”書きたい”という気持ちがあふれています。

2022年02月09日

避難訓練

講師(学校安全サポーター)をお呼びして不審者対応の避難訓練を行いました。

訓練のあとのおさらいでは、知らない人に声をかけられたときどうすればよいかを考えました。

「君のお父さんといっしょに仕事をしているものだけど、ちょっとお父さんが…」

「ぼくのお父さんといっしょに働いている人はみんな知っているんですけど」

なるほど。

困っている人に親切にすることはあたりまえ。

でも…。

危険を感じとれる「かしこいからだ」をこれからも育んでいきます。

2022年02月08日

alwaysそれともnever?

外国語の学習の様子です。

今日は1日の生活について紹介しました。

"I always have breakfast."

"I sometimes play soccer."

"I never wash dishes."…

あれ?だれでしょう?

"I sometimes get up in the morning."

ALTの先生が首をかしげています。

 

質問したり答えたり、歌ったりおどったり、立ったりすわったり、右に行ったり左に行ったり…

身体を動かしながらたくさん英語をしゃべることが楽しく学習する秘密のようです。

2022年02月08日

立春を迎えて

今年も、ひな人形が登場しました。

気持ちが一気に春めいてきました。

いつもの風景が変わる。子どもたちはそのことにとても敏感です。

「おっ!もうひな人形がでちょる。はえ~」

須磨小にはいろいろなところに季節を感じる仕掛けがあります。

なんだか春の俳句が浮かんできそうな予感。

 

「わ~すごい!」最初によろこんでいたのは先生でした。

2022年02月07日

放課後の運動場

いつもの放課後。

一人やってきて、二人やってきて…

そのうち、にぎやかな声が聞こえはじめます。

どうやら今日はドッジボールをすることになったようです。

こんな姿を見るとなんだかほっとします。

2022年02月04日

木工教室

毎年須磨小に木工を教えにやってきてくださいます。

一昨年の「ぶんぶんごま」、昨年の「写真立て」に続き

今年は「ぱたぱた」を作りました。

こんなおもちゃです。(なつかしい…)

ひっくりかえすと

「なんでこうなるん?」

上から横からながめて仕組みを確かめている子どもたちです。

2022年02月04日

卒業までに読んでほしいおすすめの本

図書室に新しいコーナーができました。

手作りのポップ。まるで本屋さんに来たみたいです。

思わず手にとってみると…新しい世界がまっています。

2022年02月03日

今月の読み聞かせ

今月の読み聞かせは「新聞」から。

 

小児がんで入院している子どもたちと国立科学博物館をリモートでつないだ授業。

カメラ付きロボットを病院から操作し、博物館の恐竜化石をオンラインで見学したという内容です。

子どもたちが大好きな恐竜とともに、小児がんの子どもたちのことについても考えてみました。

「病院の子どもたちが(コロナで)家族ともあえないなんて…」

「リモートがこんなことに使えるなんていいと思いました」

「ぼくたちもどこか有名なところとリモート授業したい」

 

須磨小にはこども新聞が毎日届けられています。

新聞は世界を広げてくれます。

2022年02月03日

おにたいじ~保健室前の掲示より~

節分をむかえます。

あれ!?保健室前に新しい掲示。

いつの間にか子どもたちがすいよせられています。

タイトルは

「なまけおにをおいはらおう!」

すききらいの多い「いやいや鬼」

ゲームがやめられない「ノンストップ鬼」

手伝いしたくない「だらだら鬼」

家を出るぎりぎりまで寝ている「ねむねむ鬼」

朝ご飯を食べていない「ぼんやり鬼」…

さあ、春に向けて自分の中にいる鬼たいじ!

「これ、なんでジャガイモなん?」

「”まめ”じゃろう…」

2022年02月02日

-5℃の見まもり

ここ数日冷え込みが厳しい朝が続きます。

今朝も早くから子どもたちの登校を見まもっていただきました。

「あつあつのコーヒーをどうぞ」

さしいれもありがたい-5℃の朝でした。

2022年02月02日

分かったことを言葉にする

5年生は「円と正多角形」について学習しています。

半径3cmの円の円周について考えました。

「どうして円周は18cmよりも長いと思うの?」

「だって、円の中に(円に内接する)正六角形をかいてみて…」

「では、それをみんなの前で発表してください」

分かったことをあえて言葉にして伝える。

言葉にする作業は理解していく作業です。

そのプロセスは、中学数学の「証明」につながっていきます。

「今日はここまで。明日は実際に円周が何㎝なのかを測ってみます」

「え~、いまやりたい!!」

2022年02月01日

「知性」って?

今日の全校朝会では、ある5年生の作文をもとに「知性」について考えました。

「知性」…子どもたちとってはあまりなじみのない言葉です。

でも、自分たちと同じ小学生の作文だけあって、みんなよく聞いています。

「知性」…物事を考えたりはんだんしたりする力

須磨小は体験を重視した学習で、生きて働く本物の知性を獲得することをめざしています。

もちろん大人も。

2022年02月01日

こども110番の家

須金の”メインストリート”を入ると鮮やかな黄色の旗がいくつか目にとびこんできます。

「子ども110番の家」の目印の旗です。

今日は古くなった旗を新しいものと交換しました。

「いつもありがとうございます」

「なんかあったらいつでもおいで」

2022年01月31日

和紙絵に挑戦

今年も和紙絵作りが始まりました。

年末にすいた和紙(←クリック)。その上に色和紙をピンセットでのせていき絵を仕上げていきます。

6年生にとっては最後の和紙絵。

1年生にとっては初めての和紙絵。

 

時間をかけて少しずつ少しずつ作品は仕上がっていきます。

根気のいる作業です。

2022年01月28日

なわとびに挑戦

小学校の冬の体育の定番。なわとびです。

午前10時過ぎの体育館は「冷蔵庫」のような寒さですが

跳んでいるうちに暑くなって半袖になる子どももいます。

2月に、なわとび大会が予定されています。

2022年01月28日

学びをふりかえる~須磨小プロジェクトX~

2月のあし音がすぐそこで聞こえます。

これから、この1年を子どもたちとふり返っていきます。

いろいろなことがありました。学びの一部を紹介します。

(クリックするとそれぞれの”ふりかえり”をご覧いただけます)

 

○農園体験プロジェクト

○トウガラシプロジェクト

○浮島小交流プロジェクト①

○浮島小交流プロジェクト②

 

参考:★令和3年度須磨小プロジェクトX(R3.4月)

 

そして、4月からどんな学校にしていきたいのかをみんなで考えます。

2022年01月28日

ミシンの使い方確認~5,6年家庭科~

これから、ミシンを使ってエプロンやナップザックを作ります。

その前にまずはミシンの使い方について確認です。

(経験のある6年生は”とりあえず”の先生役)

タブレットで撮影した手元を大型モニターに映して、実況つきでその手順をみんなで確認。

「お~っと、はずみぐるまを手前に回すと下糸がでてぇ……きません」

「あれなんで?」

2022年01月27日

みんなのボール~1年道徳~

みんなで使うものについて考えてみました。

なわとび、一輪車、ボール…学校にはたくさんの”みんなのもの”があります。

これまでの自分をあれこれと思いおこしてみると…

「あれ…」

笑ってごまかさな~い!

2022年01月27日

音楽を響かせよう

5,6年生は卒業式に向けて歌の練習が始まりました。

1年生は鍵盤ハーモニカを使って「きらきらぼし」を練習しています。

校舎に子どもたちの歌声や楽器の音色が響くのっていいものですね。

まるで校舎が歌っているようです。

その音色は教室の窓のずっと向こうの方まで届いています。

2022年01月26日

こころをリラックス

スクールカウンセラーの先生に、こころをリラックスさせる方法について学びました。

「リラックスして力がぬけているようでもどこかに力が入っているものです。

 では、全身がカチコチになるくらい力を入れてみてください。

 そして、一気に力をぬいてみましょう…」

「じゃあ今度はつま先から順に力をぬいてきますよ~」

なるほど、ここちよくなってきました。

2022年01月25日

竹馬 たこあげ こままわし

学校でなければ経験する事のないあそびが増えてきました。

その多くは、風を感じ、バランスを整え…”身体で考える”あそびです。

地域の方から手作りの竹馬をいただきました。

凧は作ることからはじめました。

身体を動かしたくてしょうがないこの年齢期は、”かしこいからだ”をつくる大切な時期でもあります。

2022年01月25日

ノートで考える

1年生のノートです。

図をかき、考え方をなんとか言葉にしようとしているのがよく分かります。

素敵なノートですね。

成長を感じずにはいられません。

 

2年生の「かけ算」や3年生の「わり算」につながる学習内容です。

2022年01月24日

春の花をみんなで

運動場周りのプランターに花の苗を植えました。

菜の花です。

寒くても雪がふっても育苗ポットの中でちゃんと根を張っています。

菜の花が咲いたら春です。

「農園にも菜の花が咲くよ!」ある子がそう教えてくれました。

2022年01月24日

一人ひとつずつ~理科の実験~

子どもたちは理科の実験が大好きです。

「手を使って考える」

少人数の須磨小学校では1人に1つずつの実験器具が準備できます。

 

6年生の理科の学習では「てこ」について学習をしています。

やっているうちになんとなくてんびん(実験用てこ)がつり合うときの秘密(きまり)が分かってきました。

さっそく、その秘密を友達に説明しています。

「例えば、左のうでの距離が5のところに2このおもりをつるしたとき、右の…」

手と言葉とを連動させながら友達に伝えています。

「じゃあ、これでもできるってことだよね…例えば…」

2022年01月21日

何時何分?

大人(先生たち)はここぞとばかりに時間をたずねています。

「今、何時何分?」

1年生、時計が読めるようになったのです。

長針が50分頃を指していると、つい間違えて答えそうになっていましたが…

(例えば、10時53分を11時53分と読み違えてしまうように)

でも、もう大丈夫です。

これまで、ただの”もの”だった時計に意味が生まれました。

2022年01月20日

またまた雪です

朝の集合場所では雪がっせん。

教室からのながめもこのとおり。

2022年01月20日

とけたもののゆくえ~5年理科~

水に食塩を入れてよく振ると…

食塩は”なくなった”のでしょうか?

溶かす前の重さ(水+食塩)と、溶かした後の重さを比べてみると。

予想して、実験して…

「とけたもののゆくえ」について5年生の理科で学習していきます。

2022年01月19日

本の読み聞かせ

今回は保健室の先生による読み聞かせでした。

子どもたちはこの時間が大好きです。

先生によって選書の傾向が異なります。

今日のお話は「ねむり」について。

よく身体を動かす須磨っ子は、きっとよく寝る子でもあるはず。

寝る子は育つ。

2022年01月19日

整理して考える~算数の授業から~

○5年生 割合

「小学生8400人。これは市全体の8%。市の人口は何人?」

ノートにこんな図を書いて考えています。

なるほど、こうすれば考えが整理されますね。

 

○6年生 場合の数

「4人でリレーの順番を決めます。4人の順番は何通りあるでしょう」

樹形図です。これだと全てのパターンをもれなく見つけられますね。

 

考えを整理するために図を活用する。そんな学習を1年生から積み重ねています。

「図ってべんりだなあ」授業の中でそんな感覚をたくさん味わってほしいと願っています。

そして「どんな場面でどんな図を活用するか」を選択する力が必要です。

2022年01月18日

リモート朝の会

1年生は週に一度、沼城小学校と合同で朝の会を行っています。

一学期から続けている「リモート朝の会」です。

沼城小学校の1年生みんなと先生が一斉に「元気ですか?」の呼びかけてくれます。

そして大きな声で「はい元気です」(両手にハンカチとティッシュを持って)

この日はこの2つをわすれないようにと特に気をつけています。

「だってわすれたらはずかしいもん」

背すじがいつもよりちょっとのびているようです。

 

ところで、朝の会で決めた今日のめあては

「休みじかんとべんきょうのじかんとのきりかえをする」でした。

須磨小学校も沼城小学校も同じめあてで1日を過ごしました。

2022年01月18日

1月17日です

27年前の出来事は子どもたちにとって教科書の中の出来事です。

きょう子どもたちに紹介した新聞記事です。

当時6才で被災した男の子が現在消防士になって活躍しているというお話です。

2022年01月17日

給食でわくわく

それぞれのもち場でだまって給食の準備。毎日のお昼の光景です。

今日の献立は

・ごはん ・チキンカツ ・ほうれん草の白和え ・すまし汁 ・牛乳

サクサクのチキンカツは人気の献立です。

一方、ほうれん草の白和え…子どもたちにとってあまりなじみのない献立でしょうか?

給食があるから出会えるメニューというものがあります。

ごちそうさまでした。

2022年01月17日

気持ちのよいコミュニケーションとは?

「友達にされていやだな」と感じることは人それぞれ。

ひとりに5枚ずつのカードを配って、いやだと思う順に並べてみました。

あたりまえですがその並べ方は人それぞれ。

どうしてその順番なのかをお互いに伝え合います。

「なんでこれが一番なの?」

「だって…」

「へえ~。ぼくは…のほうがいやだなあ」

「わたしはこれはぜったいいやだ!」

「人によって”いや”という感じ方はちがう」

改めてそのあたりまえについて実感する子どもたち。

では、どうふるまえばよいのでしょう…

2022年01月14日

書き初め大会

窓の向こうの雪景色に見守られながら、心をこめて筆を走らせました。

 

書き初めにふさわしい、どれも素敵な字です。

2022年01月13日

雪だるまと登校

朝、登校してくる友達を待っている間に…

そして、もったいなくなっていっしょに学校に

 

「え!マジそれもって行くん!?」

 

「サイン 右よし 左よし」

 

そして1時間目が始まるころにはあっという間にこのとおり

よ~し、みんな~雪合戦するよ~! 雪だるま作るよ~!!

2022年01月13日

昼休み みんないっしょに

「上か下かまんなかか!」

運動場から元気な声が聞こえてきます。足を運んでみると…長縄を使って遊んでいます。

縄で区切られたスペースを縄にあたらないように通り抜けようとするのですが…

「うわ~これぜったいむり~」

ひときわ声が大きいのはだれでしょう?

なんだかとっても楽しそうです。

2022年01月12日

姿勢に気をつけます!

1年生。「しせいにきをつける」ことが新年のめあてです。

漢字を書くときにもちゃんとそのことを意識していますね。

どれどれ…濃くて大きな字が書けています。

 

5,6年生のめあてもこのとおり…

2022年01月12日

三学期始業式

今年の干支は寅。12年前の寅年の出来事調べてみると

――2010年6月。宇宙を約7年、60億キロを旅した「惑星探査機はやぶさ」が、小惑星から表面の物質(サンプル)を地球に持ち帰るミッションを実行し、数々の困難に直面しながらも地球に帰還した――

とありました。

 はやぶさのミッション実行のために一体どれほどの”準備”が必要だったのでしょう?

 三学期は1年のまとめの学期であるとともに、次の学年に向けての大切な準備(前かたづけ)の学期でもあります。授業日は約50日。

 

「進んで自主学習。進んで発表。忘れ物がないよう進んで準備。」

「姿勢を整える。自主学習をがんばる。」

めあてを決めるということは心の準備をするということですね。期待しています。

2022年01月11日

みんな元気に登校!

今日から三学期です。

朝、あいにくの冷たい雨でしたが、みんな元気に登校です。

まずはそのことに心からの感謝!

校内を歩いてみると…

子どもたちを迎える生花や掲示がいろいろなところに用意されています。

なんだかわくわくしてきました。

 

ついでに、今日のひめくりのメッセージです

2022年01月11日

12.27 9:00am @須金

どうぞよいお年をお迎えください

新しい年もどうぞよろしくおねがいいたします

2021年12月27日

二学期終業式

約80日の二学期が終了しました。

終業式ではこれまでの時間の流れを校庭の写真とともにふりかえりました。

いちょうの木、空の色、

そして子どもたちの表情も時間の経過とともにかわってきているのがよくわかります。

みんな成長しています。

たくさんの本当にたくさんの学びがあった二学期でした。

 

さいごに2つの宿題を出しました。

①新年に向けての「前かたづけ」をすること

②お正月には「あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。」と家族や周りの人にはっきりと伝えること

 

三学期の始業式は1月11日です。

元気な8人の須磨っ子の顔に会えることを楽しみにしています。

(いつも運動場にあそびに来る子どもたちですが…)

2021年12月24日

9月1日と12月24日

二学期ほど季節の移り変わりが大きい学期はありませんね。

今朝は氷点下の朝でした。

○9月1日始業式の朝

 

○12月24日終業式の朝

子どもたちの背中が大きくなりました。

2021年12月24日

おかわり!

今日の給食の献立はお肉がたくさんの「肉うどん」でした。

須磨小では給食を全部食べ終わった人からおかわりができるシステムになっています。

どうやら3人でなかよく分け合っているようですね。

よかったです。

2021年12月23日

感謝をこめて~版画カレンダー配布~

須磨小恒例の版画カレンダー。

今年もお世話になった地域の方々に子どもたちの手でおとどけします。

「いつもありがとうございます。版画カレンダーを作りました。かざってください」

ちゃんと両手でお渡しできる子どもたちです。

「ありがとう。今年のカレンダーを貼っているところにまた飾らせてもらうね」

自分がしたこと、がんばったことに好意的な反応が返ってくる。
須金ではその繰り返しで子どもたちが大きくなっていきます。

2021年12月23日

飛んだ!飛んだ!!

フィルムケースに発砲入浴剤と少量の水を入れてふたをすると。

①ケースの中に泡(炭酸ガス)が充満。

 

②すこしはなれて

 

③爆発!

 

④キャッチするぞ!

説明が終わるやいなや果敢にはじめる子

慎重に様子を観察してなかなかはじめない子

破裂するときにいつもよそ見をしている子

水の量を変えながら飛び方のちがいを確かめる子

フィルムケースにおしりをちかづけようとして注意される子

ひたすら上手なキャッチを追求する子…

こんなところでもそれぞれの個性が出ます。

 

あちらこちらで「ポン!」という音が。

みんなの歓声と相まってにぎやかな冬晴れの運動場でした。

飛ぶ教室? 全校理科の一コマでした。

2021年12月22日

須磨小 今年の漢字2021

12月に入って、みんなで「今年の漢字」を考えました。

そして、その理由について一人ずつ発表。

「あ~そういうことかぁ」とか「やっぱり」とか…聞いている方の反応も愉快です。

それぞれに納得できる説明に感心しました。

 

ところで、私にとっての今年の漢字は『飛』。

須磨小学校。時には教室を飛びだしていろいろな学びに挑戦してきました。

『飛ぶ教室』?いや…『飛ぶ学校』でしょうか?

2021年12月22日

自分と比べてみる

1年生の教室の掲示です。道徳の時間の学びの積み重ねが学級掲示に表れています。

この掲示を目にすることで過去の自分と比べることができます。

 

「資料を提示するときには出典を明らかに」「主張をもっと具体的に」「話すときには聞いている人を見渡すように」…

6年生は、先日の意見発表会のあと、地域の方からいただいたアドバイスを参考に発表内容を改善。

今日は第2弾。一人ひとりが意識した「改善点」をみんなに示してから改めて発表しました。

過去の自分とのちがいは明確です。それが成長です。

2021年12月21日

伝統をうけつぐ その2~和紙漉き体験~

凍えそうな手を水の中で揺らし心をこめて1枚1枚和紙を作る。

自分たちの卒業証書になる和紙です。

和紙作りを通して卒業することの重みを感じていきます。

そして、毎年この頃から6年生の卒業への思いは高まっていきます。

江戸時代から和紙作りが盛んだった須金地区。その須金和紙を1980年(昭和55年)当時の須金中学校の生徒たちが再生。卒業証書をその手漉き和紙で作り始めたのもその頃からだそうです。

須磨小学校は、15年前に休校した中学校からその思いをうけつぎ、地域の方々とともに今日まで和紙をつくり続けています。

2021年12月21日

伝統をうけつぐ~雲海太鼓~

須磨小伝統の雲海太鼓。12月に入ってからは来年度に向けての練習をしています。

これまで、児童数の変化に対応して編成を工夫しながら伝統を引き継いできました。

6年生がはりきる姿がいいですね。その気持ちはみんなに伝染していきます。

自分たちも1年前にはこうして教えてもらったのです。

太鼓のリズムはもちろん、手の位置、足の位置、目線…

引き継がなければならないことはたくさんあります。

それは6年生の大切な仕事です。

メンバーを変え、形を変えてもその気持ちは変わらず引き継がれていきます。

新メンバーでの初披露は5月の運動会の予定です。

2021年12月20日

版画の季節です

窓から差しこむ光を感じながら無言で彫刻刀を走らせています。

「手で考える」大切な時間です。

2021年12月17日

豊かな学び

「須磨小学校は、その豊かな自然環境を強みとして、子どもの生活とむすびついた興味・関心を大切にし、体験を重視した学習で、五感を通して生きて働く本物の知性を獲得することをめざしています」

本校が大切にしている教育観です。(本校ホームページトップ画面より)

 

もちろん、子どもたちは学校だけでなく家庭(地域)でも五感を通して学んでいます。

1年生の日記を紹介します。

…「くんたん(燻炭)」を知っている1年生(いや大人も)はどのくらいいるのでしょう。豊かです。

2021年12月17日

冬の俳句 よんでみました

それぞれが冬の俳句をつくりました。今日は句会です。

子どもたちと先生とで、よいと思った俳句に投票します。その結果

○金賞 あしあとを たどってみれば 雪だるま

○銀賞 くつぬぐと 父の鼻歌 冬至風呂

あしあとがどのくらい続いていたんだろう?

お父さんが鼻歌で歌っていたのはどんな歌なんだろう?

気になります。

今年は来週水曜日(12/22)が冬至です。

2021年12月16日

お買い物すごろく~1年算数~

大きな机の上にはたくさんの野菜カードがならんでいます。

カード1枚1枚に値段が書いてあります。

「だいこん 80円」「はくさい 26円」…

さいころをふってコマを進め、とまったところの野菜を買わなければなりません。

「はくさい 26円です。50円出すのでおつりが…」

生活と結びつけることで学んだことは身体化されます。

2021年12月16日

ようこそ須磨小へ!~浮島小交流~

子どもたちが朝からそわそわしています。

そう、今日は周防大島の浮島(うかしま)から船そしてバスに乗って友達がやってくる日です。

準備もバッチリのはず。

「あ~楽しみだな。でもちょっときんちょうもするなあ」

 

「空気がちがう」バスを降りてそう言ったのは浮島の1年生です。

瀬戸内海の浮島とは朝は気温の差は10℃近くあります。

子どもたちをいつも包み込んでくれている潮の香りもここにはありません。

そして、あるのは凜とした朝の空気と山の木々の香り。

そのことを身体全体で感じたのでしょう。

こんなひと言を子どもたちはさらりと言うのです。

(確か須磨小の子どもたちも7月に浮島に行ったとき同じようなことを言っていました)

 

○歓迎集会

花のアーチをつくってお出迎え。

どちらのチームにもそれぞれの学校の子が入っての対抗戦。

いつもの倍の人数がいて、楽しさも倍になったようです。

 

○1年生おもちゃランド

自慢のおもちゃを披露するときがやってきました。

「このおもちゃどうやってあそぶん?」

自然と交流が生まれてきます。

「浮島からもおもちゃもってきたよ」

どこに須磨小の子がいるのやら?

 

○5,6年サッカー

チームで協力。どこにパスを出せばいい?「はいこっち」

 

○昼食はもちろん「辛くないグリーンカレー須磨小スペシャル」

「おいしい。おかわり」「おかわり」「ぼくも」

浮島の子どもたちもよく食べます!

そう言ってもらえてにっこりの須磨っ子たち。でも何かほっとした感じも。

何しろ自分たちが育てたトウガラシでつくったカレーなのですから。

 

○ツリークライミング

「え!まさかこのいちょうの木に登るんですか?」

「そうですよ。景色を楽しみながら、おしゃべりを楽しみながらゆっくり登るんですよ。そしてこのいちょうに感謝の気持ちをわすれずにね」…なるほど(by保護者兼インストラクター)

「頭の上にぎんなんが落ちてきました!」

 

○スラックライン(つなわたり)

「ゆっくりゆっくり。サポートする人は友達をよく見て速さをあわせてあげましょう」

 

○おやつタイムは焼きいも

「大きいのがいい!」

「大きいのがおいしいとはかぎらないんだよなあ~」

「う~ん」

学校の垣根は全くありません。

 

○お別れタイム

やっぱりこの時間はやってくるのですね。

司会の子の「今日は楽しかったですか?」の言葉に

浮島の8人の子どもたちが間髪入れず一斉にうなずきます。

(手にしていた食べかけの焼きいもが落ちてしまいそうなくらいに)

いい時間が流れていたのがわかります。

銀色に光る浮島のいりこ(煮干し)をお土産にいただきました。この秋にとれたおいしいおいしいいりこだそうです。

きっと須磨小の子どもたちは、家に帰って、この「いりこ」といっしょに今日のことをお話しするにちがいありません。たくさんたくさんお話をするにちがいありありません。

浮島小の子どもたちもきっと…

 

浜の学校と山の学校の交流。お互いの”あたりまえ”を少し広げてくれたようです。

「どっちの学校の子も本当にいい子たちですねえ」これは放課後の職員室での会話です。

きっとどっちの職員室でも。

3学期にはリモートで授業での交流を行います。

2021年12月15日

みんなまってるよ!~浮島小との交流にむけて~

明日にむけていろんなところで準備が進んでいます。

 

ツリークライミングの下準備。

保護者の方に、不要な枝を落としてみんなが登りやすいように整えていただきました。

山の学校ならではのおもてなしをめざして、大人も子どももがんばっています(楽しんでいます?)。

それは大切な学びです。

2021年12月14日

大きな大根~調理実習~

5,6年生は味噌汁をつくりました。

具材は大根。

とれたての大きな大きな大根。

それを肩に抱えて運動場を走る子どもの姿を見て思わず大人の顔がほころびます。

お味噌汁に必要な大根は8人分で320g。大根の重さは5kg以上。

そして、出汁はいりこだし。

「あっ”いりこ”、浮島からもってきてもらえばよかったなあ」

2021年12月14日

みんなまってるよ!~まずはリモートで浮島小交流~

水曜日(15日)に周防大島の浮島小学校の友達&先生方がやってきます。

どんなおもてなしをしようかと子どもたちも先生たちもはりきっているところです。

7月に浮島小におじゃましたときの心温まるおもてなしの数々。まるで”竜宮城!?”のようでした)

 

今日は、ICTを活用して事前の交流をしました。

こちらから当日のプログラムについて、一人ひとりが画用紙にかいたイラストを示して簡単に説明。

そして、感想・質問タイムになると…

「ツリークライミングが楽しみです」

「グリーンカレーを食べるのが楽しみです」

「おやつタイムは何がでるのか楽しみです」

「木に登れるか心配です」

「(1年生のおもちゃランドに)ぼくがつくったおもちゃをもっていってもいいですか?」

浮島小の子どもたちが次々に反応してくれました。

今回のリモート交流で、お互いのわくわく感はかなり高まりました。

「浜の学校」のみなさん 心からおまちしてます!

「山の学校」のみんなより

 

↑こんな準備もすすんでできる子どもたちです。

 

7月の浮島小学校での交流←クリック

今年度の交流学習←クリック

2021年12月13日

地域の方といっしょに授業について語りあう

5,6年生複式の国語の授業。

今日は学校運営協議会のみなさんも参観していただき、その後にいっしょに授業のふり返りも。いつもは教職員だけで行っている研修会ですが、お陰様でワイワイにぎやかにふり返りを行うことができました。

子どもたちのことをずっと見守っていただいている方々です。いつもとちがう視点からの話が出てきて研修が深まりました。

子どもたちの学びについてこうやって地域のみなさんと話し合い、理想を共有することができるのは大変ありがたいことです。

 

「子どもが語り、教師が補う授業」

これは今日の講師の先生の話された複式学級がめざす授業像です。でも、これは現在、どんな教室でも必要とされている学びのスタイルですね。

授業でわくわく。今後も理想の学びをみんなで追究していきます。

2021年12月10日

世界に目を向けて意見文を書く~6年国語~

6年生は国語の学習で「意見文」を書いています。

説得力のあるものにするために自分の力で資料を探し出し、積極的に活用します。

学習の流れは

①資料を読み取り、考えを深める。②文章の構成を考える。③意見文を書く。④感想を伝え合う。

でも、その前に何をテーマにするのかを決めなければなりません。

選んだテーマは…

○コロナウイルス対策

○化石燃料

○密猟対策

さすが6年生。いろいろなところにアンテナを張り巡らせていますね。

2021年12月09日

書き順が大切です

1年生では80の漢字を学習します。

今日も新しい漢字を2つ学習しました。

残りの漢字はあと10文字になりました。

注意するポイントを教わったら先生といっしょに指で書いてみます。

「1,2,3,4,…」

そう、書き順が大切です。

始めにしっかりと身につけておくことが大切ですね。

2021年12月09日

登場人物の心情の変化を読み取る~5年国語~

5年生では物語教材を学習しています。

椋鳩十の「大造じいさんとがん」です。

これは5年生の国語の教材として何十年も扱われている作品です。こんなお話です。

 

雁の群れの頭領「残雪(ざんせつ)」の賢さによって、大造じいさんは、雁狩りがうまくいかなくなりそこから残雪とじいさんの知恵比べが始まります。クライマックスでは、仲間をはやぶさから助けようとした残雪を、じいさんは一度は狙うも逆に助けます。そして、「おれたちは また どうどうと たたかおうじゃあないか」と、飛び去るすがたを見まもりながら、大きな声でよびかけるのでした。雁の頭領の残雪の叡知と、仲間を思いやるリーダーシップ、堂々とした姿は、大造じいさんの心をとても真摯なものに変えていきます。狩人と雁の、敵味方の関係をこえた、あつい交わりをえがいたお話です。

 

授業では自分と友達の考えを比較しながら「大造じいさん」の心情の変化を叙述に沿って丁寧に読み取っていきます。

 

そして、6年生は「世界に目を向けて意見文を書こう」

世界に目を向けて!?

こちらも楽しみです。

 

2021年12月08日

あっぱれ須磨っ子~持久走大会~

朝の寒さとはうって変わり、日中は12月とは思えない日和に恵まれました。

全校8人の学校の持久走大会に40人以上の大人たち。

小さな学校ですが応援してくださる方がたくさんいらっしゃいます。

だから子どもたちははりきれるのです。そんな中での持久走大会でした。

「あ~今日も元気をもらった!」

多くの方が子どもたちのがんばりに満足して帰っていかれました。

幸せな子どもたちです。

2021年12月07日

明日(12/7)は持久走大会です

○日程 

 10:00~10:15 受付

 10:15~10:30 開会式、準備体操

 10:30     競技開始(1年生→5,6年生)

 11:00     閉会式

 

 これも毎年の恒例になりました。

 保護者、地域、農園の方も応援または参加!で大会を盛り上げていただきます。

 

 子どもたちは今日が最後の練習でした。はりきっています。

「応援用のたいこを用意しちょってくれぇ~のぉ~」

そんな連絡も。こちらもはりきっています。

2021年12月06日

交流学習について

トップ画面のメニューに「★new!交流学習」を追加しました。

今年度の交流学習についてまとめてみました。

 

今年度の須磨小は、交流学習にも力を入れています。

この活動によって、子どもたちの表現力の向上や視野を広がりを期待しています。

 

沼城小学校との交流では、大きな集団でも自分を表現できるようにと、昨年度よりも大幅に交流日数を増やしています。

また、今年度新たな交流先として、周防大島の浮島小学校とも交流を行っています。全校児童は須磨小と同じ8人。ただ、その環境は大きく異なる2校です。(7月の交流の様子←クリック)

 

今回は、浜の学校の浮島小学校の子どもたちを12月15日(水)に山の学校の須磨小学校におむかえします。

子どもたちが中心になっていろいろな企画を考えています。

こんなことを考える子どもたちはやっぱり楽しそうです。わくわくしています。

2021年12月06日

県PTA研修大会 発表

周南市を代表して、今年度の須磨小PTAの取組についてPTA会長さんが心をこめて発表を行いました。

須磨小ならではの取組の数々に、会場の多くの方々が興味深そうに見入って(聞き入って)いました。

PTA会長さんの立場から学校への思いを語っていただく。素敵な時間でした。

「…背広とネクタイなんていつ以来だろう」

それが一番つらかったようです。

2021年12月06日

放課後のおきゃくさん

視線を感じると思ったら、網戸のさけ目からふたつのまなこがこちらを見つめています。

「なにしてるんですか?」

それはこちらのセリフです。

「サンタがどうやってプレゼントもって家にはいってくるかわかりました!」

どうやらそれを伝えたかったようです。

(…最新の知見によるとサンタは体を小さくして鍵穴から入ってくるそうです)

 

そしてこんな忘れ物が…

これは大変です。はやくサンタクロースに伝えなければ!

「まちがえたの もってきたら こまるんですよ~」

2021年12月03日

今年さいごのいちょう掃き

朝、みんなでいちょうを掃きました。

11月に入ってから今日まで何回いちょう掃きをしたことでしょう。

きっと幾万もの落ち葉を掃き集めたはずです。今年はどうやらこれが最後のようです。

 

樹齢100年以上の大木。これまでの須磨小の卒業生たちも同じことをしてきたはずです。

ルーティンが世代をまたいで繰り返されているって素敵ですね。

すっかり葉を落としたいちょうの木は寒空に向かってその枝をつきだしています。

冬に立ち向かう強い意志を感じます。

2021年12月03日

世界を知ろう~国際理解 出前授業より~

様々な国の民族衣装が並べられた教室での授業でした。それだけでもわくわくです。

青年海外協力隊員としてドミニカに赴任されていた方を講師としておむかえしました。

「ドミニカのバナナは甘くないよ。主食だからね」

「(写真を示して)この広いバナナの畑は、日本でたとえるとすれば田んぼです」

「???」

子どもたちの頭に「?」がうかび、そして「あ~なるほど」の連続です。

 

最後は自分で選んだ服を着て記念撮影。

(衣服をとおして気候や文化の関係についても考えました)

まるでとある劇団一座です。演目は何でしょう?

