徳小アラカルト

ここでは、徳山小学校の特色ある活動や取組を紹介します。

愛校当番

 本校の伝統的な活動の一つとして、毎朝登校後から8時15分までの間、5,6年生と吹奏楽部が、学校の本館や校門前の歩道を掃除する愛校当番活動があります。5、6年生の各クラスで1週間ごとにローテーションし、それぞれの場所をしっかりと掃除しています。
 毎朝の活動を通して、奉仕の心を育て、学校の美しい風景を作るとともに、伝統を受け継ぐ心を育んでいます。



交通安全推進隊

 愛校当番と並ぶ伝統的な活動として、交通安全推進隊があります。交通安全推進隊は昭和38年から、学校と地域が一体となって活動しています。現在の主な活動は、「交通安全の呼びかけ」と「あいさつ運動」です。毎月3回(1日、11日、21日)、朝7時30分から7時55分の時間帯で活動を行っています。
 地域と一体となった交通安全運動を推進していくことで、安全に対する意識を高め、交通事故の未然防止につとめ、交通事故のない学校を目指すことと、本校のチャレンジ目標でもある「学校でも地域でも、会釈をして、先にあいさつ」を率先して実行する児童を育て、明るく健全な地域づくり、学校づくりを進めることを目的としています。


                              

吹奏楽部


 本校には吹奏楽部があります。朝や放課後に集まって、基礎練習や合奏練習などの練習をしています。始業式や終業式などの学校の式典で演奏し、学校内に溶け込んだ活動となるようにしています。地域のお祭りや行事などで、音楽活動を積極的に行い、地域に愛されるバンドを目指しています。

▲ページトップに戻る