図書館より

 
 本校図書室には、29年度より司書が常駐し、月曜日を除く毎日図書館を開館しています。毎週の図書の授業では、読み聞かせ、読書相談などを行い、子供たちに読書の楽しみを知ってもらうだけでなく、授業に役立つ資料の提供なども積極的に行っています。また29年度には図書館システムを導入し、パソコンによる貸出・返却・蔵書の管理が行えるようになりました。
 さらに、図書委員会では、みんなが楽しめる図書館を作りたいと、子ども達が意欲的に活動し、企画したイベントでは、多くの児童が参加し毎回にぎわっています。
 
 図書館は、みんなの「読みたい!」「知りたい!」「学びたい!」を応援しています!

令和2年度 図書館の活動 7・8月


図書委員会の活動が始まりました !5・6年生合わせて21名による図書委員会の活動が始まりました.新型コロナウイルス感染症の影響も心配されるので、しばらくは返却された本を片付ける仕事が中心です。本が大好きな子ども達が集まっているので、仕事も一生懸命取り組んでいます。  
毎年夏休み前には、1人2冊ずつ借りる「夏休み特別貸出し」を行います。図書委員会の最初の活動として、「夏休みに読んでもらいたい本」の紹介文を書いてもらいました。書いたものを本に貼り付けて展示しましたが、紹介された本はすぐに借りられていきました。子どもたちの励みになったようです。  
また、校長先生にもたくさん紹介していただきました。中には、先生が子どもの頃夢中になって読んだ本も紹介されていました。
【夏に読んでもらいたい本の紹介文】 紹介したい本がたくさんあって、一人何枚も書きました。

 【図書委員会の自己紹介】 表情がとてもかわいいです。図書室前の掲示板に貼っています。

【校長先生おすすめの本に興味津々です】  
校長先生が、小学生の頃夢中になったとすすめてくださったのは、「少年探偵団」のシリーズ。授業などで「怪人二十面相」など紹介すると、高学年を中心にたくさん借りてくれました。夏休みが明けても続けて読んでいる子どももいます。名作は何十年経っても衰えません。

今年度の御影文庫が届きました (株)トクヤマ様より毎年寄贈していただく本です。今年は、特別支援学級に「ことばの本」や工作の本を、図書室には、怪盗レッドや言葉屋など人気のシリーズ物を揃えさせていただきました。子どもたちも大変喜んでいます。

【8月の掲示1】 夏休みにたくさん本を読んでほしいです。  

【8月の掲示2】                      
外があまりに暑いので、怖い絵本を集めました。子どもたちは怖い怖いと言いながら、読んでいます。怖いのに大人気です!

令和2年度 図書館の活動 6月


徳山小学校図書館のコロナ対策  新しい生活様式が始まり、学校での過ごし方も変ってきました。図書室も同じように、今までとは少し様子が違います。
*マスクの着用や手洗いの徹底。
*人との間隔をあけ、一人で静かに本を読む習慣を身につける。 など、指導しています。

カウンターに並ぶときは動物たちの足跡に合わせて並びます。

ぎりぎりまで、テーブルの間を広くし,イスは6脚から4脚に減らしました。

6月2日からオリエンテーションが始まりました。


毎年恒例のオリエンテーションが始まりました。図書館の利用について、それぞれの学年に応じて指導を行いました。3ヶ月ぶりに図書館に子どもたちの笑顔が戻ってきて、とても嬉しいです。 1年生にとっては、初めての学校図書館ですが、公共図書館に行ったことのある児童も多く、貸出しに慣れた様子で驚きました。図書館での過ごし方や、貸出の方法など、静かにそして熱心に聞いていました。 本校では、3年生になると一人ひとりに図書貸出カードが配られ、休み時間には自由に図書室に来ることができるようになります。自分の名前の入ったカードを手に、みんなとても嬉しそうにしていました。 写真は6年生の様子です。どの学年も、静かに一人で本を読んでいます。その姿を見て、子どもたちの成長を感じました。

6月の掲示板

梅雨に入ったので、アジサイを飾りました。 雨の日が多くなりますので、しっかり本を読んでほしいと思います。

令和2年度 図書館の活動(4〜5月)


思いがけない休校で、公共図書館も閉館し、子ども達が本を読めない日が続いています。学校が再開したら、みんなにたくさんの本を読んでもらおうと準備をしています。

4月の掲示板
《入学おめでとう!》


5月の掲示板
《春の野の花》
新しい本も入れて、みんなを待っています。 木の根元にいるのは、何かわかりますか?

平成30年度 図書館の活動(4〜5月)


新一年生を迎え、平成30年度がはじまりました。今年度も、子ども達がたくさんの本に出合えるよう、お手伝いいたします。


春休みの間に、御影文庫など新しい本がたくさん入りました。特に御影文庫では、今年度は本だけではなく、館内で使うことのできる雑貨や棚も寄付していただきました。児童へは感謝の気持ちを忘れないように、と話しています。


新年度最初の企画として、「徳山小 絵本大賞」を開催しました。本屋さんで話題の絵本20冊をならべ、児童に好きな本、面白かった本を選んでもらいました。今回は、工藤ノリコさんの「ノラネコぐんだん そらをとぶ」が堂々の第一位でした。



5月2日に絵本作家のかこさとしさんがお亡くなりになりました。そこで、かこさんを偲んで「かこさとし特集」を展示しました。かこさんは、だるまちゃん、からすのパンやさん、どろぼうがっこうなどのかわいらしい絵本だけではなく、さまざまなジャンルの本も多く出版されています。


出版社のポプラ社が主催した、子どもの本総選挙の結果が出ました。第1位は「ざんねんないきもの事典」でした。徳山小の図書館でも大人気の本です。そのほか、ランキングに入っている本のほとんどは徳山小図書館にあります。


今年度は、5月に運動会が開催されました。運動会の練習の忙しい時でも、子ども達はせっせと図書館に来てくれました。昨年、運動会のなかった5月の貸出冊数より多いという結果となりました。




▲ページトップに戻る