2021年12月02日

12月の全校朝会~須磨小モデル!?~

朝会ではホームページの写真を見ながら4月からの様子をふり返ってみました。

いちょうと校舎をバックに毎月みんなで撮った写真です。(トップ画面をクリックすると…)

4月と比べて体が大きくなり表情もたくましさが増してきました。

8か月いろんな学びがありました。その一つ一つが子どもたちを成長させてくれています。

 

また、ホームページの閲覧数が45,000をこえました。4月始めに30,000をカウントしたのですが

8か月の間に15,000のアクセス。たくさんの方々に関心をもっていただいていることに感謝です。

 

「須磨小学校の取組を参考にさせてもらっています!」

そんなうれしい連絡が入ることも。

「お米を育て、それをポン菓子に加工してもらって、販売先をみんなで探して…

子どもたちがとにかく楽しんで学習に取り組んでいます。これって”須磨小モデル”ですね」

 

そのことを伝えると、子どもたちもうれしそう。そして照れくさそう

「須磨小モデルだって…」

わくわくする学校 須磨小学校 引き続きよろしくお願いいたします。

2021年12月01日

寒いけどあつい!~体育の授業から~

授業でたくさん笑いました。たくさん走りました。

授業後は蛇口に直行です。

体育で学習したことはすぐにブームになります。

今はフリスビーがブームです。(ノリのよさが大切ですね)

2021年12月01日

CEGに気をつけて発表~外国語~

CEGというのは

・C クリアーボイス

・E アイコンタクト

・G ジェスチャー

これは英語の時だけではありませんね。

伝えようとすれば自然とその3つに気をつけることになります。

食物連鎖について英語で発表しました。

"Killer whales eat~" "Golden eagles eats~"

"Hello!"で始まり"thanks for listening"で終わる。そんな型を知るのも大切です。

CEGは大丈夫だったかな?ふり返りが大切ですね。

2021年11月30日

給食センターから出前授業

いつもおいしい給食を作っていただいている高尾給食センターの先生による出前授業でした。

授業で考えた献立が3学期に実際の給食メニューとして登場する予定です。

わくわくしますね。

「須磨小学校の食缶は返却時いつも空っぽです。

それがとてもうれしいです。」

確かによく食べます。だから元気です。

 

ちなみに今日の献立は「かぶと肉団子のスープ」。

体が温まりました。

食缶はもちろん空っぽです。

2021年11月30日

授業のようすから

○1年生

生活科「浮島(うかしま)小のともだちをしょうたいしよう」

文化祭で発表した「おもちゃランド」。もっと楽しくするためにどうすればよいか考えています。

12月15日(水)には浮島小学校(周防大島町)のみんながやってきます。

7/15に浮島小学校に招待していただいたお返しの準備です)

 

○5年生

算数「平均を利用して考えよう」

歩幅を使って距離を測るためには?自分たちの考えをタブレットで表現。

「早く実際に測ってみたいなあ」

 

○6年生

算数「比例を利用して考えよう」

自分の考えをホワイトボードに書いたあと、みんなで考え方を共有します。

「ぼくの方法とはちがうけど、これでもOKだなあ」

2021年11月29日

「いちょうプール」ことしも

いちょうの葉を集めた中にダイブ!

須磨小オリジナルです。1年でこの時期にしかできないんですよね

いつのまにやら「いちょう合戦」に。

あそびを通して子どもたちの「五感」が育まれていきます。

2021年11月26日

CMソング発表

【グルグルグリーンカレーCMソング♪〜ふるさと須金が大好き〜】←クリック

 

ふれあい文化祭での子どもたちの発表に感激した マウンテンマウスの まぁしぃさん がコマーシャルソングをつくってくれました。

「グルグルグルグルグリーンカレー♪」

早速子どもたちが口ずさんでいます。(思わず口ずさみたくなるフレーズとリズムです)

またまた子どもたちの学びが形をかえてもどってきました。

心のこもった素敵なプレゼントに感謝です!!(みんなでCMソングを聞きながら給食を食べました)

紹介します。

 

【グルグルグリーンカレーCMソング♪〜ふるさと須金が大好き〜】

作詞&歌 須金の子どもたち&まぁしぃ
作曲&編曲 マウンテンマウスまぁしぃ

 

みんなこれ出来る?
ドンドンパッ×3
足足手 足足手
オッケー次は言葉繰り返してみてね

グルグルグルグルグリーンカレー♪×4

サビ1
須金のトウガラシで作った
地域の人に助けられて
須金の魅力がいっぱい
僕も私も作ったよ

ふるさと須金大切に
思って生まれた商品

サビ2
須金の子どもたちと歌うよ
地域の人たちぶちステキ
須金の魅力と愛を込めて
食べてもらうこと楽しみだなぁ

グルグルグリーンカレーの
ステキな事を教えてください

「これを作るために毎日水やりをやりました」
「商品を作る1から最初にやりました」
「楽しい気持ちでワクワク発信していきたいと思います」

一緒にふるさとの愛を
作っちょることがサイコーじゃー

サビ1&サビ2

グルグルグルグルグリーンカレー♪
グルグルグルグルグリーンカレー♪

イェーイ!

2021年11月26日

持久走練習スタートです

すでに自主練習を始めている子もいます。「夕方に子どもたちが練習していたよ」と地域の方が教えてくださいました。

いちょうの葉がほぼ落ち、運動場の景色は冬モード。

その中、今日から持久走練習が始まりました。

走り終わって…

「よし!マラソンカードに色ぬろっと!今日は10マスぬれるぞ」

カードがはげみになっているようです。

音楽に合わせて軽快に走る子どもたちと…軽快には走れない大人たち。どっちもがんばっています。

2021年11月25日

修学旅行に行ってきました

11月23日と24日の2日間、6年生は沼城小と合同で修学旅行に行ってきました。

旅行先は萩・秋吉台方面。

 

「いま6年生なにしてるかな~」

朝からそんなことを言っている5年生です。

「おいしいご飯いっぱい食べちょるにちがいない。いいなあ~」

みやげ話を楽しみにしています!

2021年11月24日

プログラミングに挑戦~5年生~

「あっ!まてよ。ということはこれをこうすれば…」

何度もこんなつぶやきが聞こえてきます。

 

5年生は待ちに待ったプログラミングに挑戦です。

ルールは「身につけた技はみんなに伝える事!」

「どうやったん?」

「あ~そういうことね。○○くんすごいね~」

みんなでかしこくなっていきます。

 

途中のミニ発表会では一人ずつ自分のプログラムについて説明しました。

「まず、前に50%の速さで2秒動かします。

次に右向きに0.3秒動かします。それから…」

となりの助手(友達)が”手”でそのとおりにロボットを動かしてみてみんなでイメージを共有します。

さあ、実際に動かしてみると…

イメージしたことと実際とのギャップが楽しいですね。

 

最後は迷路に挑戦しました。

「ねえねえ、音波センサーってどうやってつかうん?」

あれ?またまた1年生がちゃっかりいっしょに楽しんでいます。(…けっこうくわしい)

2021年11月24日

ふれあい文化祭

たくさんの地域のみなさんに来ていただき、たくさんの笑顔があふれた素敵な文化祭でした。

8人で1クラス。それが今年の須磨小です。

 

○オープニング

合唱「すまっこスマイル」

合奏「キリマンジャロ」

8人でいきをそろえて。

 

○1年生発表

「ようこそおもちゃランドへ」

先生とかけあいで自作のおもちゃについて説明。

 

○5年生発表

「竹取物語」「奥の細道」

いにしえの名作を息を合わせて朗読しました。

 

○6年生

「歴史クイズ」

自作の歴史クイズ。プレゼンも自作です。

 

○トウガラシプロジェクト発表

トウガラシをとおして須金の未来を考えました。

 

○劇「5匹の子ぶた」

声もアクションも大きいのは須磨小の子どもたちのいいところ!

 

○まぁしぃトーク&ライブ(人権教育講演会)

子どもたちの発表を見て、マウンテンマウスの「まぁしぃ」が即興でグリーンカレーの歌を作ってくれました。会場もノリノリ!

 

○雲海太鼓

「やっぱり雲海太鼓はええのお~」会場のみなさんのコメントです。

2021年11月20日

ふれあい文化祭 準備完了

明日11月20日(土)は本校のふれあい文化祭。

子どもたちが学習の成果を発表します。

最後の練習が終わり、会場の準備も整いました。

全校8人の一生懸命の姿をぜひご覧ください。

 

ところで、今朝7時の須金の気温は3℃。

会場にはストーブを設置しておりますが…暖かくしてお越しください。

開始時刻は9:00です。

詳しい日程等はこちら(←クリック)をご覧ください。

 

明日のフィナーレは本校自慢の「雲海太鼓」です。

宿題は「明日元気に学校にくること」と「月食をみること」です。

 

<文化祭を彩る展示の数々(一部を紹介します)>

○ふるさと須金写真展

 

○俳句コンテスト(小学生の部、大人の部)

 

○和紙絵展

 

○学習のふり返り

 

○菊花

 

○兼﨑地橙孫(かねざき ぢとうそん)顕彰会

 (俳句の講評もしていただく予定です)

2021年11月19日

昼休みのひとこま

①ボール投げ競争だ「うりゃ~」

 

②わたしも負けないぞ「おりゃ~」

 

③さいごはぼくだ「どりゃ~」

「オーマイガー!わたしがまけるなんて!」

 

④「こうなりゃいちょうの葉っぱをなげてやる!そりゃ~」

 

いちょうの木の周りには自然に子どもたちが集まってきます。

葉っぱの中に埋もれてみたり、雪合戦ならぬ葉っぱ合戦をしてみたり…

とにかく楽しそうな子どもたちです。

文化祭の準備はひと段落です。

2021年11月18日

11月20日 ふれあい文化祭

土曜日(11/20)のふれあい文化祭に向けて発表の練習が大詰めを迎えています。

地域の方からも「土曜日が楽しみ」という声をたくさん耳にします。ありがたいことです。

会場を彩る和紙絵や陶芸、パッチワークなどたくさんの展示物も地域のみなさんからお借りしています。

 

さて、今日は本番に向けてのリハーサルでした。

全校8人! ”伝える”ことを意識して、あとひとがんばりです!

みなさまのご来場を心よりお待ちしています。

…写真は全校劇の一コマ。何の劇でしょう?(それにしてもみんな生き生きしてます)

 

<須磨小学校ふれあい文化祭>

第1部 9:00~10:00

 ○オープニング

 ○全校合唱・合奏

 ○学年発表

 ○全校劇

 

第2部 10:40~11:50

 ○人権教育講演会

  マウンテンマウス ”まぁしぃ” こと 中谷昌史さん によるトーク&ライブ

 

フィナーレ 須磨小児童による「雲海太鼓」

2021年11月17日

県PTA研修大会で須磨小PTA発表~地域みんなが応援団!~

12月4日(土) 周南市を舞台に山口県PTA研修大会が開催されます。

会場の市文化会館ロビーに須磨小PTAの活動を紹介する特大パネルが展示される予定です。

ひとあしお先に紹介します!

 

「地域みんなが応援団」(←クリック)

 須磨小PTAのスローガンです。

 

なお、大会では周南市を代表して、本校PTAの今年度の取組について発表します。

わくわくしますね。

(発表するのはPTA会長さん。こちらはどきどきです。きっと)

2021年11月15日

いきもののつながりを考える~英語の授業から~

"Bears live in the forest."

"Bears are strong."

"Bears eat salmon.Salmon eat ~"

"We all live on the Earth."

 

学習したばかりの"eat" "live"などの単語を使って生きもののつながりを考えています。

図鑑を見たり、インターネットで検索したり…

自分たちで好きな動物を選んで調べてポスターを作って発表します。

理科の学習とも関係していますね。

2021年11月15日

今朝のいちょう

雨上がり。艶やかないちょうに見とれていると…

2階の教室からは ギター伴奏にのせて子どもたちのはじける歌声が聞こえてきます。

♪スマ スマ スマイル すまっこワンダフル~♪

須磨小オリジナルの曲。みんながお気に入りの曲です。

2021年11月12日

トップ画像がかわりました

黄金色に色づいたイチョウの前で子どもたちがポーズをとっています。

11月20日(土)に開催される文化祭の中で行う劇での一コマです。

さて、どんな劇のどの場面でしょう?

ぜひご来場ください。

 ※トップ画像をクリックするとこの1年の須磨小の四季が…

 

○須磨小学校 ふれあい文化祭

 11月20日(土) 9:00 スタートです

2021年11月12日

関係をグラフで表す

「1cm あたりの重さが 0.5g の鉄の棒。

この棒の長さをx(cm)重さをy(g)として

xとyの関係を式とグラフに表しましょう」

 

6年生は比例について学習をしています。

 

方眼ノート上に軸を決め、目盛りを定め、値を点にとっていきそれを定規で結んでいくと…

原点をとおり、右上がりのスキッとした直線が現れました。

友達と見比べてみても結果は同じです。

グラフにすることで数値の関係を視覚的にとらえることができます。

…子どもたちにとってそれはおどろきです。

作業に没頭する姿がいいですね。

2021年11月11日

避難訓練

地震対応の避難訓練を行いました。

このような訓練の積み重ねが、いざというときの対応力につながるはずです。

「もし~だったら…」

訓練の後に子どもたちからそんな言葉が出てくることに感心しました。

ここ須金は住民ボランティアによる自主防災組織(←クリック)がしっかりと機能しているところです。

子どもたちがその思いを引き継いでいくことでしょう。

 

学校運営協議会の会長さんにご自身の体験を話していただきました。

2021年11月10日

朝のランウェイ

今朝は月に1回、地域の方によるあいさつ運動の実施日でした。

寒い中、たくさんの方に見守られ登校した子どもたちです。

学校前の横断歩道はまるでランウェイ!?

あいさつの声はいつもよりちょっと大きめ。はりきっています。

 

ちょうど雲の切れ間から朝日が差し込んできました。

雨のしずくをまとった幾万もの葉っぱが金色に輝いて子どもたちを迎えてくれました。

2021年11月10日

先生も勉強

須々万中学校区の3校(須々万中、沼城小、須磨小)合同の研修会を行いました。

3校の教員が4つの部会(学力、心、体、特別支援教育)に別れての勉強会です。

子どもたちの豊かな学びのため、このような機会を通して相互の理解に努めています。

「お互いを知る」ことが大切ですね。

須々万中学校区ではこのような小・中合同の研修会を定期的に実施しています。

2021年11月10日

コミュニティルームの掲示

須磨小学校のコミュニティルームの掲示が充実しています。

お立ち寄りください。

 

・学校運営協議会の委員さんにあてた子どもたちのメッセージ

・これまでの地域と連携した学びのふり返り

・学校のポスター ぎんなんポスター

・53年前の須金の絵地図(「53年前の須磨小4年生」による夏休みの自由研究!)

そして、いつかのときにそなえて…

記者会見用のバックパネル

2021年11月09日

階段おどり場の風景

児童階段のおどり場です。

学びのふり返り掲示に、季節を感じさせるかざりの数々。

ちょっとたちどまってみたくなりますね。

「おっ!もしかして このりんご…本物?」

変化に敏感な子どもたちです。

(そうなる”しかけ”があるということですね)

2021年11月09日

窓の向こうのいちょう~英語学習の風景~

教室の窓の向こうにはいちょうが黄金色に映えています。

 

窓のこちら側では英語の授業。

動物イラストつきの単語カードをつかってのゲームです。

カードのペアを作るためには友達にたずねなければなりません。

 

"Do you have penguins?"

 

子どもたちの口から

"Yes I do." "No I don't." はもちろん、

よく聞き取れなかったときには "What?"

カードを手わたすときには "Here you are." "Thank you!"

自然に出てきます。

どうやら一番出てくる言葉は

"Oh no!" それも、肩をすくめるアクションつきです。

2021年11月08日

昼休み みんなでキックベース

今日はみんなあそびの日でした。

話し合いでキックベースをする事になりました。

なかなか試合が始まりません。

…ルールのおさらいをしているようです。

2021年11月05日

ありがトウガラシ!

季節の移ろいを感じます。

みんなで育てていたトウガラシ。とうとうその苗を引きあげるときがきました。

運動場の風景が変わり、子どももおとなもちょっとさみしそうです。

6月に植え付けたトウガラシは7月の終わりから実をつけ始め、11月始めまで収穫が続きました。

いっしょの時間が長くなれば思い入れも強くなってくるものです。

たくさんのことを学ばせてくれたトウガラシです。

(詳しくはメニューから「とうがらしプロジェクト」をクリック)

 

そのトウガラシで作った辛くないグリーンカレーペーストはいろいろな方面から好評をいただいています。

 

そして、今日はたまねぎの苗を150本植えました…

収穫は来年6月頃の予定です。

「こんどは たまねぎで カレーを つくるんかなあ?」

2021年11月05日

ナイスショット!~グラウンドゴルフ大会~

「ゴルフ大会いつじゃったかいね?」

通りを歩くとそんな声をかけられるほど、この日を楽しみにしている方がたくさんいらっしゃいます。

小春日和というには暑すぎるくらいの陽気。

日頃お世話になっている地域のみなさんをご招待してのグラウンドゴルフ大会でした。

 

時折にいちょうの葉がひらひらと舞う中…

「ナイスショット!」

「すごい」

「あ~、おし~い」

はずんだ笑顔と、笑い声、拍手、ため息?…が絶えません。

運動場がこんなににぎやかなのは運動会以来でしょうか?

大人と子どもがいっしょになって楽しむ姿が学校にあるのは素敵ですね。

「来年もくるけーね」

もちろんお待ちしています。

2021年11月04日

算数の学習から

○1年生

グラウンドゴルフのスコアをつけるのが上手になってきました。たし算の学習が生きています。

今日はひき算に挑戦です。

14-7

どうやって計算するのかな?

「14を10と4に分けます。そして…」

 

○5年生

今まで学習した面積(長方形、正方形)の求め方を活用して、直角三角形の面積を求めました。

なるほど、図形を変形させるのですね。

みんなの前で説明することが大切です。言葉にすることが。

 

○6年生

「図形の拡大と縮小」単元末のテストです。

できたら見直し。終わったらチェック。何度も確かめをしています。

もう一人の自分で確認です。

2021年11月02日

トウガラシ 本日の収穫

11月に入りました。今朝の気温は6℃。寒くなってきました。

学校園のトウガラシはがんばって実をつけています。

もちろん夏ほどの勢いはありませんが、秋には秋の味があるとのことでした。

(秋が深まるにつれて風味が増してくるとのことです。人間もそうありたいものです…)

写真は本日の収穫です。約1週間ぶりの収穫です。

初めての収穫は7月末(←クリック)。それから3か月以上収穫し続けています。

収穫の時期によって味わいがちがうなんて素敵ですね。

2021年11月02日

いちょうの木の下で…

校庭のいちょうが色づいてきました。
いちょうの木は須磨小学校の大切な大切な舞台装置です。
子どもたちの学びをいつも大らかに見守っています。

11月4日は地域の方をおむかえしてのグラウンドゴルフ大会。

優勝めざして休み時間に練習をしています。

「ああ~おしい!!」

そんな声が運動場に響きます。

2021年11月01日

春の花をうえる

季節の移ろいを感じます。

今朝、花壇に春の花苗を植えました。

キンセンカ、ストック、パンジー、チューリップ、ネモフィラ…

春には須磨小花壇を鮮やかに彩ってくれることでしょう。

みんなで、ちょっと先の未来をイメージしてみました。

2021年10月29日

がんばる1年生~授業研究より~

1年生の5時間目の国語は「お話をつなげる」ためにはどうすればいいのかを考えました。

「なるほど」「そうか」「いいですね」…

聞いている人がそんな言葉をつぶやいてくれると話がはずみます。

iPadで撮影した自分の姿を見ながら、話を楽しくつなぐ言葉をあつめました。

こんな学習がこれから全校での話し合い活動等で生きてきます。 

 

授業の後には先生たちも講師の先生といっしょに、タブレットを使って研修しました。

その中で、1年生の学びを評価する発言がたくさん出てきました。

 

「○○くんがあの場面で ”えっ!?”と言ってました。あの言葉がよかったですね!」

子どもが思わず「え!?」とつぶやく場面を授業でたくさんつくりたいですね。

2021年10月28日

学びのあしあと~掲示物紹介~

○1年生

自分の体験を綴ることができるようになりました。よく観察しています。

学習した漢字はしっかり使えています。

入学して7か月の姿です。しっかり成長しています。

 

○5年生

学習したことをiPadを活用してまとめました。

写真、図、表の取り込みも上手にできます。

レイアウトがいいですね。読んでみたくなります。

 

○6年生

算数で計測したいちょうの木の高さ。(←クリック)それをみんなに伝えるための掲示です。

学習したことをうまく活用しています。

「算数って便利だなあ」…実感しました。

それぞれの木の特徴をよくつかんで表現しています。毎日見ているだけありますね。

2021年10月28日

冬の俳句をつくろう

「○○の須磨小ですね」 

いろいろな方からお声かけいただきます。

枕の”○○”にいろんな言葉が入る須磨小です。

その中に「”俳句”の須磨小」もあります。(←クリック)

 

今年は11月7日が立冬。ということで冬の俳句づくりに挑戦です。

俳句をつくる前に、まずはあるコンテストの入賞作品で考えてみました。

 

「熱測る 母の手から ○○○の香」

 

きっと、どの子も経験のあるシチュエーションです。

○○○に何が入るのでしょう?

お花、さかな、卵焼き、石けん、カレー… お母さんの手はいろんなにおいがするんですね。

正解は「みかん」。

この俳句の季語になっています。

 

これからつくる子どもたちの俳句は11月20日(土)のふれあい文化祭で地域のみなさんの作品とともに紹介されます。

2021年10月27日

おはなしをつなげる

明日は1年生の授業研究があります。

1年生の学びを先生たちで参観し、よりよい授業づくりについて勉強します。

国語の授業です。

「相手の発言を受けて楽しく話をつなぐにはどうすればいいのでしょう?」

先生とのやりとりを録画してその秘密を調べています。

自分の様子を見るのってちょっと恥ずかしい…

授業の終わりに出たひと言

「…先生、つなげるためには、聞くひとがだいじってことですね」

2021年10月27日

図書室の「まど・みちお」コーナー

周南市が生んだ童謡詩人 まど・みちお さん。

童謡「ぞうさん」はだれでも知っていますね。

11月17日は まど・みちお さん誕生日です。

図書室には まどさんを紹介するコーナーが設けられました。

2021年10月27日

算数の学習から

○1年生「・と・をせんでつないで いろいろなかたちをつくろう」

定規の使い方がじょうずになりました。

規則正しく並んでいる点と点を直線でつなぐことでいろいろな形ができてきます。

思わず夢中になってしまいます。

 

○5年生「分数の計算マスターになろう」

分数の計算方法(どうしてそうなるのか)は、よくわかりました。

あとはたくさんの問題にチャレンジすること。

どの数で「通分」すればよいか自然にわかってきます(見えてきます)。

 

○6年生「いちょうの木の高さをみんなに教えよう」

調べたこと(←クリック)を”伝える”。

そこにモチベーションアップの秘密があります。

2021年10月26日

おもちゃランドをつくるぞ

1年生は生活科の学習でいろいろなおもちゃを作っています。

・まとあて

・ガチャ

・魚釣り

・くものすゲーム

・ゴムでっぽう …

11月20日(土)の文化祭でお客さんに楽しんでもらうためです。

だから、遊び方の説明も上手にできなければいけません。

…教室の前をとおりかかると突然

「ガチャをやってみてください!

 あおいひもをひっぱってください。

 ひもは3本あります。ひとつだけあたりです」

引っ張ってみると…あれ?なにも落ちてきません。

まだまだ手直しが必要な様子です。

 

「もう一回やってください」

「あっ あたりです」

どうやら気をつかってくれているようです。ありがとう。

あたりの景品は紙粘土で作った魚釣り用のルアーでした。(釣りが大好きなので)

しかし、お客さんの手にわたることなく、本人がよろこんでさわっているうちに…ポキッ

 

本当にあたりなのでしょうか?

明日、もう一度行ってみましょう。

2021年10月25日

クラブ活動は川づり

学校のすぐそばを流れる錦川は須磨小学校にとって絶好の学びの場です。

理科の学習はもちろん、社会科、生活科、総合的な学習…様々な学びの機会をあたえてくれます。

 

今日はクラブ活動の時間に「つり」をしました。

カワムツ、ドンコ…1時間で小さな魚が数匹。それでもうれしそう。

(釣れた魚たちは最後にリリース)

「小学校の時に錦川でみんなで釣りをしたなあ…」

いつか子どもたちが大人になったときそう思い出すことがあるでしょう。

2021年10月22日

いちょうの木の高さを測る~6年算数~

6年生は図形の拡大と縮小について学習をしています。

今日は学習したことを利用して、実際のものを測る学習でした。

みんなが選んだのは校庭のいちょうの木の高さ。

高い高いいちょうの木にもちろん登ることなく測ります。

算数って便利。

そんなことを感じる子どもたちです。

結果はまだ出ていませんが…

2021年10月22日

めざせ新記録~一輪車記録会~

保護者、地域の方々の拍手と声援を受けて子どもたちはがんばりました。

この日に向けて授業時間だけでなく、休み時間や放課後にも練習を重ねてきました。

満足いく結果だった子、反対に悔しい結果に終わった子。

閉会式の表情はまちまちです。

何度も何度も失敗しながらうまくなってきた子どもたち。

そのプロセスが何よりの宝物です。

須磨小8人みんなではげましみんなで伸びる子どもたちです。

2021年10月21日

参観日でした

○1年算数 いろいたをならべて形をつくろう

遊びを通して形の不思議を体験。規則性にも気づいていきます。

 

○5年社会 日本の漁業

日本の漁業は栽培漁業、沿岸漁業、…それぞれの特長を表にまとめました。

 

○6年社会 元寇(げんこう)

元がせめてきた。そのとき鎌倉の武士たちは…。絵巻を見て学習。

2021年10月21日

とびばこに挑戦

う~ん、お手本のような開脚跳びです。

タブレットで撮影した自分のフォームを確認しながらの学習でした。

助走、手のつき、顔の向き、着地…

どうすればかっこいいか考えました。

 

自分を客観的に見ることができる手立てが学びの深まりにつながります。

そこからいろんな言葉が出てきます。

そして、理想に近づけようと動きに変化が現れます。

考えたことを動きで表現する。体育の学習です。

2021年10月20日

Who is he?

英語の学習で「人あてクイズ」を発表しました。

can can't を使ってクイズを作ります。

 

”He can ride a unicycle very well.”

”He can play kendama well.”

”He can't eat matsutake mushrooms."

"Who is he?"

こんなクイズは子どもたちは大好きです。

児童による授業のふり返りを紹介します。

「eat,he,she などいろいろな英語を使って問題をつくることができました。

問題をたくさん聞いたけど前よりも何を言っているかよくわかりました。

クイズで人をあてるのも楽しかったです。」

 

事前の準備がみそですね。

2021年10月20日

いちょうを観察~1年生活科~

ぎんなんはおちたてはきいろです。

かたちはまあるいです。

においはくさいです。

そとはやわぷにゅぷにゅしています。

2021年10月19日

放課後の運動場

放課後、宿題が終わった子から運動場に集まってきます。

今日はどうやら鬼ごっこをしているようです。(昨日は一輪車でした)

元気いっぱいの歓声が響きます。

中学生もいっしょです。テスト週間でしょうか?

「先生もいっしょにやりましょう」その一言に少々”おびえる”職員室です。

2021年10月19日

物語を読む

学習のめあてにそって自分たちで物語を読み進めています。

まずは一人読み。その後に自分の考えを友達に伝えます。

 

5年生は「注文の多い料理店」宮沢賢治作

6年生は「海のいのち」立松和平作

教室内で上着を着ている子もちらほら。

今朝の須金の気温は8℃でした。

2021年10月18日

美術展入賞作品です

タイトルは「農園のぶどうの袋かけのお手伝い」

子どものすぐそばに「仕事」があります。

2021年10月18日

駅前でアピール~トウガラシプロジェクト~

10月17日(日)雨上がりの晴天に恵まれ、徳山駅前イベントでのカレーペーストの販売体験を行いました。

これは先日の熟議の中で地域の方から出てきた意見。

関係の方からお声かけいただき実現することができました。

 

「いらっしゃいませ」

「辛くないけどおいしいですよ」

お客さんとのコミュニケーションもバッチリです。

「作り方はこのレシピを見てください」

「ありがとうございました」

生き生きしています。

道行く方々が笑顔で声をかけてくださいます。

「この前テレビを見たよ」

「買ってみたいなあと思っちょったんよ」

「いい勉強をしているね」

「須磨小学校に行ってみたいよ」

「食べるのがたのしみ」

そんな一つひとつの言葉が何よりのはげましになります。

 

「10,100円ー1,100円は~ え~っと~、ちょっと待ってください」

おつりの間違えがないか”筆算”で確かめる!?…慎重です

2021年10月18日

演劇鑑賞会がありました

地域の方々もお招きしての演劇鑑賞会がありました。

タイトルは「ようこそ注文の多い料理店へ」

宮沢賢治の「注文の多い料理店」を現代風にアレンジした内容です。

 

鑑賞の前にはワークショップを実施。

大人も子どももいっしょになって歌って踊りました。

 

そして、鑑賞会。

やっぱりライブはいいものです。

役者さんの声、息づかい、足音…

どれも会場の空気を伝わって確かに身体に響いてきました。

子どもも大人も宮沢賢治の世界にいつの間にやら引き込まれていきました。

「山猫軒」…須金のどこかにありそうな気がしてきました。

2021年10月15日

ハードル走

芝生の上で走るのって気持ちいい。

そして、芝生がちょっとの勇気をあたえてくれます。

1年生から6年生までいっしょに学ぶ。須磨小スタイルです。

 

2021年10月15日

10.15 8:40am 須磨小学校

朝の風景がとても美しい須磨小です。

教室から子どもたちと先生がやりとりしている声が聞こえてきます。

2本のいちょうは色づき始めています。そしてその下にぎんなんがぽろりぽろりと落ちています。

2021年10月15日

沼城小学校との交流を終えて~児童アンケート結果より~

10/6~10/8までの3日間の交流学習について両校の子どもたちにアンケートをしました。

○5年生

合同の宿泊学習に行く前に交流がもてたことがよりよい学びにつながりました。

自由記述では、体育でソフトバレーボールをしたことや休み時間に鬼ごっこをしたことへの記述も多くありました。今後、リモートで交流したいという意見も。

 

○6年生

自由記述では「中学校での勉強が楽しみ」そう回答した子どもたちが複数いました。

須々万中教員による出前授業で、子どもたちの中学校進学への期待値が高まったようです。

 

また、小学校教員同士の授業交流は教員にとって良い刺激になりました。

授業を見る、見せることで教員もスキルアップです!

2021年10月14日

学んだことを伝える

昨日欠席した友達に向け、先生役になって学んだことを伝えることに挑戦しました。

「今日のめあては”等しい分数を見つけよう”です。」

おお!いいですね~

アウトプットすることで理解が深まり、また、よく理解できてない部分にも気づくことができます。

授業の中でどんどんアウトプットに挑戦したいものです。

おっと…背中がかゆくなってきたようです。

2021年10月14日

演劇教室があります

○日時 10月15日(金) 13:20会場 13:40開演

○場所 須磨小学校体育館

○内容 「ようこそ注文の多い料理店へ」

 宮沢賢治の「注文の多い料理店」を現代風にアレンジ。自然に対する人間のおごりや命について考える作品です。

 

地域のみなさんに案内状を配って歩きました。

2021年10月13日

保健室前の掲示です

10月10日は目の愛護デー。

保健室前には大きな大きな「目」が登場しました。

ひもを引っ張るとまばたきもします。

保健室前には自分の体に関心をもてるようなしかけがいつもしてあります。

子どもたちが大好きなスポットです。

「先生、なんで目が1個だけなん?」

「…」

2021年10月13日

宿泊学習に行ってきました

山口徳地青少年自然の家での1泊2日の宿泊学習(沼城小合同の)を終え、5年生4名が元気に帰ってきました。
みんな充実した顔です。
お天気が心配されましたが、多くの友達といっしょに野外でいろいろなプログラムに挑戦することができたようです。

事前の交流学習で沼城小のみんなとうちとけていたのがよかったですね。

 

宿泊学習での5つの約束…
時間前行動。元気なあいさつ。すすんで行動。仲間と協力。整理整頓・後始末。
今後の学校生活できっと生かされることと思います。

 

明日から再び、全校そろっての学校生活にもどります。

2021年10月12日

プログラミングに挑戦 その2

今日のポイントは

「迷路のゴール地点にある壁にぶつかる前にロボットを止める」でした。

超音波センサーの活用がテーマです。

「壁までの距離が10cm以下になったら超音波センサーで…」

「止めるということはスピードを0にするということかなあ」

なるほど、しっかりと思考しています。

 

最後は自分のプログラムの”推し”について友達に説明しました。

同じコースでもプログラムの設定は様々。

「いかに早くゴールにたどり着くかを考えました」

「ゴールに着く前にスピードをゆるめないとセンサーが反応できないことがわかりました」

「曲がるときにはLEDライトを点滅させるようにしました」

放っておいても学びが自動ですすんでいきます。

あれ?1年生もいつの間に。しんけんに耳を傾けています。

2021年10月12日

音読~役割をきめて~

1年生の国語では物語の音読を行いました。

今日はALTもいっしょの国語の授業です。

「あり」になったり「しろくま」になったり。それぞれが役割をきめて読みました。

笑い声いっぱいの授業でした。

この後は動きも入れて読んでみることになっています。

「なりきる」ことが大切ですね。

2021年10月12日

プログラミングに挑戦

少人数ならではの学びです。

今年度3台のプログラミング学習用のロボットを購入し、

すでにある1台とあわせると、2人につき1台のロボットがあるということになります。

今日は6年生が組み立て、タブレット端末と接続してロボットの動きのプログラミングを行いました。

お題は迷路のようなコース。ロボットを正確に動かしてゴールに到達するためのプログラム作りに試行錯誤を繰り返します。

ロボットが壁にぶつかるたびに本人も友達もいっしょに笑っています。いい笑いです。

そしてすぐにプログラムの修正。

「(壁にぶつかったのは)回転する時間が長すぎたのでもっと…」

あっという間に時間が過ぎていきます。

子どもたちはいろいろな技を見つけ出します。

 

失敗が楽しい。(そもそも失敗しなければ前に進めない!)

失敗と学びが密接に結びついていることに改めて気づく子どもたちです。

 

あれっ?知らない間に1年生が…ちゃっかりロボットを操作しています。

そう、楽しいことはいっしょに!

2021年10月11日

秋祭りで雲海太鼓披露

10月10日。見事な秋晴れのもと秋祭りが開催されました。

お昼前に、子どもたちは大人といっしょに山車を引いて神社まで。

その後、境内にて「雲海太鼓」を奉納しました。

祭りに太鼓はよく似合います。

子どもたちの演奏にたくさんの方々から拍手をいただきました。

2021年10月10日

亀山八幡宮大祭 奉納太鼓について

須磨小自慢の「雲海太鼓」。

日曜日に行われる亀山八幡宮の大祭の奉納太鼓として披露いたします。

 

○日時:10月10日(日) 13:00~

○場所:亀山八幡宮境内(周南市須万2608)

2021年10月08日

沼城小との交流3日目(最終日)

1年生算数。3つの数の計算をしました。

休み時間には得意?の一輪車を披露。

「すごい!すごい!!」沼城小の友達はびっくり。

 

5年生。来週の宿泊学習に向けて班に分かれて劇やダンス等スタンツ練習。

行き帰りのバスの席も決まりました。

休み時間はどこに須磨小の子がいるか分からないくらいにすでになじんでいます。

 

6年生。須々万中学校の先生方による数学と体育の出前授業。

数学では計算の秘密。クラスみんなで力を合わせ簡単に計算ができる謎を解き明かしていきました。

体育では厳しくそして時には楽しく集団行動について学習しました。

半年後の中学校生活に向けてわくわくする時間でした。

 

今年度は年間6日間(1,2学期それぞれ3日ずつ)の沼城小との交流となりました。(ちなみに昨年度までは年間2日)

慣れ親しんだ集団を離れ、大きな集団での交流を通して自分の世界をちょっぴり広げることができた子どもたちです。

沼城小のみなさんありがとうございました。そしてこれからもよろしくお願いします。

2021年10月08日

沼城小との交流学習2日目

1年生。体育でリレーに挑戦。いろいろなリレーをしました。

「おなかを床につけて前にすすむよ!」

 

5年生。社会科で漁業についての学習。

グループになって、魚の流通について考えました。

「先生”せり”ってなんですか?」

 

6年生。国語。立松和平作「海の命」。物語文の学習。

叙述に即して読み取り、登場人物のイメージを形づくっていきます。

 

須磨小にもどってきてのひとこと。

「あー楽しかった!」

「でもやっぱりほっとするね」

…みんながんばっているのです。

明日は最終日です。

2021年10月07日

2学期沼城小との交流学習 1日目

「ああたのしみだな~」朝の集合場所でのある男の子の言葉です。

1学期に引き続き第2回目の交流学習です。前回同様3日連続での交流となります。

 

1年生は先週いっしょに遠足に行ったばかりです。

さっそくたくさんの友達に囲まれていました。

 

5年生は来週山口徳地での合同の宿泊学習が待っています。

班に分かれての打合せもこの機会に行います。

 

6年生は中学校に向けての準備です。

3日目には中学校の先生による授業が予定されています。

 

アウェーをホームに。たくさんの友達と関わって伸びてほしいと思います。

2021年10月06日

ハードル走に挑戦

5,6年生は体育でハードル走の学習をしています。

芝生の安心感が子どもたちにちょっとの勇気を授けてくれます。

明日から3日間の沼城小交流では体育でハードル走の学習をする予定です。

2021年10月05日

えっ、なんで?

1年生。国語では角野栄子作の物語「サラダでげんき」を学習しています。

お母さんが病気になってしまったりっちゃんが、お母さんのためにいろんな動物たちのアドバイスをもらいながらサラダを作るお話です。

今日はしろくまが出てきました。しろくまのアドバイスは「うみのこんぶをいれろ」

なんで?

 

職員室前の廊下に掲示してある新聞。

その記事をもとにしてクイズがつくられています。

「きじのめすはどうしてちゃいろなのでしょう?」

えっ、なんで?

2021年10月05日

グルグルグリーンカレー辛くない 須磨小スペシャル 完成発表会

子どもたちの願いが形に。

みんなで育てたトウガラシで作ったカレーペーストが商品となりました。

ラベルもレシピも手作り。先日の熟議ではたくさんの地域の方々からもアイデアをいただきました。

自分たちがしたことが形になる。何かしたことによって変化がある。それがやりがい(主体的な学び)につながります。

発表会ではたくさんのお客さんに見守られながらこれまでの学びを簡単に振り返りました。

そして、その後のアトラクションは…

劇「トウガラジロウ(唐辛二郎)」

辛くない唐辛子に生まれた「トウガラジロウ」が仲間たちに励まされて立派なグリーンカレーになるハッピーエンドのお話です。

販売会には列ができるほど。(お客さんはみんな知っている方なのですが…)

「招待状をもらったからいかんわけにはいかん…」

一生懸命に接客する子どもたち。そこにも学びがあります。

須磨小児童が関わったこのカレーペーストは本日より

須磨小学校、ふれあいプラザ須金及びソレーネ周南で販売されています。

 

インタビューの受けこたえも上手になりました。

気分は「大谷選手」です。

2021年10月04日

「前かたづけ」のこと

須磨小学校のチャレンジ目標(子どもたちできめた今年のめあて)の一つが

「ぴしぴしけじめ」です。

1学期末の学校評価アンケートでは「学習に取り組む態度(姿勢を整えることや机上の整理整頓)」について、児童、保護者、教員とも課題があると認識をしています。

10月の全校朝会で、改めて

「前かたづけ」についての話をしました。

物事に取り組む”前”に自分で身の回りの環境(もの、心、姿勢)を整える。

そのことがよりよい学び(仕事)につながる。

大人も子どもも同じですね。まず、意識することが大切です。

もちろん自分への戒めでもあります。

2021年10月04日

秋の遠足~沼城小1年生といっしょに~

秋の晴天に恵まれ絶好の遠足日和となりました。

「大きなおにぎりが2個お弁当に入ってます」
朝、そう教えてくれました。

1年生。今日は沼城小の1年生との合同遠足です。

目的地はドングリのたくさん落ちている林です。(沼城小から歩いていきます)

たくさんの友達と遊具で遊んだり、工作をしたり、竹とんぼをとばしたりと秋を存分に楽しみました。

リモートでいっしょに朝の会をしているだけあって、うちとけるのも早いものです。

おべんとうごちそうさまでした!

2021年10月01日

「辛くない」とは?

『グルグルグリーンカレー辛くない 須磨小スペシャル』

でも、「辛くない」というのは食べた人の感じ方で決まります。

「辛くない」というので本当にいいのだろうかとみんなで考えました。

…ということで、もう一度試食することに。

 

心地よいトウガラシの風味が鼻を抜けていきます。やっぱりおいしい。

 

試食後、子どもたちの舌センサーによる「辛さ指数」は平均で1.8(5段階評価の5が一番辛い)

でもこれは「辛くない」のだろうか…

商品化をきっかけとして、言葉について考えさせられた時間でした。

2021年09月30日

朝の様子

2階の教室から元気な声が朝の運動場に聞こえてきます。

「あめの つぶつぶ ぶどうにはいれ

ぷるんぷるん ちゅるん ぷるんぷるん ちゅるん

おもくなれ あまくなれ」

1年生が詩の音読をしているようです。

タイトルは『おおきくなあれ』(阪田寛夫作)

なんて須金にぴったりの詩なのでしょう。

きっと、自分の家の農園のぶどうをイメージしながら音読しているのでしょう。

 

この詩には続きがあります

「あめの つぶつぶ りんごにはいれ…」

あれ?ちょっと勢いがなくなったような…気のせいでしょうか

りんごは農園にないから…

2021年09月30日

こちらもどうぞ~須磨小ぎんなん販売開始~

昨年よりひと月も早い「須磨小ぎんなん」の発売です。

今年もていねいにていねいに作業を行っています。

お求めは、須磨小学校またはふれあいプラザ須金でどうぞ。

梨、ぶどう、トウガラシそしてぎんなん。

”農”の営みをとおしてたくさんのことを学ぶ須磨っ子です。

手とあしを動かすことを大切にする須磨っ子です。

2021年09月29日

塩酸にとけた金属のゆくえを探れ~6年理科~

6年生は水溶液の性質について学習しています。

塩酸の中に鉄やアルミニウムを入れると泡を出してとけていきました。

鉄やアルミニウムはなくなったのでしょうか?

液体を蒸発皿に入れて熱してみると…

理科の実験はいつもわくわくです。

2021年09月29日

10月4日の完成発表会に向けて

10月4日(月)は子どもたちが開発した「グルグルグリーンカレー辛くない」の完成発表会です。(←クリック)

子どもたちは商品をアピールするためにはりきっています。

 

○1年生

地域のみなさんにアピール。

「ぜひきてください!」

チラシを配付しました。

 

○5,6年生

「トウガラジロウ(唐辛二郎)」って何だ?

新しいキャラクターの登場です。

当日のお楽しみです。

2021年09月29日

夏休みの思い出を英語でスピーチ

I went to Ozushima island.

I enjoyed fishing.

I ate ~

夏休みの思い出を英語でスピーチしました。”思い出”なので過去形に挑戦です。

練習の時にはすらすらとスピーチできたのに

本番でみんなの前に立つとみんな緊張気味。

(人数は少なくてもやっぱり発表は緊張するものです)

スピーチで意識するポイントはCEG

Clear voice

Eye contact

Gesture

…日本語も英語も同じです。

本気で伝えようとすると自然とそうなるものです。

そう、給食のおかわりのときのように。

2021年09月28日

簡単な比にする~6年算数~

6年生は比の学習をしています。

「6:2.4=5:2」,「4/3:5/4=…:…」

簡単な比にすることでスッキリとイメージがしやすくなります。

でも、そのためにはいろいろなプロセスが必要になります。

それを言葉で丁寧に説明することを繰り返す。

聞いている方も自分の方法と比較しながら。

「なるほど」

「自分のやり方の方がもっと簡単だなあ」

「対話で学びを深め、豊かに表現する」

今年度の本校の研修テーマです。

2021年09月27日

今朝の登校風景

朝はめっきり涼しくなってきました。芙蓉の花が朝日に映えます。

秋の訪れを感じる須金です。

今朝もみんな元気に登校。なかには上着を着ている子もいます。

月曜日は荷物がたくさん。

その中でも一番大切なのは…

「カマキリの入った水槽」ですね。

「金曜日にもって帰ったカマキリが卵を産んだよ!」

そう教えてくれました。

水槽の底にはバッタの脚がいくつか転がっていました…

2021年09月27日

祝 「辛くないグリーンカレー」ペースト第1号完成!


今朝収穫した、かごいっぱいのトウガラシの上にのっているのは、子どもたちが育てたあのトウガラシでつくった「辛くないグリーンカレー」のペーストです。

もちろんラベルは子どもたちの手作り。

商品の完成発表会を実施します。

 

日時:10月4日(月)14:00~14:30

場所:ふれあいプラザ須金

 

これまでの取組や商品の特長等について心をこめてアピールします。

 

今朝8時の収穫の様子です。

2021年09月24日

「なにを召し上がりますか?」~5年国語~

教室に入るなりそう尋ねられました。

なるほど、5年生は敬語の使い方について学習をしているのですね。

学習したものは使ってみたくなる。そんな気持ちを大切にしたいものです。

「今日は給食でししゃもの南蛮漬けをいただきます」

 

<本日の給食メニュー>

○ひじきご飯

○ししゃもの南蛮漬け

○切り干し大根の煮物

○豆腐の味噌汁

2021年09月22日

今朝のぎんなん


雨上がりの校庭にたくさんのぎんなんが落ちていました。

はしで拾っていると…後ろで「ぽとり」と音がします。

「あれ、どこに落ちた?」

2021年09月22日

いちょうの木に見守られて

校庭のいちょうが少しずつ色づき始めました。

そして、銀杏もぽろりぽろりと落ち始めました。

休み時間に銀杏拾いをした子どもたちです。(「須磨小ぎんなん」として今年も販売予定です!)

大きないちょうの木は須磨小学校になくてはならない舞台セットです。

大きないちょうの木は子どもたちの姿を、更に輝かせてくれます。

大きないちょうの木に見守られながら大きくなる子どもたちです。

2021年09月21日

リモートで朝の会

1学期に引き続き2学期も沼城小学校の1年生と、週に一度、ICTを活用した「リモート朝の会」を行っています。

沼城小の1年担任の先生が、一人ひとりの名前を呼んでいきます。

そして「はい、げんきです!」の返事。

須磨小の番になると、沼城小学校のみんなが声を合わせて「○○さん」と呼びかけてくれます。

ちょっと照れくさいけどやっぱりうれしい。

10月には2回目の交流学習が待っています。

2021年09月21日

台風14号接近中

農園の仕事は自然との密接な関わりの中で行われます。

今回は台風です。

今朝の地域の方との会話では

「○○農園の□□さん。朝の5時前から農園にあがりよったぞ」

落ちた梨・ぶどうは売り物になりません。(特に梨は強風で落ちやすい)

台風が来る前にやらなければならないことがたくさんあります。

朝から収穫作業を前倒しで行っているとのことでした。

大きな被害がないことを祈っています。

子どもたちは給食後に下校しました。

2021年09月17日

ぼくのしごと~1年生道徳~

1年生の教室にひとつ掲示が増えました。

「誰かの役に立つ」という実感はきっと自己肯定感の高まりにつながることでしょう。

授業で仕掛けを作り、そして細やかにフィードバックすることが大切ですね。

2021年09月17日

グリーンカレーのラベルをデザイン

「辛くないグリーンカレー」みんなでラベルのデザインを考えました。

商品の特長を限られたスペースの中でどう表現(デザイン)するか知恵を絞りました。

どれも素敵なものばかり。

「ラベルデザインの次は○○をしなきゃいけんのじゃない?」

商品として市場に出すまで、いろんなことを考えなければなりません。

子どもたちから次々とアイデアが出てきます。

教えられているわけではない学びがここにあります。

 

わくわくプロジェクト進行中!

2021年09月16日

炭酸水から出てきた気体を調べる~6年理科~

6年生の理科では水溶液の性質について学習しています。

炭酸水を振ると泡が出てきます。

その気体をどんな方法で集めるのか、集めた気体の性質をどのように調べるのか。

実験の様子をiPadで撮影し、後から手順を確認します。

2021年09月16日

今日の読み聞かせは…

『やとのいえ』(八尾慶次作 偕成社)

東京郊外・多摩丘陵の谷戸をモデルに、そこに立つ一軒の農家と、その土地にくらす人々の様子を、道ばたにつくられた十六の羅漢さんとともに、定点観測で見ていくお話です。

描かれるのは、明治時代のはじめから現代までの150年間。農村ののどかな営みは、昭和40年頃から急激に変わっていきます。そして現在は…

子どもたちを”前のめり”にさせるそんなお話でした。

では…須金の150年間はどんな変わり方をしたのでしょう。

(須磨小学校は明治8年(1875年)須万小学校として開校。今年で創立146周年を迎えます。

ちなみに昭和16年(1941年)の児童数は548名という記録が残っています。)

2021年09月15日

国語の学習から

○1年生 みんなのまえではなしましょう

何を話すかを決めて、ノートに書き始めました。

夏休みにつりや花火をしたことだそうです。

書く前には「書きたくなること」をさがす作業が必要ですね。

 

○5年生 新聞を作ろう

農園体験や川遊びのことなどについてタブレットを使って新聞を作っています。

写真の位置や大きさを変えたり、文字の配置を考えたり。

どんなレイアウトが効果的なのかを考えながらの作業です。タブレットを使うと簡単ですね。

おっ音声入力に挑戦している子がいます。

「えっと~」が「8(エイト)」に変換!?

困ったことがあったらみんながたすけにやってきます。

「こうやったらできたよ」

2021年09月14日

算数の学習から

○1年生「とけいをよんでみよう」

30分を「半(はん)」ということがあると学習しました。

「時計の針を動かして10時半をつくってみましょう」

先生と競争です。

「できました」「おしい!それは9時半」

時計が読めるようになると一つ世界が広がります。

 

○6年生「立体の体積を求めよう」

はこが重なったような立体や、円柱に穴が空いたような立体の体積を求めました。

まず、求め方の方針を決定します。これは人ぞれぞれ。

そして計算。方針はバッチリでも計算が…大丈夫かな?

ノートにたくさんの計算のあとがあります。

2021年09月14日

梨の収穫を体験しました

4月。今年は例年よりも早い梨の開花でした。

急遽、春休み中に行った受粉作業が今年の農園体験プロジェクトの始まり。

今日の収穫に至るまで様々な体験をしてきました。(←クリック)

現在、須金では梨・ブドウの収穫の最盛期を迎えています。週末にはたくさんの観光客。それに加えて日本各地への発送の準備も並行して行っています。正に寝る間も惜しむ忙しさ。

そんな中、子どもたちを毎回快く受け入れていただいた農園の皆様には心から感謝です。

須金の産業をこのような体験活動を通して知ることは大きな意義があると考えています。ふるさとを大切に思う心、誇りに思う気持ちは、きっと、このような体験活動を通して育まれていくのでしょう。

そして、農園には農園の時間が流れています。それを知ることもまた、大切な学びだと思います。

2021年09月13日

前に前に!一輪車

一輪車の季節がやってきました。10月21日には校内一輪車選手権が開催されます。

去年の自分、そして歴代の記録にも挑戦。

昼休みや放課後に子どもたちが一輪車に乗る姿が見られるようになりました。

 

1年生もこのとおり。無事ひとりだちです。

練習の後は芝生の上でくつろいでいます。

2021年09月10日

ピラニア

「校長室にピラニアがおるらしい」

釣り好きの子どもたちが、魚に釣られてやってきました。

「歯がすげーとんがっちょる」

触って確認したいのが子どもです。

「これどうしたんですか?」

それはね…

2021年09月10日

リモート授業に備える

一人1台のタブレット端末をもって各教室に散らばり、自力でリモート授業に参加できるか確認しました。

昨年度にも何度か練習を行っています。(←クリック)

明日はタブレットを家庭に持ち帰り、そこからの接続テストを行う予定です。

「先生!かんたんです!」とのこと。

はい。あとは”なかみ”です。

2021年09月09日

「ガチャ」です

「このひも引っ張ってみてください」…「へへ~これは、はずれです」

ガムテープをくしゃくしゃに丸めたものがコロンと落ちてきました…

 

1年生。図工の時間に空き箱を利用して「ガチャ」を作りました。

ひもを引っ張ると、箱の中のふたが開いてそこから景品?が転がり落ちてきます。

なるほど、よくできています。

ありがとう。はずれが出るまで何度も引っ張らせてくれて。

2021年09月09日

トウガラシで熟議

学校に地域の方をお招きして熟議を開催しました。

熟議の前に5,6年生がこれまでの学習の流れをプレゼン、

そして試作品のペーストで作った「辛くないグリーンカレー」を試食。うむむ…おいしい!

熟議では、そのペーストの商品化に向けて、大人も子どももいっしょになってアイデアを出し合いました。

世代の異なる集団での話し合い。いろいろな考えが出てくるものです。

「学校給食に使ってもらえないかな」

「ユーチューブで宣伝しよう」

「生産、加工、販売…全てをこの須金でやっているということがすごい」

「ヘルシーなことをしっかりとアピールするといい」

「トウガラシなのに辛くないということがかえって面白い」

「全国カレーサミットを須金で開催してみたら面白そう」…夢がふくらみます

子どもたちが自分の考えをしっかりと話す姿に成長を感じます。(もちろん”話したいこと”がちゃんとあるということです)

もしかしたら、子どもたちは何十年後、立場を変えて同じようにこの場で話しているかも…

素敵なことですね。

カレーについての話は…須金の未来につながっているようです。

さあ、商品化に向けて動き出しました。販売は間近です。乞うご期待!!

2021年09月08日

「辛くないグリーンカレー」を作ってみた!

みんなで栽培した「辛くないトウガラシ」で作った「辛くないグリーンカレーペースト」(←クリック)

今日はそれを使って「辛くないグリーンカレー」を作ってみました。

熟議に来てくださる地域の皆さんに味見をしてもらうつもりで作りました。

 

1 まずは作り方の説明を聞きました

 

2 食材の下ごしらえ

 

3 食材を炒めます

 

4 ペーストを入れて更に炒めます

 

5 ココナツミルクを入れ

 

6 ナンプラーもかくし味に入れて

7 完成

子どもたちの手で約20分の高速調理です!

校舎中にいい香りが立ちこめました。

 

 

2021年09月08日

明日の参観日は「熟議」

明日(9/8)の参観日は子どもたち、保護者、地域の方といっしょに「熟議」を行います。

テーマは「トウガラシプロジェクト」

子どもたちが育てた「辛くないトウガラシ」で作る「辛くないグリーンカレー」

商品化に向けていろいろなアイデアが出てきそうです。わくわくします。

2021年09月07日

教科書になんて書いてあるかな?~1年国語~

「くまのこはどうして一番好きなしましま模様の貝がらをうさぎにあげたのかな?」

う~んと考えて考えて…教科書に手が伸びました。

そう、教科書にどのように書いてあるのかを確認する。

国語の学習ではとても大切な事です。

2021年09月07日

俳句コンクール表彰式

須磨小学校では1年を通して俳句づくりに取り組んでいます。

子どもたちの自慢の俳句が市の小学生俳句コンクール(主催:兼﨑地橙孫顕彰会)で入賞しました。

がんばってきたことがこうやって認められるのはうれしいことです。

9月5日(日)にはその表彰式が行われました。

俳句でも わくわく須磨小学校 です。

 

最優秀賞 「かわせみが さかなめがけて いっちょくせん」

 選者講評:1年生の句です。ぶどう農園の横を流れている川でこの光景を見たとのことです。情景が写真で切り取られたようにイメージできます。

 

入選 「わた毛たち 春風にのり 旅をする」

 選者講評:6年生の句です。春の綿毛ということはタンポポでしょうか。その綿毛にのって空を飛んで旅をする。どこへ行くのか気になります。

 

入選 「春が来た 生きもの目ざめ ぼくはねる」

 選者講評:5年生の句です。「目ざめ」と「寝る」の対比がいいですね。「春」に眠くなるのは大人も子どもも一緒ですね。「春眠暁を覚えず」

 

入選 「ゆめのなか サンタといっしょに 空を飛ぶ」

 選者講評:5年生の句です。子どもらしい句です。サンタクロースとどんなことを話しているのでしょうか。

2021年09月06日

今日のトウガラシ

豊作です。大豊作です。約6kg。

保存先の冷凍庫が…いっぱいです(涙)

2021年09月03日

授業でわくわく

○円の面積を求めよう(6年)

「なるほど。半径10cmの円の面積は400㎠よりも小さくて、200㎠よりは大きいということかぁ」

 

○合同な三角形をかいてみよう(5年)

「どこのデータがわかると、合同な三角形がかけるのかな?」

「ぼくのかき方とはちがうなあ。なるほど。」

「ほかのかき方もありそうだな」

 

いろいろなつぶやきが出るのは子どもたちが思考している証拠ですね。

そのつぶやきを共有することによって学びが深まります。授業でわくわく。

2021年09月03日

夏休みの自由研究

須磨小の子どもらしい研究がいっぱいです。(それぞれクリックすると作品が表示されます)

フルーツパークで育てられているぶどうを調査

 25種類ものブドウを作っているそうです

 

山口と宮﨑の昆虫のちがい

 実際に捕まえた昆虫。その種類の多さにびっくり

 

野菜の種類ごとの種まきと収穫時期の比較

 学校ではトウガラシを植えていますが

 

見た目が似ているぶどう品種の比較

 糖度を比較したり、葉の形の違いをじっくり観察したり…

 

地球にやさしいプラスチックを作ろう

 よりよいものを作ろうと何度もチャレンジしています

2021年09月02日

二学期始業式

みんな元気に登校してきました。

まずはそれが何より。あたりまえに感謝です。

一学期の終わりに約束した「継続的に家の仕事(手伝い)をする」もみんなOK。

農園でしっかり手伝いした様子を伝えてくれた児童もいました。(須金らしいです)

 

始業式のお話。あるオリンピックの女子アスリートがいろいろな国の選手に肩車され、祝福されている写真から始まりました。女子スケートボード決勝での一コマです。

でも実は、肩車されている選手は演技に失敗しメダルを逃した選手。子どもたちは???

失敗しても、チャレンジしたことをみんなが認めてそれを祝福していることを伝えると「あ~ぁ」。

 

その後、代表の3人が二学期にがんばりたいことを発表しました。

「一輪車に乗れるようにがんばって練習します」

「少しでも速く走ることができるように努力します」

「二学期には50冊以上本を読みます」

「姿勢に気をつけて勉強します」

子どもたちもいろいろなチャレンジを試みています。

須磨小学校は8人で1クラス。

子どもも大人もチャレンジを認め合える、そんなわくわくできる集団でありたいものです。

2021年09月01日

いよいよカレーペーストづくり!

須磨小学校では今週からサマースクールです。

畑や花壇の整備に太鼓練習、そして学習会。みんな元気に学校にやってきています。

 

その中、24日には本校、わくわくプロジェクトの一環の”トウガラシプロジェクト”

子どもたちが夏休みに収穫した大量のトウガラシを使ってカレーペーストの試作に挑戦しました。

 

まずは作り方のレクチャー

 

①ニンニクの皮をむいて

②トウガラシやコリアンダー、ニンニク……をミキサーにかけ

③鍋の中で水分をとばして完成したペーストを瓶に詰めて

④できた!

 

味よし、色よし、香りよし!三拍子そろったカレーペーストです!

2021年08月26日

なし・ぶどう祭り 中止のおしらせ

8月28日(土)に開催予定だった「なし・ぶどう祭り」ですが、現在の新型コロナウイルス感染状況を踏まえ中止が決定されました。

本校児童が毎年オープニングで、歌やダンスを披露させていただいていたのですが残念です。

ただ、今年もおいしい梨やぶどうがたくさん実っています。観光農園もオープンします。

日本一のなし・ぶどうを是非ご賞味ください。

須金フルーツランドホームページ←こちらをクリック。

2021年08月24日

夏の花まっさかり

マリーゴールド、サルビア、ケイトウ、ホウセンカ、コスモス…

須磨小学校の花壇は夏の花が真っ盛りです。

花だけでなく運動場の芝生も雨に打たれて元気です。

でも、雨もほどほどに…

あれ、雨に打たれているのは花だけでなくて…

2021年08月16日

イチョウの陰で

さすがの子どもたちもこの暑さでは…

イチョウの陰で砂遊びをしています。

イチョウに感謝です。

2021年08月03日

運動場の様子

運動場がうっすら緑色になってきました。

「遠くから見たらもうだいぶ緑じゃねえ」

通りがかりの方から声がかかります。

いっしょに植えた芝生です(←クリック)。気にしていただけていることがありがたいです。

みんなの学校です。

2021年07月30日

須磨小学校は小規模特認校です

小規模特認校とは

…校区を越えて(周南)市内のどこからでも入学または転入学が認められる学校です。

 魅力いっぱいの須磨小学校で、いっしょに学びませんか?

 R3特認校ポスター(←クリック)

2021年07月30日

みんなで景色を変えよう~学校整美作業~

今年の夏休みの学校整美作業は遊具のペンキ塗り。

子どもたち、保護者、地域の方々、そして教職員。みんないっしょに汗を流しました。

(終業式の日に子どもたちにアンケートをとって、遊具にどんな色を塗りたいかを決めました。)

 

運動場の遊具だけでなく須金のメインストリート(須金銀座)の溝蓋に施してあるなし・ぶどうのレリーフにもきれいに色をつけました。

ペンキを塗ったところがくっきりはっきり浮き上がって見えます。

自分たちの力で見慣れた景色をちょっぴり変える。

自分たちのやったことが目に見えてわかる…そんな充実感いっぱいの1時間半でした。

もちろん、これも「須磨小わくわくプロジェクト」の一環です。

「だれだ?ペンキ塗り立てのシーソーにすわったのは…」

2021年07月26日

一学期終業式

春には薄緑色だった校庭のイチョウは既に濃い緑色に変わり、校庭に大きな木陰をつくっています。

授業日数70日。一学期が終了しました。

みんな元気です。これから始まる夏休みにわくわくしています。

終業式では一学期、これまでのわくわくについて写真でふり返りました。

入学式、運動会、遠足、水泳、他校との交流…等々

そしてもちろん毎日の授業の中にたくさんのわくわくがあったことも!

二学期も引き続き「わくわくが止まらない」みんなでそんな学校にしていきます!

2021年07月20日

先生は郵便局長さん

手紙(はがき)の書き方教室を行いました。

須金郵便局長さんによる恒例の出前授業です。

「手紙を書いている時間はその人のことを思っている時間です。受け取った人はきっとうれしいでしょうね」

素敵なはがきが完成しました。

2021年07月20日

1年生からの手紙

一学期最後の日のサプライズ。

宝物がまた一つふえました。

2021年07月20日

水泳記録会がありました

8人の子どもたちによる水泳記録会。

保護者や地域の方々に見守られ、張り切って泳ぐ子どもたちです。

1年生はご石拾いに12m(プール横)ビート板バタ足

5,6年生は25mと50mクロール そして50mの平泳ぎ

去年(水泳学習中止で)泳げなかった分、授業ではたくさんたくさん泳ぎました。

5,6年生全員が50m種目に挑戦できたこと、すごいです!

その様子を1年生は見ています。

「ぼくだって」

夏休み学校のプール開放を実施します。たくさん泳いでもっと上手になあれ!

2021年07月19日

水泳学習の様子から

「いいぞ」「すごい」「うまくなった」「あとちょっと」…

プールから子どもたちを励ます先生声がひっきりなしに響いています。

先生たちも一生懸命です。

子どもの「できた」に一番に出会えるのは先生です。

そのうれしさたるや…

7月19日(月)は水泳記録会です。(13:30開始)

子どもたちのがんばりをぜひご覧ください。

2021年07月16日

浜の学校と交流~浮島小との交流学習~

どちらの学校も全校児童8人。でもその環境は全く異なります。

山の学校の8人が浜の学校の8人といっしょに勉強したり遊んだり。

素敵な時間が流れました。

周防大島の浮島小学校へ行ってきました。

 

どちらの学校の子どもたちも優しく元気だということは同じです。

いっしょに釣りをしたり、算数や体育の学習をしたり、昼休みにサッカーをしたり…

そして、最後にはみんなで「だるまさんがころんだ」をして

みんなで笑い転げました。

(「だるまさんがころんだ」でこんなに楽しめる小学生。いいですね!)

たった5時間の滞在でしたが、すっかり仲良くなりました。

 

1年生の女の子が「また来てほしいです」と言ってくれました。

今度は浮島小のみんなに山の学校の素晴らしさを体験してもらいたいものです。

まってます!!

 

子どもたちの世界がちょっぴり広がった素敵な1日でした。

 

○船着き場でお出迎えをしてもらいました

 

○歓迎セレモニー 両校の様子を紹介

 

○釣り体験 「つれたよ!つれた!!」

 

○1年生「算数」 発表はバッチリ!?

 

○3年生~6年生「体育」 芝生のグランドがすっごくきもちいい!

 

「またきてね」「またいくね」「須金にもきてね~」

見えなくなるまで手をふりつづけました。

2021年07月16日

夏の俳句 鑑賞会

子どもたちのつくった夏の俳句。今日は鑑賞会の日です。

どの句がお気に入り?子どもたちも先生もいっしょに投票。

結果は

金メダル「じゃまするな ぼくの昼ねを アブラゼミ」

銀メダル「たすけてと流れるほたるに 手をのばす」

どちらも自分の体験から生まれた俳句です。夏をうまく切り取っていますね。

 

カブトムシを詠んだ句が二つありました。

カブトムシになってみました。

「カブトムシ すくってなげて 横づなだ」

2021年07月14日

周防大島 浮島小学校へ行ってきます!

ここ数日の子どもたちの最も大きな関心事は浮島小学校のこと。

「船で行くんて」

「自分たちと同じ8人らしいよ」

「体育でドッジボールするのが楽しみ。強い子おるかねえ?」

「魚がいっぱいおるんて 釣りもできるんよ」

「泊まれんの?」

子どもたちの話を横で聞いていると、(沼城小交流の時ような)大きな学校に行く緊張感は全く感じません。同じ人数の小規模校の友達ということで勝手に親近感をもっている様子です。(リモートでも交流しています←クリック)

梅雨明けの空の下、白い船(ひらい丸)に乗って浮島へいってきます!

大人も子どももわくわくしています。

(「わしら、行けんのか?」地域の方や保護者の方の声もあちこちから聞こえてきます)

2021年07月14日

カブトムシ みっけ!

登校班の集合場所の近くにカブトムシ発見!

しばらくは登校どころではありません。

帽子に入れて大切に学校までもっていきました。

教室のカブトムシに新しい仲間が増えました。

2021年07月13日

トウガラシの初収穫

わくわくプロジェクトのトウガラシ。(5月13日の記事 6月1日の記事 ←クリック)

本日初収穫です。

このトウガラシで「からくないグリーンカレー」を作って商品化します。

これからどんどん収穫予定。(1つの苗から約1kg)

さあ、これからです!

トウガラシを通して須金の未来を考えます。

2021年07月13日

放課後の子どもたち

放課後の須磨小の運動場はいつもにぎやかです。

今日はバスケットボールに鬼ごっこ。つかれてみんなブランコの周りで寝ころんでいます。

これだけ遊べば”はらぺこまちがいなし”です。

授業でもたくさん泳いだし…夜はぐっすりと眠れることでしょう。

もし「正しい子どもの一日」というものがあるとすれば

…須磨小の子どもたち、いいセンいっています。

あれれ…お母さんのおむかえが

「また明日!」

2021年07月12日

ラジオで学校アピール

7月10日(土) 6年生が、しゅうなんFM「こどもラジオくらぶ」に出演しました。

1時間の生放送プログラムの中で、須磨小学校の「わくわくプロジェクト」についてお話をしました。

放送中、「(窓ぎわの)トットちゃんの学校みたいですね」等いろいろな反響がとどきました。

終了後「(緊張で)手汗がすごく出た~」とのこと。

貴重な機会を与えていただいた しゅうなんFM の皆様に心から感謝です。

2021年07月12日

資料を読み取る~6年算数~

算数の学習では、資料の読み取りについて学習しています。

あたえられた資料を”正確によむ”って結構難しい。

これまで学習した知識を総合的に活用することが求められます。

これも”自立した大人”への第一歩です。(ちょっと大げさですが)

次のことがらについて、「正しい」「正しくない」「この資料からはわからない」のどれかで答え、そのわけもいいましょう。

㋐ 70才以上の人口は、2015年より1975年の方が多い。

㋑ 2015年の10~19才の人口は、約1169万人である。

㋒ 2015年の70才以上の人口が一番多いのは東京都である。

次の学習では、身の回りから自分たちで資料を集めて調べ、発表します。

2021年07月09日

どうぞ の いす

玄関に「どうぞ の いす」が現れました。

「くつがはきやすくなったね」

お客さんもにっこりです。

 

あれれ…

 

2021年07月08日

テストの季節です

今日の算数。1年生も6年生もテストです。

あたりまえですがその内容は大きく違います。

6年間の学びのつみかさねの大切さを改めて感じます。

 

2021年07月08日

七夕です

あいにくのお天気ですが子どもたちは元気です。

今日は七夕。みんなで、ねがいごとを書いた短冊を笹の葉にくくりつけました。

「魚釣りをして日本中をまわりたい」

「コロナがはやくなくなりますように」

「家族いっしょに旅行に行きたい」

「おいしい なし・ぶどう・とうがらしができますように」…

2021年07月07日

What do you want to be?

外国語の時間には

”What do you want~?”

のフレーズを学習しています。

たとえばこんな風に…

A "What do you want to study?"

B "I want to study science,home economics,English and math."

A "What do you want to be?"

B "I want to be a patissier."

A "Good luck!"

 

では、子どもたちは何になりたいのでしょう?

うーん Good luck!!  そう叫ばずにはいられません!

2021年07月07日

リモートで自己紹介~浮島小交流~

7月15日を今か今かとまちかまえている子どもたちです。

浮島(うかしま)小学校との交流の日です。

「あ~楽しみ はやく浮島小学校にいきたいなあ」

登校時の話題はもっぱらそのこと。

 

今日は、その交流の前にICTを活用し、リモートでお互い自己紹介をしました。

「ぼくの名前は○○です。

好きな食べ物は□□です。

得意なことは○○です。」

拍手をしたり、手を振ったり…

簡単な自己紹介ですが、顔を見て話すことで心の距離が近くなった気がします。

子どもたちは今、島の学校のイメージをいっぱいに広げているところです。

 

浮島小学校のお友達 まっててね!!

2021年07月06日

手に持っているものなんだ?~登校風景から~

須磨小学校には地域の方から色々なものをいただきます。

お花や野菜はもちろんですが、この季節になると様々な”生きもの”をいただくことがあります。

今朝の登校時、水槽に入れて大切そうにもってきた生きものは…”メダカ”

近所の方にいただいたとのこと。

 

昨日は別の方にアゲハチョウの幼虫をいただきました。

教室の後ろに置かれた水槽が気になって、

「算数の時間、計算を3問といては、様子を見に行ってた」そうです…。

何を食べるのか、どうやって飼うのかを人に尋ね、図鑑で調べその生きものにあった環境を整えていきます。

教室に色々な生きものがいるって、いいですね。

2021年07月06日

さかなを さばくよ さしすせそ~あいうえおうた完成~

1年生の「あいうえおうた」が完成しました。

 

ありさん あなほり あいうえお

からすが かあかあ かきくけこ …

 

完成したうたは、なかなかに個性的です。

 

ますくが まいごだ まみむめも

2021年07月05日

トウガラシ 大きくなりました

水やり、草抜き、肥料やり…

トウガラシが大きく生長しています。

毎日近くに行って様子を見ることが大切です。

「足音が畑の肥料」です。

2021年07月02日

カブトムシ

春に見つけた幼虫(←クリック)がさなぎになり、

そのさなぎが次々にかえって成虫になっています。

飼い方を研究中です。

2021年07月02日

学校保健安全委員会

子どもたちの心と体の健康について保護者、地域のみなさんといっしょに考える機会となりました。

テーマは「バランスのよい食事の大切さ」

劇やクイズを通してわかりやすく伝える事ができました。

 

最後は「オリンピックトーチ」のサプライズ。

一人ひとりが手にとってその重さを感じました。

遠かったオリンピックが少し近づいた気がしました。

「どっから火がでるん?」

2021年07月01日

地域参観日

○1年生 算数

ひきざんの学習。

「6-9かな? 9-6かな?」

「多い方からひかないといけない思います」

 

○6年生 合奏

リコーダー、鍵盤ハーモニカ、鉄琴、木琴、ピアノ

それぞれのパートがどの順番で演奏するかをみんなで考えて演奏しました。

「息を合わせるのってむずかしいなあ」

2021年07月01日

夏の俳句をつくろう

① 夏がくる せのびしている ○○○

② ○○○○が アイスクリーム たべちゃうよ

③ 水とうを 垂直にして 飲んだ○○

夏の俳句づくりに挑戦です。

授業の始めに、とある小学生俳句コンクールの入賞作で考えました。

○○に当てはまる言葉。たくさんの考えが出てきてそれをいれてとりあえず読んでみる。

「へんな俳句になったぞ」

「でもちょっと…ちがうなあ」

正解を声に出して読んでみると、みんな「あ~」と納得した様子。

頭の中に季節のイメージがぱっと広がります。

17音で季節を切り取るってむずかしい…

 

プール、すいか、アイスクリーム、日焼け、かき氷、きゅうり、キスゴ(魚)…

いろんな夏の言葉が出てきました。

須磨っ子らしい季節感ある俳句ができるといいですね。

 

※上の俳句の○○は ①温度計 ②お日さま ③なつ

2021年06月30日

はなれていても つながるよ~ICTで遠隔授業~

1年生は2校の友達と交流をしました。

一つは沼城小学校。(6月の始めに3日間の交流学習を実施しています)←クリック

先週もいっしょに朝の会を行いました。

なかよくなった友達が「すきなたべものはなんですか?」

と質問してくれました。

 

もう一つは周防大島の浮島小学校。

こちらは全校児童8名の島の学校です。

今度(7/15)の交流に向けて、なかよくなろう作戦です!

浮島小学校のお友達が好きなことや得意なことを元気に教えてくれました。

「はっぴょうがじょうずだなあ…」

 

須磨小の1年生は…いつもの様子と違って恥ずかしそう。緊張で声も小さくなってしまいます。

でも、そのうちになれてくることでしょう。

ICTを活用すれば、離れていてもつながります。

ICT も 活用して”聞く力” ”話す力”を伸ばしていきます。

2021年06月30日

響けリコーダー

校舎を、柔らかなリコーダー二重奏の音色が包んでいます。

5.6年生は「小さな約束」という曲を練習してます。

ひとりではまだ不安でも、友達といっしょだったらいい音色を出せるものです。

2021年06月29日

学校保健安全委員会にむけて

7月1日の地域参観日に合わせて学校保健安全委員会の実施が予定されています。

担当の委員会の子どもたちはこの日に向けて昼休みを中心に練習をしています。

耳を傾けてみると…

「人気の給食メニューは何でしょう?」

どうやら食に関することをクイズ形式で発表するようです。

先日は給食センターに電話して疑問に答えていただきました。

地域参観日の日程は以下のとおりです。

○7月1日(木)

 13:50~14:35 授業参観

 14:40~15:25 学校保健安全委員会

2021年06月29日

あじさいのお出迎え


須磨小の玄関にはいつも季節の花が生けてあります。

あじさいのきれいな季節です。

6月も二日を残すのみとなりました。

2021年06月28日

学校だより7月号 公開しました

学校だより「須磨っ子スマイル 7月号」←クリック

<内容>

 ○プールをきれいにして考えたこと

 ○7月の行事予定

 ○地域参観日、学校保健安全委員会

 ○しゅうなんFM「ラジオくらぶ」出演予定

 ○錦川流域河川一斉清掃、清流公園清掃作業のお知らせ

 ○周防大島 浮島小学校との交流(わくわくプロジェクト)等

2021年06月28日

夏の花を植えました

須磨小学校の花壇も衣替えです。

マリーゴールド、ケイトウ、コスモス、サルビア…

みんなで夏の花を植えました。

玄関に続く花壇は学校の顔です。心をこめて育てます。

2021年06月25日

きゅうりがたくさんとれたよ

学校園のきゅうりがたくさんとれました。

全部で何本?

「1,2,3,…14 14本!」

これだけのきゅうりどうする?

「全部自分がもってかえる!」

このきゅうりができるまでにどんな人にお世話になったか考えてみたらどうかな?

「…」

学級園のきゅうりで、生活科、算数、国語、道徳…

いろんな学習ができそうですね。

2021年06月25日

調理実習がありました

5,6年生家庭科。

久しぶりの調理実習です。

朝からわくわくしていた子どもたちです。

メニューは「ほうれん草のおひたし」と「ゆでたまご」

…どんな献立でもわくわくできる子どもたち。さすがです。

2021年06月24日

ぼくのゆめ~1年図工~

チヌを釣った絵です。

7月15日に周防大島の浮島(うかしま)小学校へ交流学習に行きます。

そこで「チヌ」を釣りたいそうです。

果たして釣りの授業はあるのでしょうか?

2021年06月24日

写真から推理する~6年社会~

大型テレビに映された写真。建物の周りを柵が囲んでいます。

6年生の歴史学習は弥生時代に入りました。

「敵はどっちからやってくる?」

写真をじっと見つめる子どもたち。答えは写真の中に隠れています。

そして、自分の考えをしゃべり始めます。

「ああなるほど…」

こんなつぶやきがいいですね。

2021年06月24日

ICTで朝の会~沼城小といっしょに~

今日の朝の会はちょっぴりよそ行きです。

ICTを活用して沼城小学校の1年生といっしょに朝の会をしました。

健康調べの時には沼城小のみんなが名前をよんでくれました。

まっすぐ手を挙げて

「はい元気です!」

 

毎週水曜日に合同の朝の会を行うことにしています。

「来週はカブトムシの幼虫がさなぎになったことを伝えたいなあ。」

2021年06月23日

児童集会がありました

子どもたちの手による子どもたちのための集会です。

今日はフルーツバスケットとジェスチャーゲームの2本立て。

子どもたち手づくりの素朴な素朴な集会ですが、みんな心の底から楽しんでいます。

須磨小学校ではこのような集会を定期的に行っています。

2021年06月22日

いつもありがとうございます

須磨小学校の玄関や廊下、階段の踊り場はいつも季節の花に彩られています。

その花、そして野菜づくり等でお世話になっている方に(児童のおばあちゃんでもあります)、感謝のメッセージを届けました(お誕生日ということもあって…)。

いつも学校と子どもたちを優しく見守ってくださっています。

(とれたての野菜の差し入れは職員も大喜び…)

いつまでもお元気で。そして、これからもどうぞよろしくお願いいたします!

須磨小学校は色々な方に支えられています。

2021年06月22日

気温33℃ 水温28℃ のプール開き

2年ぶり(1年生にとっては初めて)の水泳学習をわくわくする気持ちで迎えました。

プール開きには絶好の天気でした。

「およげるかなあ~?」と心配していた5,6年生ですがみんな25mを泳ぎ切りました。

最初は水を怖がっていた1年生。授業の終わりには輪くぐりも、ご石拾いも、ワニさん歩きもバッチリ。

次の水泳学習が今から楽しみです。

2021年06月21日

雨の一日

1年生教室から聞こえてきたのは「かたつむり」の歌。

音楽の時間に、カスタネットでリズムうちをしながら歌いました。

♪でんでんむしむし かたつむり~

「歌いながらカスタネットたたくのはむずかしいなあ…」

 

5,6年生の教室からは「雨ニモマケズ」。

道徳の授業で宮沢賢治について考えていました。

「『そういうものに私はなりたい』という部分には賢治のどんな思いがこめられているでしょう?」

 

そんな雨の一日でした。

でもやっぱり、みんなの心の叫びは…

「きょうのプールびらき、なんでできないの~」

 

プールの代わりは

体力テストのシャトルラン(折り返し持久走)…

 

2021年06月18日

ぼくらのプールをもっときれいに

須磨小学校のプールは築50年の”年代物”です。

数々の先輩がこのプールで泳いできました。

先日は地域を挙げてプール掃除を行ったところです。(←クリック)

 

今日はプールサイドにみんなで遮熱ペンキを塗りました。

保護者のご厚意により実現したプロジェクトです。

約1時間弱。子どもたちの力でプールの景色が変わりました。

古いからこそ大切に使う(雑に扱うのではなく)。

そんなことに気づくきっかけをいただけたことにも感謝です。

もちろん須磨小わくわくプロジェクトの一つです。

 

「はやく泳ぎたい!」

子どもたちの思いが更に高まります。

2年ぶりの水泳学習です。水着の試着を忘れないように!(みんな大きくなっています)

2021年06月17日

集会が楽しみです

子どもたちがあれこれと計画をしています。

※STというのは”須磨小タイム”の略。2校時と3校時の間にある15分間を使っての集会を企画しています。

2021年06月16日

ドラえもんとせいくらべ

保健室前の掲示です。

楽しみながら自分の体に興味が持てる仕掛けがあります。

”チャレンジせいくらべ”の掲示の横に、あっ、ドラえもん出現。

あれ!せのびしているのは…

「だって、ドラえもんの足がながいんです!」

むむむ…

2021年06月16日

「書く」ことの大切さ

授業で、タブレットを使う機会が増えています。(全国の学校でも同様ですが)

でも、こうやってノートに書くこともこれまで同様大切にしています。

書くことで一旦立ち止まって考えることができます。

手を使うことで、思考が深まります。

そのことが学習の定着につながります。

算数の言葉がたくさん書いてあるノート。いいですね。

定規でまっすぐな線を引いたり、線からはみ出さないように色を塗ることも大切な学習スキルです。

2021年06月15日

もうすぐ水泳学習

水をたたえ、プールは子どもたちを今かと待っているようです。。

プールサイドに暑さ緩和用ペンキを塗ることになり、そのための準備が整いました。(保護者のご協力に感謝です。)

2021年06月15日

農園体験~梨大袋かけ~

4月の梨の花の受粉作業(←クリック)

5月の小袋かけ(←クリック)

そして、今日は梨の大袋かけ作業の体験です。

 

時間の経過と共に農園の風景が変わってきました。

農園の時間の流れを子どもたちは全身で感じています。

作業体験。説明を聞いた後、一人ひとりメッセージをかき込んだ袋をかけることから取りかかりました。

「おおきくなあれ」「おいしくなあれ」

前回かけた小袋の上から、その袋を大切に大切に梨にかけていく作業です。

梨の実を害虫や病気から守るために。

作業の丁寧さ正確さがそのまま秋の収穫へつながります。

須磨小の子どもたちは根気強く作業を行います。

そんな力は学校・家庭生活だけでなく将来の仕事にも生かされるはずです。

 

作業終了!頭の上には袋がかかったたくさんの梨が!

約1時間。みんなで500袋をかけることができました。

(「農園全部の梨は10万個」と聞いてみんなびっくり。期間限定の”果てしない”作業真っ最中です。)

「首がつかれた~」上を向いての作業が多い農園の仕事です。

対象への関わりが深いほど思いが強くなっていきます。
秋に収穫する梨の味がどんな味なのか今から楽しみです。

(まだピンポン球くらいの大きさの青い梨の実。「すごく苦い!」…今日の梨をちゃっかり味見をした子もいました。もちろん許可をもらって。その苦さ、きっと忘れないでしょうね。)

須磨小ならではの学習活動に

たくさんのメディアの方々が取材にやってきました。

須磨小わくわくプロジェクト進行中です。

2021年06月14日

ICTでつながる~沼城小のみんなと~

今日は先週交流した沼城小の1年生とICTで交流。

休み時間にお互いiPad越しに手を振ってお話ししています。

「みんなげんき!?」

「学校の畑できゅうりがとれたよ」

「これから川にいくよ」

ちょっと自慢しています。

これからも様々な場面でICTを活用した交流を行う予定です。

小規模校にとって効果的なICT活用についてみんなで考えています。

2021年06月11日

かっちゃんライブのお知らせ

こんな時だからこそ須金を元気にプロジェクト。
聞かせます。泣かせます。
須金の”さだまさし”こと、かっちゃんのライブ。
大好評につき、夏も開催決定!(冬のライブの様子はこちら←クリック)

ライブの後は心静かに蛍狩りはいかがでしょう?

2021年06月11日

川で遊ぶ~クラブ活動~

学校から歩いて5分で錦川の河原に到着します。

この川も須磨小学校にとっては大切な学びの場です。

今日はクラブ活動の一環として錦川にやってきました。

水切りに挑戦したり、かにをつかまえたり、魚を見つけて喜んでみたり…

そこに行くだけで、子どもたちの時間が勝手に流れていきます。

「夜には蛍がとんでいるよ」…ある子が教えてくれました。

2021年06月11日

ぼく がっこう いく ~1年国語~

「は」「へ」「を」くっつきの助詞を学習しています。

「うーん ”へ” はどの言葉の後につくのかなあ?」

「やっぱり ここかな?」

最後は声に出して読んでみます。

「ぼくは がっこうへ いく」

「うん、へんじゃない!」

「でも、ぼくはつりにいきたいなあ」

2021年06月10日

この本読みたいな~選書会~

須磨小学校では毎年、選書会を開いて購入する本を決定しています。

図書室に並べられた300冊以上のサンプル新刊本。(いろんなジャンルがあります)

一人7枚の付箋をもらい、読みたい本に1枚ずつ貼っていきます。

全校8名。付箋を貼られた本は図書室の蔵書として購入してもらえます。

高学年になると長編の物語にも付箋がつくようになります。

3つのチャレンジ目標(子どもたちが決めた学校めあて)の中に「どんどん読書」があります。

 

新しい本を手に取るときのどきどきは大人も子どもも同じですね。

2021年06月10日

租税教室がありました

”税金” 小学生の子どもたちにはまだなじみが薄い言葉です。

今日は徳山周南法人会から講師をお招きして租税教室を行いました。

(とはいっても講師は須金のフルーツパークの社長さん。児童の保護者でもあります)

まず、警察、銀行、公園、学校、回転寿司…身の回りの施設を税金が使われているものとそうでないものに分類してみました。

もし、税金がなかったら…

税の大切さ、そしてその使い道の重要性について考えました。

2021年06月09日

今年も”レンタ・カウ”


学校の裏山に今年も2頭の牛がやってきました。

雑草対策のためにやってきた”レンタ・カウ”です。

去年は早朝、柵を越えて運動場でくつろぐ姿が見られましたが…

2021年06月09日

防災ポスターを作る~6年生国語~

iPadを活用して防災ポスターを作っています。

ポスターに必要なデータや資料をインターネットから取り込むことができるのは便利です。

レイアウトを考えながら効果的なポスターを作っています。

傍らに(紙の)辞書が置いてあります。

言葉を確認しながらの作業がいいですね!

iPadも辞書もどちらも大切な学びのツールです。

2021年06月09日

What do you want for your birthday?

外国語の学習ではたくさんの英語を”しゃべる”ような授業の仕掛けが必要です。

ゲームをしたり、クイズをしたり、歌を歌ったり…

今日は誕生日の場面設定で"What do you want?"のフレーズをたくさん使いました。

事前に子どもが欲しいものをリサーチしての授業です。

ゲーム、自転車、子犬、サッカーボールを "Here you are."

…そしてプレゼントをもらって"Thank you."

 

"I want much money."

"Here you are."

"Thank you."  …不思議な感じです。

 

2021年06月08日

今日の給食

しゅうまい

もやしのごま酢あえ

皿うどん

あげ麺を具の上にのせてばりばりと砕くのですが

慣れないと麺があちこちにとびはねていきます。その様子に思わず笑いが…

あまった3つのしゅうまいは争奪戦。1年生が最後の1つゲットです。

(あわてて牛乳を飲もうとしてストローの先が鼻の穴に入ったそうです。そのことをうれしそうにジェスチャーでアピールしていました。)

2021年06月08日

プール掃除と芝生植え

午後からはプール掃除と芝生植え。

プール掃除は地域にとっての恒例の作業となっています。

たくさんの方にお手伝いをいただき、プールが見違えるほどきれいになりました。

お陰様で気持ちよく水泳学習ができます。

2年ぶりの水泳学習に、みんなわくわくしています。

 

そして、運動場の芝生植え。

「裸足で運動場を走れるといいね」

こちらも”須磨小わくわくプロジェクト”の一環です。学校の景色をみんなの力で変えます。

「芝生の運動場でサッカーできるん?早くやってみたいなあ」

緑の運動場をイメージして大人も子どももみんなでわくわくしています。

 

プール掃除に芝生植え。

体を使っての共同作業はみんなの心を一つにしてくれます。

2021年06月06日

参観日

○6年生

分数で割合を表そう

 

○5年生
計算のきまりをつかって計算しよう

 

○1年生
ことばをあつめて ぶんしょうを つくろう

「よあそび」って何だ!?

 

○日本赤十字救急法講習

大人も子どももいっしょに心肺蘇生やAEDの使用について学びました。

水泳学習がもうすぐ始まります。学んだことを生かす場面がないことが一番です。

2021年06月06日

沼城小との交流を終えて

3日間の交流学習が終わりました。

両校の児童と教員を対象にアンケートを実施しました。(児童分は途中経過です)

その一部を紹介します。

○児童

 

○教員

「今度はいつくるの?」…なんてうれしいひと言でしょう。

2学期の交流学習ではそれぞれが成長した姿で再開です。きっと。

(それまでに5年生は宿泊学習、6年生は修学旅行にそれぞれいっしょに行きます!)

2021年06月04日

沼城小との交流学習 2日目

須磨小の子どもたちの表情がだいぶ柔らかくなってきました。

緊張がほぐれてきました。

 

今日の6年教室入り口のメッセージです。

 

○6年生

「ナイスサーブ!」とみんなから声がかかります。いっしょに体を動かすと心の距離も縮まります。

外国語の学習。「ゾンビゲーム」って何だ!?ペアで盛り上がりました。

 

○5年生

ペアで質問。たくさんの友達と交流しました。

休み時間のドッジボール。女の子の投げるボールが速い!

 

○1年生

準備体操OK!

「くわがたの え が じょうずだね」「それほどでも…」

 

ある先生から…

「須磨小の子どもたちががんばるから、クラスみんなも張り切っているんですよ。

 毎月でも、いや毎週でも来てもらいたいくらいです。」

うれしいですね。

2021年06月03日

沼城小との交流学習 1日目

教室の入口にはこんな掲示が。

さりげない心遣いがうれしいです。

須磨小のみんなを快く受け入れていただいていることに心から感謝です。

さて、今日から3日間、8人の子どもたちがそれぞれ学級に別れて学習をします。

完全アウェー(away)。でも、アウェーは人間を”大きく”してくれるはず。

それは、うまくいかないときにどうコミュニケーションをとればいいのか(どうふるまえばいいのか)を経験できるから…

いつかアウェーがホーム(home)に!そんなたくましさを期待しています。

 

○1年生

休み時間はみんなでかけっこ!すでに”ホーム感”あり?

 

○5年生

国語の学習。この前みんなで音読をした物語です。予習はバッチリ!

 

○6年生

社会科の学習。歴史って面白い!縄文時代から現代までを年表にしてみてびっくり。

 

学校に戻ってきたときには、車の中で眠っていたのでしょう…ぐったり疲れていました。

でも、すぐにもとどおり。放課後は外で元気に遊んでいます。さあ、明日!

2021年06月02日

きれいな畑完成~トウガラシ苗の植え付け~

運動場の一角にトウガラシのきれいな畑ができあがりました。

植え付けの仕方、施肥の方法、支柱の立て方、支柱と苗の結びつけ方…

それぞれにちゃんとちゃんと意味があるのです。

一つひとつ丁寧に教えていただき、みんなで苗の植え付けを行うことができました。

運動場の景色が変わりました。

苗はこれからどんどん大きくなり7月20日過ぎには収穫ができそうとのこと。

それまで、水やり、草引き、施肥、枝の誘引等、色々な作業をみんなで協力して行います。

完成イメージは新製品!辛くない(子どもが食べられる)新しいグリーンカレー。←クリック

わくわくプロジェクト進行中です!

2021年06月01日

ICTで全校朝会~沼城小交流学習意識調査~

同じ中学校区の沼城小との交流学習が明日から始まります。

今年度は1学期、2学期とも連続の3日間。昨年でまでと比べて交流日数が増えています。

いつもとちがう(大きな)集団に入ってどれだけ自分を表現できるか楽しみです。

たくさんの考えに触れ、自分を広げる貴重な機会でもあります。

そして、6年生にとっては中学校入学に向けての準備でもあります。

須磨小の先生も久しぶりに大人数の前での授業です。こちらもどきどきです。

 

今日の全校朝会では子どもたちにその交流学習についてのアンケートを行いました。

一人1台のタブレット端末をもって参加。

その場でアンケートに答え、リアルタイムに結果が出てきます。

(国語や社会、学級活動…子どもたちの学びにも大いに活用できそうです)

○今の気持ちは?

「給食の”おかわり”の仕方(システム)がよくわからないことが心配」という声もありました。

 

○交流学習で楽しみなことは?

アンケートをすることで”気持ちの共有”ができました。

みんなで学び、みんなで遊んで… 充実した3日間になることを期待しています。

 

ちなみにこんな質問も…

2021年06月01日

勉強大好き!?1年生

○国語

ノートがこんなに上手にかけるようになりました。

大きくて力強い素敵な字です。

「さとう と しお」についてのお話を勉強しています。

遠くにいる先生に聞こえる声で音読もできます。

 

○道徳

「せんせいにおせわになっていること」について考えています。

それぞれの先生にどんな仕事をしているのかインタビューに行く予定です。

「こうちょうせんせいは かぶとのようちゅうを みつける しごとを しています」

2021年05月28日

給食センターの先生のお話

須磨小学校の給食は高尾給食センター(←クリック)でつくられています。

今日はその給食センターの学校栄養士の先生に給食の様子を見ていただきました。

須磨小学校の子どもたちはよく食べます。

それはよく考え、体を動かしているからだと思います。

先生のお話から、みんなの給食がどれだけ衛生に気をつけられ、丁寧につくられているのかがよくわかりました。

センターで給食が完成するまでの様子を動画で見せていただきました。

作っている方の様子がわかると、なんだか味も変わってくる気がします。

2021年05月28日

サツマイモの苗を植えました

昨年は残念ながらイノシシに食べられてしまったサツマイモ。

今年こそ!の願いをこめてみんなで苗を植えました。

秋には「焼きいも」「大学いも」「スイートポテト」…

食べることのイメージは十分にできています。

須磨小学校では色々な野菜を育てています。

植物を育てることは、植物の時間の流れを知ることです。

2021年05月28日

学び合うかたち

複式学級での学びの理想は子どもたち同士での学び合いです。

でも、この学びの必要性は複式学級に限ったことではありません。

「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けてどの学校も実践を行っているところです。

子どもたちの机の配置はそのことが前提です。

黒板を向いての一斉授業のスタイルとはちがいますね。

複式学級での学びは、時代の先端を走っているとも言えます。

2021年05月28日

全国学力学習状況調査

全国の6年生同様、本校の6年生も本日、学力学習状況調査を実施しました。

冊子になった問題用紙に、別に用意された解答用紙。

いつもとかなり勝手が違います。

「資料を正確に読む」「必要なデータは何なのかを取捨選択する」「問われていることを正確に理解し解答する」…

そんな力が問われる設問が多くあります。

なんとなく読むことはしていても「正確に読む」ということはなかなか難しいことです。

引き続き、授業の中でもそのことを意識して指導していきます。

頭を使った6年生。テストが終わった後の家庭科では、お茶を入れてほっと一息。

2021年05月27日

学びをふりかえるということ

授業の最後に「ふりかえり」の時間があります。

その時間の学びについて言葉で振り返る作業を積み重ねています。

学習した”内容”や”学び方”について…

言葉にする作業により学びが整理されていきます。

2021年05月27日

ブロックで10のかたまりを意識する

生活にあるカブトムシの幼虫やエンドウ豆で10という数の感覚をつかんできました。

今日は算数ブロックで10のかたまりを確認しました。

お皿には10個のブロックが上下5個ずつきれいに入っています。

「10のきれいさ」は量感を養う大切なポイントですね。

2021年05月26日

写真でふり返る運動会

学校運営協議会の委員さんから運動会の写真をいただきました。

子どもたちの素敵な表情を写していただきました。

廊下に掲示するとこのとおり。

ふり返りのいいきっかけをいただきました。

2021年05月26日

あっぱれ運動会!!

雲一つない五月晴れのもと、須磨小らしい素敵な運動会となりました。

「8人みんなで一クラス」

という今年のテーマを見事に表現できた運動会でした。

 

○ラジオ体操

雲一つない空に向かって手がまっすぐに伸びています!

 

○徒競走

最後は1年生とみんなが勝負!

 

○パンつり競走

みんなしんけん!

 

○ソーラン節

きまった!!

 

○一輪車

6年生が1年生と手をつないでのフィナーレ!

入退場門ではみんなが拍手で迎えます。

 

○たすけて玉入れ

前半子ども、後半はみんなで!

 

○須金小唄総踊り

会場の全員で輪になって踊りました。

 

○雲海太鼓

今年初めての披露でした。

 

最後は「須金みんなで一クラス」!

須磨小「わくわくプロジェクト」進行中です。

2021年05月23日

明日は運動会

こうやってたくさんの方に準備に来ていただきました。会場が整いました。

(子どもたちのがんばりをより近くで見ていただくため、今年は保護者・地域席を正面にもってきています。)

5月23日。運動会は9:00開会です。

子どもたち8人。”常に出番”の運動会です。

 

職員はグリーンカレーを食べてエネルギーを充填。

もちろん教材研究(←クリック)を兼ねています。…たぶん。

2021年05月22日

みんなで踊ろう!

○須金小唄

地域の方をお招きして教えていただきました。

踊りの中に「梨の収穫」「錦川の流れ」「須金の山々」が表現されているそうです。

須金の踊りを引き継ぐのは、やっぱり須金の子どもたちです。

運動会では老若男女みんなで踊ります。もちろん8月のお盆にも。

 

○ソーラン節

踊りに腰が入るようになり、力強くなってきました。

声も響きます。

「最後の手の動きがまだうまくいかない」

「どっこいしょの時もっと腰を低くした方がいい」

子どもたちが自分で課題を見つけて練習ができるようになってきました。

大漁の予感です。

気合い十分。最後の”決め”のポーズです!

2021年05月21日

お花をいただきました

地域の方からいただいたお花。

調べてみると”箱根空木(ハコネウツギ)”という名前でした。

玄関が華やかになりました。

2021年05月21日

運動会スローガン

ぱっと見て、運動会のスローガンとは思えないところが”なんとなくいい感じ”です。

2021年05月20日

雨の登校 なに話してる?

朝から雨。23日は運動会。雨が降るなら今のうちに…と願うばかりです。

ところで、登校時の子どもたちの会話。

「ねえ、ガッキー結婚したってしっちょる?」

「そうそう。びっくり!」

「ガッキンって何?」

どうやら子どもたちにとってもビッグニュースだったようです。

 

職員室でも同じ会話が…。

2021年05月20日

雨が上がったぞ!

運動会の予行練習でした。

みんな張り切っています。

 

一輪車だってこのとおり。

新しいプログラムに挑戦しています。

1年生もスタンバイ。

本番が楽しみです。

2021年05月19日

地域の学校~学校運営協議会の皆さん~

子どもたちのよりよい学びに向けて、学校運営協議会の皆さんと共に考えています。(このような仕組みをもつ学校を”コミュニティ・スクール”といいます。)

委員の皆さんはもちろん子どもたちと顔なじみ。

色々な場面でお世話になっています。

2021年05月19日

昼休みの応援練習

「フレ~フレ~!」

日曜日の運動会に向けて応援の声が一段と大きくなってきました。

 

「放課後はリレーの練習するよ!家に帰ったらすぐに学校に来てね!!」

自主トレーニングの様子が放課後にも見られます。やる気です!

2021年05月18日

エンドウ豆で算数

2と8で10

4と6で10

7と3で10…

1年生は10になる数の組み合わせを学習しています。

使っているのは、朝どりのエンドウ豆。

エンドウ豆を先生たちにプレゼントするために数えているところです。

目的をもち、生活の中にあるもの使って”手で考える”。

1年生はそんな活動を通して数量を身体化しています。

2021年05月18日

運動会でソーラン!

体育館で汗びっしょりになって踊りました。

今年の運動会ではソーラン節を披露します。

雨が心配です。

…1年生がてるてる坊主をつくってくれるはずです。

2021年05月17日

5月の俳句をつくる

みんながつくった俳句をもちよって句会を開きました。

みんなの投票により今回のチャンピオンが3人決定!

俳句を紹介します。

 

○ 空を切る 昆虫ハンター 親つばめ

○ ばたばたと 姉とけんかの 鯉のぼり

○ 鰆(さわら)釣り 残念 釣り場は 夢の中

子どもたちがつくった俳句を子どもたちが選びます。

朝からどきどきしている子どもたちです。

2021年05月17日

走れ!走れ!!

5月23日の運動会まであと1週間と少し。

運動会の練習をがんばっています。

徒競走やリレー。たくさんたくさん走りました。

「先生、のどがすっごくかわきます!!」

2021年05月14日

プレゼント大作戦

1 袋の中身は何でしょう?

 

2 プレゼントです。どうぞ。

 

3 朝どりのスナップエンドウでした。

 

4 「ぼくはゆでてマヨネーズをつけて食べるのが大好きです」

2021年05月14日

須金の新しい味を作る~辛くない?グリーンカレー~

またまた「須磨小わくわくプロジェクト」です。

5,6年生は総合的な学習で須金の新たな特産品づくりに挑戦することになりました。

それは「辛くないグリーンカレーペースト」(※グリーンカレーは緑色のトウガラシを原材料にして作られるカレーです。須金で作られている”グルグルグリーンカレー”は周南市のふるさと納税返礼品としても取り扱われています)

 

「グリーンカレーは大人は美味しいって食べるけど…子どもは辛くて食べられない!」

「辛くないグリーンカレーってあり!?かも?できるのかな?」

「もしそれができたら…須金の新しい特産品になるぞ」

「トウガラシ農家で、グリーンカレーペーストをつくっている○○さんに相談だ!」

 

講師はトウガラシ農家で本校児童の保護者。子どもたちのことを伝えると「それは面白そう!」と二つ返事で引き受けてくださいました。

ということで今日は最初の講義。まずは「なぜトウガラシを須金で作ることにしたのか」からお話していただきました。
そして、トウガラシの秘密をたくさん教えていただきました。

これからみんなで畑を作ります。イノシシに踏み荒らされない工夫も考えなければなりません。(トウガラシは実が辛いのでほとんどの動物は食べないとのことです)

子どもたちとトウガラシ農家とのコラボレーションです。なんだかわくわくしてきます。

みんなは、トウガラシが梨、ぶどうと同じような須金の特産品となることを願っています。

2021年05月13日

図工の作品紹介

○1年生 すてござうるす

やぶったかたちが あしみたいだったので おおきなきょうりゅうに しました。

すてござうるすは おこると せなかのひれが あかくなります。

みずたまりのなかを あるいています。

 

○5,6年生 似顔絵

見たままです。

2021年05月12日

ブラッシング教室

歯科検診の後、学校歯科医の先生にブラッシング教室を行っていただきました。

現在、感染症予防のため学校では”口を閉じて”のブラッシングをすることになっています。

歯ブラシ OK

みがき方 OK

「歯ブラシはえんぴつをもつようなにぎり方でもつのですよ」

 

2021年05月12日

いいぞその調子!~一輪車~

来週の運動会に向けて練習は大詰めを迎えています。

一輪車の演技が形になってきました。

クライマックスはみんなで手をつないで前に後ろに。更に回転もします。

次回は音楽に合わせて練習です。

1年生は何度も失敗を繰り返しながら、ねばり強くがんばっています。

何回転んだことでしょう。

そのがんばりにいろんな先生や子どもたちから、絶えず

「すごい」「やったね」「あと少し」…

いろんな声が飛んでいます。

みんなではげまし、みんなで伸びる。そんな須磨っ子です。

2021年05月11日

保健室前の掲示

保健室前の掲示板には「心と体」に関係するコーナーがあります。

壁新聞を見たり、クイズに挑戦したり…

楽しみながら自分たちの「心と体」について考える仕掛けがあります。

2021年05月11日

農園体験~梨の小袋かけ~

春休みに受粉作業を行ったあの梨の木。(←クリック)今では小さな実がついています。

今日はその実に袋をかける作業体験を行いました。

農園の社長さんから、袋かけの方法や袋をかける理由、また、3~4週間後にはその袋の上から更にもう一回り大きな袋をかけることなど説明を聞きました。(これは二十世紀梨の場合。赤梨は1回の袋かけのみだそうです。)

 

山肌一面にある梨の木。

農園の皆さんは、協力してその実の一つひとつを手作業で袋をかけていくのですね。

さっそく、子どもたちには一人100枚の小袋が渡されました。

「慣れた人だと15分で100枚はできますよ」

どこに実があるのか探しながらの、上を向いての作業はだんだん首が疲れてきます。

約1時間弱の作業。みんなで合計1,500枚の袋をかけることができました。

「(実の色が)葉っぱの色と同じなのではじめは見つけにくかった」

「首が疲れた。大変な作業だった。でも楽しかった」

「やっていくうちに、梨の実がどこについているのか、なんとなく予想できるようになってきた」

手と足を動かすことは、子どもたちに新たな気づきを生みます。

須金の子どもたちが、須金の産業について知ること。須磨小で大切にしていることの一つです。

時期を逃さず段取りよく仕事することの大切さ。丁寧に作業することの大切さ。大人たちの作物(梨)に対する思い… 農園だから学べること。本物に勝るもの”なし”です。

大きくなったとききっとこの農園での体験を思い出してくれることでしょう。

 

もちろん次は「梨の大袋かけ」体験です。

2021年05月10日

5月の全校朝会

テーマは須金の動物。

地域の方にいただいた写真や新聞記事をもとにお話をしました。

・ブッポウソウ

・イノシシ

・クマ

・アナグマ

サファリ状態です。

野生動物への対処の仕方について再度確認をしました。

 

また、日本人学校から4月に着任された先生のお話もありました。

日本から1万5千km。南米ペルーのリマ日本人学校の子どもたちの様子をビデオで見せてもらいました。

素敵な太鼓の演奏にみんなびっくり。

こっちも負けてられません!

 

2021年05月10日

運動会に向けて~雲海太鼓~

運動会のクライマックスは本校自慢の「雲海太鼓」です。

今年度初めての披露に向けて全校みんなでがんばっています。

もちろん1年生もいっしょ。

上級生を見ながら練習しています(だから間違えるところもいっしょです)。

これから、色々な場面で太鼓を披露します。

どんどん上手になって

須金にいっぱいの元気が届けられることを願っています。

2021年05月07日

伝えるためには

自分の考えを友達に伝える。

言葉はもちろんですが、手や表情が大切。

教科書を相手に見やすいように向きを変えて説明しています。

気持ちが伝わります。

理解したことを伝える事で、更に理解が深まります。

2021年05月07日

給食は「端午の節句」メニュー

○たけのこご飯

○鰹の磯風味・キャベツのゆかり和え

○すまし汁

○こどもの日ゼリー

給食で季節を感じる子どもたちです。

「おかわりありますか?」

2021年05月06日

ブッポウソウとコシアカツバメ

学校のすぐ近くの巣箱にブッポウソウが帰った来たという知らせをいただきました。

写真もいただきました。

気持ちよさそうに羽ばたいています。

 

そして、学校のツバメアパートは今建築ラッシュです。

雨上がりは特に忙しそうに、運動場の土を一生懸命に運んでいます。

あんな小さなくちばしで何度も何度も…。立派な巣を作るものだと感心します。

2021年05月06日

1年生ようこそ!~おむかえ遠足~

てるてる坊主ががんばってくれました。←クリック

1年生をむかえる会の後は「おむかえ遠足」でした。

途中ちょっとの雨が降りましたが、その雨のおかげで一層、新緑の輝きが増したようです。

 

目的地は「みつばつつじの里」(某TV局「ポツンと…」で紹介されたあの場所です)

学校から約1時間。山の学校の更に更に奥に入ったところにある、花と緑に囲まれた庵です。

「いろりを焚いてやろう」「足湯を準備しちょいたぞ」「カラオケもできるぞ」

「アイスクリーム買ってきたけえ、食べたらええ」「池のおたまじゃくしもってかえってええよ」

そう言って子どもたちをもてなしてくださったのは地域の建設会社の元社長さん。

この庵は、お一人で何年もかけて完成させた別荘です。(地域の方にも開放されています)

足湯につかりながら目の前の新緑を眺めると大人も子どもも心がきれいになる気がします。

鳥のさえずりがあちらこちらから聞こえてきます。

「ヤッホーって叫んでいいですか?」「ずっとここに居たいねえ~」「先生!裸になって入っていいですか?」

 

約2時間の滞在で、お弁当を食べ、いろりを利用しておやつを作り、足湯につかり、おたまじゃくしをつかまえ、鬼ごっこをして、アイスをいただき…最後にきれいにお掃除をして帰りました。

 

小さな学校だからできること。小さな学校だから余計に楽しい。

須磨小わくわくプロジェクト 進行中です。 

2021年04月30日

1年生ようこそ!~1年生をむかえる会~

1年生を迎える会がありました。

とはいえ、入学したのはもうかなり前のような気がします。

それだけ学校になじんでいるということでしょう。

「入学式の次の日にすればよかったじゃないん?」と1年生。

「おめでとう」といわれてもぴんとこない様子にこちらも思わず笑ってしまいます。

5,6年生が張り切って準備をしました。手作りのウォークラリー。学校の探検をかねてみんなでクイズをしながら学校中を回りました。

たとえば…家庭科室でのクイズです。

「家庭科室にあるものは何でしょう?①食パン ②フライパン ③パンツ」

 

○みんなからのプレゼント

 

○1年生からみんなへのプレゼント

この会の後は、すぐに遠足です。つづく

2021年04月30日

わくわく理科学習

○5年 発芽の条件を探ろう

 発芽するために必要なのは…水?土?肥料?空気?

 「肥料なかったら芽が出んじゃろう」「いや、芽だけじゃったら出ると思う」

 これから色々と条件を変えて実験をします。

 

○6年 気体の性質について調べよう

 酸素、ちっ素、二酸化炭素の3種類の気体の中にそれぞれろうそくの炎を入れてみると…

2021年04月28日

音読発表会

5,6年生が国語で学習した物語をみんなの前で音読発表しました。

相手の目を見て、語るように読むことがめあてでした。

声に出して読むことで物語の理解が深まります。

理解の深まりは更に音読の質を上げることにつながります。

1年生の教室からも元気な音読が聞こえてきます。

次は1年生。みんなの前での発表が楽しみです。

2021年04月28日

チャレンジ目標

○ウルトラなかよし ○ぴしぴしけじめ ○どんどん読書

 

子どもたち自身で決めたこの1年のめあてが「チャレンジ目標」です。

昨年度の3学期、新しい学年になる前にみんなで考えて決めました。

子どもたちの”こんな学校にしたい”をいう願いがこめられています。

 

2021年04月28日

えんそく はれますように

4月30日(金)は遠足です。

行き先は学校から片道約4km。「みつばつつじの里」。

某TV局の「ポツンと・・・」で有名になったあの場所です。

お天気がちょっと心配です。

ということで、1年生がてるてる坊主の配達にやってきました。

ひらがなが上手に書けました。

2021年04月27日

運動会にむけて

一輪車の練習です。

みんなで手をつないで

「前へ出て」「後ろに下がって」「回って」…

どんな技を組み合わせるかみんなで意見を出しています。

鯉のぼりが応援しています。

2021年04月27日

学校運営協議会がありました

今年度の本校の学校運営協議会は地域の方を中心に12人の方がメンバーです。

学習の様子を参観していただいた後、協議会を開催しました。

「わくわくする学校」をテーマとする学校経営の方針について承認をいただきました。
教育委員会のコミュニティ・スクールアドバイザーの先生に
「子どもたちの自己肯定感は、地域のつながりと深い関係がある」
というお話をいただきました。

確かに本校児童の自己肯定感の高さはこの地域なくしてはあり得ないことです。

色々なところに、認められ、伸びていける場面があります。
今後も学校・家庭・地域が連携して子どもの学びを支えていきます。

2021年04月27日

放課後の運動場

放課後はいつもこうやってみんなで遊んでいます。

今日はサッカー。

小学1年生から中学生までがいっしょです。

あれ?1年生は途中からありの観察に夢中になっています。

2021年04月26日

手洗い確認 もう一度

こんな時期だからこそ、もう一度基本に返って

「どうしてマスクが必要なのか」「正しい手洗いはどうするのか」

をみんなで確認しました。

須磨小学校は、1人に1つの「マイ蛇口」があります。

2021年04月26日

ここはキャンプ場!?

いえ、学校です。

運動会の赤白に別れてテントたて。倉庫に眠っていた昔懐かしい三角テントを表にしたり裏にしたりしながらなんとかたてることができました。団結力が高まったにちがいありません。

今日一日の秘密基地です。

そして今年2回目の青空給食。美味しい空気といっしょにみんなでいただきました。

”須磨小学校キャンプ場”でデイキャンプ。

わくわくプロジェクト。みんなごきげんの一日でした。

2021年04月23日

青い鳥を探して

須金の梨・ぶどう農園にはある鳥の巣箱が設置されています。

その鳥は渡り鳥で、5月頃になると東南アジア方面からやってくるそうです。

光沢のある青い胴体に赤いくちばしのアクセントが効いています。

須磨小の子どもたちは約2年前からこの青い鳥についての学習を積み重ねてきました。

近年、個体数は全国的に減少しており、環境省のレッドデータブックでは絶滅危惧種に指定されているとのこと。この鳥の繁殖のためには、人と自然が折り合いよく共生している、里山のような環境が必要なのだそうです。須金はそんな場所なのですね。

 

鳥の名前は「ブッポウソウ」

 

「今年も来たでぇ」と農園主が教えてくれました。

学校の屋上にもこの鳥の巣箱を設置しています。

昨年も、学校近くで何度か見かけたのですがまだ巣箱にはやってきてくれません。

子どもたちもこの青い鳥が巣箱にやってくるのを今かと待っています。

 

ところで先日その巣箱の中をのぞいてみると…

卵が9つ。

どうやら、”シジュウカラ”の先客があったようです。

2021年04月23日

交通教室がありました

須金駐在所の駐在さんをお招きして交通教室を行いました。

5.6年生は自転車の乗り方を

1年生は横断歩道の渡り方を学習しました。

1年に一度、こうやって駐在さんに教えていただくことに意味があります。

「小さな手 大きくあげて わたろうね」

2021年04月22日

大人にあこがれる子どもを育てる

山口県教育会の情報誌「山口県教育」の令和3年3月号に寄稿したものです。よろしければ。

――

須磨小学校は全校児童9名。学校のある周南市須金地区の主な産業は梨、ぶどうの生産。五感を働かせ自然と対話し、手と足を使ってやるべき時にやるべきことを確実にやる。そんなことを子どもたちは日常の生活や農園での作業体験から学びます。

 

ある園主の言葉です。

「美味しい梨、ぶどうを実らせるには、冬に土壌づくり、春には剪定、新芽の頃は…。特に難しいのは枝の剪定じゃ。日当たりと地下水の流れを調べ、栄養を吸収できるよう枝を見極めてどの枝を生かし、どの枝を落とすかが味の良い梨、ぶどうを作るコツなんじゃ。

教育も同じじゃろうが。子どもの良いところは伸ばし、悪いところはきちんとしつけるべきなのに、あれこれ口うるさく干渉して、型にはめた盆栽人間にしたり、逆に、個性とか自主性の尊重とか言って、伸び放題の雑木人間にしてしまう。」

日焼けした赤い顔。目尻に刻まれた深いしわ。節くれ立った太い指。この老園主のこれまでの営みを言葉以上に物語っているようです。


須金は子どものすぐ側に親(大人)の働く姿があります。その姿にあこがれを抱く子どもたちです。

「大きくなったらお父さんの仕事をやってみたい。だってお父さんが楽しそうに仕事しているから。」突然やってきたテレビ局のレポーターに屈託なく返す4年生。

また、“ぶどう農園で働く”という将来の夢を粘土で表現した5年生。それは、働く父親をよく観察していなければ決してつくることのできない作品でした。文化祭で展示されていたその作品を無言で見つめる父親の姿がありました。


学校での学びが家庭・地域での学びと一体となって須金の子どもたちはたくましく育っています。


この9名のために、その何倍の方が関わってくださっていることでしょう。

今朝も雪の降る中、登校の見守り。決まって10分前にはスタンバイ。子どもたちが学校前の横断歩道を渡るのは10秒。車が通ることは…ほとんどありません。

「きょうも寒いぞ!いってらっしゃい」

2021年04月21日

運動会 赤白決定

「赤組がんばるぞ!!」

 

「白組ファイト!!」

 

全校8名。赤白に別れて競います(4人ずつ)。

一人ひとりが主役の運動会が今年もやってきます。

スローガンは「みんなの笑顔 須金を元気に!」

5月23日(日)に開催予定です。

2021年04月21日

何かたくらんでいる様子

昼休み。鬼ごっこでの一コマです。

鬼の3人は笑いをこらえるのに必死です。

扉の向こうからやってきているのは…

「気をつけて!」

「逃げろ!」

2021年04月21日

がんばる1年生

ひらがな、英語に一輪車…

5,6年生といっしょにがんばることもたくさん。

時には息抜きもしながらね。

ALTの先生といっしょにひらがなの勉強をしました。「て」の書き取り練習です。

 

英語の時間だって5年生に”I like チーズバーガー” ”I like フィッシンッグ”と伝える事ができました。

 

一輪車も特訓中。失敗しても何度も何度も挑戦します。

あこがれの5,6年生。みんな失敗を繰り返して上手に乗れるようになったんですね。

 

そしてその姿を見てみんなも励まされます。「よし!ぼくたちも!!」

2021年04月20日

どんな読み方をすればいい?~5.6年音読~

国語の最初の単元は読み物教材です。

場面を想定し、登場人物の心情を想像しながら音読をしています。

5年生は「だいじょうぶ だいじょうぶ」

6年生は「生きるということは助け合うことだと思うよ」

物語の中にキーとなる主人公の言葉が出てきます。

どんな読み方をすればいいのかなあ?

「じゃあ、こう読んでみるよ」「うーん でもちょっとちがうような…」

色々声に出してみることで”しっくり”とくる読み方に近づいていきます。

2021年04月20日

お祝い給食

今日の給食のメニューは

ポークカレー、ツナサラダ、お祝いデザート(クレープ)。

子どもたちが大好きなメニュー。入学、進級お祝い献立でした。

「明日もこれがいいなあ…」

2021年04月19日

ネモフィラ満開です

今日の空と同じ色の花です。

学校花壇の「ネモフィラ」は今が満開。

花壇ボランティアさんにお手入れをしていただいています。

2021年04月19日

梨の花 その後…

みんなで受粉作業を行ったあの梨の花です。(←クリック)

実になる部分がふくらんできました。

「自分たちのしたことによって、変化がおきる」

うれしいですね。次の作業は?

日常の生活が理科の学習と結びついています。

5年生の理科では「花のつくり」そして「花から実へ」を学習します。

2021年04月16日

おり紙でカマキリ

1年生は、技をもっています。

おり紙でカマキリをつくりました。

端と端がぴったり合うようにまっすぐに折る。

山折り、谷折り…

今にも動き出しそうですね。

2021年04月16日

どこの国の1年生?

新聞記事から。

「山の学校の1年生」とあります。

須磨小学校も「山の学校」ですがかなり様子が違います。

でも、はじける笑顔は同じですね。

どこの国?

答えは「アフガニスタン」でした。

2021年04月16日

複式学級での学び

5,6年生は、複式学級で学習を進めています。担任は2つの学年にまたがって授業を行います。授業の準備にはもちろん倍(以上?)の時間がかかりますが、どうすれば子どもたちが楽しく学べるかを考えて日々準備をしています。
担任は、一方の学年の指導をしていて自分が直接関われないときに、どのように学ばせられるかを中心に考えて授業を組み立てています。複式の授業は、この担任が直接関われないときの指導「間接指導」の時の学びが肝です。指示されたことを越えて、友達と協力して学びを深めていくことも必要です。このような複式の学びで身に付けた学び方はきっと将来役に立つはずです。

「授業でわくわくできる」そんな時間を子どもたちと共に作り出したいと考えています。

2021年04月16日

はじめての参観日

今年度初めての参観日でした。

保護者、地域の方に学習の様子を見ていただきました。

5,6年生は音読発表会。

1年生はひらがなの学習。

そして、参観日の後にはPTA総会。

「わくわくする学校」

子どもたち、保護者、地域の皆さんといっしょにつくっていきます。

2021年04月15日

泳げ!鯉のぼり

さすが、子どもたちはすぐに気がつきます。

教室の窓を開けて鯉のぼりに歓声をおくっていました。

いつもの景色がちょっと変わるってわくわくしますね。

2021年04月15日

4月14日朝のイチョウ

心地よい緑です。

何事もないかのように自然の1年は繰り返されていきます。

2021年04月14日

わくわく算数

授業が本格的に始まりました。

算数の様子を紹介します。

○1年生

「どっちがおおい?」

おはじきを使って手を動かしながら考えています。

先日のカブトムシの幼虫で予習済みです。(幼虫がおはじきがわりでした)

 

○5年生

「整数や小数の仕組みを調べよう」

10倍することや1/10にすることで小数点の位置はどう変わる?

自分の考えをみんなに発表しました。

 

○6年生

「対称の図形」

アルファベットを線対称の図形、点対称の図形、どちらでもない

に仲間分けしました。

考えの根拠を説明することが大切ですね。

2021年04月14日

雨の朝だって楽しそう

「出発します!」

今年度初めての雨の日の登校。

新しいメンバー(新1年生)がいるだけでちょっと楽しくなります。

雨の日の横断歩道の渡り方を上級生が教えます。

2021年04月13日

ビリーヴ~5,6年音楽~

♪たとえば君が きずついて くじけそうになったときは

かならずぼくが そばにいて ささえてあるよ その肩を…

音楽の授業開きは『Belive(ビリーヴ)』の合唱です。

2021年04月12日

カブトムシの幼虫みっけ!

①記念植樹をしていると

すぐ横に朽ちた桜の切り株が

②根っこのあたりを掘ってみるとカブトムシの幼虫発見

何匹も何匹も(15匹くらい?)水槽にいれて、土もいっしょにいれて教室に持って帰りました。

③どうやって飼うといいの?

図書室でカブトムシの本を探して研究

「たくさん水槽に入れてかったらいけないんだって!」

(お兄ちゃんが教えてくれたこととも照らし合わせて)

④学校中を歩いて飼育に適したいれものを探す。

そんな生活科の学習でした。

あれ?ところで記念植樹は?

2021年04月12日

みんなで伸びる

いい天気です。

朝の登校班。集合場所での話題は今日の体育。

「楽しみだなあ~」

「あっ、赤白帽忘れた!ちょっと家にもどってもってくるね」

数分後、うれしそうに赤白帽子をくるくる回しながら戻ってきたのはいいのですが…

背中にあるはずのランドセルがありません。

「あっ、ランドセル忘れた」

「…」

 

3校時の体育の時間はたくさん走ったのでおなかがすきました。

お昼は恒例の青空給食。

おかずのスパゲティーはみんな山盛り。

ふと見上げるといちょうの若葉が輝いています。

須磨小学校は全校8人。

みんなではげまし、みんなで伸びる子どもたちです。

2021年04月09日

入学式

2年ぶりの新1年生。みんな待っていました!

本校の保護者、地域からもたくさんのご参列をいただきました。

全校8人。1年生は1人ですが8人みんなが、学校全部が一つのクラス。

いっしょに学びいっしょに遊び。みんなで伸びていく子どもたちです。

須磨小で学ぶことで須金のことが大好きな子どもに育ってほしいと願っています。

入学式の様子は本日4月8日(木)18:15 KRYニュースライブ内で放送予定です。

 

2021年04月08日

明日は入学式

準備が整いました。

明日4月8日は午前10時30分から入学式です。

1名の新入生を須金のみんなで祝福します!

テレビ局の取材が予定されています。

2021年04月07日

農園体験~梨の受粉作業~

”花粉つけ”という方がなじみがあるようです。

農園のご厚意により今年度も作業体験をさせていただけることになりました。

「今年は梨の開花が早いよ!桜と同じ」

ということで急遽春休み中に行うことにしました。

新しく赴任してきた先生方にとっても須金を知る貴重な機会となりました。

「花粉つけには最高の天気よ!」

青空の下、上を向いての作業でした。梨の枝ごとに作業を行うのですが、上を向いてい歩くうちにどの枝の花粉をつけていたのかわからなくなってしまいます。

隣を見ていると、農園の方は迷うことなくリズムよく作業されています。

梨一つ。収穫のために一つひとつ丁寧な手作業が求められます。

次の体験は”袋かけ”の予定です。

※今朝は寒かったので、朝3時過ぎから霜対策(スプリンクラー、蝋を焚く等)を行ったとのことでした。

2021年04月06日

梨の花が咲きました

手入れの行き届いた梨の枝に花が咲きました。やはり例年よりも早いようです。

梨農家はこの2,3日で受粉作業(花粉付け)を行います。

薄クリーム色の花弁が青空に映えます。

秋の実りが楽しみです。

2021年04月01日

3月31日 おわかれ式

黄砂まじりの日差しを受けて校庭の桜は音もなく散り始めました。

その花びらがプールの水面を鮮やかに彩っています。

そんな3月31日に転退職される先生方とのお別れ式がありました。

泣いたり笑ったり 笑ったり泣いたり

須磨小そして須金のことを大切に大切に心の引き出しにしまって新天地に赴かれます。

 

式の後、最後にみんなで歌ったのは…『いつだって』

♪歩き続けるんだ 明日へと未来へと

やっぱり最後はみんなで笑顔で。”須磨っ子スマイル!”

2021年03月31日

親子思い出プロジェクト~釣り大会~

須金の地区社協(事務局:須金支所)と子供会とのコラボです。

山から海へ。土曜日に笠戸島で釣り大会をしました。

釣果は…う~んまた来年!

「地球が釣れた」人が多かったようです。

”みんなと一緒”が楽しいですね。

2021年03月29日

あっという間の1年

タイトルは修了式で発表した児童の言葉です。

新型コロナウイルスに翻弄された1年でした。学校が再開したのは5月25日。

でも、子どもたちと教職員がいっしょになっていろんな工夫をし、わくわくしながら毎日をすごすことができました。

中でも授業。

修了式では子どもたちの学び方の成長についての話。

「聞いて、しゃべって、つぶやいて」

そうすることでみんなで授業をつくっていくのが須磨小学校の学びのスタイル。

4月には新1年生と一緒に再び須磨小の学びをつくっていきます。

2021年03月26日

わくわくお楽しみ会

お楽しみ会で子どもたちが企画したのは

鬼ごっことかくれんぼと宝探しを一緒にしたゲームです。

「宝をかくしてください」

用意された宝のカードを隠す役は先生たち。

(大人には)よくわからないルールですが、子どもたちはしっかり楽しんでいます。

だれが勝ったのか…不明です。

2021年03月25日

ぼくにはこんなことないなあ

4年生で最後の道徳の授業でした。

学習の最後は、これまでの自分との比較です。

「ぼくにはこんなことないなあ」

とつぶやく男の子に

あんなことがあった、こんなことがあったと他の子が次々にその子のよいところを挙げていきます。

自分の事って意外に自分よりも友達(周りの人)のほうがよく知っているものです。

素敵な時間が流れていました。

2021年03月25日

問いをもつ・考える・伝える

黒板を見るだけでどんな学びをしたのかがわかります。

学習のめあては「ことなる立場から考えよう」。社会科の学習で川の護岸工事のあり方について話し合いました。

 

国語の学習ではこの1年で心に残った学習内容について発表しました。

大型テレビに、タブレットを使ってつくったプレゼンを映し出しての発表です。

伝える手段も進化しています。

でも、基本は同じ。相手を意識して…

 

道徳。

友達の発表に間髪入れず「なるほど。その考えもあるねぇ」と子どものつぶやき。

子どもが子どもの発言を引き出しています。

 

問いをもつ・考える・伝える

1年の学びの積み重ねが現れる3月です。

2021年03月24日

10年後の自分に伝えたいこと~4年国語~

10年後はみんなどこで何をしているのでしょう。

そんな自分に宛てて手紙を書く4年生です。

10年…

4年生にとってはこれまでの人生と同じだけの時間です。

未来の自分に宛てて丁寧に心を込めて手紙を書いています。

2021年03月23日

学習のまとめ

学年最後の週となりました。

校舎の3階から気持ちよさそうな歌声が聞こえてきます。

のぞいてみると、4年生がこれまで学習した歌を次々に歌っていました。

隣の理科室では…

5年生がこの1年の学習で最も心に残った内容についてレポートを作成し発表していました。

なかなかのできばえです。

こうして振り返ってみると色々なことを学んだ1年でした。

2021年03月22日

卒業証書授与式

たくさんの方々に見守られて2名が卒業していきました。

それを祝福するように本日校庭の桜が開花しました。

素敵な卒業式でした。

2021年03月19日

明日は卒業式

6年生のためにみんなで心を込めて準備しました。

明日の天気。予報では晴れ。

須磨小学校卒業証書授与式。午前10時開式です。

2021年03月18日

雲海太鼓を”つなぐ”

今年度最後の雲海太鼓。

6年生にアドバイスをもらい、そして最後に6年生に向けて披露しました。

今年一番の演奏でした。

今年の太鼓をリードした6年生。

安心して中学生になれそうです。

4月からは新1年生が一緒にこの雲海太鼓を演奏します。

こうして受け継がれていく須磨小自慢の”雲海太鼓”です。

2021年03月18日

3月18日 朝

いつもの集合場所のいつもの時間に朝日が差し込むようになりました。

桜のつぼみも… 卒業式前日の朝です。

2021年03月18日

卒業まであと2日

体育館で卒業式の練習をしました。

姿勢に気持ちが表れています。

みんなの気持ちがこもった素敵な卒業式になりそうです。

卒業していく二人に色々なプレゼントが準備されています。

卒業まであと2日。

須磨小学校の3月。素敵な時間が流れています。

2021年03月17日

明日へと未来へと

卒業式の歌の中にある歌詞は卒業生に向けたメッセージです。

みんなで心を込めて歌います。

♪歩き続けるんだ 明日へと未来へと~

一方、6年生の2人は体育館で練習です。

在校生に向けたメッセージをどう伝えたらいいか考えています。

12月の冷たい水で漉いた和紙でできた卒業証書。(←クリック)

受け取るまであと3日です。

2021年03月16日

すっかり春です

花壇にチューリップが咲き始めました。

桜のつぼみは今にもほころびそうです。

昼休みの運動場ではサッカー。

休み時間が終わると蛇口に直行。のどが渇くのですね。

今週の金曜日は卒業証書授与式です。

校舎には卒業式の歌が響いています。

 

いろいろな春を見つけることができます。

2021年03月15日

須金市日

須金のメインストリートはたくさんの人でにぎわいました。

いつも閉じている商店も今日ばかりはフリーマーケット、たこ焼きやさん、カレー屋さん、写真展示会場、須金歴史博物館等々…に変身。

いつもとはちがう雰囲気にわくわく。

和紙絵などの須磨小の子どもたちの作品も展示していただきました。

校庭の銀杏の木を利用してのツリークライミングは大人気。

2021年03月14日

遠足は雨で中止になったけど…

昨日までの春100%の晴天は何だったのでしょう…教室の窓際に飾られたたくさんのてるてる坊主が泣いています。

楽しみにしていたお別れ遠足は雨のため中止となりました。

でも、体育館で先生たちとバレーボールの試合をしたり特性ホットドッグをつくったり

全校9人みんなで楽しみました。

お弁当タイムにはこの1年間を振り返るビデオ(須金支所制作)をみんなで鑑賞。

なし・ぶどう祭り、運動会、文化祭、持久走大会…いろんなところでがんばっていたみんなの姿がちゃんと映っていました!

卒業式まであと7日。そして修了式まであと14日です。

2021年03月12日

3月11日です

3月に入ってそれぞれの学級でこの日のことについて学んできました。

子どもたちにとって、この日の記憶はもちろんありません。

午後2時46分。全員で1分間の黙祷をしました。

家族、学校、友達、温かく美味しい給食…あたりまえの日常に改めて感謝です。

2021年03月11日

伝記を読んで感想交流~5年国語~

「神に反して、地動説をとなえた勇気のある人、ガリレオを知って、ぼくはこわいことをする人だと思った。」

「伊能忠敬とぼくの性格は似ているような似ていないような気がする。」

「近代社会のいしずえを人々のために学問できりひらいた福沢諭吉。この人は大切な人をなくしても日本の未来のためにあきらめずにがんばった人だと思った。」

うーん、どの書き出しにも引きつけられます。

伝記を選び、読み、感想を書きそしてそれを交流する。

読んで感じたこと、考えたことを”交流すること”は読書の大きな魅力です。

アウトプットは、友達にだけでなく自分への新たな気づきも促します。きっと。

2021年03月10日

保健室前掲示の新作です~短所は長所~

「だらしない」→「こだわらない おおらか」

「ふざける」→「陽気」

「出しゃばり」→「世話好き」

「おしゃべり」→「社交的」

「せっかち」→「行動的」

保健室前の掲示板のカードをめくってみると…ああなるほど

短所は長所に早がわり。

自分のいいところ、友達のいいところ たくさん見つかりそうですね。

2021年03月10日

6年生を送る会

卒業する二人の6年生を送る会。

子どもたちが今日のために準備をしてきた手づくりの会です。

なぞときゲーム、劇、プレゼント…

素敵に飾り付けられた会場でみんなでたくさん笑いました。

始めはちょっと照れくさそうな二人でしたが、すぐに笑顔がはじけました。

そして最後はしんみりと…歌のメッセージ。

『ひまわりの約束』を替え歌にしたみんなからのエールです。

♪ありがとう6年生

 さよならはさみしいけれど

 がんばれ 自信もって

 中学校でもキラキラ笑顔で

 …

 いろんなときにたすけてくれてうれしいよ

 さりげないやさしさ

 しめ太鼓の音が強い

 のりがいいところもすてき

 ぼくたちのこと忘れないでほしいな…

2021年03月09日

卒業生からのメッセージ

卒業生からメッセージが届きました。

勇気をもらいました。紹介します。

 

――

須磨小のよいところは、自ら学ぶ姿勢を大切にできるところです。

複式学級だったので2学年で同時に学ぶという環境でした。そうすると一人の先生が授業を最初から最後まで教えるということができない状況だったので、ホワイトボードに書いた計画にそって自分たちで学習を進めていくというのが須磨小学校の学びの特徴でした。

これによって仲間と一緒に自分たちの力で学びを創りあげて理解を深めていくことができ、とてもよい経験をすることができたなと感じています。

 

また、須磨小学校は一人ひとりの個性が尊重されるとても素敵な学校です。

運動会では1チームの人数がとても少ないので応援合戦やリレーなど競技を行うのがとても大変ですが、その分出番が多くなりみんなそれぞれ輝ける運動会になります。応援合戦では1年生から6年生までみんなでアイデアを出し合って、自分たちが思い描くような運動会を創りあげることができます。

運動会に限らず日常生活の中でも、児童数が少なく任される役が多いのですがその中でぐんぐん成長していく事ができるし、自分たちの思いが学校生活に反映されるので、日々個性あふれたものに創りあげていくことができるのです。

 

私は、現在中学1年生で、もうすぐ2年生に進級します。

 

須磨小学校から受験をし、広島県の全寮制の中学校に通っています。長期休みなどで帰省をし小学校に遊びに行くと下級生や先生たちが笑顔で迎えてくれます。それがとてもうれしいです。なので私はたまに須磨小学校に戻りたくなります。そのくらい素晴らしい学校です。

 

私には将来”学校をつくりたい”という夢があります。

須磨小学校のような子どもたち自らが学べるような素晴らしい学校を世界中の子どもたちに提供したいという思いがあります。是非実現させたいです。

2021年03月09日

卒業に向けて環境整備

保護者、民生委員そして学校運営協議会の皆様大変お世話になりました。

卒業に向けて学校がきれいになりました。

こんな伝統も引き継がれている須磨小学校です。

2021年03月05日

タブレットを使ってみよう

タブレットで何ができるの?

一人一台のタブレットでその使い方を学習しました。

「写真を撮る」「撮った写真を共有する」から始まり…

最後は学習支援ソフトの使い方まで。

問題に答えるとポイントがたまる仕組みになっています。

夢中で問題に挑戦しています。

なるほど「ポイント」という言葉はマジックワードです。

2021年03月05日

須金の人にアンケート~4年国語~

地域の皆さんにアンケートに答えていただきその結果をみんなの前で発表しました。

①調べる内容を決める

②アンケートを作る

③アンケートを配る

④アンケートを回収する

⑤アンケートの結果をまとめる

⑥効果的な伝え方を考える

⑦発表する

ここに至るまでたくさんのプロセスを経ています。プロセスが大切です。

 

○休日の過ごし方は?

○散歩しますか?

 

2021年03月04日

来年のめあてを考える~チャレンジ目標~

3回の学級活動を通してみんなで来年度のめあて(チャレンジ目標)を考えています。

視点は

①よいところ 続けたいこと

②課題 のばしたいところ

③新しく挑戦したいこと

の3点です。

話し合うプロセスが大切です。そのことでみんなのめあてになっていきます。

2021年03月04日

6年生のために

9日の「6年生を送る会」に向けての準備は大詰めです。

今年の6年生の活躍する様子を劇仕立てで発表します。さて、どんな劇になるのでしょう。

最後は6年生にエールを送る歌で締めくくりです。

笑いあり涙あり…の予定。

もちろん6年生にはないしょ。お楽しみに!

2021年03月04日

季節を感じる

ひな人形の前には女の子が座って…満面の笑みです。

みんなで桃の節句のお祝いをしました。

ある子と先生のやりとりが聞こえてきます。

先生「先生は女の子よね」

子供「いいえ。”子”はつきません。女です」

先生「じゃあ、”もと”女の子だったらいいかな」

子供「わかりました。”初代(しょだい)女の子”ということですね」

先生「初代…」

年中行事を通して季節を感じる須磨小の子どもたちです。

 

そして恒例の俳句コンテスト。

春をテーマに俳句を作りました。

金賞『春が来た 生きもの目ざめ ぼくはねる』

 …「ぼくはねる」って?「ぼくは寝る」「ぼく跳ねる」??どっちもいいなあ。

 句を選ぶときに子どもたちがつぶやいています。

俳句を通して季節を感じる須磨小の子どもたちです。

2021年03月03日

ツバメを見たよ

「須金にツバメが帰ってきたみたいです」

子どもが教えてくれました。

そのうち校舎のツバメアパート(←クリック)もにぎやかになることでしょう。

そんなことに気づけるって素敵ですね。

2021年03月03日

3月の全校朝会

「校長先生のお話」は、宇宙飛行士の大西卓哉さんについて。

新聞で見つけた大西さんのこんな言葉を元にお話しました。

「私も宇宙に行くことが小さい頃からの夢でした。しかし、飛行士に選ばれても地道で大変な訓練が待ち受けていて、楽しいことばかりではありませんでした。夢の実現のために、いやなことや苦手なことが避けられないことはよくあります。今から振り返れば、子どもの時から苦手なことをがんばってきた経験が自分の支えてくれていると思います。好きではないことも、あえてがんばってみるこいうことをぜひ心がけてもらいたいです。」

 

続いて、今月の「先生のお話」。

自身の小学生や中学生の頃、そしてこれまで勤務した学校でのエピソードがたくさん。

そんな話は子どもたちは大好きです。

「須磨小学校での時間はこれまでの中でも特別!」というお話でした。

2021年03月01日

6年生のために

3月9日に6年生を送る会があります。

学校は6年生の卒業に向けて準備が進んでいます。

「どんなことしたら喜んでくれるかな?」

「○○君とはこんなことして遊んだなあ」

学校では毎年”こんな素敵なこと”を繰り返しながら子どもたちは大きくなっていきます。

2021年03月01日

須磨小へようこそ!~1日入学~

今日は1日入学。

この春に須磨小学校に入学する1年生が…

笑顔でやってきて

笑顔で遊んで

笑顔で学んで

笑顔で給食を食べて

笑顔で帰って行きました。

(教室にようこそ)

(姿勢の勉強)

(横断歩道の渡り方)

(ランドセルカバー贈呈)

(昼休みのドッジボール)

それを見ているみんなももちろん笑顔。

そんなすてきな1日でした。

春よ来い!早く来い!

2021年02月26日

1年生まってるよ~新入生1日入学~

明日は来年度の新入生が1日入学でやってきます。

ゲームをしたり、なまえを書く練習をしたり、みんなと給食を食べたり…

そんな計画を4年生のみんなで立てています。

張り切っています。準備に大いそがしです。

誰かのために”張り切る”っていいですね!

2021年02月25日

面に平行な辺、面に垂直な辺

直方体の性質について学習しています。

実物を手にとって、面と辺との関係を調べました。

確認するとき、辺を指でなぞり、面を手のひらで触れ感触を確かめる子どもたちです。

図形の特徴を身体化させるために必要なプロセスですね。

2021年02月24日

全校体育~アルティメット~

フライングディスク(フリスビー)をみんなで追いかけます。

どうすれば味方にパスが通るだろう。

みんなでいろんな秘密を見つけました。

「はい!こっち」

「おしい!」「ナイスパス!」

みんな半袖です。久しぶりにたくさんの汗をかいた子どもたちでした。

※アルティメット…フライングディスクを使ったゴール型(バスケットボール、ハンドボール、サッカーのような)ゲーム。チームで得点を競います。

2021年02月22日

友達の考えを説明~5年算数~

式を見れば考え方がわかる。

答えは同じでもそれぞれがちがう式を書いています。

答えにたどり着くまでのプロセスが異なっているのですね。

○○さんはどんな考え方だったんだろう?

「あっそうか!わかった!きっとこうなんじゃないかな?」

本人ではない別の子が式を元に考え方を推理し説明する。

式は算数の言葉ですね。

”黒板の前に出て説明したくなる”そんな授業でした。

2021年02月22日

給食は須磨小メニュー

須磨小学校の5,6年生が考えたメニューが給食で出てきました。

自分たちの願いが形になるってうれしいですね。

ごちそうさまでした!

○鮭わかめご飯 

○さばの塩焼き

○れんこんとブロッコリーの梅マヨ和え

○かぶ入り豚汁

2021年02月19日

「須磨小でよかった!」をいっしょに~学校運営協議会~

コミュニティ・スクールである須磨小学校。

学校運営協議会の皆さんと共に学校の未来について考えています。

 ※コミュニティ・スクール…学校、家庭、地域が一緒に子どもたちを育む仕組みをもつ学校。学校のお手伝いにとどまらず、教育方針や目標設定にも積極的に関わることができる仕組みです。

今年度の活動をふり返り来年度の方向付けを行いました。

○R3年度の重点的な取組について

 ふるさとを愛する心の育成

 目標をもってねばり強く取り組む態度の育成

 学びに向かう意識の向上(整える気持ち)

 表現力の向上

2021年02月18日

なわとび大会

うれしい。くやしい。

その繰り返しで子どもたちは大きくなっていきます。

そんななわとび大会でした。

保護者、学校運営協議会の皆さんもいっしょに楽しみました。

2021年02月18日

梅で一句~俳句づくり~

外は雪。

ですが、須金では梅がちらほら咲き始めました。

恒例の俳句づくり。今月のテーマは「梅」。

梅の小枝を一人ひとりが手に取りながら春への思いを巡らせました。

五感で感じて俳句を作ることができるといいですね。

『句をひねる須磨子 教室梅香る』

2021年02月17日

子どもたちで学びをつくる

須磨小学校は少人数そして複式学級の学校です。

その”強み”を生かした学びを日々積み重ねています。

中でも特徴的なものが「ガイド学習」。

子どもが進行役(学習リーダー)となり授業を進めていく形態の学習です。

学ぼうとする子どもたちの意欲によって学習が展開されていくことを理想としています。

めざすのは”教師の出番の少ない授業”です。

ノートで表現した自分の考えは黒板の前でみんなに伝えます。

それがなかなか難しいのですが…

2021年02月16日

iPadで発表の様子を確認

GIGAスクール構想の一環として、1人1台のタブレット端末(ipad)が導入されました。

5年生では早速、国語の時間に録画機能を活用して、各自の発表の様子について振り返りました。

(録画した映像をすぐに再生できるのがタブレット端末のいいところです)

映像で自分の姿を確認することで表現力の向上につなげたいと考えています。

体育や音楽…いろいろな学習でも活用できそうです。

2021年02月15日

郵便局で須磨小版画作品展

子どもたちの版画作品を地域の方にも楽しんでいただいています。

現在、須金郵便局で版画展を開催しています。

どうぞ足をお運びください。展示期間は2月26日までです。

2021年02月15日

木工教室

講師をお招きして木工教室を行いました。

金づちややすりを使って写真立てを完成させました。

「何の写真を入れようかな?」

みんな大事そうに抱えて持って帰りました。

2021年02月12日

ユニセフに募金

この募金を通して世界をそして自分の事を見つめ直す機会になればと願っています。

せっかくの”募金”の機会です。

「募金するからお金ちょうだい」ではなくて…

いつものお手伝いプラスアルファなど、何か自分で行動を起こしたことが形になるといいですね。

給食時間に担当の子どもたちがみんなにユニセフについての説明をしてくれました。

2021年02月12日

災害に備える~5年社会~

須磨小学校のあるここ須金は防災意識がとても高い地域です。

年に一度の地域を挙げての防災訓練の他、自主防災の組織が家具固定の手伝いや無線講習の実施等いろいろな場面で積極的に活動しています。

5年生の社会では防災、減災について学習をしています。

地域での取組が社会科の学習とつながります。

いつか自分が…!地域のためにがんばる大人がすぐ近くにいる須金です。

2021年02月10日

読み聞かせがありました

今日の読み聞かせ担当は教頭先生でした。

タイトルは『なまえのないねこ』

名前があるということ。それは「名前をよんでくれる人が自分の周りにいる」ということですね。

2021年02月10日

アンケートをつくる~4年国語~

4年生はテーマを決めてアンケートを作成中です。

「休日の過ごし方」

「須金で好きな場所」

須金の地域の方に答えてもらうことにしています。

まず何のために、何が知りたいのか。そのためにはどんな質問をすればいいのか。

字の大きさなど見やすさ等も大切なポイントですね。

質問紙はパソコンで作成しています。

…結果が楽しみです。

2021年02月10日

伝える!

4年生の英語の学習では”フルーツショップでお買い物”という設定で会話の学習をしています。

"Hello!""What do you want?"

"I want ~"

"How many?"

状況設定がうまくいけば伝えたくなるものです。

英語を越えて身振り手振りそしてアイコンタクト。いいですね。

楽しんで学習をしています。

2021年02月09日

今日の給食楽しみ!

朝、登校するときから子どもたちが楽しみにしていた今日の給食です。

「えーと、今日のメニューは炊き込みご飯と、ハンバーグと、豚汁と…そしていちごもある!!」

給食のメニューは毎朝の話題です。好きなメニューの時にはテンションも上がります。

食べることにすごく感心のある子どもたち。

はじける元気はそれも理由のようです。

2021年02月08日

和紙絵に挑戦

ピンセットで色のついた和紙をつまんで少しずつ少しずつ絵を仕上げていきます。

根気のいる作業です。

須金の伝統産業を学習に取り入れた本校ならではの取組です。

(校舎内のあちこちに先輩たちの作品が展示されています)

作品の仕上がりが楽しみです。

2021年02月08日

二分の一成人式

小さい頃のエピソードを紹介した寸劇、将来の夢、感謝の手紙…

笑いあり、涙あり…

この日にむけて、自分の10年間の育ちを”いろいろな方々との関わり”という視点で見つめる作業を行ってきた4年生です。そのプロセスを経て、いろいろな”ありがとう”に改めて気づき、その思いを表現した『二分の一成人式』でした。

「いい式だったねえ」

「いつ来ても元気がもらえる」

「こんな(コロナ禍の)時だからこそ余計にうれしいねえ」

成人まであと10年。いろいろな新しい出会いが更に子どもたちを大きくしてくれることでしょう。

そしてそれは親の手から離れていく10年でもあります。

 

2021年02月05日

立春を迎えて

『袖ひちて むすびし水の こほれるを春立つけふの 風やとくらむ  紀貫之』

 

玄関ではひな人形がお客さんをお出迎えです。

「ああ、ひな人形がでたねえ」

みなさんの顔がほころびます。

地域の方からいただいた梅もほのかに香るようになりました。

須磨小学校では季節を感じる工夫がいろいろなところにあります。

2021年02月04日

割合のグラフ完成

自分の興味あるテーマで割合のグラフをつくっていた5年生。←クリック

完成しました。

(↓写真をクリックすると拡大)

レイアウトよくレポートにまとめています。

楽しんでレポートをつくったのがよくわかります。

伝えたいことに説得力を持たせるために、表やグラフはとても有効ですね。

表現のアイテムが1つ増えました。

2021年02月03日

正六角柱の展開図を考える~5年算数~

「こうやればできるんじゃないかな?」

立体をイメージし、更にそこから展開図を考える。二段構えの思考が必要です。

「どの辺とどの辺がくっつく?」

「じゃあ、こんな展開図でもできるんじゃないかな?」

「できるかなあ?わくわくするなあ」

「別の展開図も自学(家庭での自主学習)で考えてきてね」

2021年02月03日

見守りありがとうございます

今朝もたくさんの大人に見守られ”安全”な登校ができました。

横断歩道はまるでランウェイ!?

いつもありがとうございます。

2021年02月03日

節分

昼休みに鬼がやってきました。

明日から春です。

2021年02月02日

2月2日は節分です

廊下にはこんな掲示が現れました。

心の鬼を追いだそう!

「泣き虫鬼」「寝ぼう鬼」「漢字の書き順に気をつけない鬼」…

いろんな鬼がいるものです。

2021年02月01日

みんなで伸びよう~学校評価の結果より~

2月に入りました。月初めの全校朝会がありました。

今日は「みんなが伸びたところってどこだろう」というお話でした。

本校では、年2回、子ども、保護者、地域の方を対象に学校評価を行っています。

1回目は1学期の終わり。その結果をもとに、2学期の始業式には「ねばり強く取組ことの大切さ」ついてお話をしたところです。←クリック

素直な子どもたち。

目標に向かってがんばる姿がたくさん見られました。

もちろんそのことは2回目に行った2学期末のアンケートの結果に表れています。←クリック

がんばったことを適切なタイミングで適切にフィードバックする。

教員側のそんな姿勢もこの結果を後押ししています。

2021年02月01日

給食に感謝!

今週は給食感謝週間でした。

今日の献立は

 クジラの竜田揚げ、カレーシチュー、パン

題して「タイムスリップ給食」。昔懐かしい献立を再現したとのことでした。

もちろん子どもにとっては全く懐かしくないのですが…

甘辛く味付けされたサクサクの竜田揚げをみんなでおいしくいただきました。

雪の中、センターから給食を運んでくださった調理員さんにも感謝です。

毎日ありがとうございます。

2021年01月29日

「あっ!そういうこと!わかった!!」

廊下までうれしそうな声が聞こえてきたので教室をのぞいてみると…

4年生が算数の学習をしていました。

等しい分数の秘密を考える内容でした。

2/5と等しいのは…分子×2をすると分母も…

前に出てきて黒板に書きながら説明。説明せずにはいられない。そんな思いが伝わってきます。

2021年01月29日

熱の伝わり方は?~4年理科~

鉄の棒や板はどんな温まり方をするのだろう?

実験の前にはいつも予想を立てています。

予想と結果のずれに学びがあります。

2021年01月28日

バイバイキンセット

職員用の玄関に置かれた”バイバイキンセット”です。

「まずは先生たちが元気じゃなくちゃ!」

そのとおりです!

2021年01月28日

自分だったら~5年道徳~

日本料理店に奉公に出ていた主人公の男の子。

奉公先の主人に頼まれて、大皿を返却してもらうためにお客のところへ出かけます。

風呂敷に包まれた高級な大皿。市電での帰り道、大皿を座席に置いたまま本人は読書に熱中。

電車のブレーキの際に大皿は椅子から落ちて割れてしまいます。

 

自分だったら…

「別のお皿にすりかえられないかな」

「もう本が読めなくなるかもしれない」

「どうしよう」

「後からわかるより先に謝った方がいい」

これまでの自分の経験と照らし合わせた素直が意見が出てきます。

自由に発言できる雰囲気がいいですね。

2021年01月27日

二分の一成人式に向けて

10歳を迎える4年生。

来月には二分の一成人式を予定しています。

それに向けて、これまで自分たちはどのような方々にお世話になってきたか…

そして、どんな方法で感謝の気持ちを伝えようかと一生懸命に考えています。

劇もある!歌もある!自主練習に一生懸命な4年生です。

2021年01月27日

割合のグラフをつくってみる

5年生は割合の学習のまとめとして各自で興味あることをテーマに割合のグラフを作成しています。

テーマはざっくりと

・アイスクリームの消費について

・危険生物による人間の被害について

・漁獲量について

インターネットでデータを検索するところから始めました。

自分の興味を学習した内容と絡めて表現する。

…そんな活動を通して理解は更に深まっていきます。

2021年01月26日

避難訓練

県警少年課の少年安全サポーターと須金駐在所長さんにご協力いただいて避難訓練を実施しました。

学校に不審者が来たという想定です。

子どもたちは緊急の放送に速やかに対応し避難することができました。

また、職員にとっても大切な訓練の機会となりました。

2021年01月26日

琴に挑戦~4年音楽~

和太鼓を通して日頃から和楽器に親しんでいる子どもたちです。

音楽では琴で「さくらさくら」の演奏に挑戦しました。

日頃触れることのない楽器にちょっと緊張気味。

でも慣れてくれば

校舎内に”雅”な調べが響いてきます。

校庭の桜のつぼみが少しふくらんできました。

2021年01月25日

雲海太鼓オーディション

春が近づいてきました。

雲海太鼓。コロナ禍の今年は、地域を元気づけようといろいろな場面で披露させていただきました。

「やっぱり太鼓はええなあ」「元気をもらえる」

そんな言葉に学校も励まされました。

その雲海太鼓の新旧入れ替わりの季節となりました。

来年度、真ん中の大きな桶胴太鼓をたたく6年生(現5年生)のオーディションが行われました。

先週から朝の時間や休み時間に校舎内に太鼓の音が響いていたのは、それに向けての自主練習だったのです。

今までとちがうパートの太鼓。慣れるのは大変でした。

真剣にがんばる5年生を見ていた4年生のコメント。

「構えがとてもよかったです」

いいところを見ていますね!

新しい音はこれからみんなでつくっていきます。

2021年01月22日

がんばったことたくさん!

毎日少しずつの「がんばったこと」カードがこんなにたくさんになりました。

積み重ね”すごさ”を実感します。

中にはこんなのも…

「昼休み野球で高く飛ばしたのでスカっとした気持ちになった」

2021年01月21日

多色刷り版画完成


カレンダーにしてお世話になっている地域の方々へお届けします。

どの作品が届くのかはお楽しみです。すてきな作品ばかりです。

2021年01月21日

絵本の読み聞かせ

今月の読み聞かせ担当の先生が選んだ本は

安野光雅さんの絵本でした。

周南市にもゆかりのある安野さんのエピソードを紹介。

その後に読んだ本は

『あけるな』

思わず絵本の中の扉を開けたくなってしまう…不思議な絵本でした。

安野光雅さんのご冥福をお祈りいたします。

2021年01月20日

表って便利!~4年算数~

表にまとめてみると、見えなかった数字が見えてきます。

「表ってべんり!」を実感しました。

2021年01月20日

氷の世界

今朝の気温-5℃。

凍結防止のため一晩流しっぱなしにしていた水もこのとおり…

2021年01月20日

短歌作りました~5年国語~

…情景が思い浮かびますね。

 

ところで、俵万智さんの短歌を紹介しましたが、他にも見つけたので紹介します。

『最後とは知らぬ最後が過ぎてゆくその連続と思う子育て 俵万智』

こんな時だからこそ余計に感慨深いです。

2021年01月19日

竹馬に夢中

先生の働きかけがきっかけで、突然の竹馬ブーム。

休み時間には争奪戦になります。

いろんな動きを小学生の間に経験しておくことって大切ですね。

早速新しい竹馬を購入予定です。

「昔は竹馬を家でつくってくることが宿題だったなあ」とは、ある保護者。

「青い竹で作るとすぐだめになるんだよねえ~」

2021年01月19日

夢をもつって?

今日は須金支所の主事さんに、夢のお話をしていただきました。

主事さんにはいつも放課後子供教室などでお世話になっています。

「ぼくは、夢も目標もまったくない人間だった」

え!?そんなお話でしたが、お話後半では…

今の夢をしっかりと語ってくださいました。

とにかく今は好きなことをしっかりと増やすこと!

それが大切なのですね。

子どもたちにとって身近な大人の話。斜めの関係のある須磨小学校です。

2021年01月18日

打楽器で音楽をつくろう~4年音楽~

自分の楽器を決めて、音の響きを確かめながら音楽をつくっています。

どうすればみんなの音がよく響くのでしょう?

(音の高さ大きさを表す)演奏カードをあれこれ並べ替えながら。

「大太鼓はもっと強い方がいいよ」

「大きいって言ってもどのくらいの大きさ?」

自然に言葉のキャッチボールが生まれてきます。

2021年01月18日

ものが水にとけるって?~5年理科~

5年の理科では「もののとけ方」について学習を進めていきます。

水にとけるとは?

「ものと水が合わさる。例えば味噌汁を作るときに味噌を溶かします。…」

「ものと水がいっしょになる。例えばココアをつくるときに…」

「ものが少なくなりなくなる。例えば…」

自分の生活経験に照らし合わせて一生懸命に説明しようとする子どもたちです。

授業では、食塩が水にとける様子を観察しました。食塩は”消えてしまった”のでしょうか?

観察する表情がいいですね!

2021年01月18日

短歌をつくろう~5年国語~

「寒いね」と話しかければ「寒いね」と答える人のいるあたたかさ 俵万智

 

5年生は短歌作りに挑戦です。その前に教科書に掲載されている短歌の鑑賞会をしました。

「ごめんねのその一言で変わるのにすなおになれず言えない私」

…こんなことあるなあ。

「さんかん日どきどきしたよ発表をしている声が小さくなった」

…きのうの自分と同じだ。

2021年01月15日

保健室前 新作です!

子どもたちが手を使って考える仕掛けがあります。

そうすることで自然に感染症対策についての意識が高まっていきます。

かぜ、感染症予防の合い言葉は「う・ま・く・き・た・え・て」

う…うがい

ま…マスク

く…くすり

き…    …何でしょう?

2021年01月15日

新聞で学ぶ

5年生が紹介してくれた記事です。

4年生は来月、「二分の一成人式」が行われます。

でも、成人年齢が下がったらこの「二分の一成人式」を3年生で実施することになる??

 

また、今日の小学生新聞にはこんな文章がのっていました。紹介します。

 

千葉県の中学校の先生のお話。舌がんという病気とたたかっていたが、去年夏子どもたちの本を買う費用に使って、と自らためた6千万円を勤務していた市に寄付し、そのひと月後に59歳で亡くなった。/思いをつづった文章には「本を読み、『発見』と『共感』の連続だった。本はくじけそうな私を奇跡のような大きな力で前へ進ませてくれた。この思いを子どもたちに伝え、本の力を知ってもらいたいと思い、図書購入費の寄付を決めました」/病とたたかう中で読んだ本には一人の少年が自分の命に代えて人々を守ろうとする宮沢賢治の童話『グスコーブドリの伝記』などがあった。  

<朝日小学生新聞1月15日付「天声こども語」より一部抜粋>

 

2021年01月15日

書き初め大会

冬休みの宿題で選んできた四字熟語。それを「書き初め」しました。

手本を見てゆっくり筆を動かす。時間もゆっくりと流れているようです。

終わりに、その四字熟語を選んだ理由をみんなに紹介。

どれも思いのこもった字です。

しばらくランチルーム前廊下に掲示しています。

ところで「点滴穿石」なんと読む?

2021年01月14日

「ありがとう」の反対は?

地域参観日でした。

全校道徳の授業では、保護者・地域の皆さんも参加していっしょに学習しました。

「ありがとう」の反対の言葉は?

今日の授業の中では「あたりまえ」という言葉が反対の言葉として紹介されました。

なるほど…「あたりまえ」と思えば感謝の気持ちも生まれません。

子どもたち、保護者、地域の方々といっしょにたくさんの「ありがとう」を探しました。

こんなにたくさん。

「ぼくたちをまもってくれるマスクありがとう」

「雪 たくさん降ってくれてありがとう」

「つりに連れて行ってくれてありがとう」

多くの「あたりまえ」が「ありがとう」に変わりました。

そしてそして

「わたしを生んでくれてありがとう」

2021年01月14日

つわものどもが夢のあと

しばらく続いた寒さもやっと一段落です。

1/13昼前の運動場の様子です。

雪 占有率3割といったところでしょうか。

かまくらの跡がイチョウの根元にぽつりと。

「つわものどもが夢のあと」状態です。

2021年01月13日

表に整理してみると…便利!

4年生算数。

データを目的に応じてまとめる学習をしています。

写真の左にある「けが調べ」一覧。5種類(曜日、学年、場所、けがの種類、体の部分)のデータがあるのですが、その内の2種類(けがの種類と体の部位)に目をつけて、正の字を書きながら表に整理しました。

整理することで見えてくることがあります。

また、データからなにを知りたいのか。そのためにはどのデータを選択すればよいのか。

そんなことも考え学習を進めていきます。

さあ、この表にまとめてわかったことは?

「おおなるほど!」

考えを共有することで更に多様な考えに触れることができます。

授業の最後先生から「ところで、正の字の書き順みんな知ってる…?」

2021年01月13日

ゴールをイメージ

教室前の廊下に掲示されているボードです。

これは始業式で生徒指導担当の先生から示されたものです。

「三学期は1年の締めくくり。その学年が終わった時(または次の学年の始め)どんな自分の姿をイメージするか。その自分に近づけるように」というお話でした。

子どもたちだけでなく、私たちも教師も子どもたちの姿をちゃんとイメージしておくことが大切ですね。

子どもたちの背中がいいですね。いいスタートです。

2021年01月12日

どんど焼き

まだまだ雪の積もる須金。

今日は地域の伝統行事のどんど焼きがありました。

各家庭から正月飾りを持ち寄って一斉に火をつけ、一年の無病息災を祈願。

そしてその間、子どもたちは飽きることなく雪遊び。

大人たちは、差し入れのシシ肉とお酒に舌鼓。

こんな伝統的な行事がちゃんと続いている須金です。

「わしらを見て育てば、この子らも大きゅうなったらやっぱり飲むことになるじゃろうかのお」

ちょっと心配になって子どもたちにどんど焼きの意味を尋ねてみると…

「大人がお酒を飲む日」

2021年01月10日

雪、雪、雪…

やっぱり…

子どもたちは、登校したときから雪で遊ぶのはいつかと待ち構えていました。

一面銀世界の校庭で雪合戦をしたりかまくらを作ったり。坂道には滑り台も完成しました。

「何でこんなに楽しいんじゃろう。いつまででも遊べる」

喜々としてと運動場を走り回る子どもたちを見た、農園の会長さんのひと言

「子どもがたくさんおるように見えるのお」

2021年01月08日

三学期始業式

積雪20cm。須金は大雪でした。

その中、子どもたちは全員元気に登校です。

雪の三学期初日。なんだかわくわくします。

 

始業式では干支にちなんで牛のお話をしました。

「世界で一番多く牛がいる国ってどこだ?」から始まるお話です。

どこでしょう?

続いて児童代表の3人が「今年がんばりたいこと」について発表。

6年生の二人は中学校進学に向けての思いを力強く発表しました。

さあ、すてきな三学期そしてすてきな1年の始まりです。

2021年01月08日

三学期 準備ばっちり

子どもたちを迎えるためにいろんな準備がありますが…

こんな掲示たちも始業式の子どもたちを迎えてくれました。

わくわく感が高まりますね。

2021年01月08日

明日から三学期

雪が降っています。

明日も降り続く予報となっています。

みんなで雪合戦しましょう!

さあ、明日から三学期のスタートです。

今朝8時30分の学校の様子です。

校舎が子どもたちの登校を寒さにふるえてまっています。はやくきて~!

2021年01月07日

かっちゃんライブ大盛況

こんな時だからこそ須金を元気にプロジェクト。

聞かせます。泣かせます。

須金の”さだまさし”こと、かっちゃんのライブ大盛況でした。

優しい歌声は何よりのクリスマスプレゼントでした。

次回は春に開催する予定です。

須金の皆様よいお年を。

2020年12月25日

2学期終業式

78日の2学期でした。

5名は1日も休むことなく登校。立派です。

式ではまず3人の児童が2学期がんばったことを発表しました。

「姿勢に気をつけた」

「図工の勉強をがんばった」

「整理整頓をがんばった」などなど。

エピソードをつけてわかりやすく話すことができました。

 

校長先生とは

「家の手伝い」

「新年のあいさつ」

この2つをしっかり行うことを約束しました。

新学期は1月8日。みなさん元気で会いましょう。よいお年を。

2020年12月24日

ちびっ子サンタのサプライズ

4年生のお楽しみ会がありました。

みんなが赤い帽子をかぶって参加。雰囲気が盛り上がります。

内容も、子どもたちらしいものばかり。

ちょっとくらいうまくいかなくても、失敗してもみんなで優しく見守ります。

だから、更に楽しくなってきます。

最後は、誕生日を迎える先生にちびっ子サンタたちからサプライズのプレゼント。

こっそりこっそり誕生日カードを作っていたようです。

うらやましいですねえ。心優しい子どもたちです。

2020年12月24日

版画に夢中

5,6年生。多色刷り版画に挑戦中です。

「手で考える」作業の繰り返しです。

2020年12月24日

地域の方と放課後の学習

毎週水曜日の放課後は、地域の方に学習を見ていただいています。

宿題の音読を聞いてもらったり、漢字の書き取りを見ていただいたり…

学習の後は運動場で遊びます。

今日はサッカー、竹馬、バスケットボール。その順番で遊んでいました。

いつもありがとうございます。

2020年12月23日

校内 掲示物あれこれ

○初めての多色刷り版画(5,6年図工)

 

○正多角形で模様づくり(5年算数)

 

○山口県の市町調べ(4年社会)

 

○給食に出てくる魚(養護教諭)

2020年12月22日

お味噌汁を作ってみる

昨日に続いて校舎内にいい香りが立ちこめます。

今日は5,6年生の調理実習です。

ご飯、味噌汁、エノキのベーコン巻き。

友達と協力して美味しくできました。

冬休みの家庭科の宿題は「家で料理する」です。

学んだことを生活に生かしてこそですね。

2020年12月22日

学んだことをまとめるということ

理科の学習では温度による空気や水のかさの変化について学びました。←クリック

学習したことをワンペーパーにまとめることが授業の課題でした。

どんなことを中心にまとめるのか。大切な事は何か。

1枚の紙にまとめるという制約が、子どもたちの学びの再構成につながり、理解は深まります。

「めくってね」の付箋がいいですね。

遊び心やちょっとした工夫で友達に伝える事も自然と意識されます。

2020年12月22日

五感で感じる~大根料理~

野菜を育てる。子どもたちにとってそれは時間の物差しを長くしてじっくり向き合わなければならない作業です。水やり草抜き…。収穫をイメージしながらの作業です。

たいよう学級で育てていた大根。←クリック

今日は念願の収穫、調理の日です。

まず、霜の降りている畑へ行き、その冷たさを両手に感じながら収穫をしました。

収穫の後、冷たい水に手を浸しながら手のひらでしっかりと泥を落とします。

冷たいときにその冷たさから逃げずにちゃんと仕事をする。

子どもたちの生活からこのような場面は減ってきました。だからこそ学校で経験する意味はあるのではないでしょうか。

そのうち校舎内にいい昆布だしの香りが漂い始めました。

他の学級の子どもたちもそわそわ。

あつあつのふろふき大根のできあがりです。ゆず味噌をつけてみんなに振る舞いました。

はしが大根の中にスッと入ります。しっかり昆布のお出汁がしみています。

鼻に抜けるゆずの風味と口の中でふわっと広がる”大根らしい味”にみんなの心も体も温かくなりました。

ごちそうさま。

今日は冬至。

触覚、味覚、嗅覚…五感でいろいろなことをしっかり感じた1日でした。

2020年12月21日

関連した本を読んでみる

5,6年生の国語の学習で、友達に本の紹介をしました。

関係した3冊を読んでそのつながりを説明。

確かに、読書の面白さは、本がつながっていくことにもあります。

「ぞう」をテーマにした3冊。

「いのち」をテーマにした3冊。

宮沢賢治が「生き物」をテーマに書いた3冊。

紹介し合うことで、さらに新たなつながりに気づきます。

2020年12月18日

一輪車記録会

一輪車は須磨小児童の得意技の一つです。

これまで何回転んだことでしょう。

転んだ数だけ上手になりました。

2020年12月18日

冬の星座をみてみよう

理科の宿題。

今夜は晴れそうです。風邪ひかないように観察しましょう。

どんな星座が見つかるでしょう。

星がきれいな須金です。

2020年12月17日

寒風に負けない!

体を動かすとすぐに温まります。昼休みはみんなでサッカーをしました。

さあ、ラストワンプレー。

惜しいシュートが外れて残念!

「さあ、掃除」切りかえの早い子どもたちです。

2020年12月17日

算数を生活に生かす

私たちは通常、買い物等の生活場面では「およそ」の考え方を使って、値段を計算します。

子どもたち、つい、きっちり答えを出したくなるようなのですが、そこまでの必要がないことがあるということを学びました。

およそ100のまとまりや1000のまとまりを作って簡単に計算できれば、目的が達成される状況はあるのですね。

考え方をモニターを使って説明。バッチリです。

2020年12月17日

どんな形ができるかな~5年算数~

「円と正多角形」についてこれから学んでいく5年生。

今日は単元の導入で折り紙を使って考えました。

「どんな折り方をすればいいかなあ?」

「あれ?失敗した。変な形になったぞ」

「なんとなく秘密がわかってきた感じがする。きっとこうすれば…」

手を使って考える子どもたちです。

こんな活動の後に

”正多角形とは全ての辺の長さが等しく、全ての内角の大きさが等しい多角形である”

ことを学んでいきます。

 

2020年12月16日

新型コロナの3つの顔~赤十字出前授業~

雪の中、山口市の日本赤十字社山口県支部から講師をお招きして、新型コロナウイルスについて学習しました。

「病気」「不安」「差別」の負のつながりを断ち切る。

本当の敵は”コロナウイルス”。敵のすり替え(特定の人を敵にすること)をしないように注意すること。

そんなことを学びました。

あなたが今できることは何ですか?もし、お友達がコロナになって休んだら?

どう振る舞えばいいのか。大人こそ試されているようです。

2020年12月16日

先生!おいで!!

おっ!来年の運動会に一輪車種目で出場する権利を得ました。

(先生用の赤白帽と体操服が必要です。)

今日も”雪の昼休み”でした。

2020年12月15日

卒業証書をつくる~和紙漉き体験~

須磨小学校の伝統の和紙漉き体験学習。

江戸時代から郷土に伝わる文化を須金中の生徒が復活させたのが今から40年前。

休校になった中学校から小学校に大切に引き継がれ、今に至っています。

外は雪。冷たい水に手を浸しながら丁寧に和紙を漉きました。

(10℃以下の冷たい水でなければ和紙はうまくできないのだそうです。)

卒業式は3月19日。世界でひとつしかない卒業証書を受け取ります。

2020年12月15日

初雪@須金

今日は、朝から時間の経過とともに寒さが増してきました。

昼前には、鉛色の空から雪がちらちらと降り始めました。

「一輪車鬼ごっこやろう!」

雪でテンションが上がる子どもたちです。半袖姿もちらほら。

職員は…防寒対策に冬用タイヤOKです。

2020年12月14日

自分にとっての”今年の漢字”

恒例の”今年の漢字”。やはり『密』でした。

でも、一人ひとりの今年の漢字は…

1年を振り返って「自分にとっての今年の漢字」を考えることが宿題です。(家の人とも相談OK)

どんな漢字が出てくるか楽しみです。そしてその理由も。

2020年12月14日

焼きいもプロジェクト2

11月に続いての焼きいもプロジェクト第2弾。

だいぶ寒くなってきました。焼きいもが恋しい季節です。

朝、たいよう学級で下ごしらえしたサツマイモを午後から焼きいもにして食べました。

「できたよ!」のかけ声にみんながダッシュでやってきました。

ブランコに揺られながら食べると特に美味しいんだそうです。

みんな笑顔なので、たぶん…。

2020年12月11日

須金のさだまさしライブ 

”こんな時だから須金を元気にプロジェクト”です。

須金のさだまさしこと”かっちゃん”が聞かせます。泣かせます。

ライブハウス?は学校のすぐそば。

マスク、厚着、手袋。…お忘れなく。

2020年12月11日

版画の季節です

冬といえば版画。今年もすてきな作品が仕上がりそうです。

作品をカレンダーにしたものを、日頃お世話になっている地域の方々の元にお届けします。

 

2020年12月10日

「これなんだ」 答えは…

12月9日投稿の「これなんだ」の答えは…

「イノシシよけ」でした。

実は11月始めの運動場の状態は下の写真のとおり。

連夜、イノシシの運動会が開催されていました。

ところが、この青いお札をつけたロープを運動場の周囲に張り巡らせると…

不思議なことにイノシシの”来校”はおさまったのです。

実はこれは利根実業高等学校(群馬)の生徒の

『イノシシの生態・行動と色覚に関する研究』

をふまえてのもの。研究によれば「イノシシは青色を警戒する」事がわかりそれを利用して食害を防いだとのことです。

低コストで高い効果を発揮!?

須金の農園の方も「こりゃすごい!みんなに教えちゃろう!!」と感心。

利根実業の皆さんに感謝です。遠く山口のここ須金でも研究が生かされています。

2020年12月10日

先生も勉強

先生たちも勉強しています。

市こども支援課から講師をお招きして研修を行いました。

テーマは『「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」を手がかりに』

「つなげる」「関連づける」

お話の中でたくさん出てきたワードです。

また、授業を参観され、須磨小の子どもたちの学びを積極的に評価していただきました。

うれしいですね!

タブレットを巧みに操作しながらのプレゼンは今後のヒントに!!

2020年12月09日

これなんだ?

青いお札が運動場の周りを囲んでいます。

正解は…後日。

2020年12月09日

自分に挑戦~持久走大会~

今年は例年よりもたくさんの”一般参加”ランナーが出場!お陰様で持久走大会が大いに盛り上がりました。

もちろん、沿道でもたくさんの声援(見守り)をいただきました。

9人の子どもたちはその何倍もの方々に応援されて、全力を出し切りました。

「いままでで一番の走りができた!」

そりゃそうでしょう!!

なお、今年の一般参加ランナーにはもれなく来年の持久走大会への出場権が与えられます。

2020年12月08日

いろんな角度から見つめる

持久走大会の後、須磨小に関わっていただいている様々な団体の方が集まって子どもたちの様子について共有しました。

”子どもたちのために”の思いは同じ。

「昨日の夕方、うちの前を何人かで楽しそうに走ってましたよ。きっと持久走の練習だったんですね。がんばるねえ」

いつも温かい目で見守っていただいています。

いろいろな角度から子どもたちを見ることができるのは大変ありがたいことです。

 

2020年12月08日

毎朝の登校風景

冬の須金。朝霧に包まれての登校です。

「いってらっしゃい」

「いってきます」

大人の待ち時間10分。

子どもたちの横断時間10秒。

2020年12月07日

明日(12/8)は持久走大会です

○開会式 9:45~

○協議開始 10:15~

      4年生  1,500m

      5.6年生 2,000m

子どもたちは体育の時間だけでなく、休み時間、そして放課後も持久走練習をがんばっています。

大会には保護者、農園女性部他、地域の方のエントリーもたくさんいただいています。

沿道で応援、走って応援。応援のスタイルは自由です。

2020年12月07日

蜜ろうラップでSDGs~持続可能な社会にむけて~

総合的な学習ではみんなで”蜜ろうラップ”を作りました。

※蜜ろうとは、ミツバチの巣からとれる蝋(ろう)のことです。

講師を務めてくれたは4年生の男の子。助手はお母さん。

なぜ蜜ろうラップを作ろうと思ったのかを環境問題を絡めてわかりやすくお話ししてくれました。

その後、みんなで蜜ろうラップ作りに挑戦。

①クッキングペーパーの上に布を敷く ②その上に削った蜜ろうをまんべんなく敷き詰める ③更にその上にもう1枚クッキングペーパーをのせる ④アイロンの熱で布に蜜ろうを染みこませる ⑤ホホバオイルを数滴垂らすと殺菌作用もあるとのこと。

この密ろうラップを使うようになって家庭で使用する市販のラップの量がかなり減ったと教えてくれました。

市販のラップ同様、蜜ろうラップに包まれ冷蔵庫に入れらたキャベツはフレッシュなまま長もちするとのこと。

(蜜ろうがとけてしまわないように…できたておにぎり等、熱いものを包むときには少し冷ましてから)

”家庭”での学びを”学校”へ。そんな双方向の学びに感謝です。

(あたりまえですが、学校の外にたくさんの学びの”きっかけ”はあるものです)

 

はやりのアニメに出てくる柄の手作りラップ。特に大事そうに家に持って帰りました。

「かざっておく」

いやいや使ってください。

2020年12月04日

冬に立ち向かう意思

校庭のイチョウ。冬空に向かって枝を広げています。

その姿に、厳しい冬に立ち向かおうとする”強い意志”を感じます。

2020年12月04日

『移住してください』~5・6年生より~

高学年では総合的な学習で須金の未来について考えてきました。

「こんなすてきな須金の魅力をたくさんの人に知っていただき、そして来てもらいたい」

そんな願いをもった子どもたちがつくったリーフレットです。ズバリ

『移住してください』

ここ須金に移住して農園を経営されたり、工務店を経営されたり、農作物を生産、加工されたり…

もちろん子どもの頃からここにいらっしゃる方も。

生き生きと仕事をされている大人(保護者)がたくさんいらっしゃいます。

子どもたちはそんな姿を身近に見ているのですね。

2020年12月03日

生活の中から”割合”の問題をつくる~5年算数~

5年生では「割合」の学習を行っています。

つまずきの多い単元です。

新聞の広告を利用して割合の学習を進めています。

「この商品で問題をつくってみよう。どんな問題にしようかなぁ」

つくった問題は友達同士で挑戦します。

「問題作ってみたい」「問題といてみたい」

そんな気にさせる授業です。

算数と生活とを結びつけるところがポイントですね。

2020年12月03日

えっ!「2÷4」ってできる?~4年算数~

今まで学習した方法でなんとか答えを導き出す子どもたちです。

この”なんとか”が大切ですね。

「こんなのできるんかなあ…?」

「昨日のノート見てみるといいですよ」

「そうか… 2を10倍して 20÷4=5 10倍したので元にもどすよ。5÷10=0.5 おっっできた! 」

「2は0.1が20個だから… 20÷4=5 この5は0.1が5個ということなので… うひょ~できた!」

筆算を教えてしまえば簡単にできる子どもたちです。

でも筆算での方法を学習する前に”どうしてそうなるのか”を考える。仕組みを知る。

こうした学びの繰り返しが”考える”習慣を身体化させてくれます。

「ねえ、でもまだなんで20÷4なん?ようわからん」この発言very goodです!!

2020年12月02日

授業について考える~地域の方とともに~

5・6年複式 国語の授業。学校運営協議会の皆さんといっしょに授業についての研修を行いました。

子どもたちが根拠を持って考え、話し合うことでその考えを更に深めていく。

同じ物語を読んでも、とらえ方が微妙に?ちがう。心情を表すグラフによる視覚化の工夫等でその差が見えてきます。どうして?なぜ?話し合うきっかけはそこで生まれます。

 

授業後の検討会では、ワークショップ形式で授業について考えたことを交流しました。

委員の方々の教員とは異なる視点での発言は新鮮です。事前配布の教材文等の資料をしっかり読み込んだ上で参加してくださる様子に、こちらも大いに刺激を受けました。戦争を扱った教材に対して、戦争経験者ならではの視点で語られる場面があり学ぶことの多い研修でした。

また、指導者をお招きしての”熱き”研修をともすることで、委員の皆さんには教師の授業へかける思いを感じていただけたことと思います。

いろいろな角度から子どもの学びを見つめる事が大切です。

2020年12月02日

氷点下の朝

 まだかなぁ 白い言葉で 友をまつ (児童作)

2020年12月01日

12月の全校朝会

朝会で、こども新聞に掲載されていた4年生の女の子の作文をみんなに紹介しました。

この作文は、図書室前の新聞紹介コーナーで子どもたちが紹介していたものです。

ちょっと長くなりますが内容を簡単に紹介します。

 

題『お母さんの左手』

わたしの家では、お父さんが家事をしている。それはわたしにとってあたりまえ。でもスーパーの店員さんや友達のお母さんからふしぎに思われている。/ある日、めずらしくお父さんが笑ってくれない事があった。わたしとお父さんが公園で遊んでいるとお巡りさん4人があわてた様子でやってきた。わたしをゆうかいしようとしているとだれかがつうほうしたらしい。さすがのお父さんもこのときは落ちこんだ。/お父さんが家事をしているのには理由がある。私のお母さんは生まれたときから左手が思うように動かせない。わたしが生まれてくるときに、わたしをけがさせないようにと役割を交代しようと決めた。/お母さんは外見ではなにもかわらないように見える。だから、いやなことをされたり言われたりすることもある。でもやさしくしてくれる人の方が多いから、お母さんは人に感謝して笑顔でいることを大切にしていると教えてもらった。/お父さんお母さんありがとう。そして、お母さんの左手。あなたのおかげでわたしの家は明るく毎日楽しいよ。これからもたくさんお手伝いするからね。わたしにとって、あなたはだれよりもすてきな左手だよ。本当にありがとう。

 

この作文からどんなことを考える?感じる?でしょう。

ひとりで考えられることは限られていますが何人かで考えを交流すれば”自分が思ってもみなかった新しい「なるほど」”が出てくるかもしれません。

それは、もちろんこの作文に限ったことではありませんが…。

2020年12月01日

「今日はなにを勉強した?」

家庭学習パワーアップ週間が先週で終了しました。

学校での学びそして家庭での学びをいつも以上に学校と保護者で共有することができました。

子どもたちが家庭学習の内容「家庭学習カード」に記入し、それを保護者の方に毎日確認してていただき、更に週の終わりにはコメントまで書いていただきました。

子どもの学びを、学校と保護者で見守る様子がそのカードに現れています。

「今日は学校でなにを勉強した?」

そんな会話も家庭で多くされたことでしょう。

学びへの意欲は目の前にいる”熱心な観客(保護者、先生、友達)”によって更に大きく育つものです。

2020年11月30日

給食の献立を考える

給食センターから栄養教諭さんをお迎えしての特別授業がありました。

毎日の給食の献立は、いろどり、味のバランス、栄養、旬、好み、地産地消、価格、衛生などを考えて立てられていることを学びました。

そのことをふまえて、最終的に一人ひとり理想の献立を考えるところまでの授業でした。

ご飯は鮭わかめご飯がいいなあ~。

うーんメインは何にしようか。

みんな真剣です。考えたメニューは3学期の給食で実際に出されることになってるから。

ハンバーグ、天ぷら、ステーキ…。

僕は”(ふぐの)しらこ”がいい。白子…。冬です。

2020年11月27日

読み聞かせがありました

今日は養護の先生による読み聞かせがありました。

紙芝居、大きな歯ブラシ、額帯鏡(お医者さんが頭につける鏡)、そして酢に漬け柔らかくなった卵。

いろいろなものを用意しての”歯(歯磨き)の大切さ”についてお話しでした。

「口の中を”つ”の順番で磨くと磨き残しがないね」歯磨きのポイントはもう大丈夫!

2020年11月27日

お手紙をいただきました

”須磨小ぎんなん”をお買い上げいただいた方よりお手紙をいただきました。

「自然の恵みを子供たちが大事にする。そして、それを分け合う。いい伝統がありますね。

いい学校ですね。」

そんな言葉が添えられていました。わざわざお手紙としていただけたことに心より感謝です。

 

早速子どもたちに紹介。

自分たちが”したこと”が遠くの誰かとつながる いいですね。

2020年11月27日

持久走コース試走

笑顔いっぱい。軽やかに走る子どもたち。

…先生もいっしょに走ります。

苦行です。

2020年11月26日

授業の様子から~聞くことそして伝える事~

●5,6年生国語

それぞれの学年で長編の物語を読み進めています。

対話をとおして新たな学びにつながる授業づくりを意識しています。

学習の終わりにはお互いの学年の交流場面があります。学びのふり返りを共有します。

「確か、自分が5年生の時には、こんなこと考えたなあ」(6年生)

「6年になったら、こんなお話を読むのか」(5年生)

 

●4年算数

小数×整数

小数点の位置がどこになるのでしょう?

「僕は○○だから小数点は□□の位置になると思います」

「なっとく?じゃあ、もう一度誰か同じ説明してみて」

「うーん途中までなら…」

「途中でもいいよ」

同じような内容でも子どもによって説明の仕方が少しずつ異なります。

その違いが大切です。

繰り返し聞き、そして話して理解は深まっていきます。

2020年11月26日

環境で心を育てる

階段の踊り場には、いつも季節の花や飾り物が置いてあります。

また、行事を中心にこれまでの学びのあしあとがわかる写真(コメント付の)も掲示されています。

こんな心遣いが子どもたちの周りにさりげなく用意されています。

2020年11月26日

昼休みはみんなでサッカー

今日は全校遊びの日です。

給食のときに

「今日の全校遊びは何する?」

サッカーになりました。

子どもたちにとって全校遊びは、たとえ「やりたくないなあ~」と思っていたとしても”参加するもの”となっているようです。

やっているうちに楽しくなってくるんですよね。

2020年11月25日

須磨小 9人の主人公

全校9名。少人数であることは須磨小学校の大きな強みです。

 

全員が主人公。いろいろな場面で挑戦する機会があり、それに向けて一生懸命に努力を積み重ね、先生や友達に励まされ、そのがんばりを全校また保護者・地域の方々の前で披露する機会にも恵まれています。

そして、自分にとって身近で大事な人にしっかりと認めてもらい、次の目標へとつなげていく。

全国学力学習状況調査の中に「自分にはよいところがあると思いますか」という質問項目があります。

全国の約20%の児童は“そう思わない”と回答している中、本校の子どもたちはここ数年全員が、“そう思う”という肯定的な回答をしています。

このような須磨小の学び(家庭や地域を含めた)が子どもたちの「自己肯定感」をしっかり育んでいるからなのでしょう。

「自分はがんばればできるんだ!」そんな自己を肯定できる気持ちは、将来、大きな集団に入って、更に大きな力を生み出すはずです。

2020年11月21日

みんなが主役 文化祭

素敵な文化祭となりました。

全校合唱

全校合奏

6年発表「須金の幸福論」

4年発表「ゴミ拾い活動をとおして須金の環境を考える」

5年発表「心に残った言葉~宿泊学習をとおして~」

6年発表「歴史コント」

休憩~俳句コンテスト及び作品鑑賞~

全校劇『桃太郎がせめてきた!』

人権教育講演会「チャレンジドスポーツを学ぼう」

 雲海太鼓

2020年11月21日

ふれあい文化祭 準備完了です

会場準備が整いました。

展示コーナーでは子どもたちの作品はもちろん、地域の方々からもたくさんの作品をご提供いただいています。

和紙絵、木彫り、押し花アート、クリスマスリース、陶芸、写真、防災グッズ紹介等々。

いろいろな名人がいらっしゃるものです。

また、俳句は全部で40首の投句をいただきました。

明日が楽しみです。

2020年11月20日

いちょうプール

本校ならではのスーパーアイテムです。

完成後、助走をつけて気持ちよさそうに”いちょうプール”の中に飛び込みます。

遊びはもちろん

走り高跳び?マット運動?体育の学習でも使えそうですね!

今年は水泳ができなかったのでとりあえずこの中で泳いでみようか!

2020年11月19日

NHK取材の様子

18日の放映を受けてたくさんの方から須磨小及び須磨小ぎんなんのお問い合わせをいただいています。

好意的な言葉も各方面からいただきました。

本校の取組や子どもたちの様子を多くの方に知っていただく機会をいただけたことに感謝です。

また、報道に関わる方々の、言葉を大切にされる姿勢に、こちらも多くの事を学ばせていただきました。

(打合せも含めて視聴者に誤解を招かないよう細心の注意が払われていました。)

何度かの取り直し。子どもたちも少々疲れ気味。

「子どもは生ものですねえ」(カメラマン)

そのとおりです。

2020年11月19日

いちょうと昼休み

昼休みやっぱりこんな遊びになっちゃいます。

いちょう吹雪

11月18日(水)NHKの収録がありました。

テーマは「周南市の山あいの小学校で子どもたちを見守り続けるイチョウの木」

放映は同日18時10分の「情報維新!やまぐち」内で。(予定)

2020年11月18日

ふれあい文化祭にむけて

11月21日(土)のふれあい文化祭に向けての練習が大詰めを迎えています。

内容は、合唱、合奏、雲海太鼓。また、国語や総合的な学習で学んだこと。そして、全校劇。

「相手(お客さん)に伝える」ことを意識して練習しています。

また、第2部の、人権教育講演会では元パラアスリートの方にお話をいただくことになっています。

こちらもお楽しみに。

会場では子どもの絵画等の作品の他、地域の方々からも和紙絵等多数のご出品いただくことになっています。俳句コンテストもあわせて実施しております。季節を感じる俳句の数々をお楽しみください。

ご来場の際は受付でマスク着用の確認、手指のアルコール消毒や検温等の感染症対策を実施しております。ご協力をお願いします。

2020年11月17日

ぎんなんみっけ!

黄色の絨毯が日に日に広がっていきます。

圧巻です。

今日の掃除は、いちょう掃きとぎんなん拾いです。

葉っぱに埋もれたぎんなんをみんなで何個も見つけました。

「先生!この葉っぱ1枚1枚がお金だったらすごいですね!!」

…考えることは大人も子どもも

2020年11月16日

一人一鉢 春の花

春の花が届きました。

早速みんなで花壇づくり。

そして、自分の植木鉢には好きな色を選んでパンジーを植え付けました。

その花々が卒業式を彩ってくれる予定です。

2020年11月16日

空気がふくらむ?~4年理科~

理科の実験はみんな大好き。

4年生は丸底フラスコの中の空気を温めて栓を飛ばす実験をしました。

「何で栓が飛んだ?」

「フラスコの大きさによって栓の飛び方はちがう?」

「○○君、飛ばないといってものぞき込んだらだめですよ!」

「ポン!」

2020年11月16日

またまたグラウンドゴルフ

11月14日(土)は須金地区社会福祉協議会主催のグラウンドゴルフ大会でした。

いちょうの葉の黄色い絨毯の上をゴルフのボールが転がっていきます。

「ナイスショット!」

子どもも大人もいっしょになって盛り上がれるのがいいですね。

 

ゴルフより いちょう吹雪

2020年11月14日

須金の未来を考える~6年生の発表より~

国語で学習してきた「町の幸福論」。

学習の発展として須金の未来について考えてきました。

そのことについて今日はみんなの前での発表です。

緊張した様子でしたが

須金に似た状況にある町の、ある学校の取組を見つけそれを参考に立派に提案を行いました。

聞いていた子どもたちも

「へー 須磨小と似たところってあるんだなあ」

この子たちが須金の未来をつくっていきます。

2020年11月13日

家庭学習パワーアップ!

先週と今週は「家庭学習パワーアップ週間」です。

家庭での学習に自主的に計画を立てて取り組んでいます。

保護者の方からの「家庭学習カード」へのコメントに感謝です。

特に、自主学習では、学校の学びと家庭の学びを結びつけるため、授業のふり返りを積極的に行っています。

 ★ 自学ノート(4年) 自学ノート(5・6年) ←クリック

 

「今日は学校で何の勉強をした?」

「何が楽しかった?」

家庭での関心は、子どもの学びの充実に大きくつながります。

本日の銀杏です。

2020年11月13日

地域に見守られ~放課後子ども教室~

週に1度「放課後子ども教室」が開催されています。

地域の大人に見守られながら宿題をして、その後週替わりで陸上教室や読み聞かせなど様々な企画が行われています。

今回は「キックベース」。

大人がピッチャーになって、子どもに合わせて上手にボールを転がして蹴らせてくれます。(支所主事A)

が…

そのうち大人も本気になって…。

試合終了につながったファインプレーは、フライを今まさにとろうとしていた子どもから横取りした大人(支所主事B)のプレーでした。

「やってしまったー!!」

2020年11月12日

心を豊かにする風景

入学以来、子どもたちは何度この晩秋の風景を見てきたことでしょう。
大人になったとき、心の奥底にしまわれたこの風景は、きっと何かのきっかけでよみがえってくるのでしょう。
素敵な思い出とともに。

 

 

風景も子どもを育ててくれる須磨小学校です。

2020年11月11日

今朝の登校

11月11日。午前7時40分。気温3℃。

朝霧に包まれての登校です。

 朝霧の 向こうにはずむ 子らの声

2020年11月11日

避難訓練(火災)がありました

周南市北消防署北部出張所からお二人の消防士さんをお招きして避難訓練を実施しました。

消防士さんから子どもたちへ

 1,子どもだけで火を取り扱わない

 2,火事を見つけたら大人に知らせる

 3,火事を見つけたら逃げる(子どもだけでは消火器を使わない)

周南市での年間40件の火災の中でも住宅火災のしめる割合は高いそうです。

これから火気の使用が増える季節です。お互い気をつけたいものです。

 

なお、11月15日(日)には須金で恒例の自主防災訓練(コロナ対応版)が実施されます。

2020年11月10日

大型ディスプレイが設置されました

GIGAスクール構想に向けた環境整備の一環として各教室に大型(65インチ)のディスプレイが設置されました。

これまで小さなディスプレイでデジタル教科書を提示していましたが、これからは大きくはっきりと文章、図、グラフ、写真、動画などを提示できることになりました。

更に現在、1人1台でタブレット端末の使用ができるように準備が行われています。

デジタルを活用した学びの環境が整ってきました。

もちろんアナログの学びも同様に大切なのは言うまでもありません。

2020年11月10日

教室の窓の向こう

立冬を過ぎ、イチョウが見事に色づきました。

窓の向こうはこんな感じです。

 

 

風が吹くとイチョウ吹雪。

豊かだなあと感じます。

 

…落ち葉が大変ですが。

2020年11月09日

文化祭に向けて

文化祭の全校劇ではこんなキャラクターが出てきます。

こんな素敵なアイテムを用意してもらっていたのですが、

今日の練習では、登場場面で

「”うらしま”太郎参上!」と元気よく言っちゃいました。

笑顔いっぱいの、でも思いっきり真剣な練習風景です。

 

ちょっと?変わったストーリーの”桃太郎”劇です。

11月21日(土)のふれあい文化祭。乞うご期待!

2020年11月06日

焼きいも争奪 グラウンドゴルフ大会

11月5日。朝の気温(0℃)がうそのように、暖かい午後でした。

真っ青な空の下に金色のイチョウの葉が映えています。

そんな運動場に地域の方をお招きしてグラウンドゴルフ大会を行いました。

今年は、なんと!たいよう学級が準備した”焼きいも”争奪の大会です。 

活躍に応じて焼きいもが選べます。(先週みんなで掘ったサツマイモです)

子どもたち、地域の方、教員の混合チームをつくっての対戦でした。

「ナイスショット!」「おしい!」「やったね!」

笑顔で声がはずみます。そのたびにみんなの距離がぐっと縮まります。

閉会式での表彰。入賞した子どもへインタビュー。

「焼きいもが美味しかったです」「…」

 

2020年11月06日

先生、明日もきてね!?

今年採用された先生の研修(初任者研修)として2名の先生が本校で1日を過ごされました。

(もちろん現在それぞれの学校で学級担任をされています。)

子どもたちは大喜び。

「先生、明日も来てくれるん?」

2020年11月04日

4年国語 授業研究

一生懸命に考える子どもたちです。

明るく、優しく、穏やかな雰囲気の中でしっかりと学んでいます。

授業後の研究協議会では子どもたちのがんばりを評価する声がたくさん出てきました。

今後も日々の授業を大切に、職員一丸となって、子どもたちの豊かな学びをつくっていきます。

2020年11月04日

11/4 授業研究会(4年)です

須磨小学校では、1人の先生が年1回以上授業を提供し、授業研究会を行っています。

11月4日(水)は4年生の授業研究会が行われます。

授業は、国語『ごんぎつね』です。

子どもたちは授業をとおして物語の読みを深めています。

子どもたちも、そして先生もがんばっています。

2020年11月02日

11月の全校朝会

雨が降っています。11月はじめての登校です。

全校朝会を行いました。

話の中で、10月の行事が書き込まれたカレンダーを見ながらこの1か月を振り返りました。

10月の始めの頃と今とでは何か自分の中で変わっていることってある?

もちろん子どもたちは???

自分では”気づかない”かもしれないけど、数々の行事と毎日の授業をとおして、しっかり成長しているんだというお話をしました。

その積み重ねが学校で学ぶということなのでしょう。

さあ、11月です。

11月には文化祭があります。持久走の練習も始まります。

もちろん日々の授業が一番大切。

「あたりまえの積み重ね」で本校の課題である

「ねばり強さ」と「はっきり伝える(表現力)」を育んでいきます。

2020年11月02日

いもほり集会

5月の休校期間中に植えたサツマイモの苗。←クリック

イノシシに食べられ全滅しました…。(防御していたのですが)

落胆する子どもたちに救いの手がさしのべられました。

いつもお世話になっているお隣の野菜作りの名人の方(児童のおばあちゃんでもあります)が。

「うちの畑のいもをほりんさい」

お陰様で、今年も恒例の「いもほり集会」を開くことができました。

子どもたちの発案で、チームに分かれて重さで勝敗を決めることになりました。

制限時間内で一番思いサツマイモを見つけたチームの勝ち!

「大きすぎてとれない…」

大きなサツマイモがたくさん収穫できました。

次は「焼き芋」です。

来週実施予定の「グラウンドゴルフ大会」でお招きする地域の皆さんに振る舞う予定です。

担当は「たいよう学級」。張り切っています。

2020年10月30日

須金の未来を考える~6年国語~

国語の学習では、須金の未来について考えています。

須金と似た状況の町の事例を参考にしながら、須金に合わせた取組ができないかと知恵をしぼっています。

文化祭では、そのことをプレゼンテーションする予定です。

2020年10月30日

ケーブルTV取材

シティーケーブル周南

『みんなで紡ぐ しゅうなんの音楽』の取材がありました。

市の音楽祭は中止になってしまったのですが、このような機会を与えていただき感謝です。

須磨小学校は、音楽の発表にとどまらず、子どもレポーターによる学校紹介も行います。

放映日は12月に入ってからだそうです。決定次第お知らせいたします。

2020年10月29日

5年生おかえりなさい! ~宿泊学習~

沼城小の5年生と合同の宿泊学習。

いつもと違う友達、大きな集団で学んできました。

「もうちょといてもよかったかなあ~?」

そんな言葉が聞かれました。

充実した時間を過ごしたようですね。

山口市徳地の大自然から須金の大自然へ戻ってきました。

2020年10月29日

すま小ぎんなん 絶賛発売中

今年も”すま小ぎんなん”の発売が始まりました。

須磨小学校で何十年も受け継がれてきたぎんなん販売です。

(かつては朝登校した時、子どもたちが拾い集めることが日課だったそうです)

校庭に落ちているたくさんのぎんなん。

先生たちでそれを集め、皮をむき、洗浄、乾燥、袋詰めまでを丁寧に行っています。

もちろん、保護者の皆さんや学校運営協議会の皆さんもこれからお手伝いに来てくださる予定です。

 

学校またはふれあいプラザ須金で絶賛発売中です。

1袋(150g)100円。

品数に限りがございます。お求めはお早めに。

ちなみに、電話またはインターネットでの注文は受け付けておりません。

Don’t miss your chance!

…もちろん、売り上げは本校教育活動の充実のために使われます。

2020年10月28日

ありがとう大作戦

たいよう学級と6年生で、お礼状を届けに行きました。

届け先は、先日の運動会でお世話になった方々です。

「こんにちは。須磨小学校の○○です。…ありがとうございました。」

お礼の気持ちをまずは言葉ではっきりと伝え、

そして、両手でお礼状を渡しました。

「○○くん、運動会よくがんばったねえ」

こんな言葉をいただくたびに”はりきりバロメーター”が上がっていく子どもたちです。

2020年10月28日

5年生 宿泊学習に行っています

5年生3人は、10月27日から2日間、沼城小学校の友達と一緒に宿泊学習に行っています。

場所は山口市の国立山口徳地青少年自然の家。

大自然の中で班の友達と協力していろいろなプログラムに挑戦します。

きっと、たくましくなって帰ってくることでしょう。

2020年10月28日

やったね!お楽しみ会~4年生~

学年の始めに約束したこと。

みんなで”がんばったこと”が100個たまったら、お楽しみ会!

そして今日それが実現しました。

100個が近づいてきたら、みんなそわそわ…

何をするかみんなで話し合いました。

お手製の素敵なブローチを胸につけて、楽しくクッキング。

みんなでがんばったからできたこと。みんな大満足です!

2020年10月26日

みんなでサッカー~昼休み~

朝は寒かったのですが…暑いくらいの1日でした。

昼休みは全校遊びでサッカー。

みんな全力でボールを追いかけていました。

校庭はすっかり秋色です。

2020年10月26日

学校だより11月号 公開しました

学校だより11月号←クリック

<内容>

 ○運動会の涙~子どもの涙と大人の涙~

 ○11月の行事予定

 ○ふれあい文化祭と人権教育講演会について

 ○家庭学習パワーアップ週間

 ○まど・みちお さんの紹介

2020年10月23日

1平方メートルを作ってみる~4年算数~

面積の学習。

㎠(平方センチメートル)の単位までしか学習していませんでしたが

今日は㎡の単位を学習しました。

教室の面積を表すには㎡の単位はすごく便利です。

学習の中で1㎡の面積をみんなで作って、その広さを体感しました。

「みんなこの中に入ってみようよ!」

「1,2,3,4,…」

「え!先生も入れて6人もこの中に入ったよ」

生活の中でも量感をしっかりと意識してほしいですね。

2020年10月23日

畑と花壇で手を動かす

朝は大根の間引き。

葉っぱが大きくなりました。

大根の葉っぱでふりかけを作ると美味しいそうですよ!

新聞紙に包んで大切に持って帰りました。

午後からは花壇に苗の植え付け。

キンセンカに葉ボタン。

春の花壇をイメージしてみんなで植え付けました。

2020年10月23日

「ぼくは昨日イノシシをさばきました」

約80kgもあるイノシシ。

それを家族でさばいたという話をみんなの前でしてくれました。

絵を描いたり、その時の動作をやってみたり…

そして、牙は大切にもっているそうです。

食と命について改めて考えるいい機会になりました。

家の冷凍室はシシ肉でいっぱいだそうです。

今日の給食は八宝菜。豚肉を美味しくいただきました。合掌。

2020年10月22日

ごんぎつね~4年国語~

切ない物語です。

「悲しい気持ちになった。でもなんか…」そう子どもたちがつぶやいていました。

この物語の読みをこれからみんなで深めていきます。

今日はみんなで課題づくりを行いました。

教室の後ろには作者の新美南吉コーナーが作られています。

2020年10月22日

お誕生日おめでとう

こんな素敵なカードみんなほしい!!

心のこもったお誕生カードです。

2020年10月21日

読み聞かせがありました

今日は図書館指導員さんの読み聞かせの日でした。

インドのお話でした。

女の子がご褒美として王様にお願いしたのは

「1日目1粒、2日目2粒、3日目4粒、4日目8粒、…」のお米でした。

30日目には…

2020年10月21日

カレー大盛り!

みんなの大好物のカレーです。

ゴボウサラダも大盛りでした。

ごちそうさまでした。

…勢いを感じます。

2020年10月21日

あっぱれ 運動会!

晴天に恵まれ、最高の運動会になりました。

温かいご声援どうもありがとうございました。

「一生懸命にやって勝つことの次にいいのは、一生懸命にやって負けること」

そんな言葉がぴったりの運動会でした。

2020年10月18日

明日(10/18)は運動会です

たくさんの方々のご協力により明日運動会が開催されます。

準備のご協力大変ありがとうございました。

あとは、子どもたちが一生懸命にがんばるだけ!それが“恩返し”です。

今日の宿題は「いつもよりちょっと多くの”ご飯”を食べること(ご飯はエネルギーの源)」

そして「暖かくしてはやく寝ること」です。

会場準備の後に行った、親子競技の練習もバッチリです!

明日のパフォーマンス期待しています!!

2020年10月17日

踊りを教えていただきました~須金小唄~

運動会では「須金小唄」を会場のみんなで踊ります。

今日は地域の方を講師としてお招きし、教えていただきました。

踊りの中には特産の「なし」や地域を流れる「錦川」をイメージした動きがあるそうです。

「須金のことを思って、元気よく踊ってくださいね」

そうおっしゃっていただきました。

既に来年の予約も完了です。

2020年10月16日

沼城小との交流学習

同じ中学校区の沼城小とは定期的に交流を行っています。

この交流をみんな楽しみにしています。

朝、「今日の体育楽しみ~」「いもほりもあるし」…

 

5年生は今月末の宿泊学習に向けて最後の打合せも行いました。

体育で大活躍した須磨小の子どもたちに

沼城小の子が

「なんでそんなにすごいん?」

そんな言葉をもらうこと自体、本当にありがたい経験のひとつです。

2020年10月15日

運動会に向けて

10月18日(日)は本校の運動会です。

9人の運動会ですが気持ちでは100人、いや1000人の運動会にだって負けません。

応援合戦の最後は赤白いっしょに「フレーフレー須金」。

2020年10月14日

保健室前の掲示~10/9投稿記事の答えは?~

10/9投稿記事←クリック

正解は

「見る力をきたえる」掲示でした。

1から30までの数字を順番に指で示すだけの簡単なものなのですが…

数字の順はもちろん、丸い形の色画用紙の色も大きさもまちまちなのです。

「目の前にある数字なのになかなか見つからない!」

子どもたちも先生もチャレンジ。保健室前はにぎやかです。

2020年10月14日

Turn right! Turn left!~5.6年英語~

体を動かして、大きな声で。

ALTの先生に負けないくらいはりきっていきましょう!!

ダンス大会のようになってきました。

ダンサー志望の○○くん、やっぱりいい動きです。

Good job!

2020年10月13日

社会見学新聞~4年~

10月6日、沼城小のみんなといっしょに山口方面に社会見学に行った4年生。

その時に学んだことを、パソコンを利用して新聞を作っています。

記事の元になるのは、びっしりとメモしてある見学のしおりとデジカメ写真です。

キーボードのローマ字入力そして写真の取り込みも上手になりました。

2020年10月13日

錦川で川の流れを観察~5年理科~

学校のすぐ近くにある錦川はたくさんの事を学ばせてくれます。

5年生が理科の学習で観察に行ってきました。

「流れが速いのは川の内側?外側?」

「川の深さは?」

「河原の石の形は?」

見慣れている錦川も、”理科の目”で見てみると新しい気づきがあります。

2020年10月13日

12年後の自分…10/7投稿記事のつづき

10/7投稿記事←クリック

正解は

ぶどう農家でした。

須金は子どもの近くに親の働く姿があります。

そんな姿にあこがれる子どもたちです。

須金のぶどう農園もやっと一段落だそうです。が…すでに来年に向けての準備は始まっているようです。

2020年10月12日

おみこし わっしょい~秋祭り~

10月11日(日)は亀山八幡宮の秋祭りでした。

とはいっても…今年は規模を縮小しての開催です。

その中で、子どもたちはマスクをして”おみこしわっしょい!”

須金の町に元気を送り届けました。

2020年10月12日

複式での国語授業風景

複式学級。1人の教員が2つの学年にまたがって授業を行います。

授業の準備にはもちろん倍の時間がかかりますが、どうすれば子どもたちが楽しく学べるかを考えて日々準備をしています。
複式の授業は、教員が直接関われないときの指導「間接指導」の学びが肝です。

指示されたことを越えて、友達と協力して学びを深めていくことも必要です。

このような複式の学びで身に付けた学び方はきっと将来役に立つはずです。

2020年10月09日

体の中で曲げられるところは?~4年理科~

骨格標本と自分の体と何度も触って確かめて…曲げられるところを調べました。

曲げてみて確認。

シールを貼って確認。

標本を見て確認。

最後は標本となかよしになりました。

人間の体にはいろいろな種類の骨があって大切に機能していること。

関節が曲がることの大切さに気づくことができたようです。

 

2020年10月08日

高い高い空の下で

見事な秋晴れが続いています。

運動会に向けて練習をがんばっています。

今日は運動場に”雲海太鼓”が響き渡りました。

元気な太鼓の音に驚いて、銀杏がばらばらと落ちてきます。

2020年10月07日

くらしの中の和と洋~4年国語~

「かばんとふろしき」「みそしるとスープ」…

衣・食・住それぞれの中にある”和と洋”について考えてみました。

「まんじゅうとケーキ」

子どもたちが言うには、昔の人はまんじゅうを食べていたとのこと。

…”昔の人”だそうです。

和=昔?

2020年10月07日

学習のふり返りから~5年算数~

5年生。今日は台形の面積の求め方について学習しました。

ある子どものふり返りです。↓

「○○くんのおかげで…」

2020年10月06日

4年 社会見学行ってきます!

秋晴れの絶好の天気。

「昨日からわくわくして眠れなかった」そうです。

行ってらっしゃい。行き先は山口市方面の博物館、瑠璃光寺、リサイクルプラザ。

沼城小のみんなといっしょです。

「おやつ何もってきた?」

「ぶどう!」さすが須金の子どもです。

「するめももってきた!」…

2020年10月06日

子どもの学び 地域と共有~学校運営協議会~

本年度2回目の学校運営協議会を開催しました。

一学期末に実施したの学校評価アンケートの結果を元に今年度のこれまでの学びについて振り返り

成果と課題について確認しました。

ある委員さんから

「ふるさとを愛する心が育っていることがすごくうれしい」

と仰っていただきました。

その他、子どもたちのがんばりをいろいろな角度から積極的に評価していただきました。

改めて子どもたちが温かく見守られている事を実感しました。

2020年10月06日

お誕生日おめでとう

須磨小学校ではお誕生日の友達にメッセージカードをプレゼントし、

♪ハッピーバースデーをみんなで歌ってお祝いします。

毎回、給食の時にみんなのメッセージをまとめたカラフルで素敵なメッセージカードが渡されます。

こんな顔になります。↑

うらやましいですね。

2020年10月05日

考えを比べる~4年算数~

どんな式になった?

それぞれが考えたものを見せ合って、そして比べています。

「ぼくの式とはここが違うなあ」

ワークシートの向き、みんなちゃんと相手を意識していますね。

比べることで思考は深まります。

2020年10月05日

運動会 練習がんばっています


少しずつ色づいてきたイチョウの木に見守られて運動会の練習をがんばっています。

運動会は10月18日(日)です。 お楽しみに!

2020年10月02日

”なぜ”そう思うの?~10月全校朝会より~

はやいものでもう10月です。

全校朝会がありました。

校長先生のお話の時、一人ひとりに手渡された

これなんだ!?

触ってみて、指ではじいて音を鳴らしてみて、においをかいでみて…

子どもたちはいろいろと試しながら初めて見る物について考えを巡らせます。

「木の皮だと思います」

「なぜそう思うの?」

「触ったときかたかったから…」

「何かのつめだとおもいます」

「なぜそう思うの?」

「曲がった形をしているから」

なぜと問われると、考えの根拠を伝えようとがんばります。

なんと!正解が子どもの中から出てきました。

「(ずっと迷って自信なさそうに)…ピラルクのうろこですか?」

これまで、水族館かどこかでピラルクという魚を見たことがあったそうです。

その時に見たうろこと渡された物がなんとなく結びついたようでした。

そしてその経験を想起したのですね。よっぽど印象に残っていたんでしょうね。

みんなからの大きな拍手に照れくさそう。

”なんとなく”ではなく”どうしてそう考えたのか”を自分の言葉で伝える。

大切な事ですね。

今月の校長先生のお話でした。

2020年10月02日

水の性質を利用して~4年理科~

水鉄砲です。

4年生理科では今、”空気と水の性質”について学習をしています。

今日の学習では水の性質を利用して窓ガラスをきれいにしました。

おかげで体育館玄関のガラス扉がぴかぴかになりました。

「わっ!冷たっ!!」

「ぼくにかけんでよ!」

でも、うれしそう。

…やっぱりこういう展開になりました。

2020年10月01日

錦川をきれいに~4年総合~

夏に釣りでしっかりと楽しませてもらった錦川。

きれいな川はみんなの自慢です。

4年生は錦川についていろいろな角度から学びを深めているところです。

ということで今回は川の環境を守るために清掃活動を行いました。

空き缶、発泡スチロール、紙くず、割れた瓶等たくさんのゴミを集めた子どもたち。

学校に戻って、はかりで集めたゴミの重さを量ってから

分別作業を行いました。

”これが一番大変”だったようです。

錦川に…恩返し…です。

2020年10月01日

お母さんおねがいね~5・6年道徳~

道徳でもみんなでしっかりと考えています。今日はこんなお話でした。

――――

明日は楽しみな遠足。

主人公の女の子は寝る前に母親に、「6時半におこすこと」と「お気に入りの服にアイロンをかけること」を一方的にお願いします。

その夜、夜更かしした女の子。

次の日目を覚ますと、時計は7時半を過ぎています。

なぜ起こしてくれなかったのかと母親に対して憤る主人公ですが、

そこで父親に「お母さんは昨夜から高熱を出している」と告げられ、「はっ」とします…

『父親の言葉にはっとしたわたしはどんなことを考えていたのでしょう』

みんなで考えを交流します。

授業後の振り返りでは

「これからは母にたよらないようにしたいです」

おお!いきなりハードルが高くなりました。でも…まずは自分で起きることですね。

2020年09月30日

三角形の面積を求めよう~5年算数~

三角形の面積はどうやって求める?

これまでで学習しているのは、長方形と正方形の面積の求め方です。

そのことをふまえて、三角形の面積を求めます。

ホワイトボードに自分の考え方を書いてそれを元に友達と交流しました。

…!!三角形の面積も、これまで学習したことを元に求められる!

それが公式に結びつきます。

三角形の後は平行四辺形、台形、ひし形の求積へとつながります。

式を読む。式をよく見ると友達の考え方が分かってきます。

「ああ、ぼくと同じ考えだ」「うーんなるほど!この考えもありだね」等々

2020年09月29日

大根の種蒔き

たいよう学級ではおでんパーティーを企画しています。

おでんをつくるにはやっぱり大根が必要でしょう!

ということで、耕した畑に、一粒ずつ丁寧に大根の種をまきました。

これから毎朝水やりをします。

芽が出て、間引きをして、追肥をして…

野菜を育てるには機を逃さず作業をする事が必要ですね。

 

種が小さすぎて何回かばらばらと落としてしまいました。

きっと思わぬところからも大根の芽が出てくるでしょう。

2020年09月29日

デイ・サービスセンターへ贈り物

例年、デイサービスのお年寄りの方々と本校児童との交流を行っているのですが、

今年は残念ながらそれができない状況です。

その代わりに梨やぶどう等、秋の掲示物をみんなで作ってプレゼントしました。

それに添えるメッセージも一生懸命に考えました。

喜んでもらえるといいのですが。

メッセージの一部を紹介します。

「最近寒くなってきました。体調は大丈夫ですか。ぼくは元気です。今は運動会の練習をしています。ぼくが団長なのでいろいろとやることがありますが、あきらめずにがんばっています。新型コロナウイルスが今はやっていますので気をつけてください。」

2020年09月28日

農園体験~なしの収穫・ぶどうの出荷~

昨日からの雨もすっかり上がり、青空の下での農園体験となりました。

須磨小学校ならではの体験です。

農園の社長さん(本校保護者でもあります)のご厚意により、

今年は梨の収穫体験そしてワイン用ぶどうの出荷の手伝いも行わせていただきました。

 ・梨はデリケートな果物なので1つ1つ大切に袋をかけていること

 ・収穫時期をずらすために17種類もの梨の品種を生産していること

 ・ワイン用に巨峰ぶどうを使用していること

 ・冬の間の剪定が秋の収穫につながるとても大切な作業であること 等々

丁寧に説明していただきました。

仕事に対してどんな工夫をしていて、どのような苦労があるのか。

そして、喜びを感じるのはどんなときか。

地域の産業について学ぶこと、知ること。

そのための機会を子どもたちに保障することは学校の大切な役目です。

ワインは2021年春にSUGANE(シュガーネ)ブランドで店頭に並ぶ予定です。

今から楽しみです。

2020年09月25日

栽培漁業教室がありました

なしやぶどうを育てるように

魚も育てる。

病気にならないように心を込めて育てるのは同じですね。

笠戸島の下松市栽培漁業センターから出前授業に来ていただきました。

水槽に入ったカレイ、カサゴ、キジハタ、アワビ、アカガイの稚魚を真剣に見つめる子どもたちです。

2020年09月24日

いろんな方が先生です

須磨小学校では地域のいろいろな方にお世話になっています。

それぞれの得意分野で子どもたちに学びのサポートをいただいています。

須金支所の主事さんたちにもよくお世話になっています。

日頃から子どもたちは”放課後子供教室”等でお世話になり顔なじみです。

(若くて?元気な主事さんたちのことを子どもたちは大好きです。)

短距離走が速くなるための秘密を教えてもらったり、

地域防災について、周南市や須金の取組を説明してもらったり。

学校の先生でなく、親でもなく…。

そんな”斜めの関係”が須磨小学校にはあります。

 

陸上教室の最後の質問で

「○○さん、もててましたか?お母さんがもてそうと言ってた」

「…」

2020年09月24日

須金のキャラクター 考えました

5,6年生は総合的な学習で須金の未来について考えています。

その一環として須金にふさわしいキャラクターを一人ひとりが考案しました。

須金の特長をよく考えて考案されたキャラクターです。

紹介します。

2020年09月23日

連休明けの学校です

みんな元気に登校しました!

お休みの間にどんなことをしたのかみんなに紹介。

「家族で○○へ行きました」

「□□でおなかいっぱい食べました」

「お姉ちゃんが帰ってきたので、運動場でみんなでサッカーしました」

それぞれ思い出に残るお休みを過ごしたみたいです。

運動場にはサッカーをしたらしき線の跡が残っていました。

 

須金のなし・ぶどう園は晴天にも恵まれ大盛況だったとのことです。

2020年09月23日

何の学習でしょう?

みんな笑っています。でもどことなく照れくさそう。

 

4年生の保健では思春期にあらわれる体の変化について学習しました。

思春期の入口の4年生です。

男女で異なる体の変化についての発表では次々に手が挙がります。

にこにこしながら「これって言っていいんかなあ~」

「お父さんは…」「お母さんは…」「お兄ちゃんは…」

こんな学習はみんな大好きです。

どうして男女の体は思春期頃から変化するのかを知り

そして、自分の体の変化を肯定的に受けとめる。

そのことが自分そしてまわりの人を大切にする事につながります。

2020年09月18日

学びの積み重ね~学級の掲示より~

教室掲示の中に、学習の積み重ねが分かるよう工夫されたものがあります。

その一つが道徳の学習に関する掲示です。

「こんなこと勉強したなあ」

「こんなに勉強したんだ」

学びのあしあとが目に見えることは、自分たちを肯定する気持ちにつながるはずです。

2020年09月18日

スタッカートをどう歌う?

2階のホールからは楽しそうな歌声とそして時には笑い声が聞こえてきます。

みんなリラックスした表情で合唱の練習をしています。

楽譜には”スタッカート”の記号がついています。

どのように歌うといいのでしょうね?

2020年09月17日

書くこと 考えること

6年算数。

『入場券1枚と乗り物券7枚買うと1200円、

入場券1枚と乗り物券5枚買うと1000円です。

乗り物券1枚は何円ですか。』

???

でも図にかいて丁寧に考えてみると頭の中がすっきりと整理されます。

 

4年国語。

叙述に即して登場人物の気持ちを丁寧に考えていきます。

表にまとめてみると、新たな気づきが生まれてきます。

それを友達同士で交流。

 

みんながんばって手を動かしています。

それが教室での”あたりまえ”の風景になっています。

2020年09月17日

歯科検診がありました

本来であれば6月までに実施される健康診断ですが、今年は2学期に実施をしています。

今日は歯科検診でした。

須磨小学校は学校歯科医さんのご厚意で年間複数回の検診を実施していただいています。

2020年09月16日

わくわく図画工作

自分の思いを絵画や工作で表現したり、また、いろいろな作品を鑑賞したり。

図画工作は子どもたちに人気の教科です。

「私の大切な風景」5.6年

 

「アートカルタ」に挑戦 5.6年

 

「世界で1枚のTシャツ」4年

 

「気持ちを表そう」4年

2020年09月15日

農園シーズンに寄せて

9月に入り農園は大勢の観光客で賑わっています。

ところで、

以前、併設する須金中(休校中)の校長だった中原和昭様より御著書が贈られてきました。

以下、須金を回顧された記述の一部を紹介します。

ーーー

シーズンになると農園は大勢の観光客で賑わう。

「たった1か月でウン千万円稼ぐとはいい商売だね」とやっかみ半分冷やかす。

「冗談じゃねえよ!果樹園農家は年中暇なしだ!」と不機嫌な返事が返ってきた。

「美味しい梨、ブドウを実らせるには、冬に土壌づくり、春には剪定、新芽の頃は霜よけに家族総出で深夜にカンテラを焚く。開花時には受粉、つぼみの摘み取り、袋かけ、夏には草刈りと手抜きのできない作業ばかりで誰もがいやがる3Kなんじゃよ!」

「特に難しいのは枝の剪定じゃ。日当たりと地下水の流れを調べ、栄養を吸収できるよう枝を見極めてどの枝を生かし、どの枝を落とすかが味の良い梨、ブドウを作るコツなんじゃ」

「教育もおなじじゃろうが…。子どもの良いところは伸ばし、悪いところはきちんとしつけるべきなのに、あれこれ口うるさく干渉して、型にはめた盆栽人間にしたり、逆に、個性とか自主性の尊重とか言って、伸び放題の雑木人間にしてしまう。子育ても梨づくりも同じじゃよ。今の教育はどうなっちょるんじゃ!」

梨づくりの名人が語る講釈には返す言葉がなかった。

農園のご協力により、来週、須磨小の子どもたちは農園体験活動(梨の収穫体験)を行います。

2020年09月14日

少年消防クラブ

須磨小の児童は周南市の少年消防クラブのメンバーです。

例年、市の出初め式に地区の消防団といっしょに参加しています。

今日は、消防クラブの帽子をいただきました。

クラブのマークの刺繍入りで、オレンジ色のつばのかっこいい帽子はあっという間にみんなのお気に入りになったようです。

昼休みもその帽子をかぶって遊んでいました。

「敬礼!」の姿も似合っています。

これからも須金の火災予防に努めます。

「先生、逮捕しますよ!」

ちょっと勘違いしている子もいました…。

2020年09月14日

算数の学習から~4年割合~

イルカ 生まれたときの体長1m→今の体長 4m

クジラ 生まれたときの体長3m→今の体長 6m

どちらの方が体長がのびたといえますか?

「どちらも3mのびているから同じだと思います」

では、何倍になっているか考えてみるとどうでしょう?

4年生の算数は割合の導入でした。以前は5年生で割合の学習をしていましたが…

(割合はつまずきの多い単元です。4年生では割合について簡単に学びます。)

2020年09月11日

プールの水を顕微鏡で見てみると

顕微鏡をのぞくと不思議な世界が…

6年理科の学習ではプールの水をとってきて顕微鏡でのぞいてみました。

今まで見たことのない生き物がたくさん。

5年生もやってきていっしょに見ました。

図鑑で調べてみると

「あ、ワムシだ!」

「生き物どうしのつながり」について学んでいます。

2020年09月11日

全校道徳

少人数の須磨小学校です。年に何回か学年の枠を越えて道徳の学習を行う機会を設けています。

今回は「規則やきまり」について考えました。

自分の考えを発言し、友達の考えを聞き…、更に考え直す。

「○○さんの考えって、ぼくとは違うけどいいなあ」「う~ん 何が正しいんだろう??」

迷うことに大きな意味があります。

逡巡しながらも自分の考えをなんとかと伝えようとする子どもたちの姿に感心。

その発言をしっかりと聞く(受けとめる)子どもたちにも。

「考え、議論する道徳」の授業づくりに向けて、子どもたちとともに先生もがんばっています。

 

家庭でも、この日の道徳の授業が話題になったとのこと。

 …そして、そのことを伝えていただいたことに心より感謝です。

2020年09月10日

保健室前 新作です

「○○さん鼻血が出ました。でも”キーゼルバッハ”のところ押さえてたら止まりました。」

「キーゼルバッハ??」

保健室前の新作です。

掲示直後の”鼻血事案”は、子どもの力で解決済みです。

2020年09月09日

蘭 いただきました

学校に届くフラワーアレンジメント。

最終回の第3弾。

なんと!胡蝶蘭をいただきました!!

玄関前で来校者の目を楽しませています。

…大臣就任の執務室を思わせます。豪華。

2020年09月09日

沼城小に行ってきました~交流学習~

少人数の須磨小学校。

たまには大きな集団に入っての”関わり方の力だめし”が必要です。

「あーどきどきする。でも楽しみ。」

子どもたちの楽しみな行事の一つでもあります。

昨年度まで年3回程度の交流を行ってきていますが、(コロナ禍で)今年は初めて。

沼城小学校のお友達にも優しく迎えられしっかり”実力”が発揮できた様子です。

「体育のポートボール楽しかった!シュートを決めたよ!!」

「国語で須磨小の紹介をしたときみんな一生懸命に聞いてくれたよ!」

「質問もしてくれたよ!」

「大人数の給食準備は大変」

須磨小に戻ってきたときにはさすがに疲れた様子。そうは言っても”気づかれ”もあるのでしょう。

”アウェイ”は子どもを、いや人間を強くします。

次回の交流は10月の予定です。

2020年09月08日

須金の農園大丈夫です

台風10号は各地に大きな被害を及ぼしました。

しかし、須金の農園は最小の被害ですんだとのことです。

安心しました。

 

子どもたちは、明日9月8日(火)は沼城小学校との交流学習です。

2020年09月07日

9月7日(月)は臨時休業です

9月7日(月)は市内一斉に臨時休業となりました。

大型で非常に強い勢力の台風10号が、9月7日(月)に、山口県に最接近すると予想され、暴風雨や大雨等に厳重な警戒が必要となります。

また、大雨による土砂災害や河川の増水などの可能性もあります。

 

須金のなしやぶどうがとても心配です。

2020年09月04日

気持ちをそろえて~一輪車~

運動会では一輪車を使って演技することにしています。

みんなで手をつないでサークルになる”大車輪”に挑戦中です。

一人ひとりは上手に乗ることができても

みんなで息を合わせて演技するのはまだまだ難しそうです。

最後の挑戦でなんとかサークルになることができました。拍手!

2020年09月04日

ご参観ありがとうございました

今日は参観日でした。保護者の皆様、地域の皆様ご参観ありがとうございました。

授業を見てもらえると子どもたちは張り切ります!

どの学年も教科は算数でした。

一生懸命に考える様子をご覧いただけたと思います。

「先生方は一人ひとりをよく見ていますね。須磨小のよさですね。」

「エアコンがいいですね。私たちの頃には考えられないですね。」

ありがたい言葉をいただきました。

2020年09月03日

2学期がんばること~チャレンジ目標~

全校のみんなで決めためあてが、チャレンジ目標です。

1学期を振り返った後、目標達成のために2学期にがんばることを各自で考えました。

じっくりと振り返っているのがよく分かります。

2020年09月02日

席がえどうする?

4年生は1時間目に席がえをしました。

4人で席がえ。

でも、ドラマはあります。

エアコンの風、黒板の見え方等、席の配置によって変わるのです。

それぞれが自分の考えを主張します。

「エアコンの風が平等にあたるといいなあ」

「これでは前の人がじゃまになって黒板がよく見えません」…

結局この配置に落ち着きました。みんな納得です。

2020年09月02日

今日から2学期です

2学期の始業式を行いました。

式の中で、先週子どもたちに行った、1学期のふりかえりアンケートの結果を紹介しました。

全員が、全ての項目において肯定的な評価であることが理想なのですが、もちろんそういうわけにはいきません。

また、自分の回答と、全体の回答とのずれがある人もいます。

たった9人のアンケートの結果ですが今の学校、子どもたちの様子をよく表しています。

教室に戻った後、それぞれがどんな2学期にしたいかを考えました。

ところで、100%肯定的に回答している項目は…

「須金が好きだ」

でした。須磨小の自慢です。

2020年09月01日

笑顔でダンス~なし・ぶどう祭~

なし・ぶどう祭のオープニングでダンスと歌を披露しました。

卒業生も先生もいっしょです。(…暑かった)

こんなときだからこそ、元気に笑顔で!

2020年08月29日

プログラミングに挑戦~5年算数~

「1から30まで順に数を調べ、3と5の公倍数のときは、あなたの名前を”ますりん”(注:キャラクター名)に言わせよう。3と5の公倍数でないときは、その数を言わせよう。」

???…プログラミングの課題です。

算数では倍数や約数の学習を終えたところです。

その発展的な学習としてプログラミングに挑戦しました。

失敗してもとりあえずプログラムに挑戦する子、正確に動くように慎重にプログラムを確認して実行する子…。いろいろです。

「うまくいかない…どうプログラムしたらいいの?」

「こうしたらできたよ!」「なるほど」

教え合いながらすぐに上達していきます。14もの課題をクリアしました。

自動車、エアコン、お掃除ロボット、スマートフォン…

私たちの身の回りで既にいろいろなものがプログラミングされて動いています。

便利に使える機能は(魔法ではなく)それぞれに正確にプログラムされているのですね。

そのことについても確認しました。

2020年08月28日

響け!雲海太鼓!!

今年は運動会で雲海太鼓を披露する予定です。

真ん中の大きな太鼓をたたくのは6年生の二人です。

太鼓の前に立つといつもより表情が引き締まります。

2020年08月28日

宿題は月の観察~4年理科~

「夜7時と8時の2回、家の近くの同じ場所で観察するのですよ。」

理科の学習では、月の観察の方法を学習しました。

「今夜は右半分のお月様が出ています。」

3階教室の窓に自分がかいたお月様を貼り付けた後

運動場に出て、月の角度を測る練習をしました。

自分の握りこぶしを使えばおおよその角度が分かります。

「あ、約30度だ!」

2020年08月27日

ダンス練習中~なし・ぶどう祭~

今週の土曜日(8月29日)。午前11時。ふれあいプラザ須金前にて。

なし・ぶどう祭のオープニングに向けて歌とダンスの練習をしています。

当日はとびっきりの笑顔で踊ります。元気いっぱいに歌います。

先生たちも歌と演奏で参加します。

2020年08月26日

今日のおすすめ記事は?

今までは先生がおすすめ記事を紹介していましたが、今週から子どもたちが紹介するスタイルに変わりました。

コメントをひと言そえての紹介です。

「今日の新聞はどんな記事があるかな?」

新聞が子どもたちと社会をつなげています。

2020年08月26日

フラワーアレンジメントをいただきました

生花店から学校にフラワーアレンジメントが届きました。無償です。

現在、コロナ禍で花の需要が大きく減少しているそうです。

本来であれば様々なイベントを彩る予定だったのでしょうが、縁あって須磨小学校にやってきました。

子どもたちもそして職員も大喜びです。

現在、玄関や廊下等みんなに見てもらえそうな場所に展示しています。

どうぞお立ち寄りください。

2020年08月25日

農園びらき

須金の農園が本日オープンしました。

2020年08月25日

錦川を知ろう~4年総合的な学習~

夏休みの間に子どもたちは釣りの腕を上げていました。

今では、どんなところでよく釣れるのか、えさは何がいいのか、さらには、釣り上げた魚の名前も言うことができます。

えさの付け方も、投げ方も上手になりました。

子どもたちにとっての”錦川の景色”は学習の前と今とでは大きく違っています。

小さな魚はリリース。

2020年08月25日

夏休みの自由研究から

短い夏休みでしたが子どもたちはそれぞれ問題意識をもって自由研究に取り組みました。

夏休みだからできること、家庭だからできること。

いいですね。

2020年08月24日

須磨小のひみつ

真夜中に動物たちが大運動会をしている。

同一校舎の須金中(休校中)3年教室は現在徳山動物園の剥製保管庫になっています。

どこかの博物館で企画展があるたびに運動場をワニやシマウマが走ります。(貸し出しのために)

2020年08月21日

おじいさんになってみる~高齢者疑似体験~

身体にいろいろな負荷をかけてみて高齢者体験を行いました。

「階段降りにくい」

「ひざが曲がらない」

「よく聞こえない」…

自分の身体なのになかなか言うことをきいてくれません。

外した後…「あ~楽になった」

でも、本当のおじいさんは”おもりを外して楽になる”なんてわけにはいかないですよね。

須金にはたくさんのお年寄りがいらっしゃいます。

子どもたちにとって身近な存在です。

相手の立場に立ってみてそして考える。貴重な機会になりました。

2020年08月21日

給食はエアコンの効いた教室で

いつもであれば、給食はランチルームでみんないっしょに食べています。

しかし、暑い!ランチルームにはエアコンがありません。

ということで

涼しくなるまでしばらく教室で給食をとることにしました。

いつもと違う雰囲気です。

クラス別に食べているので

おかわりライバルの顔が見えません。

(全部食べ終わったらおかわりができるのです。)

2020年08月20日

きれいになれ~家庭科洗濯実習~

水の量、洗剤の量を量って…金だらいの中に洗剤液を作り両手でごしごし洗います。

洗ったのは、昨日来ていた体操服。

子どもたちは「におう」事が好きだと、つくづく思います。

洗う前に臭って、洗った後にも臭って、そしてぱりぱりに乾いた後にも…。

どれもいいにおい?

2020年08月20日

どうやって計算する?~デジタル教科書を使って~

96÷32 の計算の仕方をみんなで考えました。

これまでの学習を生かしてどうやって計算すればいいのか考えました。

最後はモニターの前に移動し、「デジタル教科書」で確認です。

「なるほど」

「う~ん でもまだ納得いかないなあ??」

いろんなつぶやきが聞こえてきます。

2020年08月20日

なし・ぶどうイベントに出演します 

例年であれば8月最後の土曜日に本校運動場でなし・ぶどう祭りが開催されるところですが

今年は、8月29日(土)に農園ドライブスルー形式に形を変えての開催となります。

午前11時からはオープニングとして子どもたちがダンスと歌を披露します。

場所は須金の入口「須金ふれあいプラザ」です。

 

それに向けて今日はみんなでダンスの練習をしました。

♪ガリガリガリガリなし狩り~ガリガリガリガリぶどう狩り~♪

(親指と人差し指でつくった○はぶどうの粒を表しています。)

歌って踊ればみんな笑顔になります。

 

只今 須金は、なし・ぶどうの収穫に向けて活気に満ちています。

2020年08月19日

まちどおしいな~移動図書館~

移動図書館の“やまびこ号”がやってくる日は、子どもたちはたくさんの本を抱えて学校にやってきます。

借りていた本を返して、新しい本を借りるのですね。

整然と並んでいる本を手に取ってじっくり中身を確認しています。

月2回の巡回が待ち遠しい子どもたちです。次回は9月2日の予定です。

2020年08月18日

花壇まっさかりです

夏の始めに子どもたちが植えた花の苗。

この暑さに負けずそれぞれ花壇を彩っています。(ひまわりはちょっとお疲れ気味?)

須磨小学校自慢の花壇です。

地域の方からいただいた苗、畑の隅でひっそりと育っていた苗もいっしょに花壇を彩っています。

2020年08月18日

昼休みの様子

子どもたちは元気です。

猛暑の中、昼休みに鬼ごっこ!!

「先生もいっしょにやりませんか!」

「・・・」

熱中症対策のミストシャワーを玄関前に設置しました。

すでに、こんな調子で遊んでいます。

(歌手になったつもりだそうです)

2020年08月17日

学校再開です

8月17日(月)。猛暑の中学校再開です。

全員元気に登校です。

夏休みの間、教室にはエアコンが設置されました。

快適な環境で学習を進めています。

2020年08月17日

先生も勉強!

周防大島の小学校から講師をお迎えして研修会を開きました。

先生たちもバージョンアップを図っています。

 

2020年07月28日

つれたよ!つれた!!~アウトドア祭り~

子どもたちが何日も前から楽しみにしていた今日のアウトドア祭り。

はやる気持ちをおさえながら、みんなで釣り竿を片手に近くの錦川まで歩いて行きました。

須金の子どもでも川釣りの経験がある子はわずかです。

くるぶしまで川につかって、自作の竹竿にえさをつけて慎重に川面に投げ入れます。

はじめはそれさえなかなかうまくいきません。

思ったところに投げ入れらるようになるまで何度も何度も繰り返します。

「釣れたよ!」の声にみんなが一斉に注目。

銀色の魚が子どもの小さな手の中で踊っています。

 

今年度は新型コロナウイルスの影響で、子どもたちが楽しみにしていた学校行事が次々に中止になってしまいました。「なんか楽しい思い出をつくることができないかな」そんな先生たちの願いで実現したプロジェクトです。子どもたちのはじける笑顔を見て、こっちもうれしくなりました。

保護者の皆様もご協力ありがとうございました。(スイカのさしいれに子どもたちは大喜びでした。)

また一つ須金のすばらしさに気づいた子どもたちです。

 

 

2020年07月22日

明日から夏休みです

夏休み前の全校集会を開きました。

二つの約束をしました。

 「自分の命は自分で守る」

 「毎日続けられるお手伝いをする」

学校再開は8月17日です。

2020年07月20日

お別れ会

7月いっぱいで転校してしまうお友達。

子どもたちの企画でサプライズのお別れ会をすることになりました。

宝さがし、いすとりゲーム、絵しりとり。

お別れはちょっと寂しいけれど…みんなでワイワイ盛り上がりました。

大きくなったとき、この須磨小学校のことを素敵な思い出とともに振り返ってくれることでしょう。

2020年07月20日

暑中お見舞いのはがきを書こう

須金郵便局の局長さんを講師にお迎えしてはがきの書き方の授業を行いました。

「はがきを書いている時間はその人のことを考えている時間。」

時間をかけて素敵なはがきが完成しました。

受け取られた方はきっと喜ばれることでしょう。

須磨小学校はいろいろな方にサポートされています。

2020年07月20日

錦川で魚を釣ろう作戦~4年総合~

7月22日(水)は須磨小アウトドア祭りが開催されます。

その時に、近くを流れる錦川で魚を釣る計画を立てています。

この日に向けて釣り竿をつくったり、川の魚の種類を調べたりといろいろ準備を重ねてきました。←クリック

「はやく22日にならんかなあ」

朝からそんなことを言っている子どもたちです。(いい天気でありますように)

2020年07月20日

読書チャンピオンは?

図書委員が賞状の準備をしています。

1学期に多くの本を読んだ人が表彰されます。

ちなみに「読んでない人」には8冊のおすすめ本が渡されるそうです。

2020年07月17日

手本をよく見るということ

毛筆。お手本をじっくり見ながら筆を動かす。

「手本をじっくり見る」

できそうでなかなか難しいものです。

まずはゆっくりと筆を動かすことです。

2020年07月17日

今日の収穫は?

今日はいい天気です。

畑からふたりがなかよくもどってきました。

ずっとおしゃべりが続いています(笑)。

「赤い大きなトマトそしてきゅうりになすびがとれました。今日は先生たちにあげるよ。」

「スイカも大きくなっています。」

「クワガタ用の土もとってきたよ。」

2020年07月16日

音の響きあいを感じて

5.6年生の音楽では合奏をしています。

曲名は「ラバーズコンチェルト」です。

 一生懸命になりす